三十歳を過ぎたあたりから、女性ホルモンやストレスなどの影響を受けて、肌に大きな変化が訪れます。その時期を「お肌の曲がり角」と表現することがあり、皆さんも耳にしたことがあると思います。それが1度だけではないってご存知ですか?年齢を重ねるごとに肌の悩みは増えていき、顔の中でいくつもの不調が同時にあらわれ、特に目立つのがしわです。放っておけば肌老化は進みますので、少しでも早い対策をおすすめします。

肌老化が原因!毛穴がつながってしわに!

しわといえば皮膚の内部でコラーゲン繊維やエラスチンが減少して肌がへこみしわになる、乾燥して角質層の細胞が縮み元の位置からずれてしわになるといったものが有名です。しかし、それ以外でしわのように見える場合も。それが毛穴がつながってしわのように見える「帯状毛穴(たいじょうけあな)」です。
帯状毛穴は肌のたるみが進行して毛穴が縦にのび近くの毛穴とくっついて発生します。帯状毛穴を防ぐ為には肌のたるみを改善させなければいけません。

肌老化とは(エイジング:しわ・しみ・くすみ・たるみ・毛穴の開き・乾燥)

肌の老化のサインには乾燥、しわやしみ、くすみ、たるみ、毛穴の開きといったものがあります。これらの症状が肌に現れるとどうしても実際の年齢より上に見られがちです。肌の老化を防いできれいで知的な女性になりましょう。

肌の3大深刻エイジング

肌の老化のサインにはしわ・しみ・くすみ・たるみ・毛穴の開き・乾燥があると言いましたが今回はしわ・毛穴の開き・たるみに注目して見ていきましょう。

しわが深刻に

深刻なしわには肌を支える真皮部分からへこむ「真皮じわ」です。真皮で肌を支えているコラーゲン繊維やエラスチンが減少して皮膚がへこみ、深いしわが発生しやすく、ケアもしにくいしわです。このしわが現れると表情を動かしてもいないのにしわが見え老けた印象を相手に与えやすくなります。

毛穴の開きが深刻に

毛穴の開きは若い時の皮脂の分泌が原因だと思っている方も多いと思いますが、肌の老化が進むと皮脂の過剰分泌に加えて乾燥・肌のたるみといった毛穴の開く要因が発生します。これらの要因が加わるとただ毛穴が大きくなるだけでなく毛穴が変形したり、毛穴同士が繋がったりしてしまいます。

たるみが深刻に

たるみは皮膚の皮下脂肪や真皮・表皮・角層が垂れる事でできます。このたるみが深刻になると二重顎を作ったり、目の下に脂肪の塊ができたり、ほほの上がへこみ下に脂肪が溜まってしまうなど老けた印象・疲れた印象を相手に与えやすくなります。

肌悩みは複合的に表れるから厄介(年齢を重ねると肌悩みが1つとは限らない)

肌の悩みはたくさんあると思います。そしていくつかの悩みを同時に持ち合わせているという方が多いのではないでしょうか?

しわ+たるみ(溝になって深いしわに)

しわとたるみが同時に起こるとしわの溝とたるみの皮膚の偏りが合わさり大きく目立つしわになりがちです。どちらか1つでも改善できるよう対策をしましょう。

毛穴の開き+たるみ(皮膚のたるみが毛穴をしずく状に変形)

毛穴が開いた状態でたるみが起こると毛穴の形状が皮膚に引っ張られて伸び、しずく状に変形したり楕円形になったりしてかなり目立つ毛穴となってしまいます。

しずく毛穴がつながるとしわに

肌の老化が進むと毛穴の開き同士が繋がり顔にたくさんしわが入っているような見た目になってしまいます。顔中にしわが見える…というのは毛穴同士が繋がった結果かもしれません。

それぞれの肌悩みの特徴と対処法

https://pixta.jp/photo/23616753

しわ・毛穴の開き・たるみが発生する原因は何なのでしょうか?年齢を重ねると起こる肌内部の変化や外部からのダメージで起こる肌の変化とその対処方法を見ていきましょう。共通した原因に注目です。

しわの原因と対策

●原因●
しわの原因には「コラーゲン繊維の減少」「エラスチンの減少」「細胞間脂質の減少」の3つがあります。それぞれ見ていきましょう。

・コラーゲン繊維の減少
コラーゲン繊維は老化と共に減少していきます。さらに紫外線ダメージでもコラーゲン繊維が変性し減少してしまいます。コラーゲン繊維は肌を支える役割を果たしており、減少すると肌の弾力の低下を招きます。

