顔にできるシミの多くは加齢やシミによる老人性色素斑である場合が多いです。紫外線を浴びすぎていたり、お肌の老化が進むとできてしまうものなので、日頃からシミのできづらい肌環境を作っておく事がとても大切です。メラニンの生成量がシミの根本的な原因なので、メラニンをいかに生成させないかに重点を置いて対策を講じる事で十分に予防する事ができるものです。

老人性色素斑とは?

老人性色素斑とはどのようなものなのでしょうか。老人性色素斑についてよく知っておくと適切な対処な対策を取れるようになったり、できないように予防する事ができます。専門医に相談する前に自分でも心当たりがないか確認し対策を講じるようにしましょう。老人性色素斑は他のシミと同様、紫外線対策などがとても大切になってきます。日頃のお手入れや予防が直結するシミの種類なので注意が必要です。

症状

老人性色素斑のほとんどは、今までに浴びてきた紫外線の影響が表に出てきたものと言えます。ですので、多くの老人性色素斑は30〜40代からで始めることが多く、だんだんと大きくなるにつれて症状として認識されお肌の悩みとしてどのようにケアしたら良いのか悩む方が多くなってきます。境界線のはっきりとした楕円形の薄茶のシミがから始まり、濃さと面積はだんだんと大きくなっていくのが老人性色素斑の典型的な症状です。腕や顔・手の甲などの日頃から紫外線を浴びやすい部分にできやすいもの特徴の一つです。

紫外線を浴びるようによって左右されるものなので、紫外線を常に浴びているレジャーによく出かける方や紫外線を浴びて行う仕事についている方は20代でも老人性色素斑が出てくる場合があります。こうなると年齢や男女さなどは関係なく誰でも出てくる恐れのあるシミであると言えます。60代を超えてからは、お腹などの紫外線を浴びづらい部分にも出てくることがあります。

老人性色素斑は基本的に紫外線の影響が多いと言われていますが、その他にも様々な要因があります。

喫煙や睡眠不足などは、健康で美しいお肌を作る為にはあまり良くない生活習慣と言われていますので、日頃からそのような生活習慣があれば、改めて見直す必要があります。喫煙や睡眠不足は、体の中に活性酸素を発生させ美白効果のあるビタミンCなどを破壊してしまったり、血流を悪くして必要な栄養素をお肌にまで送り届けられなくなったりします。そうすると、お肌はシミができやすい状態になってしまい、紫外線による影響も受けやすくなります。

原因① 紫外線

お肌の表面にはケラチノサイトと呼ばれる表皮細胞とメラノサイトと呼ばれる色素細胞があります。お肌が紫外線よる刺激を受けると、メラノサイトが刺激されメラニン色素が生成されます。これはお肌が紫外線から体を守る為に行う対抗策なのですが、この働きが過剰になると、お肌のターンオーバーによって剥がれ落ちないメラニン色素がお肌の表面に残ってしまい、そのまま色素沈着しシミになってしまいます。通常肌のターンオーバーによって作られてしまったメラニン色素は剥がれ落ちるものなのですが、

老化したお肌はターンオーバーのサイクルが乱れており肌の生まれ変わるサイクルが鈍ってしまい、結果としてお肌の表面にメラニン色素が残ってしまう事になります。排出されずにお肌の表面に残ってメラニンと紫外線を浴び続ける事によって増え続けるメラニンの両方がシミを作る原因になっている場合が多いです。

原因② 老化

お肌は老化とともに潤いを失い乾燥しやすくなります。若い頃にあったお肌のハリツヤなどもだんだんと失われ、お肌本来のバリア機能が弱くなってしまうと、紫外線による影響を受けやすくなってしまいます。いつシミができ始めたのかも分からないうちに広がってしまうシミの種類でもあるので、小さいうちに見つけて早めに対策を講じる必要があります。

老人性色素斑はリポフスチンという老化色素が蓄積されることから起こると言われています。リポフスチンは健康な細胞の機能を阻害させる作用があり、老化の指標として目安にされているものでもあります。リポフスチンが蓄積するとお肌だけでなく内臓や神経系にも蓄積され身体中を老化させていってしまいます。脳に蓄積される場合にはアルツハイマーを発症する原因になるとも言われており、体からできるだけ溜めこみたくない老化色素です。

私たちの体の中には不飽和脂肪酸と言われる成分が存在しているのですが、体の中にある酸素と結びついて過酸化脂質に変化し、過酸化脂質が体のたんぱく質と結合するとリポフスチンが生成されてしまいます。

