シミは大きさや濃さに関わらず、自覚した時点で悩みを増幅させる美容の大敵です。美白化粧品やサプリメント、チャンスがあれば美容医療に頼ってシミを一掃させたい!そう願う女性にぜひ注目してほしいのが基本知識と対策方法です。なぜならシミにはホームケアで回復が期待出来るものと、そうでないものがあります。判断とやり方を間違えれば、今の状態を悪化させる可能性もあるのです。
今回は、シミを消すためにホームケアで出来ることをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね。

シミとは

一口にシミと言っても、シミにはいくつか種類があるのをご存知ですか?また、シミができるメカニズムをしっかり理解している人も少ないのではないでしょうか。シミを改善・予防するには、まずシミのできる原因やシミの種類をきちんと把握することが第一歩です。

シミが出来る原因

シミの原因は、紫外線、加齢、ホルモンバランス、肌への刺激、遺伝など様々です。しかし多くの場合は紫外線が絡んでおり、紫外線により悪化することも多いため、シミの最も大きな原因は紫外線とされています。
通常、紫外線を浴びると「紫外線を肌に浴びる→メラニン色素が生成される→皮膚を守るために肌が黒くなる→肌のターンオーバーによりメラニン色素が剥がれる」という流れが起こります。しかし過剰にメラニン色素が作られたり、肌のターンオーバーが正常に行われないと、メラニン色素が残りシミになってしまうのです。

また、紫外線が絡んでいないシミのケースとして、肌への刺激があります。ニキビ跡やかぶれ、傷など肌への刺激が原因で色素沈着を起こし、シミになってしまう場合も少なくありません。

シミの種類

シミの種類とそれぞれの特徴をまとめました。気になるシミがどの種類のシミなのか確認してみましょう。

老人性色素班 最も一般的なシミで、数ミリから1センチほどの大きさのものが多く、時間の経過と共に濃くなっていくのが特徴です。
炎症性色素沈着 ニキビなどの炎症による跡や摩擦による刺激が色素沈着し、シミとして残ってしまったものです。
肝斑 30~40歳に多く見られるシミで、ほほ骨や目尻にそって左右対称に広範囲に現れます。ホルモンのバランスが主な原因とされています。また、妊娠やピルの服用によって悪化することもあります。
雀卵斑(そばかす) 大きさはシミより小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが雀卵斑(そばかす)です。子供の頃からある雀卵斑(そばかす)は遺伝性の場合が殆どで、色白の人にできやすいのが特徴です。
また、大人になってからできた雀卵斑(そばかす)は紫外線が原因です。
ADM(後天性真皮メラサイト―シス) ほほ骨の辺りに左右対称に現れることが多く、肝斑と間違われることの多いアザです。遺伝的要素が大きく、ホルモンバランスなどが原因と言われています。

自己判断が難しければ皮膚科へ

肝斑やADM(後天性真皮メラサイト―シス)のようにシミの形状が似ていたり、数種類のシミが混在していることもあり、自己判断が難しい場合も珍しくありません。シミの種類により治療法が異なり、間違った治療は症状を悪化させる原因にもなりますので、皮膚科で自分のシミがどの種類のシミなのかを判断してもらうのが安心です。

ホームケアで対策!2種のシミとは

「美容皮膚科での高額な治療ではなく、自分でシミを何とかしたい…」と思っていませんか?実はシミの種類によってはホームケアで予防・対策できるのです!

老人性色素斑

●原因
老人性色素班の原因は、長年浴び続けた紫外線です。日焼け後に直ぐにシミになるわけではなく、紫外線による肌へのダメージが長年積み重なることによって、シミとなって表れるのです。

●メカニズム
紫外線を浴びた肌は、細胞を守るためにメラニン細胞を活性化させてメラニン色素を生成します。メラニン色素は通常、肌のターンオーバーによって角質とともに排出されるのですが、紫外線を過剰に浴びたり、加齢などにより肌のターンオーバーが正常に行われないと、肌に色素沈着として残ってしまいシミになります。

炎症性色素沈着 

●原因
炎症性色素沈着の原因は、肌にできたニキビ、かぶれ、傷、虫刺されなどの炎症です。

●メカニズム
肌に炎症が起こるとメラニン色素を作るメラサイトが刺激を受けメラニン色素を合成します。このメラニン色素が肌に残ってしまったものが炎症性色素沈着です。紫外線によって色素沈着しやすく、濃くなることもあります。

シミ対策と予防(「老人性色素斑」と「炎症性色素沈着」)はセルフで出来る!

