顔の全体にできてしまったシミは、できてからどれくらい経ってるかによって対処法が異なる事があります。顔全体に広がったシミは、顔全体を暗く血色の悪い印象に見せてしまいすので、どうにかしてシミが薄くなるのか悩ましいところですよね。真っ白いお肌に憧れているだけではなく、シミを薄く消していけるようにケミカルピーリングやその他の治療法で透明感のあるお肌を目指しましょう。

原因を探る

シミのタイプを知る

シミにいくつかの異なる原因があるとされています。分かりやすく簡単に分類して解説していきます。シミのタイプを知っておくとシミのケアをする際にとても役に立ちます。是非頭の片隅に留めておいて下さい。

<色素斑>

このタイプのシミは、長期間紫外線を浴びる事によって怒ります。高齢の方によく見られるシミの一種で、老人性色素斑とも呼ばれています。年齢が若くても浴びている紫外線量が多ければ同じようにシミとなって出てくる事があります。この全体に散らばってできる特性があるので、しっかりと満遍なく紫外線対策を行う必要があります。

<肝斑>

女性特有のシミといえばおなじみの肝斑ですが、そう言われる理由は女性ホルモンが大きく影響している為です。女性ホルモンの分泌量が変化しやすい妊娠中や更年期などによく見られるシミです。経口避妊薬を服用していると起こる事があるとも言われています。
また、甲状腺以上によっても起こる事があるので、他にも症状がある時には医師に受診してみるようにしましょう。

<炎症性の色素沈着>

ニキビや炎症を起こした部分にできる色素沈着が元になってできたシミの一種です。
体に刺激が加わると、体がその有害物質を排除しようとするのですが、その際に過剰に分泌されたメラニン色素がうまくターンオーバーで剥がれ落ちずに残ってしまう事からシミになるパターンが多いです。摩擦による色素沈着も考えられます。

シミの原因を調べる

<普段から服用している薬が原因になっていないか>

持病などを持っていて普段から薬を服用している方は、その薬が原因でシミができている事も考えられます。妊娠中や経口避妊薬などの服用でシミが出ている場合もあります。そのような時に出るシミは黒色腫と呼ばれ、治すのが難しいとされているシミである可能性があります。
まず医師に相談してみるのが先決ですが、症状を改善していく方法はあるので安心して下さい。

<よく日光の当たる場所にいませんか?>

紫外線を常に浴びているような環境にいる方や、日焼けサロンなどに通われている方の多くは色素斑である事が多いです。このタイプの色素沈着は、日頃から日光を浴びないように紫外線を避けるように注意し、外用薬などを処方してもらうと効果が実感できる事が多いです。

<大きなニキビを潰したり、整形手術を行いましたか?>

長期にわたるお肌の炎症や傷などは、後々お肌の色素沈着を残してしまう事があります。このようなシミには塗り薬などの比較的簡単な治療を継続して行う事で改善させる事ができます。
かかりつけの皮膚科医やクリニックの医師に相談してみるようにしましょう。

皮膚科に受診する

皮膚科に行くとお肌の隅々までをしっかりと観察し、問診で生活習慣などがお肌に影響を与えていないかなどの判断を下してくれます。今できてしまっているシミに対してとこれからシミをできないようにする策の両方を教えてくれるので、とても参考になります。
きちんとわかるまで聞いて理解してお家での薬の服用や生活習慣の見直しなどにも生かすようにして下さい。

お肌に優しい治療法から試す

機械を使わない物理的な方法からはじめる

シミができてから2〜3ヶ月のうちであれば、深いところにまでシミができていない事が多いので、そのような場合にはお肌の表面の角質を除去するような方法を行うと良いです。
できるだけ細かい粒子のスクラブを使用してお肌の一番表面にある角質を取り除いていきましょう。

酸を利用した薬剤を使用する

酸を使用した薬剤は処方箋がないと買えないものと、市販されているもとがあります。
市販と処方箋を書いてもらう薬剤の違いは濃度である事が多いです。医師が指導しているから出せる強めの薬もあるというものもあるので、医師にしっかりと相談して、市販のものでも可能であれば市販のものから試してみても大丈夫です。

処方箋によって処方されるアルファハイドロキシン酸は、植物などから抽出されたしっかりと角質除去をしてくれる薬剤です。他にも様々なものがありますが、信頼できる医師と相談し自分お肌に合ったものを探すようにして下さい。

市販のものを探す場合には、以下に挙げる原料を含んだものを探すと良いでしょう。
(ハイドロキノン・きゅうり・大豆・カルシウム・アルブチン・コウジ酸)

ケミカルピーリングを取り入れる

お肌のシミがなかなか消えない場合には、ケミカルピーリングを行う方法もあります。
ケミカルピーリングとは、薬剤でお肌の表面を酸によって削ぎ落とす方法の事を言います。削ぎ落とすといっても、ピリピリと感じる事はあっても痛く感じるものではないので、怖がらずに受けてみるのも良いでしょう。

ケミカルピーリングで使用される酸の種類は濃度別に3種類用意されている事が多いです。
お肌の状態に合わせて美容クリニックや皮膚科で行うことができます。

一度お肌の表面を削って行う方法なので、お肌が完全に元どおり回復するまでに時間がかかります。続けて行うことはできず、間隔をあけて数回に分けて行う事になります。

マイクロクリスタルピーリングを行う

1ヶ月に1度の処置を数ヶ月続けて行うピーリングなので、時間と費用がかかる事が多いですが、その分効果も高いのが特徴です。じっくりとシミを消していきたい方には向いています。

クリスタルの微粒子でお肌の表面を擦りとる方法なので、行う医師の技術によって効果が左右される事があります。信頼の置ける医師に任せるか、沢山経験されている方を選ぶかして、技術的な心配を排除しておきましょう。

