シュワっとした炭酸水は、多くが飲み物として出回っていますが、最近では炭酸の効果を利用してヘアケアにも用いられるようになりました。正しいやり方で行えば、頭皮の県境を改善する効果が期待できますので、頭皮ケアしっかりと行いたい時には是非取り入れてみて下さい。

炭酸水が頭皮に良いのはなぜ?

毎日髪の毛はしっかりと洗っているはずなのに、頭皮の痒みやベタつきが気になる・・という事はありませんか?頭皮の環境が悪くなっていると、ベタつきとともに匂いが気になったりする事もあります。サロンなどでヘッドスパをしてもらうにしても価格がネックになっていたりして、もっと手軽に行える頭皮ケアはないものかと考えたりしますよね。

ここでは、炭酸水を頭皮ケアに用いる場合の炭酸水から得られる効果や特徴を紹介していきます。

炭酸水には頭皮のクレンジング効果がある

炭酸水に含まれる気泡は、頭皮の毛穴に潜んでいる参加した皮脂や汚れをかき出してれる効果があるので、すっきりと洗い上げる事ができます。髪の毛についた汚れも落としてくれてお肌にも優しいので化学的な成分がたっぷりと入ったシャンプーでゴシゴシと擦らずとも、簡単に汚れを落とす事ができるので、いつものシャンプーで痒くなるという方も安心して使用する事が可能です。

頭皮の毛穴に詰まった汚れは、しっかりとシャンプーをしていても洗い残してしまう事が多いので、定期的に炭酸水を使用して汚れを取り除いておく事が大切です。
炭酸水は手の届きづらいところにまで浸透し、汚れを取り出してくれるのでとても便利です。
指などで強く擦り過ぎてしまうと頭皮を傷つけてしまったり、頭皮の環境をより悪くしてしまう事も考えられるので、頭皮をなるべく傷つけずに優しくケアできる炭酸水を活用したヘアケアがおすすめです。

頭皮に栄養を行き渡らせてくれる

炭酸がしゅわしゅわと泡立つのは、炭酸ガスというものが含まれているからです。その炭酸ガスの主成分は二酸化炭素なのですが、液体化する事によって頭皮に浸透しやすくなる性質を持っています。体内に入り込んだ二酸化炭素を頭皮の血管が必死に追い出そうとする際に血行が良くなり、頭皮環境が良くなっていきます。

頭皮の血行が良くなると、髪の毛を生み出す細胞が活性化したり頭皮が健康な状態を保ちやすくんなるので頭皮ケアに向いているとして、多く取り入れられています。

炭酸水を使用した頭皮ヘア

ここでは炭酸水を使用した頭皮ケアを紹介していきます。使い方やタイミングを工夫するとより効果を実感しやすくなるので、正しいやり方で行うようにして下さい。

炭酸水を用意する

炭酸水は市販されている無糖のものでもいいですし、自分で簡単に作って使用する方法でも大丈夫です。身の回りに作る材料があれば、試してみて下さい。

飲料用の多くには糖分などヘアケアには向いていない成分が含まれている可能性がありますので、成分まできっちりと管理したい方は、自分で手作りするのがおすすめです。

自分で手作りすれば費用もかなり安く抑える事ができますし、何度も作る事ができるのでとても便利です。ここでは手作りの仕方や作る為に必要なものを紹介していきます。

<用意するもの>

・重曹

重曹を選ぶ時は、食用として販売されているものを選ぶようにします。薬用と記載されているものは、純度が高く安全度も高いですが効果なものが多くなかなか頻繁に使えないという問題点があります。お掃除用に販売されている重曹は、後に流されてしまう前提の粗いものが多いのであまりおすすめできません。

重曹には薬用・食用・工業用といったようなグレードが存在しますので、購入する際にはしっかりと成分表示などを確認してから手に取るようにして下さい。体の一部に使用するものなので、安心して手軽に使用できる食用の重曹を使用するようにしましょう。

・クエン酸

クエン酸に関しても、食用として販売されているものと掃除用として販売されているものの2種類に大別されます。体に使用するものなので、口から取り入れても安心な食用のクエン酸を使用するようにして下さい。

・水

飲料用の水でなくても水道水でも大丈夫ですが、軟水の方がお肌になじみやすく気泡も細かくなりやすいです。

<作り方>

作り方はごく単純で、500mlの水に重曹とクエン酸を1杯ずつ入れて混ぜるだけです。
まとめて沢山作ると炭酸が飛んでしまう恐れがありますので、使用するたびに新鮮な炭酸水を作るのがおすすめです。

炭酸水を使用して予洗いする

用意した炭酸水を使用して頭皮のケアをしていきます。シャンプーをする前に予洗いをしてしっかりと汚れを洗い落としておくと、シャンプーの泡立ちが良くなり、頭皮を傷つけづらくなります。今まで行っていたかったという方はこの機会に習慣にしてみて下さい。

<用意するもの>

・炭酸水500ml

ロングヘアの場合には倍の量を用意しておいて下さい。少量ではしっかりと洗い流す事ができないので、たっぷりと量を使う必要があります。

・霧吹き
霧吹きは量販店や100円ショップなどで手軽に購入する事ができますので、事前に準備しておくとスムーズに行う事ができます。霧吹きがなければ、空いたペットボトルなどを使用する事もできます。
その際には、キリなどでキャップに細かく穴を開けてシャワーのように少量ずつ液体が出るように加工しておくと使いやすくて便利です。

<やり方>

容器に入れた炭酸水を髪の毛に吹き付けていきます。
乾いている状態の髪の毛に全体につけていき、頭皮にも馴染ませていきます。額の生え際・頭頂部・こめかみ・うなじの順番で順に濡らしてくと、もれなく均等に濡らす事ができます。髪の毛と頭皮の全体がしっかりと濡れたら、頭皮を指の腹で揉むように優しくマッサージしていきます。ヘッドスパのように長い時間をかけて行わなくても良いので、5分ほどマッサージしたら終わりにします。この時に爪を立てないように意識して行うようにして下さい。

