髪の毛のダメージが気になる時、トリートメントに助けを求めても思うように効果が得られなかた事はありませんか?オイルパックを行うと、潤いを失った髪の毛もハリと艶を取り戻す事ができます。乾かす前にオイルを使用した事はあったけれど、オイルパックは試した事はない・・という方の為に、オイルパックのやり方とおすすめなオイルを紹介していきます。

オイルパックとは?

頭皮が乾燥したり髪の毛が乾燥してしまうと、痒みが出たりフケの量が増えたりして、オシャレにも支障が出てきます。
頭皮が乾燥していると髪の毛も乾燥しやすくなるので、頭皮と髪の毛両方の保湿ができるオイルパックがおすすめです。カラーやパーマを繰り返し乾燥が気になる髪の毛や、紫外線を浴びてダメージを受けた髪の毛にしてあげると、しっとりとまとまりのある美髪にする事ができます。頭皮の乾燥が気になる方にも効果があるので、合わせて活用してみて下さい。

もともと乾燥肌の方でも、継続してヘアパックを行う事で、乾燥が緩和されたり、髪の毛がツヤツヤになったりする効果があります。オイルはべたつくからと苦手意識を持っている方も多いですが、実は頭皮や髪の毛に使用すると、高い保湿効果を発揮して頭皮や髪の毛の表面を守ってくれる効果があります。

また、乾燥肌だけではなくオイリー肌にも良いとされています。
オイルパックは、頭皮の環境を改善して皮脂の分泌量を安定させるので、油分が気になる方でも皮脂量を抑える目的で活用する事ができます。時間が経つと余分な皮脂は酸化して匂いを発したり炎症を起こしたりもします。日頃から頭皮の油分量を正常にしておく事で、今まで悩んでいた頭皮のベタつきが嘘のように改善されていきます。

お肌とオイルの相性を考慮しておけば、基本的にどなたでも行う事ができますので、是非挑戦してみて下さい。

オイルパックと言われてみると、いまひとつどんなものなのか想像がつかないと言うかとも多いと思いますので、自宅でも簡単に行う事ができるオイルパックの方法を紹介していきます。行程もとても短く、シャンプーをする前に行うものなので、オイルの使い方に慣れていない方でも量などを気にせずに安心して行う事ができます。

オイルパックのやり方

オイルパックを髪の毛に行う際には、シャンプー後ではなくシャンプー前に行います。
静電気や乾燥でめくれ上がったキューティクルを綺麗に整えてくれるので、オイルパックをヘアケアに取り入れて髪の毛のパサつきを改善していきましょう。

髪の毛の乾燥を気にしてオイルを使用する際には、毛先に重点的にオイルを付けるようにしますが、ここでは頭皮を含めてまとめてケアしていきますので、頭皮からオイルを付けていきます。

  1. 頭皮全体にオイルを行き渡らせたら、手ぐしで頭皮のオイルを髪の毛に伸ばしていきます。オイルが髪の毛と頭皮に満遍なく馴染んだら、頭皮をマッサージします。
  2. 頭皮に潤いを与えると同時に、毛穴に詰まった汚れを浮かせて取り除いていきます。
    マッサージを行っていると自然に頭皮の毛穴に詰まった汚れが浮き出てくるので、むやみに強く押しすぎたり擦ったりする動作は行わないようにしましょう。頭皮を傷つけてしまう原因なります。
  3. マッサージを終えたら10分ほどそのままの状態で時間を置きます。
  4. 時間を置いたらいつものシャンプーとトリートメントをして終わりです。
  5. オイルパックは、行程で言えばとても簡単に行うことができるので、手軽にヘアケアに取り入れる事が可能です。
    毎日行う必要はありませんが、週に一度程度の定期的な周期で行うと効果的です。

オイルパックに使いたいおすすめのオイル

オイルパックを行う際に使用するオイルは基本的にはどんな物でも大丈夫です。
ですが、せっかく沢山の種類のオイルが世に出回っているので、使い道や期待する効果に合わせてオイルを使い分けてみましょう。

エイジングケアを中心に行いたい方は、特に純度の高いオイルを選ぶようにすると、より浸透率が上がり効果を実感しやすくなります。

純度の高いオイルはどれも、抗酸化作用が強く、オイル本来の栄養素をそのまま含んでいる物が多いので、髪の毛にとって良い物が多いのも特徴です。

純度の低い物は、お肌にあまり良くないとされている成分を含んでいたり、雑味が多いので酸化しやすく持ちが悪かったりする事もあります。

オイルパックに活用されているオイルは、頭皮にも髪の毛にも優しい物が多いので、こだわって行う場合には、使用するオイルも厳選して行うようにしてみましょう。

とはいえ、あまり難しく考えずに、どんどん色々なオイルでオイルパックを行って、自分似合った物を探してみて下さい。

スクワランオイル

スクワランとは、人の体の中にも含まれている油脂成分のスクワレンと水素原子を組み合わせて生成した物を言います。

スクワランオイルの元となるスクワレンには、動物性と植物性のものがあり、植物性のものは主にオリーブオイルから抽出され、動物性のものは深海ザメなどのサメの肝油から抽出されています。匂いがなく加工しやすい性質なので、昔から化粧品原料として活用されてきました。

スクワランは人の皮脂と同じ成分でできているので、肌にとても馴染みやすく浸透力が高いのが特徴です。皮膚の奥深くに浸透し新陳代謝を上げる効果があるので、頭皮のターンオーバーを促す頭皮ケア用のオイルとしても多く使用されています。

