一度できてしまったシミはどうにもならないと諦めていませんか?老人性色素斑は適切な治療を行えば、取る事のできるシミの種類です。老化や紫外線の影響を大きく受ける老人性色素斑の取り方は一体どのようなものなのでしょうか。ここでは、老人性市磯班の効果的な取り方を紹介していきます。老人性色素斑を取りたくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

老人性色素斑のできる原因と対策

老人性色素斑はできる原因がほとんど同じ場合が多いです。老人性色素斑は、日頃のスキンケアと合わせて紫外線対策をしっかりと行う事で、シミの増加や今以上に濃くなる事を防ぐ事ができます。老人性色素斑の原因になるものと対策について解説していきますので、参考にしてみて下さい。

原因

老人性色素斑は老化と紫外線が原因でできます。典型的な老人性色素斑は主に顔や手の甲・前腕にできぼんやりした楕円形のシミとして現れる事が多いです。年齢とともに誰もができる可能性があるシミの種類です。紫外線を長期間浴びる事によってできるので、若い頃に沢山日焼けをしていた方はその分早くからシミとして現れるものが多いです。

最初は紫外線に沢山当たっていたところから出てきますが、60代以上の方はお腹や見えないところにも出てくる事があります。
20代でも紫外線を沢山浴びていれば老人性色素斑が出てくる事もあるので年齢が若いからといって油断はできません。

老人性色素斑は脂漏性角化症という盛り上がったシミと同時の混在してできる事が多いので、合わせて対処する事が必要になります。顔にできるシミは様々な要因が重なって起こるので、まずは専門医に相談して治療法を決めるようにしましょう。

対策① 紫外線から肌を守る

老人性色素斑は紫外線の影響を受けやすく、浴び続けていると老人性色素斑はだんだんと大きくなってしまいます。
お肌が紫外線を浴びると、お肌の奥深くにあるメラノサイトというメラニン色素を生成する細胞を刺激し、体を紫外線から守る為にメラニンを生成します。メラニンを生成しても正常な量であればターンオーバーによって体の外に排除する事ができるのですが、紫外線よる刺激を一度に多く受けてしまうと、大量のメラニン色素が生成されてターンオーバーでは排除しきれなくなってしまいます。そのままの状態でお肌の表面にメラニン色素が残って色素沈着してしまうとシミとなって定着してしまいます。

紫外線はお肌の細胞のDNAも破壊してしまうので、お肌の性質を変えてしまう事も老人性色素斑の原因に成るとされています。
紫外線の刺激で変質してしまったお肌の表面は、老化と合わせてお肌にシミが残りやすい状態にしてしまっている為、レーザー治療などによって細胞の根本から破壊して再生し直さないと何度もシミを繰り返してしまう事になります。

紫外線対策としてまず手軽に取り入れられる方法は日焼け止めを塗る事です。一度塗ればそれで完璧というわけではなく、汗をかいたら塗り直したりしておかないとしっかりと紫外線対策をする事はできません。
日焼け止めを使用していても、目から入るとメラノサイトを刺激する恐れがあるので、サングラスの着用も忘れてはいけません。
サングラスや帽子などを有効的に活用してしっかりと対策を行うようにしましょう。

対策② お肌の保湿ケアをしっかりと行う

お肌が乾燥していると紫外線による影響を受けやすくなってしまいます。お肌が乾燥した状態にならないようにしっかりと保湿ケアする事が大切です。水分補給と油分の補給の両方ができるように、化粧水と乳液による保湿を心がけて日頃からスキンケアをしっかりと行うと、お肌を刺激から守る事ができるようになります。

お肌は乾燥していると、本来持っているバリア効果を十分に発揮できなくなってしまいます。そうなってしまわないように、日頃からお肌の潤いを保てるようにケアしてきましょう。

対策③ 生活習慣を改善する

体が健康な状態でないと、お肌がシミができやすい状態になってしまいます。睡眠不足やバランスのとれた食事、喫煙や飲酒を避けるなどするとよりお肌の回復も早くなります。特に睡眠不足や喫煙はお肌を再生しようとするお肌の働きを阻害してしまうので、できるだけ避けるように普段から改善していくようにしましょう。

