毛穴に詰まった汚れや角質を放置しておくと、ニキビができてしいます。毛穴の詰まりはニキビだけでなく様々なお肌のトラブルを引き起こす原因になりかねません。ニキビができる根本的な原因とできるまでの課程や毛穴を詰まらせないようにする方法を解説してきますので、日頃の毛穴ケアの参考にしてみて下さい。

ニキビの根本的な原因は毛穴が詰まる事!

ニキビができてしまう原因のほとんどが角質や汚れが毛穴に詰まって角柱ができる事が発端となっています。一度できた角柱はお肌の表面に出てきてざらついた感触を与えたり、毛穴の黒ずみの原因になったりもします。角柱をしっかりと予防しておかないと、毛穴の中で膿んでしまいニキビに変わってしまいます。

ニキビケアはニキビができてからどうににかしょうとするのではなく、これからもニキビができないように日頃からケアを行っておくというのが醍醐味です。できてしまったニキビを治していくのはとても大変ですが、予防しておく事は比較的簡単に行えます。
ここではにきびができにくい毛穴を作るケアの仕方を紹介していきます。間違った角柱のケア方法も参考例として挙げていますので、自分が間違った方法でケアしていないか確認してみるようにして下さい。

角柱とはどんなもの?

角柱とは、古い角質やほこり・皮脂などが合わさった半固形状になったものの事を言います。毛穴からは本来皮脂を分泌しているので毛穴の中に皮脂があるのは当たり前の事ですが、毛穴に角柱ができてしまってると、毛穴の中に分泌された皮脂が溜まってしまい酸化します。皮脂や角柱が酸化したりアクネ菌が増殖すると、ニキビとして炎症状態になってしまいます。

角柱とは本来毛穴の中にある程度は溜まるものとして分泌されているものなので、それ自体は悪いものではありません。お肌のターンオーバーが正常であれば、角柱は体の外に排出されるのですが、ターンオーバーが乱れているお肌ではそれがうまくいかずに残りニキビなどの原因になってしまう事があります。

こんな取り方していませんか?角柱と取り方のNG例

・指で無理やり押し出す
・ピンセットで引き抜く
・スクラブやピーリングを頻繁に行う
・化粧をしたままの状態で寝る

上にあげた取り方のNG例は、比較的簡単に行える一時的な対処法です。ネットなどで検索すると、沢山の毛穴ケアグッズが上位に表示されています。これらのグッズは一時的にはすっきりとした感覚を味わえますが、角柱ができやすいという根本的な状態の改善には繋がりません。
必要以上な力を加える事でお肌を傷つけてしまう恐れもありますので、これらの手軽なグッズを使用するのは避け、日頃のスキンケアに重点を置いて角柱やニキビができずらいお肌の環境を作る事に専念するようにして下さい。

角柱は本来ならば体の持つ働きで自然に体の外に排出されるものでs、かさぶたなども気になって触る方がかえって傷が残ったりしますよね。
お肌の修復能力を高めてお肌が内側から綺麗に生まれ変わるようにケアしていくと、一度角柱ができてニキビになったとしても、無理やりケアしたところよりは綺麗に回復するはずです。
その場の状態をすぐ良くする方法を選ぶよりも、お肌のターンオーバーが良くなるような方法を選ぶようにましょう。

ニキビを作らないために普段から避けたい事

ニキビを作らないために日頃から気をつけて起きない事には、どのようなものがあるでしょうか。すぐに思いつくものから予想もしていなかった事もまで無意識のうちに行っている事も沢山あります。ここでは、自分では気がつかないうちにお肌を傷つけてしまっているケースが多い例をあげて解説してきますので、自分でも普段からしてしまっていないか確認するキッカケにしてみて下さい。

頻繁に行う毛穴パック

毛穴パックは毛穴の角柱も取り除く事ができますが、同時にお肌表面の角質まで一緒に取り除いてしまう恐れがあります。そんなに優しく剥がしても、お肌に均等についた粘着物質の粘度が高ければ高いほどお肌にも負担がかかります。基本的には、お肌に角柱が目立ってくるまで放置してからケアするのではなく、角柱ができないように日頃から毛穴の中に汚れを溜め込まないようにスキンケアを徹底するようにしましょう。

毛穴パックがどうしても必要な場合には、頻度を落とし頻繁に行い過ぎないように注意して下さい。製品が改良され毛穴の汚れをピンポイントで取り除ける毛穴パックがあるならば喜んで使用したいものですが、必要以上に行う毛穴ケアは角質を剥がしお肌の環境を悪化させたり炎症を行う引き金となってしまうので、できるだけ避けるようにして下さい。

強く擦りながら行う洗顔

洗浄力の強い洗顔料で顔を洗ったり、汚れをよく落とそうと強く擦りながらする洗顔は、お肌に負担をかけるだけでなくお肌に必要な分の油分や水分を取り除きすぎてしまい、お肌を乾燥させてしまいます。乾燥した角質は硬くなり栄養分を吸収しづらくなったり毛穴の汚れを外に排出できなくなるため、毛穴ケアにも良くありません。

硬くなって角質も硬くなると角柱ができて詰まり、いちご鼻になってしまいます。一度いちご鼻になるとお肌を柔らかくするところから始めなければいけないので、改善するまでに時間がかかってしまいます。日頃から優しく泡で洗顔するように心がけておくだけでも毛穴が硬くなるのを防ぐ事ができるので、毎日の洗顔を注意して行うようにしてみて下さい。