原因③ 乱れた生活習慣

乱れた食生活はシミを作りやすい状態にしてしまう為、できるだけ規則正しい生活を送るように心がける必要があります。

上で説明したリポフスチンを作らせない為にも、作る為の材料となっている活性酸素の量を減らす事が先決です。呼吸として取り入れた酸素も活性酸素に変わりますがその量は微々たるもので、ほとんどがストレスや紫外線・食生活や喫煙によるものから起こる大量な生成が老化を早めていると言われているので、その活性酸素の発生を少しでも減らす事が紫外線対策と同じくらい大切な予防法と言えます。

老人性色素斑を作らない為の対策

老人性色素斑を作らない為にできる対策は大きく分けて4つあります。他にも様々な対策法がありますが、お肌に影響を与えやすい方法をまず実践する事でシミの根本的な原因を抑える事はできます。日頃のお手入れと合わせて対策をしっかりと講じる講じるようにしてみて下さい。

① 最大の要因は紫外線!紫外線対策を徹底する

室内にいるから紫外線対策はしなくても大丈夫!と思っていませんか?紫外線はどこからともなくいつでも降り注いでくるものなので、しっかりと紫外線対策を講じておかないと知らないうちにシミが増加してしまいます。

外出する際にはこまめに日焼け止めを塗る事が効果的です。一度塗ったからといって大丈夫というわけではありません。
汗によってよれたり落ちたりする事も考慮して、数時間おきに再度塗りなおす事で紫外線対策を徹底する事ができます。
紫外線からしっかりとお肌を守る為には、帽子やサングラスなどの紫外線対策グッズも合わせて活用するようにするとより効果的です。紫外線はカーテンや窓があっても透過してお肌に刺激を与える事があります。その事を理解した上で常に紫外線対策を講じるようにしましょう。

② お肌の老化はシミを悪化させる?お肌の保湿ケアを大切に!

お肌の老化はシミを進行させたり、できやすくしてしまう原因になります。お肌がいかに老化しないかがシミをできなくするかの大切なポイントになるので、老化防止対策をしっかりと行う必要があります。お肌を老化させない為には、お肌に栄養が行き渡るように栄養分をしっかりと補給する事と同時に、お肌に潤いを与えてあげる保湿ケアを行う事が効果的です。

お肌の表面が乾燥していると、お肌が本来持っているバリア機能が十分に発揮されずに紫外線や摩擦などの刺激を受けやすくなり、シミができる可能性を高めてしまいます。乾燥したお肌は正常なターンオーバーができなくなりお肌の表面にシミの元であるメラニン色素を残してしまい角質化してしまうので、柔らかくみずみずしい状態に保ってく必要があります。

化粧水や乳液を効果的に使用してたり、お肌に潤いが足りないと感じる時にはパックなどを活用するなどして、お肌を乾燥したままの状態にしないように心がけて下さい。

③ メラニン量をコントールしてシミを抑える

紫外線は一年中浴び続けるもので、お肌の目立つシミ以外にも内側に潜んでいるシミ予備軍のケアもしなければなりません。
シミ予備軍とはお肌の内部に潜んでいる、これから表面に出てくるそれのあるシミの元になる要素がある肌細胞の事です。
老人性色素斑ができないように予防する為には、紫外線をできるだけ浴びないようにする紫外線対策と合わせてメラニン色素の生成を抑える事でこれからできるシミを減らしていく事ができます。

対策として服用すると良いものの一例を挙げると、L−システインなどがあります。L−システインはメラニンの働きを抑制してくれるので、一緒にビタミンCやビタミンEを取り入れるとより効果的にシミをできづらくする事ができるのでおすすめです。

市販されているものもありますが、より効果が高いものを求める場合には皮膚科医などに相談して処方箋を出してもらい医薬品扱いのものを服用すると良いでしょう。

④ 規則正し生活習慣を心がけ良質な睡眠をとる

体が健康な状態でないと、美しいお肌を作り出す事ができません。お肌は体の表面にあり、栄養素が行き届くのにも時間がかかる割に、生活習慣アなどの影響を大きく受けやすい器官でもあります。睡眠不足などの血流が滞る原因をできるだけ少なくする事で、お肌に栄養がしっかりと行き渡り、正常なターンオーバーを繰り返す事ができるようになります。

お肌が回復する為に必要な成長ホルモンは夜の22時から2時までの間に最も多く分泌されると言われています。
その時間帯にしっかりと質の良い睡眠をとっておけば、紫外線によって刺激を受けたお肌も回復しやすくなります。

まとめ

老人性色素斑はしっかりと対策を講じていれば未然に防げるものです。できてしまってからどうしようと焦るのではなく、日頃から予防を徹底しシミのない美しいお肌を目指せるようにしておきましょう。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。