効果的なシミの取り方

シミを効果的な取りたい場合には様々な種類の方法から選ばなくては効果のなるものを選ばなくてはなりません。
ここでは老人性色素斑を取るために効果があるとされるものと、他のシミには効果がるけれど老人性色素斑には効果が得られないものとを理由をつけて紹介していきます。なぜ老人色素斑に効果がないのかに重点を置いて理解していくと、正しい対策を講じる事ができるようになります。

レーザーによる治療

老人性色素斑の治療に高い効果を発揮するのがレーザー治療です。輪郭がはっきりとできている老人性色素斑には効果・即効性ともに抜群です。シミの薄さにもよりますが、薄いシミであれば一度の治療で治療を終えられる事もあります。
一度できてしまったシミでも、しっかりと消す事ができるので大変効率的ですが、高額になる事が多く負担になる場合もありますので慎重に選ぶようにしましょう。

レーザー治療はお肌の表面に存在するメラニン色素に直接熱刺激を当てて焼き切る方法です。メラニン色素にだけ反応してシミを消す事ができるので、シミがないところは傷つける事なく治療する事ができるので安心です。
レーザー治療をした後はかさぶたが剥がれて綺麗なお肌に生まれ変わります。3ヶ月程度で他のお肌と同化し目立たなくなります。6ヶ月経つ頃には完全にお肌の状態が安定する事が多いので、ダウンタイムは6ヶ月を目安に見ておくと良いでしょう。

ハイドロキノンを配合した化粧品を使用する

クリニックに通うのはちょっと・・という方は、まず自宅でもできるハイドロキノンでの治療を試みてみるのもおすすめです。
ハイドロキノンは高い漂白力を持っているのでシミ消しに効果があります。ハイドロキノンはメラニン色素を分解しシミを薄くしてくれる効果があるほか、これからできるシミも予防してくれます。

ハイドロキノンはレーザー治療の術後ケアに色素沈着を防止する為にも活用されているもので、濃度の高いハイドロキノンは医師が処方箋を書いて処方するものなので、ある程度の濃度の高いものを使用しないと効果を実感できない場合には、専門医を受診した方が効率的です。

ハイドロキノンは効果は高いのですが、酸素に触れたり日光に当たるとお肌に炎症を起こしてしまう場合もあるので、使用する際には説明書きや医師の説明の内容をしっかりと守るようにして下さい。

医薬品を使用し内側からアプローチする

体の内側からシミにアプローチしたい場合には、医薬品を服用してシミを薄くする方法があります。
シミの原因はターンオーバーが正常に行われない事が挙げれます。ターンオーバーが正常に行われていないと、お肌の表面にあるメラニン色素が排除しきれずにお肌の表面に残り、色素沈着してしまいます。

通常28日周期でお肌が生まれ変わるものなのですが、加齢とともにそのスピードが遅くなりお肌の表面に角質が残りやすくなります。この事がシミを作りやすくなる状態にしてしまう為、ターンオーバーを正常に戻す事がシミ予防の対策としてとても効果的です。サプリメントなども多く発売されていますが、医薬品として販売されている製品を活用した方がより効果を実感しやすくなります。大前提に老人性色素斑に内服薬や外用薬はあまり効果がないとされていますが、お肌をシミができにくい正常なターンオーバーのサイクルに戻してあげる事でシミをできづらく状態にする事ができます。

ターンオーバーを促進する為に服用するなら、L−システインやビタミンCを服用すると良いでしょう、どちらも高濃度のものは医師の処方箋がないと処方してもらえないので、かかりつけの皮膚科医などに相談してみるようにして下さい。

まとめ

老人性色素斑はしっかりと対策を講じれば減らしたり消したりする事ができます。日頃からスキンケアをしっかりと行う事を心がけたり、紫外線対策を徹底する事で老人性色素斑を改善していく事が可能です。日頃の行いが直結しやすいシミの種類なので、注意してケアするようにして下さい。しっかりとケアしておけば、お肌はきちんと答えてくれるものです。シミができてしまっても
諦めずに治療していく事が大切です。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。