「これ以上シミを増やしたくない!」、「これ以上シミを濃くしたくない!」と思っていても具体的にどうすればよいのか分からない…という女性も多いですよね。ここでは老人性色素班と炎症性色素班を予防するホームケアを具体的に紹介します。

紫外線対策

前述した通りシミの大きな原因及びシミを悪化させるのは紫外線ですので、まずはしっかり紫外線対策をすることで、シミ予防ができます。

●UV-A波とUV-B派の肌への影響の違い
化粧品やサンスクリーンなどの表示で目にするUV-AとUV-Bの違いをご存知ですか?

UV-A波(紫外線A波) UV-B波(紫外線B波)
波長の長さ 長い 短い
地表に届く量 90% 10%
エネルギー 弱い 強い
肌への影響 肌の奥まで到達し、紫外線から肌細胞を守るためにメラニン色素を作り出す/長時間浴びるとシミやシワの原因になる。 短時間で肌の表面にダメージを与え、肌が真っ赤になったり(サンバーン)、水ぶくれなどの炎症を引き起こす/皮膚がんや白内障などの病気を引き起こす場合もある。

シミを作らないためにはUV-A波とUV-B波のどちらもしっかり防ぐ必要があります。

日焼け止め化粧品の選び方と使い方のポイント

【日焼け止め化粧品の表示】
日焼け止め化粧品には、UV-A波とUV-B波の2つの紫外線を防ぐ効果があります。その防止効果を示すものが以下になります。

・PA(Protection Grade of UV-A)
UV-A防止効果の程度を示したもので「PA+」から「PA++++」まであり、「+」が多いほど効果が高くなります。

・SPF(Sun Protection Factor)
UV-B波防止効果の程度を数値で示したもので、SPF2からSPF50(SPF50+)まであり、数値が高いほど効果が高くなります。

【日焼け止め化粧品の選び方】
日焼け止め化粧品はPA値やSPF値が高ければよいというものではありません。数値が高いものはそれだけ肌への負担も大きいので、シチュエーションに合わせて使い分けるようにしましょう。

PAの目安 SPFの目安
日常生活(買い物、散歩など) PA+~++ SPF15~20
屋外で短時間のスポーツやレジャー PA++~+++ SPF20~30
炎天下でのスポーツやレジャー、マリンスポーツ PA+++~++++ SPF50

【日焼け止め化粧品の使い方】
前述の通りPA値やSPF値が高い日焼け止め化粧品は肌への負担が大きいので、少し数値の低めのものをこまめに塗り直す方ことで肌への負担を減らすことができます。

日焼け止めを塗る順番は、「化粧水→乳液→日焼け止め(下地に日焼け止め効果がある場合は省略可)→下地→ファンデーション」になりますが、メイクをしているとなかなか日焼け止めの塗り直しは難しいですよね。今ではファンデーションや仕上げのパウダーに日焼け止め効果がある製品も数多くありますし、こまめに塗り直しが手軽にできるのでおすすめです!

美白化粧品

朝夕のスキンケアに美白化粧品をプラスすることで、シミの予防ができます。

●配合成分について
厚生労働省が認可している有効美白成分は、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、リノール酸、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキス、エラグ酸、4MSK(4-メトキシサルチル酸カリウム塩)、ニコチン酸アミド、ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)、マグノリグナン、t-シクロアミノ誘導体、カモミラETです。

これらの美白有効成分の働きは大きく3つに分かれます。
・メラニンの生成を抑制する効果
シミの原因となるメラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制してシミを防ぎます。

・メラニン色素を薄くする効果
できてしまったメラニン色素自体を薄くします。

・メラニン色素の排出を促進する効果
新陳代謝を活発にし肌のターンオーバーを促進して、メラニン色素は排出しやすくします。

●選び方のポイント
どのような効果を期待するのか、副作用などのリスクなどを総合して、自分に合う美白成分配合の化粧品を選ぶようにしましょう。

美白効果 美白成分
メラニンの生成を抑制する効果 ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタ、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラET、リノール酸、コウジ酸、エラグ酸、4MSK、ニコチン酸アミド、マグノリグナン、t-シクロアミノ酸誘導体、カモミラET
メラニンの色素を薄くする効果 ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン
メラニン色素の排出を促進する効果 ビタミンC誘導体、プラセンタ、4MSK

●使う時の注意点
以前は医療機関でのみ入手可能だった「ハイドロキノン」は、美白成分として広く知られているビタミンC誘導体などと比べて美白効果が10~100倍もあると言われ、「肌の漂白剤」とも呼ばれている成分です。
現在、厚生労働省により認可されている化粧品に配合可能な濃度は2%と高くありませんが、敏感肌の人はかぶれなどの症状を引き起こすことも少なくありません。
また、他の美白成分でも自分の肌に合わない可能性もありますので、必ずパッチテストを行ってから使用するように心がけましょう。

