老人性色素斑の原因は日常生活に潜んでいるものばかりです。無意識にうちに行っている事がシミ原因なっている事も少なくありません。自分では気がついていない部分にまで手が届いて初めて完璧に予防できるものなので、紫外線対策と合わせて様々なシミの要因と向き合ってみるようにしましょう。

老人性色素斑とはどんなもの?

老人性色素斑と聞くとなんだか難しく感じてしまうかもしれませんが、加齢とともに増加していくシミの一種です。
長年浴びた紫外線がん老化とともに肌の表面に出てくる事から老人性と名前がついています。老人性と名前には付いていますが、20代からでも紫外線を大量に浴びていると出てくる事があります。

老人性色素斑は他のシミと比べてくっきりと境界線のはっきりとした楕円形をしているのが特徴で、茶色からこげ茶までの色味があります。色味の濃さは最初のうちは薄く、だんだんと濃くなっていくのでシミが薄いうちから早めに対処する必要があります。紫外線を浴びやすい場所である顔や二の腕などに現れる事が多いのも特徴です。

お肌の奥深くにあるメラニン色素を生成するメラノサイトは、紫外線による刺激を受けるとメラニン色素を大量に生成してお肌を守ろうとします。お肌は本来常に一定量のメラニン色素を作り角質層に分配しているので、正常な分泌量であればお肌のターンオーバーによってお肌の表面にメラニン色素を残す事なく排除する事ができるのですが、ターンオーバーが正常に行われていなかったり、過剰に分泌されたメラニン色素が排除しきれない時には色素沈着してシミになってしまいます。
メラニン色素を大量に生成してシミになる症状を老人性色素斑と呼びます。

老人性色素斑は紫外線の照射時間によって左右されていると言われ、日照時間が比較的短い日本は日照時間が長い国に比べるとシミができづらいと言われています。それでも、紫外線はどんな時でもずっと浴び続けることになるので、外出する際や日の出ている時間帯は抜かりなく紫外線対策を行う必要があります。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑と一言で言っても、色々な原因が合わさって起きていることが多いです。一つ対策を講じても、他に原因があればまた何度でも繰り返してしまいます。何度もシミができるのも困ったものですから、老人性色素斑の原因を正しく理解して日頃からできないように対策するようにする事がとても大切です。

紫外線

シミの原因は主に紫外線とお肌の老化です。長年紫外線を浴び続けていると、お肌を紫外線から守る為にメラノサイトを刺激し続けてしまい、過剰なメラニン色素の分泌が継続してしまいます。紫外線によって受けたお肌のダメージは、お肌を再生する能力やターンオーバにも影響を与えるので、シミが治りづらい状態にしてしまうことになります。

日焼けはお肌のターンオーバーによって回復することができますが、メラニン色素の過剰生成はターンオーバーでは追いつかずシミとして残ってしまいます。メラノサイトは体が紫外線から影響を受けないように備わっている細胞ですが、その細胞が紫外線によって変質してしまうと、シミを生み出す元凶となってしまうのです。加齢とともにこの細胞の異常は修復しづらくなり、シミができても治りづらい状況に陥ってしまいがちです。お肌は一度受けた外部からの刺激は記憶しているものなので、一度シミができてしまうとさらに守ろうとして大量のメラニン色素を分泌する事からシミが改善されないとも言われています。

刺激を受けて敏感になったお肌は、紫外線以外にも様々な影響を受けやすくなります。他の原因についてもこれから詳しく紹介していきます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、お肌にシミを作ってしまう原因になります。女性ホルモンのバランスが乱れていると肝斑の原因になると言われていますが、その他のシミも例外ではありません。女性は長い間月経や妊娠などのホルモンの変化に振り回されて生きているものです。自分ではコントロールできないホルモンバランスもありますが、自分のできる事からホルモンバランスをなるべく乱さない工夫をするようにしましょう。

女性ホルモンは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類があり、卵胞ホルモンにはメラニン色素を増加させる働きがあります。
ホルモンのバランスが乱れてしまうと、この卵胞ホルモンがメラニン色素を生成するメラノサイトという細胞を刺激してメラニンを大量に生成してしまうようになり、シミができやすくなります。女性は妊娠すると黄体ホルモンの働きが強める為、シミや肝斑などができやすくなるとも言われています。

ホルモンバランスを乱れさせない為には、栄養バランスの整った食事を摂るように心がけ、質の高い睡眠を心がける必要があります。適度な運動などもホルモンバランスを安定させる為に必要な事なので、無理のない範囲で取り入れてみて下さい。