髪の毛の短い方や男性の方はこの行程までで終わりにしますが、ロングの方は髪の毛もしっかりと洗えるように毛先なども重点的に洗い流すようにしていきます。
洗面器などに炭酸水を貯めて、髪の毛を浸けながら目の粗い櫛や指で優しく梳かします。
そうする事で、髪の毛の表面に付いたホコリなどの汚れも綺麗に落とす事ができます。

炭酸水シャンプーを行う

炭酸水を使用した予洗いが済んだら、炭酸水シャンプーで洗っていきましょう。
炭酸シャンプーは普段使用しているシャンプーと混ぜて行う方法なので、改めてシャンプーを要する必要がなく、炭酸水さえあればいつでも行う事ができます。

<用意するもの>

・炭酸水

炭酸水はシャンプーと合わせる分と洗い流す分の両方を用意しておきます。
シャンプー用に50ml、洗い流す用に2ℓ程を事前に作っておくと後でとても楽です。

・普段使用しているシャンプー原液

髪の毛の長さに合わせて使用するシャンプーの量を変えて行いますので、長さに合わせて分量をコントロールするようにして下さい。
ショートヘアの場合は1〜2プッシュ、ロングヘアの場合には3プッシュ程度が目安です。
・キャプのあるペットボトル

キャップの付いているペットボトルはシャンプーと炭酸水を混ぜる時に使用します。
キャップがなくても手で押さえられれば良いのですが、炭酸があるのでしゅわしゅわして感じるのが苦手な方はキャップ付きのペットボトルを使用した方が良いでしょう。

<作り方>

ペットボトルに50mlの炭酸水を入れて分量分のシャンプーを得れて良く降って混ぜます。ボトル内が泡でいっぱいになるまで混ぜれば、炭酸水シャンプーの完成です。

<やり方>

ボトルから泡を取り出して手に取ります。手に取った泡を頭皮を中心に付けていきます。
しっかりと沢山の泡をつけたら頭皮をマッサージするようにして優しく洗っていきます。
泡が小さくなってきたり消えてきたら、今ある残りの泡を軽く取り除いてから、残っているペットボトルの泡を追加して付けててもう一度同じように頭皮を中心に洗います。

頭皮を全て洗い終わったら、髪の毛も優しく揉むようにして洗います。強く引っ張るような動作はせずに、手で髪の毛を梳かすようにして優しく行うように心がけましょう。
シャンプーの入っていない、流し用の炭酸水を使用して洗った髪の毛を洗い流していきます。一度ではシャンプーをしっかりと洗い流せないので、数回に分けてベタつきを感じなくなるくらいまで意識的に回数を増やして洗うようにして下さい。

綺麗に洗い流したら、いつも使用しているトリートメントやコンディショナーを馴染ませ、その後良く洗い流して終了です。

守ると効果がより実感できる炭酸水ケアのポイント

炭酸水をヘアケアに取り入れる場合には、いくつか工夫する事でより効果が実感しやすくなる事があります。注意しておきたい3つのポイントを挙げていきますので、行う際には意識してみるようにして下さい。

頻繁に行いすぎない

頭皮をスッキリと洗い上げられる感覚は病みつきになりますよね。ですが、毎日行えば良いというものでもありません。頭皮に汚れが溜まってきたなと感じて行うくらいのでも十分なので、週に一度頭ケアを重点的に行うようにしましょう。

一度洗うと、頭皮の油分の膜が失われそれを取り戻すのには多少時間がかかります。
油分の膜がない状態で炭酸水を使い続けてしまうと、かえって頭皮のトラブルを引き起こしてしまう可能性もありますので、適度にご褒美程度に行うようにしすると、行った時の効果をより実感しやすくなります。

頭皮の油分がもともと少ない方は、頭皮用の化粧水などと合わせて行うと、スッキリ加減としっとり加減の両方を味わう事ができるのでおすすめです。

お湯で作らない

頭につける事を考えるとどうしてもお湯で作りたくなってしまうものですが、炭酸水を使用する際にはぬるめのお湯か常温のお水で作るようにしましょう。
温度の高い状態ですと、炭酸の蒸発が早まり早く炭酸が抜けてしまう事が考えられます。
人肌程度の水温であれば問題ないので、少しぬるいと感じる温度のお水を使用するようにして下さい。

冬などの乾燥が気になる季節には頭皮はベタつきづらいので、夏のジメジメした暑い日に常温のお水で炭酸水を作って行うのがおすすめです。

お肌に合わない場合は使用をやめる

化粧品全般に言える事ですが、どんな人にでも合う素材というものはなかなかありません。それ自体の性質が魅力的でも、いざ使用してみたらお肌に炎症が起きてしまうという事も十分に考えられます。炭酸水自体は成分的にはとても自然に近いものなので安心して使用できるものですが、炭酸がある分、人によっては刺激として感じられる方もいる事でしょう。そんな時は一度使用を辞め他のものを探すようにしてみましょう。
体質や体調によっても体の反応は異なるものですから、心当たりがある時には一時お休みをして落ち着いたら様子を見ながら少しづつ使っていくという方法を取るようにしてみて下さい。

まとめ

炭酸水は炭酸以外には刺激を感じる原因がないので、お肌の弱い方でも安心して使用する事ができます。自分でも簡単に作り事ができるので、とても始めやすい頭皮ケアとも言えます。髪の毛や頭皮のベタつきなどが気になる方には向いているヘアケア法なので是非日頃のお手入れにプラスして行ってみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。