年齢を重ねたお肌は紫外線を沢山浴びてきています。日頃の習慣や紫外線の浴び方によって、できやすいシミの特徴が変わってきますので、それぞれに合わせた対策を講じる必要があります。
シミの中にはシミ予備軍と呼ばれるものから、すでにお肌の表面に出てきているシミまで、種類が沢山あります。自分のお肌にあるシミがどういった種類のものなのか把握しておくとケアしやすくなり、適切な対策を講じる事が出来るようになります。

シミが出来る原因とメカニズム

シミはお肌に何かしらの炎症や刺激が起こった時に、お肌を体が守ろうとして出る症状の一つで、見た目には良くないものとされていますが、良性のものであればそのまま放っておいても大丈夫なものでもあります。ですが、透き通るようなお肌を目指している美意識の高い方にとってはシミ一つがコンプレックスになったりと大問題になりかねません。

シミは、刺激を受けてからお肌の奥深くにあるメラノサイトと呼ばれているメラニンを生成する細胞を活性化した時に過剰に生成されたメラニン色素がお肌のターンオーバーに追いつかずにお肌の表面上に残ってしまっているものをいいます。

メラノサイトを刺激する根本的な原因を取り除いてあげれば、シミ予防に繋がります。

シミは沢山の原因が入り組んでできる事が多い為、何か一つを改善してもまた現れてしまう事があるので、生活習慣や食習慣などを全般的に見直して問題を解決していく必要があります。
知らず知らずのうちに行ってしまっているスキンケアの習慣や、行った方が良いのに行っていなかった予防法まで、改めて見直してみるようにしてみて下さい。

紫外線によるシミ

顔にできるシミの原因のほとんどが紫外線であるといっても良いほど、紫外線はシミとのつながりの強いものです。紫外線にはUVAとUVBという波長の長さが異なるものがあるのですが、そのうちのUVBは波長が短く、直接お肌の細胞を攻撃してDNAを傷つけてしまうと言われています。

紫外線をお肌が浴びると、細胞自体を守る為にメラノサイトを刺激してメラニンを出しなさいという命令を体が出します。その時に浴びている紫外線の量が多ければ多いほど、生成されるメラニン色素の量が増えていってしまいます。
通常ならお肌のターンオーバーに合わせて体外に排出されるはずのメラニン色素ですが、一度に大量に生成されてしまうとお肌のターンオーバーが追いつかずにお肌の表面に残ってしまいます。
また、紫外線を浴びる事によってお肌の細胞のDNAが破壊されていると、紫外線を浴びなくなると色素の生成が止まる本来の作用がきかなくなり、常にメラノサイトが活性化した状態になってしまう為にシミができるという事も起こります。

活性酸素が元でできるシミ

お肌に活性酸素が発生すると、活性酸素を排出する為に体がメラノサイト刺激ホルモンという物質を分泌するようになります。このメラノサイト刺激ホルモンはメラノサイトを刺激し、メラニン色素を生成してしまうものなので、結果的にお肌にシミを作ってしまいます。

活性酸素が発生する原因は、紫外線以外にも沢山あり、日頃から注意して原因となるものを排除していく必要があります。ここでは活性酸素が起きる要因についても解説していきます。

<紫外線(UVA)>

UVBはお肌に直接刺激を与えるものでしたが、UVAは色素沈着の原因になる波長の長い光線です。活性酸素は本来体を守る目的で体が命令を出して作り出すもので、強い抗酸化作用を持っているので体内に侵入した有害物質を破壊する事ができます紫外線も例外なくお肌や体にとって有害なものなので、体は有害物質とみなし体の外に排出しようとします。

体の表面や内部に紫外線を浴びる量が増えれば、その分活性酸素の分泌量も増えていきます。
殺菌効果の強い活性酸素が体内で増えすぎてしまうと、細胞に悪い影響を与えてしまうので極力体が活性酸素を分泌しなくても良いように生活していく事が大切です。

お肌で活性酸素が増加すると、お肌の脂質が酸化し始めます。そのままの状態で進行してしまうと、シミを生みやすいとされる過酸化脂質が沢山作り出されてしまいます。
同時に、お肌のコラーゲンや線維組織も酸化してしまうのでお肌のハリや潤いが失われ、シミやシミの原因にも繋がります。

