シミを消す方法はとても沢山ありますが、皮膚科やクリニックによってその選択肢は異なります。事前に自分にある程度の知識があれば効果的な対処ができたり、シミの進行を防いだりする事もできます。皮膚科でしっかりと見てもらう事も大切ですが、自分でもケアできるように知識を身につけておきましょう。

シミができる原因と種類

一口にシミと言っても、できてしまう原因は様々で、それぞれ対処法や治療法が異なる場合があります。自分の顔にできているシミがどのような種類のものであるのか、分かっていれば早期解決できる可能性もあります。ここではシミの種類と原因について簡単に解説していきます。

老人性色素斑

主に紫外線を長期間浴び続けた事が原因でできるシミです。お肌のターンオーバーがメラニン色素の大量の分泌に追いつかずお肌の上に残ってしまう事から発生します。

紫外線を浴びれば浴びるほど色味が濃くなっていくのが特徴で、最初のうちは薄茶でも加齢とともにだんだんと色味を増していきます。

レーザー治療の反応がよいシミの種類なので、的確な対処をすれば比較的早めにシミを消す事ができます。早いと言っても、お肌の生まれ変わりを待って状態を確認しながら行うので、1日にして解決するという訳ではありません。

肝斑

左右対称にあらわれるのが特徴で、のっぺりとした濃さの均一なシミとして出てくる事が多いです。30〜40代の女性に多く見られ女性ホルモンが影響していると考えれます。その為、妊娠期に悪化し閉経後に消えるという事もよくあります。

強すぎるレーザー治療はかえって肝斑を悪化させてしまう事があるので、レーザーの種類の選別も大切になってきます。

雀卵斑

小さく細かい薄茶色の斑点が鼻から頬にかけて現れるシミの事を言います。
比較的若い頃から現れるシミで、遺伝的傾向によっても左右されます。
生まれつきある方もレーザー治療やフォトフェイシャル治療を行う事によって薄くする事が可能ですが、しばらくしてまた出てきてしまう事もあります。

炎症性色素沈着

ニキビやアトピーなどのお肌が炎症を起こした痕にできてしまうシミの事で、炎症性色素沈着の原因は、炎症を起こした部分に発生した活性酸素を肌から排出する為に過剰に分泌されるメラニン色素がうまく排出されずに残る為と言われています。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は老人性疣贅とも呼ばれ、年齢を重ねたお肌にできやすいとされている老化現象の一つです。老化現象ではありますが、若い方でもできる事があります。
身体中のどこにでもでき、イボのようにザラザラとした良性のできもので、日光を沢山浴びてきた顔には多くでやすい特徴があります。最初のうちは小さくて色が薄いのですが、年々色が濃くなっていき大きく変化していきます。初めのうちからレーザー治療や電気焼灼を行っておく事が効果的です。

皮膚科で行う治療とは?

顔のシミ治療といえば、まずレーザー治療を思い浮かべる事が多いですよね。シミの悩みに特化して広告や宣伝CMなどで目にする事が多い為、シミ消し=レーザー治療という思考回路になりやすいですが、皮膚科で処方される医薬品でも十分に効果を期待できる場合もあります。
皮膚科で処方してもらう医薬品の中には、保険適用されるものもあるので、しっかりと皮膚科医と相談して選択肢の幅を広げてみましょう。

ここでは、老人性色素斑・炎症性色素沈着・肝斑に効果があるとされている方法を紹介していきます。体の外から作用させる外用薬と飲んで内側から作用させる内服薬の2種類があり、うまく組み合わせて服用すると高い効果が期待できます。それぞれの効果と用法の特徴が異なりますので、ある程度の知識を頭に入れた上で、専門医に相談してみるようにしましょう。

あくまでも専門的な知識を持つ医師がきちんと判断を下した上で出される処方箋必須の医薬品ですので、副作用の注意点などの説明なども漏れなく聞いておくようにして下さい。

外用薬による治療

<ハイドロキノン軟膏>
美白作用があるとされている化粧品にも多く配合されている事で知られている成分ですが、医薬品として処方されているヒドロキノン軟膏は特に漂白作用が5〜10%と高濃度で、処方されるさいの注意をきちんと守らないと副作用をきたす恐れがあるので、使用する際には注意が必要です。

<トレチノイン軟膏>
コラーゲンの生産する作用があり、ターンオーバーを促す働きをしてくれるので、皮膚に残ってしまったメラニンを肌の外に排出するのを助けてくれます。

一定期間内に使用しても良い量と回数が限られているものなので、使用する際には医師による説明に従うようにして下さい。医薬品は塗れば塗っただけ良いと言うものではなく、正しい使い方をして初めて効果を発揮してくれるものなので、自分流にならないように気をつけましょう。

内服薬による治療

<ビタミンC誘導体>
高い抗酸化作用がある事で知られているビタミンC誘導体ですが、医薬品としても取り扱いがあります。メラニンに直接働きかけて色素沈着を緩和してくれる効果があるので、シミ治療に多く取り入れられています。ビタミン類は体の中では生成できず、体の中に溜めておく事ができない成分なので、継続して使用する事で効果を実感できるようになります。内側から作用させる事でシミ消し効果を高める事ができます。

<トランサミン>
メラニンを作り出している根本的な原因の一つとされているメラノサイト活性因子の活動を抑え、メラニンの発生を少なくしてくれる効果があります。
トラネキサム酸とも呼ばれていて、体内の炎症を抑える効果があり、シミの中でも肝斑には特に高い効果を発揮する成分とされています。肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れてシミを作る原因となる情報伝達物質を分泌する事から起こるのですが、トランサミンはこの情報伝達物質の働きを抑えてくれる働きをすると言われています。

