顔のシミは顔の弾力や透明感を失わせてしまう悩ましい原因の一つですよね。シミが一つもない人があまりいない位に、誰しもが一度は悩んだ経験がある事でしょう。ですが、どの時点で気付いて治療や対策を取ってかによってその後のシミの経過は変わってきます。老人性色素斑の正しい知識を頭に入れて、これかもれない!と思ったらすぐに行動に移せるようにしておきましょう。

老人性色素斑の症状と原因

<症状>

老人性色素斑は紫外線と老化に深く関わりのあるシミとして知られています。老人性と言われるように、加齢とともにシミが出てくることが多く、くっきりとした輪郭のはっきりとした楕円形のシミが、普段紫外線の当たりやすい場所にできるのが特徴です。

5〜20年前のものが蓄積して現れる事が多く、早ければ30代から40代で顔の目立つところにできてきます。

もちろん紫外線を過剰に浴び続けていれば老人性とはいうものの、10代でもシミとして現れる事もあり、どの世代でも男女問わず出てくる可能性があるシミの種類です。

<原因>

① 紫外線対策をしない・十分でない

老人性色素斑ができる外的な要因は主に紫外線によるものです。若い頃に十分な紫外線対策を取らずに日焼けしていた記憶はありませんか?日焼けサロンに通い詰めていない方は、顔以外にもその時焼いていた部分にシミが出てくる事が多いです。

10代まではある程度代謝も良くお肌のターンオーバーが活発なため、外部からの刺激にもすぐに対応でき、メラニン色素などのすでにお肌に必要のないものもすぐに角質として剥がれ落ちていきます。これはこれで正常な事なのですが、その感覚のまま大人になり紫外線対策を行っていると、お肌のターンオーバーが遅れているのにも関わらずメラニン色素は過剰に生成されたままでお肌の表面に残ってしまいます。表面に残ってまま色素沈着を起こすとシミとなってお肌に定着してしまいます。

お紫外線対策はしっかりと行っていると思っていても、実は漏れがあったり汗などで日焼け止めが途中で落ちてしまって、しっかりとケアできていない事があります。いつでも塗り直せるようにバッグに忍ばせておいたり、サングラスや帽子・日傘などの紫外線対策グッズを活用するようにして、全方向から巡ってくる紫外線からお肌を守る工夫をしましょう。

② 保湿ケアが十分でない

お肌の保湿ケアが十分でないと、お肌は乾燥してしまいます。乾燥したお肌はとてもデリケートで刺激を受けやすい状態になってるので、紫外線などの外的刺激の影響も直接的に受けやすくなります。紫外線をお肌が浴びるとより乾燥した状態になる為、其れだけでも悪循環なのですが、紫外線が照射された事でお肌の奥にあるメラノサイトというメラニン色素を生成する細胞がメラニンを大量に作り出してしまいます。もっと悪いのが、紫外線によってお肌のDNAが破壊される事によって紫外線が当たってなくてもお肌が常に刺激を受けていると勘違いしてメラニンを作り続けてしまう事です。そうなってしまうと、もう変質したお肌は元に戻す事ができなくなってしまいます。

紫外線で破壊されてしまう前に、しっかりと保湿ケアをしてお肌を柔らかい状態に保ちターンオーバーを正常に行える状態にしておく事がとても大切です。分かっていても忘れてしまうという方は、オールインワンになっている高機能化粧品などを使用するようにして、手間をかけずに継続してスキンケアに取り組むなどの工夫をしてみて下さい。

③ 不摂生な生活を送っている

不摂生な生活を送っていると、体の血の巡りが悪くなります。女性によく見られる体の不調の多くは血流の悪化であるとも言われており、もちろんお肌はその影響を強く受けています。しっかりとバランスのとれた食事を摂り、質のよう睡眠をとる事が出来るように心がけましょう。

よく眠れないという方は、寝る前にしている事を見直すと案外すっきりと眠れるようになります。
寝る前に避けるべき事をいくつか紹介していきますので、心当たりがある場合には違う時間にずらして行うように努力してみましょう。質の悪い睡眠は、お肌にだけでなく仕事や日常生活にも支障を来す恐れがあるので注意が必要です。

  • 寝る30分前になってもスマートフォンやPCに触れている
  • 布団には入っているけれど、難しい考え事をしている
  • 寝る前に激しい運動をしている
  • 明るい部屋で寝ている

いかがですか?以外にも多くの方が寝る前にしている良くない習慣です。後回しにしてしまいそうなものは出来るだけ早めに終わらせたり、思い切って早く起きて朝やるようにするという方法もあります。限られた自分の時間を健康的に活用できように、時間の使い方と睡眠のバランスを改めて見直してみるようにしてみましょう。

日焼けのシミを消すにはどうしたら良い?