食物と栄養素

外側からのケアだけでなく、食べ物や栄養素で体の中からシミを作りにくい体をキープすること大切です。外側と内側からのダブルアプローチが美白への近道ですよ。

●摂り方のコツ
食生活が乱れると血行不良になり新陳代謝が悪くなるので、肌のターンオーバーが乱れる原因になります。肌のターンオーバーが乱れるとメラニン色素が排出されず色素沈着しシミになります。ですので1日に必要な栄養素をバランスよく摂ることが重要です。
厚生労働省が発行している「食事のバランスガイド」を参考に毎日の食事の献立を考えてみては如何でしょう。

引用元:厚生労働省「食事バランスガイド」

・ビタミンACE(エース)
・ビタミンA:βカロテンとレチノールの違い
強い抗酸化作用でメラニン色素の生成を抑制する効果があります。
ビタミンAを含む主な食品:ニンジン、パプリカ、ほうれん草、カボチャ、パセリ、にらなど。

ビタミンAは体内でビタミンAに変わるβ-カロテンと初めからビタミンAの形のレチノールがあります。β-カロテンは緑黄色野菜など濃い色に含まれる赤色のカロテノイドで、ニンジン、カボチャ、トマトなどに多く含まれます。一方レチノールは、レバーや魚など動物性食品に多く含まれます。

・ビタミンC
シミの原因であるメラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制する効果があります。ビタミンCは体内に溜め込むことができない成分なので、こまめに摂取するようにしましょう。また、ビタミンCは熱に弱いので生のままで食べるのがおすすめです。
ビタミンCを含む主な食品:レモン、オレンジ、アセロラ、キウイ、イチゴ、トマト、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、パセリなど。

・ビタミンE
血行を良くし肌のターンオーバーを促進する効果があり、メラニンを排出しやすくする効果があります。ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると効果が高まります。
ビタミンEを含む主な食品:アーモンド、アボカド、カボチャ、ほうれん草、ゴマなど。

サプリメントについて

食事から必要な栄養素を摂るのがベストですが、食事のみで必要な栄養素を摂れないときもありますよね。そういうときはサプリメントをプラスすることで、手軽に栄養素を補うことができます。

●摂り方の注意点
サプリメントを摂る際に注意しなくてはいけないのが過剰摂取です。複数のサプリメントを同時に摂取する場合は過剰摂取になってしまう恐れがありますので、事前に含有量を確認しましょう。
またサプリメントはお水またはぬるま湯で飲んでください。コーヒーやお茶で飲まれている人も多いですが、サプリメントの吸収を妨げてしまうので必ずお水かぬるま湯で飲みましょう。

●シミ対策成分
前述したビタミンA、ビタミンC、ビタミンE以外にもシミ対策に役立つ成分があります。シミ対策サプリメントに配合されている主な成分を紹介します。
リコピン 強い抗酸化作用があり、メラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制し、活性酵素を除去する作用があります。

  • トラネキサム酸
    メラニン色素の生成を抑制や抗炎症作用があります。
  • プラセンタ
    メラニン色素の生成を抑制したり、肌のターンオーバーを促進します。
  • L-システイン
    メラニンの原料であるチロシンを変化させて黒色化を抑制します。また、肝機能を改善し、肝臓で作られるメラニンの黒色化を抑制する作用をサポートします。
  • ビタミンB群
    肌荒れやニキビを防ぎ、色素沈着を抑制します。

刺激は大敵!

●ニキビ跡を放って置かない
もしニキビができてしまったら、シミの原因になってしまうニキビ跡を作らないように正しいニキビケアをすることが第一です。しかし気を付けていてもニキビを悪化させ炎症を起こしてしまうこともありますよね。炎症を起こしたニキビは放っておかず、できるだけ早く皮膚科を受診するのが安心です。ニキビが治ったら、前述のシミを作らない対策をしっかり行いニキビ跡を作らないようにしましょう。

●怪我に注意
ニキビだけでなくケガによる傷も色素沈着を引き起こしシミになります。顔だけでなく、腕や足といった体のシミも目立ちますので、極力ケガに注意しましょう。

まとめ

まずは気になるシミがどの種類のシミなのかを明確にしましょう。そのシミがホームケアで改善・
予防できるものであれば積極的に対策をして、今以上にシミを悪化させない、シミを作らないライフスタイルで透明感ある大人肌を手に入れましょう!

ライタープロフィール
鎌田愛絆

ロサンゼルス在住10年以上のママ&ライター。色々な国を訪れて気に入ったロンドンに2年滞在後、国際結婚し渡米。ナチュラルでハッピーな毎日を送りながら、様々なWebメディアにて美容・健康関連の記事を執筆中!