<L−システイン>
皮膚の細胞が生まれ変わるターンオーバーを促進させる効果があり、メラニン色素の生成を抑えながら、肌に残ったメラニン色素を体の外に排出する作用があります。
今できてしまっているシミにもこれからシミができないように予防する事にも活用する事ができるシミに効果的な成分です。

<ビタミンE>
ビタミンCと合わせて取り入れる事で相乗効果が期待できる成分で、若返り成分とも呼ばれています。天然の食材からも摂る事ができますが、効率よく摂りたい場合には内服薬として処方してもらうと良いでしょう。

電気焼灼による治療

電気焼灼は縫合を必要としない電気メスを使用する事で知られています。電気メスを使用してホクロやイボを焼き取る方法なので、局所麻酔で短時間で取る事ができ痛みも少ないのが特徴です。
お肌の質によってはケロイドのような状態になってしまう方もいらっしゃるので、注意が必要です。大きなシミやホクロには取り残しやすく向いていないので、再発してしまう事も考えられます。

美容クリニックで行われている治療法

皮膚科ではなく、美容クリニックで治療する場合には、自由診療枠となり皮膚科のように一部保険が効くというものが少なくなります。しかし、高額になってもお肌をキレイに回復させていくという効果的なやり方を取り入れているところが多く、その値段に見合うような細やかなケアをしてくれるのも魅力です。

治療法や治療機器は日々進化しているのでリサーチが大切!

レーザー治療に持ちられる機器はとても速いスピードで入れ替わります。新しい技術を次々と取り入れたい美容クリニックは、とてもサイクルが速いのが特徴です。同じシリーズのリニューアル版や全く新しい最新機種まで、日夜進化し続けている美容クリニックの近年主に使われている機器を簡単に解説していきます。
時代が変われば機械も変わっていくので、最新の技術と求めているも効果が合うようでしたら、是非試してみて下さい。

レーザーによる治療

レーザーによる治療を行う前に、自分でも事前知識を簡単に頭に入れておくようにしましょう。
美容クリニックに行かれた事のある方はよくご存知かと思いますが、施術してから回復するまでにかかる期間をダウンタイムと呼ぶ事が多いので、意味を知った上で専門医のお話を聞くようにしましょう。

フォトフェイシャルによる治療

フォトフェイシャルとは、美容クリニックなどで取り扱われている事が多い方法で、インテルス・パルス・ライトと呼ばれる光をお肌に照射して、お肌のシミを薄くしていくスキンケアです。
お肌の表面に留まってしまっているメラニン色素に働きかけてシミを薄くしていくので、シミ・ソバカスなどに有効です。熱や痛みを感じる事もので、お肌に麻酔をして行う場合もあります。
最新の機械には、冷却システムが備えられているものもあり、痛みや熱の感じ方を和らげてくれます。ダウンタイムがほとんどなく、日常生活を支障なく続けられるという点でも人気の高い施術です。

YAGレーザー

2種類の波長を使い分ける事でお肌の奥深くにあるシミも破壊する事ができるレーザーで、基本的に一回の施術で終わるのが特徴です。

一週間は患部に絆創膏を貼っておく必要がありますので注意が必要です。
ゴムを弾くような感覚の刺激があり、医療用のレーザー脱毛のようなイメージに近いでしょう。
光線過敏症や妊娠中の方などは照射できないので、あらかじめ確認しておくようにして下さい。

Qスイッチルビーレーザー

皮膚の深いところにあるシミを集中的に照射できるレーザーで、濃いシミの治療に使用される事が多いです。一般的なシミには効果を発揮するものですが、肝斑に使用するとさらに濃くなってしまう恐れがあります。光線過敏症や妊娠中の方は照射できません。

フォトRF

メラニン色素に反応してシミの効果を発揮するレーザーで、自由治療の中ではお肌を傷つけにくい優しい治療方の一つとして知られています。
ソバカスなどのも効果的ですが、赤みやくすみにも効果があるので幅広いお肌の治療に使用されています。
他のレーザーにも言える事ですが、自由診療では保険が適用されず回数や強さによって値段が変化し負担が大きくなる事があるので、しっかりと確認してから受けるようにしましょう。

レーザートーニング

比較的弱い力のレーザーを使用して行う方法で、肝斑にも効果があるとされています。
肝斑以外にも色素沈着やくすみにも効果があり、痛みを感じにくいのも嬉しいポイントです。
一度で終わりではなく、定期的に数回行うのが通例です。
お肌のコラーゲンを生成してくれる効果もあるので、シミだけでなくお肌のハリやキメを整える目的で使用される方もいらっしゃいます。当日からメイクをして帰れるのもレーザートーニングの特徴です。
治療するクリニックによって値段の差が大きい事があるので、事前にリサーチしてからクリニックを選ぶようにして下さい。

外用薬と・内服薬による治療

美容クリニックにも外用薬や内服薬による治療を行っているところがあります。皮膚科医が在籍し院内に薬局が併設されている便利なクリニックも多く存在しますので、合わせて調べてみるようにしてみて下さい。

まとめ

シミの悩みは値段や機械の種類によって皮膚科に行くか美容クリニックに行くか使い分けるとより効果的です。自分の予算との兼ね合いなども考えながら、事前に調べた情報をもとに正しい判断ができるようにしておきましょう。レーザーによる治療を行う際には、治療後のダウンタイムや向いている時期をしっかりと確認した上で行うと気持ち的にも安心して行う事ができます。
安いからと言って安易に飛びついたりせずに、自分な悩みの解決に合った方法が見つかるまでいくつか相談しにおくのも有効的です。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。