この数年で、肝斑という言葉はテレビコマーシャルなどの影響で、かなり認知度が上がりました。
そこでシミ=肝斑と思っている人もいるようで、正しく理解していないのではと不安視される風潮も見受けられる昨今。正しい理解が改善の成功の秘訣になります。ホルモンやストレスが原因と言われている肝斑ですが、太陽光全般による影響も関わっていることが話題になっています。シミが気になり出したら、ぜひ今回の記事を参考にしてみて下さいね。

女性の大敵「肝斑」とは

 30代から40代になると、ふいに気づく肌のシミ。すぐに治るかなと思っていたのに、なかなか消えることのないシミに悩まされることがあります。シミによっては、お化粧でうまくごまかすことができるものもありますが、目の周りを避けるように、目の外側や頬骨のあたりに広がるように現れるシミは、お化粧でうまく隠すのも難しいですよね。そんなシミ、もしかしたら肝斑(かんぱん)かもしれません。

肝斑の特徴

 肝斑は皮膚にできるシミの一種。「肝斑」とあるから、肝臓と関係があるのかと思いましたが、シミの形状が肝臓に似ているからそう名付けられたというのが定説のようです。黄色人種の30~40代の女性に多く見られ、閉経期に差しかかると自然になることも多いとか。
できやすい部位、色・形の特徴は以下のとおり。

●出来やすい部位:頬、額、鼻の下、目の外側など
●色や形:薄い茶色、形はさまざま

目の周りを避けるように、目の外側や頬骨のあたりに発症します。左右対称になるのが特徴で、治りにくいと言われています。
ほかの一般的なシミと異なり、男性には見られません。30代ごろの女性で見られはじめ、40代後半~50代の閉経期になると、いつの間にか消えてなくなっていることもあるようです。

原因

① 女性ホルモン

肝斑が発症する機序は、女性ホルモンと関係があると言われています。というのも、30~40代の女性で発症するケースが多く、妊娠や経口避妊薬を服用したことがきっかけとなって発症するケースなどもあるからです。経口避妊薬を服用する女性としない女性では、女性ホルモンの分泌が減少することはよく知られています。
女性ホルモンのバランスが崩れやすい40~50代の女性においても発症が増加し、閉経を迎えるころになると、いつの間にか消えていたということもあるようです。高齢期においてはほとんど発症されません。

② ストレス

何らかの精神的ストレスが原因となって、肝斑が発症することがあります。しかし、これはストレスによって女性ホルモンのバランスが崩れたことがきっかけだと考えられています。
 ということは、肝斑ができたことに対してストレスを感じる、あるいはシミが治らないことがストレスとなることによって、シミが増えることも考えられます。

原因③ 微小炎症

 微小炎症とは、日頃の洗顔やスキンケアの際、肌に触れる刺激が蓄積されていき、皮膚の下で起こる小さな炎症のこと。この小さな炎症が皮膚の内部でメラニンを生成させ、肝斑を引き起こし、悪化させてしまうこともあるようです。

改善方法

肝斑ができてしまったらどうしたらいいのでしょうか。まずは触らないこと。そして、なるべく刺激を与えないことです。刺激で濃くなることもあります。メイク落としや洗顔の際はそうっと刺激を与えないように行います。
ただ、肝斑は再発するケースが多く、治療は長期にわたります。セルフケアだけでは完全な改善は見込めないため、専門の医療機関やクリニックに相談することをオススメします。

● できてしまった肝斑の治療法
 医療機関で肝斑だと診断された場合、内服薬や外用薬をはじめ、治療機器を使って治療を行うことになります。

内服薬で処方されるのは、トラネキサム酸、L-システイン、ビタミンC、ビタミンEなどが代表的です。トラネキサム酸は色素の沈着を制御する働きがあるとしてよく使われる薬剤。L-システインは、メラニンが生成される際に作られるチロシナーゼという酵素の生成を阻害する働きがあります。ビタミンCはメラニンの生成を抑え、すでに沈着したメラニンを分解する働きがあり、ビタミンEは抗酸化作用があって、シミの原因とされている活性酸素から肌を守る働きがあります。