最悪の場合には皮膚ガンになってしまう事もありますので、早め早めにケアをしてお肌が紫外線に直接晒されないようにするようにしましょう。

<喫煙>

喫煙がお肌に良くないという事はよく知られていますが、何が一体お肌に良くないのでしょうか。
体に取り込まれるタバコの煙には有害な物質が大量に含まれています。その煙を吸っている事で体内では、有害物質を体から排出しようとする働きが始められます。

肺がんのリスクなどでも知られる喫煙ですが、美容にも悪い影響を与えます。有害物質とみなされて発生した活性酸素がお肌の奥にあるコラーゲンを破壊してしまう事でもシミの原因となってしまいます。活性酸素が増えている状態の体の中では、活性酸素が脂質と結びついて過酸化脂質としてコレステロールを増やし血管に溜まり、お肌に必要な栄養や酸素の補給の邪魔もしてしまいます。

<飲酒>

適度な飲酒は気持ちを落ち着けてリラックスさせてくれたり、ぐっすりと眠れたりして体にとっても良いのですが、過剰な飲酒は肝臓に負担がかかり多くの活性酸素が発生する原因になります。
アルコールは肝臓で分解されて解毒されるものですが、この時肝臓では解毒の為にエネルギーを消費しています。エネルギーとして酸素を使用した際に出るのが活性酸素で、そのまま体内に蓄積していくと体ごと錆びて老化していってしまいます。

アルコールは特殊な消化方法をされる為、栄養とはみなされずに消化ではなく解毒されるように体の中で処理されます。加齢によって体の代謝が落ちてくると、もちろん肝臓の機能も低下してきます。肝臓の解毒機能が落ちる事によって、お肌のシミやシワに直結するような老化現象が起こりやすくなるので、自分の年齢と体質に見合った適度な飲酒を心がけるようにしましょう。

<ストレス>

体がストレスを受けると体はそれに対処しようと働き始めます。ストレスを緩和させる為に副腎皮質ホルモンという物質を分泌するつのですが、その際に一緒に活性酸素も生成されてしまいます。
ストレスがたまるとお肌に良いとされている美白効果のあるビタミンCなども消費されてしまい、結果としてシミのできやすい環境を作り出してしまいます。

<激しい運動>
 
運動をすること自体は体にとってとても良いことですが、過度な運動は体に負担をかけ活性酸素を発生させてしまう原因になります。ただ運動をして呼吸しているだけでも活性酸素を作り出してしまうのに、いきなり過度な運動をしていてはより活性酸素の生成量を増やす事になってしまいます。有酸素運動を取り入れたり、程度な運動量を心がけるようにしてみて下さい。

炎症の痕にできるシミ

にきび跡や炎症が元でできてしまうシミは、炎症が起こった部分に色素が沈着しできてしまう場合が多いのが特徴です。皮膚に炎症を起こさせる原因を一つでも減らす事が出来れば、それだけで十分なシミ対策になります。
虫さされや日焼け・摩擦などによっても起こりますので、日頃から注意しておく必要があります。

シミ予備軍とは?

シミ予備軍とは、これからシミになるかもしれない要素を持つお肌の奥の方にある層の事を言います。その部分が全てシミとして現れるわけではなく、それ以上に紫外線を浴び続けているとシミとしてお肌の表面に出てきますよ!と言う部分なので、見えないうちからしっかりとケアしておく事が大切です。
お肌は正常な状態であれば28日でターンオーバーし、下から繰り上がってきたお肌の層が表面に来るようになっています。その生まれ変わる時に濃い色素が溜まっている状態だと、シミとして定着してしまう事が多いです。
紫外線対策をしっかりと行う事と併せて、正常なターンオーバーを送れるようにホルモンバランスを整えたり、正しい生活習慣を送れるように生活環境などを見直す必要もあります。

紫外線ができにくくする対策

上で説明してきたシミができる原因を少なくする為には、いったい何をすれば良いのでしょうか。シミができにくくなる日頃からの対策の仕方を解説していきますので、参考にしてみて下さい。