できてししまったシミを効果的に取るには、レーザー治療がおすすめです。濃さや深さによってはハイドロキノンを外用して消す事ができる場合も有りますが、シミのできる根本的な細胞を熱で破壊して生まれ変らせるレーザー治療なら、予防さえ徹底していれば同じところに何度もできる心配がありません。シミを消そうと自分でなんとしようとしているうちに、他のところにも増えてきて自分では手がつけられなくなるというケースも多いですから、自分の判断で対処しきれない時には、早めに専門医に受診するようにしましょう。

レーザー治療を行う場合には高額になる事が多く、一度で消える面積や深さであれば問題なくても、数回治療しないと消さない場合には負担が大きくなりがちです。クリニックによっても相場はあれど値段や使用している機械・治療方針などは様々なので自分のお肌にあった治療を行ってくれる専門医を見つける事が大切です。

一番最初に受診したクリニックや皮膚科の説明に不安を感じたのであれば、他のクリニックなどにも受診して治療方針を確認してみるのも良いでしょう。ここに任せてみよう!と思うところでなくては安心して治療を受ける事はできません。

気になる点があれば覚えておき、他の専門医に質問してみましょう。考え方の異なる専門医は沢山いますので、自分に親身になって考えてくれると思える医師に出会えたらその医師の指示を仰いでみましょう。

レーザー治療と合わせて、フォトフェイシャルと呼ばれる施術がありますが、即効性のあるシミ治療というわけではなく、お肌のターンオーバーを促したり、現場から悪化しないようにしてくれたりするものがほとんどなので、濃くて深い場所にあるシミにはあまり効果が期待できません。

予備知識を頭に入れてから、医師と相談して治療方法を決定していくようにしましょう。

日焼けによるシミが加齢とともに消えにくくなるのはなぜ?

紫外線を長い事浴び続けていると、お肌の表面が火傷した状態になる事以外にも問題が発生してきます。それは、お肌の内部にあるDNAを破壊してしまう事です。お肌のDNAが破壊されると、メラニンを生成するメラノサイトという部分がメラニンの生成量を制御できなくなり、紫外線を受けていない時にでもメラニン色素を大量に分泌してしまうようになります。ただでさえ紫外線を浴びてターンオーバーに追いついていないシミの元になるメラニン色素がそれ以上に増えればお肌の表面に溜まる一方です。
この状態が続くと、お肌の表面に色素沈着してできたシミが濃くなっていき、消しづらくなってしまいます。

DNAのエラーは一度起こるとなかなか元に戻せるものではないので、レーザー治療などをして肌の細胞から焼き切る必要が出てきます。ターンオーバーが加齢によってどんどん遅れてくると、よりそのシミの発生と沈着は加速してしまいますので、できるだけ若い頃から紫外線対策をし、シミが出てきたら即対処するという方法をとる事が一番効果的です。

薄いシミはハイドロキノンを配合した美白美容液で狙い撃ち!

老人性色素斑のような紫外線の影響によるシミは、薄いうちであれば自分でもケアする事ができる場合があります。濃くなってからですと自分でケアする事が難しくなってきますので、うっすらと薄い状態のシミを見つけたらなるべく早い段階で手を打つようにしましょう。ここでは漂白効果の高いヒアドロキノンを配合した美白美容液を例に紹介していきます。

ハイドロキノンとは漂白効果の高い成分として注目されていて、美白に効果があります。市販されているものは誰でも扱えるように弱いものしか配合されていないため、ほとんどの方が安心して使用する事ができます。それでも、お肌が敏感な方は刺激を感じてしまったり炎症が起きてしまう事があるので、事前に体の目立たない部分の皮膚でパッチテストを行い、自分のお肌に使用しても異常が出ないかを確認してから使用するようにしましょう。

市販のものではあまり効果が実感できなかったという場合には、皮膚科などで専門医に相談し濃度の高いヒドロキノンを処方してもらう事も可能です。市販されている医薬部外品のものとは異なり、扱い方に違いがあったり注意点が多い事から、手軽には手に入るものではありませんが、お肌の悩みを聞いて必要と判断されれば処方してもらえる薬なので、効果重視の方は初めから皮膚科を受診する方が効率が良いかもしれません。

適切な処置をせず長年放置してしまうと、他の種類のシミと合わせて治療が必要になってしまう事もあり、そうなるとヒドロキノンだけでは効果が実感しづらくなるのが現実です。初めのうちからしっかりとケアしてあげる事で、お肌のキレイさはキープする事ができます。常に気を張ってシミが新しくできていないかなどをチェックする習慣をつけておくと、見つけてからすぐに対処できるので安心です。気にしすぎも良くないですが、無関心ほど怖いものはありません。

まとめ

お肌は常に紫外線に晒されているだけではなく、色々な要素が組みあわさってシミができやすい環境に置かれがちです。自分で努力すれば直せる習慣であれば、早い段階から改善していくようにして下さい。シミは出来る前に対策しておけば、後々手のかかる治療をする必要がなく、他の事に時間を割く事ができます。頭の中がシミの悩みでいっぱいになる前に、日頃のスキンケアや紫外線対策などを見直してしっかりと予防していくようにしましょう。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。