施術によって肝斑を取り除く場合、光治療や低出力レーザーの照射を行うそうです。ただし、老人性色素斑などで使われるレーザー治療は要注意とされているなど、通常のシミとはちがっているため、十分な情報収集が必要。失敗のない施術をしっかりと選ぶようにしたいですね。

結局は日常生活の送り方次第

肝斑の原因は女性ホルモンのバランスの乱れ。ということは、どんな生活を送れば予防できるのでしょうか。これまでの日々の生活について見直してみましょう。

女性ホルモンのバランスを正しい状態にするためには、まずストレスをなくすようにし、気持ちを落ち着かせるようにします。食生活を正し、体に害を与える習慣をなるべく止めるようにします。必要であれば、サプリメントなどで補助することも大切。そして、早めに眠るようにして、睡眠時間をたっぷり取るようにします。
要するに、日常生活を健康的に改善することで、肝斑予防となるわけですね。

女性ホルモンを円滑に機能

 そもそも女性ホルモンとは、排卵を促進して、妊娠や出産ができるようにするための物質であり、女性の体と心のためにさまざまな機能を果たしています。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、更年期前の女性ではおもに卵巣で作られ、血液を通して全身に運ばれます。このため、脳、骨、血管、皮膚などの器官にも働きかけ、記憶力をアップさせる、骨や血管を強くする、肌のハリや潤いを与えるなど、さまざまな役割を果たしています。また、ふくよかな体を作り、子宮内膜を厚くし、卵子を育てるなど、女性としての基本的な働きもしています。

また、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後から次の月経がはじまるまでの間に分泌され、妊娠を助けるために不可欠なホルモンです。黄体ホルモンが分泌される時期は精神的に不安になりやすく、ひどくなるとPMS(月経前症候群)などの症状が出ることもあります。

こうして女性ホルモンが乱れると、月経が乱れ、自律神経のバランスも乱れて、体に何らかの変化が現れてきます。あまりひどい症状が現れる場合は医療機関に相談することをオススメしますが、基本的には日々の生活を見直し、ストレスのない生活を送っていくことで、女性ホルモンが円滑に機能していくことになります。

● 規則正しい生活で巡りの良い体を維持
 簡単なようで意外と難しい規則正しい生活。でも、私たちが生活を送る上での基本です。しっかりと見直していきたいところです。

・食事:一日3回しっかりと
・睡眠:成長ホルモンが分泌される22時~2時の間は睡眠を取る
・喫煙:百害あって一利なしです。見直しましょう。
・ストレス解消:好きなことをする、音楽を聴く、お風呂に入るなど

ご自身に合った方法を見つけましょう。
 

紫外線も肝斑の原因に

 肝斑の原因は女性ホルモンの乱れですが、だからといって紫外線が無関係だというわけではありません。というのも、そもそも肝斑ができる部分は、顔の頬、額、鼻の下、目の外側など、紫外線を浴びやすい部位だからです。実際、紫外線は、肝斑の症状を悪化させるだけではなく、再発させる原因のひとつだと言われています。したがって、紫外線も肝斑の原因になりうると考え、紫外線対策はしっかりとしておいたほうが賢明ですね。

老人性色素斑だけじゃない

 シミにはさまざまな種類があります。中でも最も多いシミが老人性色素斑です。これは、紫外線を浴びる部位に出る濃い褐色のシミのことで、紫外線を浴び続けた結果、皮膚の表皮が光老化してできてしまったもの。40代ごろから現れやすくなると言われています。

ほかにも、鼻を中心として、小さな点のようなシミが全体に広がるのがソバカス。遺伝的なものだと言われていますが、紫外線などの影響で濃くなることもあります。
また、炎症性色素沈着とは、ニキビなど肌の中で炎症が起こったことでできるシミ。ニキビができやすい方は、ニキビの後に悩むことがありますよね。あれが炎症性色素沈着です。