対策① 紫外線対策を徹底する

紫外線はしっかりと保護する事で、お肌に影響を与えないようにする事ができます。とはいっても、紫外線は全方向から色々なものなどに反射して当たるものなので、どこから紫外線が来ても大丈夫な状態にしておく必要があります。

お肌の表面を均等に守る方法としては、日焼け止めを塗る方法が効果的です。外出時やレジャー時など、日焼け止めの種類を使い分ける事も大切です。日焼け止めは一度塗れば良いというものではなく何度か塗り直す必要があります。常に持ち歩ける小さいタイプのものをバックに忍ばせておくと、気になる時に塗り直せるので便利です。

日焼け止めを塗ったからといってそれだけでは万全ではありません。目から入った紫外線からもメラニンを生成してしまうので、サングラスや帽子などのグッツをうまく活用して、徹底的にお肌を紫外線から守るように工夫しましょう。

対策② 保湿ケアをしっかりとする

紫外線を受けたお肌はとても乾燥しやすくなっています。乾燥した状態のまま放っておくと、お肌が正常にターンオーバーを行えなくなり、お肌の表面にシミとして色素沈着してしまう原因になります。油分を補給する事も大切ですが、化粧水で水分補給をしっかりとしてあげてから乳液や美容液などで膜を張るようにすると、保湿力も高まり効果的です。

乾燥した状態のお肌は紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線の影響を受けにくいお肌の環境を整えておく事が重要です。

今できているシミの部分は保湿がしっかりとできていますか?
もしかすると、シミの原因は保湿が十分でない事から起こっているものかもしれませんよ。

対策③ 紫外線の強い時間帯を把握しておく

1日のうちでも、紫外線の強さや量は変化しています。時間帯によっても変わってくるので、できる範囲で強い時間帯の外出を避けたり紫外線対策をしっかりと講じる事で、より効果的にお肌を紫外線から守る事ができます。

紫外線が一番強くなる時間帯は、10時〜14時と言われています。紫外線の強さを指数で表した紫外線指数を環境省が出す紫外線保健指導マニュアルと合わせてみているのも良いでしょう。
紫外線の強い日には気温も上昇している事が多いので、体調を崩しやすくもなっています。
紫外線対策と合わせて水分補給や体調をまずは整えてあげる事で、お肌や体自体も健康な状態に保ちやすくなります。

対策④ 質の高い睡眠とバランスの取れた食事を心がける

<質の高い睡眠>

質の高い睡眠をとる事はシミ予防以前に、健康な体づくりには必要不可欠なものです。
睡眠時には、お肌や体の機能を回復させる成長ホルモンが分泌されています。成長ホルモンが多く分泌される時間帯にしっかりと睡眠をとっておけば、お肌は眠っているうちに回復し、ターンオーバーを正常に戻してくれます。
ただ眠れ場良いというわけではなく、効率よく的確に睡眠をとる事が重要です。
一般的にコールデンタイムと呼ばれる22時〜2時の間にしっかりと眠れる体制に入っていれば
健康やお肌に良い質の高い睡眠がとれるとされています。

質の良い睡眠をとる為には、寝る前の習慣も大切になってきます。睡眠の質が悪くなってしまうような習慣はできるだけ避けるようにしましょう。
寝る前に避けたい習慣をまとめておきますので、普段自分が行っていないか確認してみて、行っているようであれば、寝る前に行わなくても良いように工夫してみて下さい。

・寝る前に考え事をしている
・スマートフォンやパソコンをいじっている
・暑いお風呂に入る
・激しい運動をしている

以上のような習慣があると、眠りにつきづらくなったり質の良い睡眠を取りづらくなりますので、行わないようにして下さい。

<バランスの取れた食事>

バランスの良い食事を摂る事は、お肌や体の健康にとってとても大切な事です。
体に必要な栄養分が足りていないと、いくらお肌のターンオーバーを繰り返しても、綺麗な潤いのあるお肌にする事はできません。栄養価が高いものを重点的にとるのではなく、バランス良く様々な食材から栄養を補給できるように食事の仕方も工夫してみましょう。

まとめ

シミをできにくくする為にやれる事はとても沢山あります。日頃から意識してケアしてあげる事でシミができにくい健康的なお肌を保つ事ができます。習慣にしてしまえばそこまで苦にならない事が多いので、是非今日から実践してみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。