顔によく触れる

顔と同じように手には数え切れないほどの細菌が存在しています。一括りにして言ってしまえば雑菌ですが、その雑菌は鼻を触る事によって手から鼻へと移動してしまいます。同時に、鼻を触る時には掻いたり押したりとして毛穴に直接雑菌を押し付けている事になりますから、どうしても毛穴の中雑菌が入り込んでしまいます。

また鼻を何度も触る事で、鼻の皮膚が硬くなり角質や汚れなどが外に出にくくなってしまいます。
鼻自体は皮が厚く頑丈な器官ではありますが、毛穴ケアをしようとする際には、必要以上に触る事もネックになる事を覚えておいて下さい。

ここでは鼻について取り上げましたが、顔の皮膚はさらに薄く物理的な刺激を受けやすくなっています。無意識のうちに触ってしまう原因があるのならば根本的な対処法を考える必要があります。例えばそれが痒みならば、お肌に炎症が起きていないかをチェックして改善するように試みたり、ゴミが顔に付きやすいのであればベタつかないようにパウダーを利用するなどの工夫をするようにして、それがなければお肌を触ら無くても済むという状態にしておきましょう。

毛穴を詰まらせないための正しいスキンケア

毛穴を詰まらせないようにするためには、日頃から洗顔やクレンジングのやり方を見直して正しい行い方ができているかを確認しておくようにしましょう。間違ったやり方を続けていると、必要以上にお肌に負担をかけたり乾燥させてしまったりする事になってしまいます。

せっかくお肌のためを思って行っている事なのに、知らないうちにお肌を傷つけてしまっていたら元も子もないですよね。毛穴を詰まらせないためだけで無く、お肌の基本的なトラブルはほとんどがスキンケアの見直しで完全できるものばかりなので、他にある自分のコンプレックスポイントも完全できるかもしれません。

面倒臭がらずに、自分のお肌としっかりと向き合う時間を作るようにしてあげると、お肌の調子も把握しやすくなります。

洗顔・クレンジング

洗顔やクレンジングは、顔の汚れを落とす上では無くてならない行程ですが、行い方を間違えるとお肌にダメージを与えたり過剰に乾燥させてしまう原因もなります。洗顔はぬるめのお湯で優しく洗う事を基本に、よく泡立ててから行うようにします。ふかふかの泡の上から優しく滑らすように指を直接当てないように気をつけながら行うようにすると、お肌を傷つける事無く汚れだけを効果的に落とす事ができます。洗顔料を選ぶときには、洗浄力の強いものは避け汚れを吸着して落とす自然派志向のものを選ぶようにすると、お肌に負担をかけずに洗えるのでおすすめです。クレイタイプの洗顔料であれば、クレイが本来持つ汚れを吸着する効果で優しく洗い上げる事ができます。

クレンジングはオイルタイプとジェルタイプのものがありますが、汚れやメイクの濃さによって2つを組み合わせて使用すると、必要以上にお肌を油分に晒さなくて済むので乾燥しづらくなります。メイクの濃い部分や油っぽさが気になる部分には綿棒やコットンを使用してオイルタイプのクレンジングを使用してこすら無くても汚れが落ちる状態にまでしておきます。オイルタイプのクレンジングを使用する際には、同じ箇所を何度も汚れた綿棒などで擦ってしまうと、そのまま毛穴の中に潜り込んでしまい毛穴を詰まらせてしまう原因にもなりますので、こまめに綿棒やコットンを使い分けてでききるだけ清潔な状態を保つようにしながら落として下さい。

どのような形状のクレンジング剤を使用する場合でも、お肌に摩擦を感じない程度の優しい触れ方で擦ったりマッサージをしないようにして、さっと洗い流して行うようにしましょう。

保湿ケア

毛穴を詰まらせないためには、正しいスキンケアを習慣化しておく必要があります。一日にしてお肌の状態は良くなるものではなく、継続して行ううちにターンオーバーの乱れが改善されていき、お肌全体が綺麗に生まれ変わっていきます。

保湿ケアをしっかりと行う事で、お肌のバリア機能が正常になり、外部からの影響を受けづらくなり乾燥を防ぐ事ができたり、お肌を常に柔らかい状態に保ち毛穴の柔軟性を高め毛穴に汚れや角質が詰まりにくくする効果が期待できます。

化粧水や乳液を使用するのはもちろん、お肌を引き締める効果のある収れん化粧水やお肌の酸化を防ぐ力を持つビタミンC誘導体などを配合した基礎化粧品などを活用するとより効果的に毛穴ケアをする事ができます。必ずしもお金をかけたからといって効果があるわけではないので、少しずつ色々なものを試しながら、自分のお肌と相性の良いものを見つけてみて下さい。

まとめ

人間の体は、顔だけで無くあらゆるところに無数に毛穴があります。ひとつできるのであれば、身体中どこにでもニキビができる可能性があります。どの部位にできるかによって原因は様々ですが、ここで解説した方法をしっかりと守っていけば少なくとも顔にできるニキビを減らしていく事はできます。これからニキビをできないように予防していく事も可能ですので、ぜひニキビができにくい毛穴ケアを取り入れるようにしてみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。