・エラスチンの減少
エラスチンはコラーゲン繊維と同様加齢と紫外線ダメージで減少してしまう成分です。エラスチンにはコラーゲン繊維を束ねて肌を支える網目を作り、肌の弾力を保つという役割があります。エラスチンが減少すると肌の弾力の低下を招きます。

・細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)の減少
胞間脂質は肌表面の表皮と角層に存在するもので肌に水分を留め角質細胞同士を繋ぎ止める役割を、天然保湿因子は水分を留める役割を果たしています。
しかしこの細胞間脂質や天然保湿因子も加齢によって減少してしまいます。クレンジングのし過ぎや空気の乾燥も細胞間脂質減少や天然保湿因子減少の原因に。
細胞間脂質や天然保湿因子の減少が進むと肌の水分保持能力の低下に繋がり肌の潤いやハリがなくなってしわを発生させてしまいます。

また、この状態は「乾燥じわ」にも繋がります。本来角質細胞が肌の表面を隙間なく覆っているはずなのですが細胞間脂質や天然保湿因子が減少する事で角質細胞同士の間に隙間ができ溝がしわに見えてしまいます。しかもこの状態は皮膚のバリア機能が大きく低下している状態でもあり、肌の水分の蒸発がより進む、摩擦ダメージが肌の奥まで届き肌荒れを起こす、ターンオーバー乱れる、などしわ以外にも肌に大きな影響を与えます。

●対策●
・コラーゲン繊維の減少対策
コラーゲン繊維の減少は原因でも書いた通り加齢や紫外線ダメージで起こります。
加齢による減少は中々防ぐ事はできますが、コラーゲン繊維の材料となるタンパク質とコラーゲン繊維の生成を促進するビタミンCを含む食品を普段から摂取するように心がけましょう。またナールスゲンというコラーゲン繊維やエラスチンを作る細胞を活性化させる成分を含んだ化粧品を使うのもおすすめです。
紫外線ダメージは普段から日焼け止めを塗る、日焼けした際は紫外線ダメージを軽減し、コラーゲン繊維の生成を促すビタミンC誘導体やレチノール、レチノイン酸を含む化粧品でケアを行いましょう。

・エラスチンの減少対策
エラスチンの減少対策コラーゲン繊維同様加齢や紫外線ダメージで起こります。
加齢によるエラスチンの減少はやはり対策が取りにくいのですがエラスチンの材料となるタンパク質を十分に摂取する事を心がけてみましょう。またコラーゲン繊維の減少対策でも紹介したナールスゲンを含んだ化粧品を使うのもおすすめです。
紫外線ダメージを防ぐにはコラーゲン繊維と同様に日焼け止めを塗るといった対策を取りましょう。

・細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)の減少対策
細胞間脂質や天然保湿因子は加齢・乾燥・洗顔のし過ぎが原因で減少します。
加齢による細胞間脂質や天然保湿因子の減少は高保湿の基礎化粧品を利用して肌の水分蒸発を防ぐようにしましょう。
乾燥は加湿機や濡れタオルで部屋の湿度を60~75%に保つようにしてください。洗顔は1日2回にし、正しい洗顔を行いましょう。正しい洗顔は以下の通りです。

(1)まずは手を洗う
よく泡立てるために、まず手を洗います。

(2)洗顔料を良く泡立てる
次に、洗顔料を細かい泡を作るように良く泡立てます。具体的には洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水を混ぜながら良く泡立てます。苦手な方は泡立てネットを使っても良いでしょう。

(3)Tゾーンから優しく洗い始める
もちもちの泡が玉子1分ほどの大きさまで出来たら、手と肌の間にクッションの様に泡を乗せ、まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。なるべく指がお肌に触れないようにしましょう。

(4)目元や口元は泡を乗せるだけで十分
乾燥しがちな目元や口元などは、泡を乗せるだけで十分です。

(5)ぬるま湯で最低20回以上すすぐ
洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料がお肌に残らないようにしましょう。お湯の温度は33℃~36℃くらいが理想的です。

(6)清潔なタオルで顔を押さえる
すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を取りさります。

(7)洗顔後はすぐに保湿
洗顔後の肌から水分が蒸発する時に角層の水分が奪われる過乾燥になりがちです。3分以内に十分に保湿をするように心がけましょう。