なお、イボのように盛り上がったシミもあります。これは脂漏性角化症と言って、遺伝や老化、紫外線などによってできるシミですが、悪性腫瘍の可能性もあるため、念のため、医療機関の診察を受けた方がよいでしょう。

シミが出来るメカニズム

紫外線を浴びるとできるシミ。なぜシミができてしまうのか、実はよくわからなかったりしますよね。メラニン色素はシミを作る大敵だと思われていますが、本当にそうなのでしょうか。

答えはNoです。紫外線は、細胞核にある遺伝子を傷つけてしまうため、表皮のいちばん奥にある基底層のメラノサイトがメラニン色素を作って、遺伝子が傷つかないように保護しているんです。

● 紫外線が肌に当たると肌内部では…
 シミができるメカニズムを見てみましょう。表皮の角化細胞であるケラチノサイトが紫外線などの刺激を受けると、表皮の最も奥にある基底層に分布しているメラノサイトに信号が送られます。すると、メラノサイトはシミの元であるチロシナーゼという酵素を活性させます。こうして活性化されたチロシナーゼによって、チロシンというアミノ酸を変化させてメラニンが生まれていきます。こうしてシミができてしまうというわけです。

● 肌の酸化とは

 酸化とは物質が酸素と結びつくこと。これをよく鉄が酸化するとさびることになぞらえて、肌の酸化を説明しますね。まさに物質は酸化すると、その性質を変えてしまいます。
肌の酸化を促進させるのは活性酸素。酸化力が非常に強く、本来は外敵から体の細胞を守るものですが、増えすぎることで細胞を傷つけてしまうのです。

 紫外線を浴びると、紫外線による害から肌を守ろうとして、多くの活性酸素が作られてしまいます。その結果、肌が酸化し、シミができ、肌のハリや潤いが失われると言うことになるわけです。

シミをつくる!?3つの光とは

シミを作る光と言えば紫外線。でも、実際には紫外線だけではありません。近年、肌へ影響を与える太陽光のひとつとして、近赤外線があげられるという報告があります。
そしてさらに、パソコンやスマホなどに使われるブルーライトも肌に影響を与えるという話があります。

太陽光とは

太陽が放つ光である太陽光。地球上の生物にとって必要で、植物の光合成を促し、命を支える大切な存在です。

しかし、太陽光には波長が短いほうから、紫外線、可視光線、赤外線に分かれて、肌への影響が危惧されています。地球に届く紫外線には、B波(UVB)、A波(UBA)があり、UVBは表皮に、UVAは真皮に、それより長い赤外線は、皮下組織まで届くと言われています。また、ブルーライトは紫外線に近い波長のため、肌の老化を早めるのではないかと心配されています。

赤外線とは

 赤外線は、太陽光の50%ちかくを占めると言われています。紫外線と比較すると、浴びる量が多くなります。前述のように、UVAよりも肌の奥へと届くため、真皮への影響の可能性が指摘されています。

● 赤外線を浴び過ぎると…
 以上のことから、赤外線は紫外線同様に、対策を考えなければならないと言われています。真皮への影響が考えられているため、シミやシワなどの光老化を促す可能性は非常に高いと思われます。

● 対策方法
 各メーカーから赤外線対応の製品も出ています。炎天下での外出時、海水浴やアウトドアに出かけると言う方などは赤外線対応のクリームを使いましょう。

紫外線とは

 肌のシミをはじめ、しわ、黒ずみなどのトラブルの原因が紫外線。太陽光線の中でも波長が短いため、肌への影響が心配されます。UVとは紫外線を意味するUltraVIoletの略。UVC、UVB、UVAがありますが、UVCは地球には届きません。

● 紫外線を一瞬でも浴びると…
UVBは表皮に届き、皮膚や目に害を与えます。肌が赤く焼けたり、水ぶくれができたりします。また、エネルギーが強いため、表皮細胞を傷つけ、炎症を起こさせるため、シミだけではなく、皮膚がんなどの原因にもなります。