スクワランオイルをお店で見かけると、とても高いことに驚いた事はありませんか?
スクワランオイルは深海ザメの肝油を原料としているものが多い為、一度に沢山の量を抽出する事ができません。その為希少価値が上がり販売される行程でのコストを除いても、値段が高くなりやすいのです。

値段を抑えてスクワランオイルを使用したい場合には、少し純度は落ちてしまいますが、植物性のスクワランを選ぶと良いでしょう。

長く使用し続ける為には価格はとても重要ではありますが、植物性のスクワランを選ぶ際には1つ注意しておかないといけないポイントがあります。

植物性のスクワランオイルには、ブリスタンという刺激物質が含まれています。この刺激物質がお肌の表面を刺激する恐れがある為、頭皮やお肌が敏感な方は植物性の物を避け、より安心して使用できる動物性のスクワランオイルを選ぶ事をおすすめします。

アルガンオイル

アルガンオイルは、北アフリカのモロッコという地域に生息するアルガンツリーという木の実から抽出されたオイルで、一度にあまり沢山採れない事からとても貴重なオイルと言われています。

エイジングケアに向いているトコフェロールという若返り成分がオリーブオイルの3〜7倍多く含まれていると言われています。保湿力や抗酸化作用が高い為エイジングケアにとても良く活用されています。紫外線にも強く、日焼け止めのような強力さはないですが、頭皮や髪の毛を紫外線から優しく守る効果もあります。

乾燥した髪の毛に使用すると、アルガンオイルに含まれてるリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が髪の毛の乾燥を防ぎ、潤いを与えてくれます。

オリーブオイル

食用として広く知られるオリーブオイルは髪の毛にも良い効果をもたらしてくれます。
誰もが知るオリーブの実から採られたオリーブオイルは、高い抗酸化作用と豊富に含まれたビタミン類が魅力のオイルです。酸化しにくいとさせるオレイン酸がオイルの酸化を防ぎ、白髪や抜け毛の予防にも効果があると言われています。

オリーブオイルを手に取った事がある方はお分かりかと思いますが、少しベタつきが気になるのが残念なポイントではあります。肌馴染みはある程度良いですが、少しずつ馴染ませるように使うなどの工夫が必要です。

オイルの酸化についてはよく言われていますが、なぜ酸化したオイルが良くないかというと、お肌にシミを作る原因になる可能性があるからです。
お肌や頭皮・髪の毛に使用する際には、食用のオリーブオイルは使用しない方が純度が高く酸化しづらいのでおすすめです。

ヘアケアに食用のオイルを使用する場合には、エクストラバージンオイルというオリーブオイルの中でも純度が高く高品質とされる種類ものを使用するようにして下さい。
洗い流してしまうしもったいないと感じるかもしれませんが、頭皮や髪の毛に浸透し栄養として取り込まれるものなので、安心してヘアケアが行う事ができるものの方が結果的に早く効果を感じやすかったりと利点が多いです。

椿油

椿油は、髪の毛に良いとされ一般的な認知度も非常に高いオイルです。
椿油にはオレイン酸が豊富に含まれていて、皮脂のバランスを整えてくれる効果があるので、乾燥が原因で頭皮にトラブルをかかえている方には特におすすめです。

椿油にはサポニンという殺菌・抗炎症作用のある成分が含まれているので、ニキビの防止や頭皮の雑菌の増殖を防ぐ効果も期待できます。
頭皮にニキビができる事は少ないですが、毛穴のつまりやニキビと同じような過程でできた炎症には同じように効果を発揮してくれます。

オイルとは思えないほどしっとりと自然に馴染んでくれるのも扱いやすく人気があります。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココナッツから取れるオイルで、髪の毛を乾燥から守る効果が高いのが特徴です。
ヘアケアやスキンケアに使用する際には、純度の高いエクストラバージンココナッツオイルを使用するようにしましょう。

温度によって形状が変化するオイルなので、使用する際には手の上で溶かすようにしてから使うと馴染みが良くなります。

頭皮につけても良いですが、食用としての効果が非常に高い為、内側から髪の毛をケアする商品として摂取するのもおすすめです。

ヘアケアに使用使用する際には、人によってお肌に合わない事があるようですので、パッチテストなどで使用しても異常が出ないか確認してから使用するようにして下さい。

ホホバオイル

ホホバオイルは、非常に丈夫で乾燥に強いとされているホホバの種子から抽出したオイルの事を言います。

ホホバオイルのずば抜けてヘアケアに向いている特徴は、ワックスエステルという人のお肌の中にも含まれている成分が天然成分として含まれている事です。

外部の刺激から守ってくれるバリアを作り出す効果もあるので、頭皮ケアに使用したりヘアケアに使用して髪の毛の潤い効果も高める事ができます。

ホホバオイルは酸化しづらく腐りにくいオイルなので、赤ちゃんでも使用できるほどお肌に優しいのが特徴です。

純度の高いホホバオイルを見分ける際にはオイルの色を見るようにしましょう。一般的にコストを抑える為に生産性を重視して作られたものは透明です。逆に、熱を加えずにホホバのそのもの栄養素を残したまま精製されたオイルはゴールド色をしています。

これを覚えておくだけでも、選ぶ際に悩まずに済みますので、是非頭の片隅に置いておいて下さい。

まとめ

ヘアパックは、一度良さを知ってしまうと病みつきになる程保湿効果の高いヘアケア方法です。しっとりとした乾燥の気にならない髪の毛を目指したい時には、是非一度試してみて下さい。季節に関係なく髪の毛はいつもダメージにさらされています。日頃から小まめにケアしておくことで、急激な髪の毛のダメージの増加を防ぐことができるので、習慣にして綺麗な艶髪を手に入れましょう。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。