お肌の乾燥

お肌が乾燥しているとお肌の表面が硬くなり、古くなった細胞が角質として残りやすくなります。加齢とともにターンオーバーの周期が遅れ、角質がさらに残りやすくなります。そうすると、本来ならば正常な周期のターンオーバーで排除できていたシミの元になるメラニン色素が体外に排除できなくなり、お肌の表面に残りそのまま色素沈着してシミになってしまいます。

乾燥している肌はお肌が本来持っているバリア機能を十分に発揮する事ができず、摩擦や紫外線などの刺激から守る事ができずにすぐ炎症を起こしたり影響を受けやすくなってしまいます。バリア機能が低下していると、お肌がデリケートな状態になり、化粧品やマッサージですらも刺激に感じてしまう事があります。

肌年齢が上がれば上がるほど、お肌は乾燥しやすくなりますので、老化を感じたらすぐにケアを始めなければなりません。
もちろん若いうちからケアしてく事がよりシミを作りにくいお肌の環境を整えられるので、保湿ケアを始める年齢は早いに越した事はありません。お肌の状態をチェックする良いタイミングにもなりますので、日頃からお肌に良く触れ観察して、お肌の変化を見逃さないようにしておきましょう。

お肌の乾燥を防ぐ為には、まずしっかりと潤す事から始めるようにして下さい。水分が足りない状態でいくら油分でフタをしても乾燥した状態に変わりありません。入浴後や洗顔後のお肌がぬるま湯でふやけた状態にしっかりと水分補給しておくと、もっちりとした柔らかいお肌にしていく事ができます。もちろんそのまま放置してしまうとよりお肌を乾燥させてしまうので、化粧水などで保湿した後には、乳液などでしっかりとフタをするようにして下さい。

便秘

便秘も悪化するとシミ作る原因の一つになると言われています。便秘によって引き起こされる症状の多くはニキビや吹き出物などですが、それと合わせて対策を講じる必要があります。

ホルモンバランスや生活習慣が乱れているわけでもないのに、お肌が荒れたりニキビなどができてしまう場合には便秘を疑うようにしましょう。腸内にある悪玉菌はシミと深いつながりがあるとされてれいます。悪玉菌は有害な物質を分泌して体内に排出する作用があるため、血液中に潜り込んで身体中を巡る事があります。

便秘は、腸の中に老廃物を溜め込んで排出できなくなっている状態の事を言いますが、老廃物が体の中に溜まる状態が続いていると、自律神経の働きを抑制してしまう事があります。自律神経が抑制されると、血液の循環が上手くいかなくなりお肌に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

紫外線対策や美白ケアだけがシミ予防に繋がるわけではなく、シミのできる土台作りをしてしまう便秘改善も大切なシミ予防になりますので、便秘対策も行うようにして下さい。消化の良いものを摂ったり体が温まるような食材を積極的に摂るようにすると、便秘を改善する事ができます。

2−5 ストレス

体はストレスを感じると、活性酸素という物質を生成します。活性酸素はメラノサイトを刺激してメラニン色素を過剰に生成してしまう事があるので、シミの原因になると言われています。ストレスを溜め込むような生活を続けていると、お肌だけでなく体にも悪影響を及ぼしかねませんので、注意が必要です。

しっかりと睡眠をとる事も必要ですが、リラックスして体が緊張状態から解放されるような状態を作り出してあげると、より効果的です。ストレスの溜まりやすい時代といわれる今こそ、ストレスを上手く発散する方法を身につけて疲れ知らずの体を目指すようにしましょう。
効果的な方法は、入浴やマッサージなどです。どれも自宅で低コストで簡単に行う事のできるものなので、体が疲れていると感じたらすぐに取り入れるようにして下さい。

2−6 偏った食生活

偏った食生活はシミができやすい肌環境を生み出してしまう要因の一つです。体が健康できる事がシミのない綺麗なお肌を作る事に直結するので、日頃からバランスのとれた食事を摂取するように心がけましょう。
美肌効果のあるとされている食材を積極的に取り入れるのも効果的です。

タバコやお酒などの嗜好品はたしなむ程度にしておかないといけません。喫煙やコーヒー・お酒などは日常生活にとけ込みやすく過剰に接すしがちです。ほどほどという加減を守りながら、上手く付き合っていくようにしましょう。

まとめ

日頃から紫外線対策を頑張って胃いるのになかなかシミが消えない・・という方は、もしかしたら他にも原因があるかもしれません。今回は紫外線による影響以外の事にも着目して解説していますので、ぜひ参考にしてさらにシミ対策に取り組んでみるようにして下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。