UVAはUVBほど急激な影響を与えませんが、真皮層まで届き、細胞を傷つけ、ハリや潤い成分を破壊します。UUVAは全紫外線の多くを占めており、雲や窓ガラスなどを通り抜けやすい性質があるため、日頃から対策をしっかりとしておかなければなりません。

● 対策方法
 曇った日も日焼け止めで肌をガードすることをオススメします。とくに色の白い方、日焼けをすると皮膚が赤くなる方、そばかすなどができやすい方などは要注意。太陽が出ている日は、さらに帽子、日傘、アームカバーや長そでなどの服で皮膚を覆うようにします。ただし、日傘は人出が多い遊園地や繁華街では迷惑となることもありますので、TPOをわきまえて。

ブルーライトとは

 目に見える光の中で、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っているブルーライト。スマホやパソコンから出る光として知られています。シミや日焼けの原因となると言われるようになって久しくなり、ブルーライトによる日焼け対策の製品も見かけるようになりました。

● ブルーライトを浴び過ぎると…
 そもそも、ブルーライトによる日焼け問題が明るみになったのは、フランスにおけるある研究報告から。その後、日本のメーカーが、ブルーライトによって肌に色素沈着が起こり、3週間~3カ月以上、沈着が消えずに残ってしまうという研究結果を発表しました。
 スマホやパソコンを日常的に使う方たちは肌への心配が危惧される報告ですが、実際、スマホなどから出るブルーライトは少なく、実験で行ったブルーライトの量に比べると微量のため、日常生活においてすぐに問題が起こるということではないようです。ただし、やはりこういった危険があるという認識を持ち、目への影響なども考えて、スマホやパソコンの使い過ぎには気を遣ったほうがよいと思います。

● 対策方法
 仕事などでパソコンを長時間使う方は、仕事前にブルーライトカット効果のあるコスメを利用するようにしましょう。日常的に心配な方は、ブルーライトカット効果のある製品を使いつつ、スマホなどの長時間利用を見直すことも大切。

美白美容を上手に取り入れよう

 メラニン色素の生成を抑え、日焼けを起こしにくくなるための美白ケア。紫外線によって傷ついた肌にも効果的なこの美白美容をうまく取り入れて、健康で美しいな肌を取り戻したいですね。

美白ケアを重視

 美白とは肌を白くさせるという意味ではありません。紫外線によって生成されるメラニン色素を抑えることで、日焼けを起こしにくくさせるということです。つまり、美白ケアとは、日焼けを予防し、日焼けの後の傷んだ肌をいたわることなんです。

● そもそも美白肌とは
 そういうわけで、美白肌とは、透明感があり、輝きがある、健康な血色の良い肌のこと。メイクによる効果で白く見せている能面のようにただ白い肌ではありません。こうした健康な肌を取り戻すために、私たちは肌の表面から紫外線を予防し、内側から肌の健康を心がけることが必要なのです。

肌表面と肌内部のダブルアプローチケア

 肌の表面からのアプローチとして、日常的なスキンケアで美白有効成分を取り入れる、保湿を十分に確保し、肌のターンオーバーを促すことが大切。肌の内側からは、メラニンを抑え、メラノサイトに機能する栄養素を摂り入れていくことを目指しましょう。このダブルアプローチが、美肌へと導いてくれるはずです。
 

美白化粧品が味方に

 美白化粧品は、厚生労働省によって認められた美白製品が配合されています。したがって、美白化粧品は美白を志す私たちの強い味方。コスメ選びでは美白有効成分が含まれているかどうかを十分に確認することが重要です。

 たとえば、ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を阻害し、メラニン色素の還元作用もある成分。刺激が強いというネックがあるため、敏感肌の方は保湿成分がしっかりと配合されたものを選ぶようにしたほうがベター。トラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑制するだけではなく、炎症を抑えてくれるため、肌荒れにも効果を発揮します。ハイドロキシンはメラニンを作るチロシナーゼの作用を弱める働きがあり、シミやニキビの跡などにも効果が期待できるとされていますが、刺激強いため、敏感肌の方は使用を控えた方がいいでしょう。アルブチンはメラニンの生成を抑制し、シミなどを抑制してくれます。

美容液になぜ医薬部外品が多い?