ケミカルピーリング同様、お肌の回復を待った上で次の施術を行うので、頻繁に行うべきではありません。

最終手段としてレーザー治療を取り入れる

できてから長い時間が経ったシミには、レーザー治療が向いています。できたばかりのシミにも使用できますが、できたてから敢えてレーザーで治療する必要はありません。あくまでも、最終手段として人工的な手段を取り入れるようにしてみて下さい。

レーザー治療は非常に高い効果を期待できますが、費用がとても高いのが特徴です。
シミの濃さによっては一度では足りず、数回行う事になる場合もあります。レーザー治療を始める前に、大体どれくらいの期間が価格のかなどを医師に確認しておくようにしましょう。
レーザーで治療すると、かさぶたがお肌の表面にできるので、目立ちづらい季節を選ぶようにするのがおすすめです。

天然療法を取り入れてみる

柑橘系のフルーツを使う

柑橘類のフルーツには、ビタミンCが豊富に含まれています。自然なものを使用する事で、お肌をできる限り傷つけずに表面の角質層だけを取り除く事ができます。
ここではおすすめのナチュラルピーリングのやり方と作り方を紹介していきます。

<ピーリングに必要な材料>
水・脱脂粉乳・お好みの柑橘系フルーツの果汁

<作り方>
全ての材料をしっかりと混ぜ合わせ、ペースト状になったら完成です。

<やり方>
顔全体に塗って優しくマッサージをしていきます。この時に強く擦るとお肌を傷つけてしまう恐れがあるので、爪を立てないように注意して行うようにして下さい。
しっかりと洗い流して保湿をしたら終わりです。

ビタミンEを取り入れる

高い抗酸化作用を持つビタミンEは、食事からも塗り薬からでも取り入れる事ができます。ダメージを受けたお肌を回復させてくれる効果もあるので、積極的に摂りたい成分です。

<食事から摂る場合>
アーモンド・ナッツ・松の実・乾燥あんずなどに多く含まれています。
食事としてだけではなく、ナッツなどはおやつ代わりに持ち歩いていつでも食べる事ができるので、常備しておいても良いでしょう。

<塗り薬>
市販されている純度の高いビタミンEのオイルをシミに直接つけていきます。
毎日継続して塗り続けていくと、だんだんとシミを薄くすることができます。

アロエを使用する

アロエには、お肌の炎症を沈静してくれる効果があり、火傷の際に使用する民間療法としても知られています。日焼けしてしまったお肌を落ち着かせたり、シミを薄くする効果もあるので、是非取り入れてみて下さい。市販のもので行うときには添加物の含まれていない重度の高いものを使用し、自宅で栽培している場合には、果肉を取ってそのままエキスを搾り出します。直接シミにぬりこんだらそのまま放置しておいて大丈夫です。
万が一お肌に合わず痒くなる事があれば、すぐに洗い流すようにして下さい。

紫玉ねぎを使用する

玉ねぎの中にはシミを薄くする効果があるとされている成分が含まれています。レモンの代わりに使用する事もできるので、とても便利です。コットンか手に玉ねぎの汁を絞り目には入らないように気をつけながら、シミが気になる部分につけて15分ほど置きます。その後は、しっかりと洗い流して保湿して下さい。酸の強い成分なので、顔につけたまま日光を浴びないように注意して下さい。パパイヤをスライスしてシミが気になる部分にのせ20〜30分当てておきます。ミキサーでペースト状にしてパックのようにして使用する方法もあります。

パパイヤを使用する

パパイヤにはパパインと呼ばれる酵素が含まれていて化粧品にも良く応用されています。
パパインはお肌の角質を剥がれ落ちるのを助けてくれるので、自然派コスメの洗顔料にも使われています。シミ消しに効果的なビタミンCやビタミンEも多く含まれている為、シミ対策やシミ消し療法としては効果的です。肌質やシミの状況によっては効果の感じ方に個人差があります。

改めて見直すべきポイント

顔全体にできてしまうシミの中には、改めて見直すと出てくる原因のものもあります。
自分では意識していないうちにシミが広がっていた・・何て事にならないように、改めて見直すべきポイントをチェックしてみて下さい。

紫外線を浴びる時間を極力減らす

紫外線対策は、お肌の健康にとってもとても大切な事ですが、露出が多くなる季節にはついつい気を抜いてしまいがちです。紫外線を避けて行えるものであれば良いですが、どうしても紫外線を浴びてしまう環境に行かなければならない時には、日焼け止めを塗りサングラスや帽子・日傘などを最大限利用してお肌をしっかりと守るようにしましょう。

以前行っていたお肌の治療が原因の場合も

色素沈着が起こる原因の一つに、以前の治療による影響が考えられます。皮膚科医によるピーリングだけではなく、整形手術などでお肌を傷つけているとどうしても色素沈着が起こりやすくなります。お肌の治療を行う前に、経験や実績のある信頼できる医師を探すようにしっかりとリサーチしておきましょう。

薬を変えてみる

今現在服用している薬が原因で肝斑ができてしまっている場合には、他の薬に変えて治療を続けるようにしましょう。効果が似ている、肝斑のできずらい成分の薬を医師に相談し処方してもらいましょう。

まとめ

顔全体にできてしまったシミは、一気に一度で消す事はできません。徐々にではありますが、薄くしていく事は十分可能です。自分だけでどうにかしようとせずに、皮膚科医や美容クリニックの医師に頼ってみるのも得策です。一番大切なのは、気が付いたら後回しにせずすぐに対策を講じる事です。今すぐにできる事から初めてみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。