 この疑問の答えを知るためには、化粧品、医薬品、医薬部外品の分類をしっかりと把握する必要があります。

 まず化粧品。これは、美容を目的とした商品で、化粧品をはじめ、歯磨き粉なども含まれます。
 医薬品は、医療的な効果のある成分が配合された治療や予防のための薬品。医師が処方する医療用医薬品と、処方なしで購入できる一般用医薬品があります。

 そして医薬部外品。これは、化粧品と医薬品の中間的な位置にあり、医薬品ではないけれど、医薬品に準ずるもの。ある目的に対する有効成分が配合されているものが含まれます。

 以上のような理由で、美白に対する有効成分を記載することができ、実際に肌に効果を有する可能性の高い医薬部外品が、美容液には多いということになります。というのも、美容液とは、保湿成分といった美容成分が配合された化粧品だからです。

肌表面をケア

肌の表面からのケアで忘れてはならないことは、

●美白成分と保湿
●肌表面は不要な角質やメラニンを溜めない

ということです。
美白成分にはさまざまな種類がありますが、刺激が強く、肌を乾燥させることもあるため、保湿成分をしっかりと取り入れる必要があります。

また、肌のターンオーバーを促し、表皮の不要な角質やメラニンを溜めないようにすることで、シミやニキビの跡を改善し、健康的な肌を実現させます。

肌内部をケア

肌の内側からのケアとして、

●メラニンを抑制
●メラノサイトに機能

以上のような働きのある成分を摂り入れていく必要があります。
メラニン抑制に効果のある成分として知られているのはビタミンCです。アセロラ、キウイ、イチゴ、レモンなどのフルーツのほか、トマト、ピーマン、ブロッコリーなどの野菜に含まれています。

メラニンの生成を抑制し、皮膚に沈着したメラニンを排出させる働きのあるL-システインは、肉類、魚介類、豆類や種実類などに含まれている成分。アスタキサンチンは、エビやカニ、いくらやサーモンなどに含まれる成分で、メラニンを抑制し、抗酸化作用も期待できます。

また、メラノサイトに機能する成分として、活性酸素を除去する成分が考えられます。これは、メラニンを生成するメラノサイトを刺激する原因のひとつが活性酸素だからです。

活性酸素とは、本来、人間が備えているもので、外敵から身を守るために必要な成分ですが、過剰に発生することで体の酸化を促してしまいます。そこで、活性酸素を除去する成分として、ナッツ類などに含まれるビタミンE、ポリフェノールの一種で、ざくろやベリー系のフルーツに含まれるエラグ酸には、高い抗酸化作用があるほか、メラニンの抑制にも効果が期待できます。

まとめ

さて、今回は、女性の敵である肝斑というシミについて研究してみました。ほかの多くのシミとは異なり、女性ホルモンやストレスが原因とされていました。肝斑ができてしまってからの対策、そして日々の生活についても考え直してみました。

しかし、肝斑は紫外線も原因のひとつとなり得ます。そこで紫外線をはじめとする太陽光について調べてみました。赤外線、ブルーライトなどの弊害について見てみましたね。

こうした太陽光から肌を守るため、美白美容の大切さを感じました。美白とは、白い肌のことではありませんでしたね。そして、美白成分について検証し、肌の外側からではなく、内面からのケアについても考えました。

鏡でご自身の顔を見たとき、よし、これでダイジョウブだと思えるようになりたいですね。シミは本当に嫌なものですが、コスメで隠そうとせず、体の外側と内側から必要な成分を摂り入れて、隠さなくても済む肌を少しずつ作っていきましょう。

ライタープロフィール
ogata

雑誌や書籍の執筆を経てスペインへ。スペインにて知り合った夫と結婚してフランスへ。現在、フランスの田舎で暮らしながら、オーガニックコスメの研究、有機野菜の栽培、頭で食べるダイエットと、ヘルシーな日々を送っています。趣味は書道、好きなことは笑うこと。健康で美しい生き方を考えていきたいと思っています。