気になるおでこのしわ。顔部分だけのケアになっていませんか?おでこのしわは目立つうえに、老けて見えるので困りモノですよね。それだけに、せっせとしわ取りに励んでいる方も多いことでしょう。

おでこのしわは、頭皮のたるみが大きく影響すると言われています。
頭皮をマッサージすることで、おでこのしわ取りはもちろん、様々な美容効果が得られます。まずは頭皮のケアを試してみてください。

頭皮マッサージがしわ取りに良い理由

おでこのしわケアに専念するなら、化粧水やクリームで保湿したり、スペシャルケアでパックをすることがホームケアで実践しやすい方法ですよね。そもそもおでこの皮膚は頭皮はつながっており、しわが出来る原因も頭皮のたるみから起こることが考えられます

美容院に行けば、美容師さんが頭のマッサージを施してくれて、気持ちいいと感じることがありますよね。
凝りがほぐれると、巡りがよくなって顔がスッキリする効果が期待出来ます。なのでこまめに頭皮マッサージを受けるか、自分でも行うことが、おでこのしわ対策に役立つというわけです。

そこで試しに、髪の毛の中に指を差し入れて、ぐっと押してみてください。こめかみでも頭頂部でもどこでもいいです。痛気持ちいいと感じたら、頭皮が凝っている証拠です。
毛髪で覆われて隠れているので、普段はあまり注意を払うことがありませんが、頭皮も顔と同じ肌構造で出来ています。

顔と違って、頭蓋骨の上半分には凹凸がないので、たるみが気になる部分ではありませんが、年齢とともに肌が衰え、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などの成分が減少し、老化が進んでいくのは、頭皮も顔の肌と変わりません。また、頭皮は皮脂の分泌が多いので、普段綺麗に洗浄していないと、酸化によって肌の衰えが進みやすい部分でもあります。
衰えは重力の影響を受けやすい顔部分に出て、おでこや目元のしわを作る原因になります。

頭皮マッサージによって凝りをほぐし、血行を促進することで、老化を防いで、肌の正常なターンオーバーを促すことが出来ます。ある化粧品メーカーのアンケートによると、おでこのしわ取り対策として頭皮マッサージを行っている人は、全体の2割にも満たなかったそうです。もったいないことですね。

頭皮のケアを日常的に行うと、おでこを始めとする顔のしわだけでなく、頭髪の健康を保つというメリットも得られます。頭髪は、実は老化の影響が非常に出やすい部分のひとつ。年齢を重ねて、髪の毛のコシがなくなってボリュームが減ったり、白髪が増えたりといった症状に悩まされる女性も少なくありません。

頭皮マッサージによって、髪の毛と顔両方のアンチエイジングケアを行いましょう。

しわ取りのための頭皮マッサージの方法

ヘッドスパをしてくれる美容院やサロンで、プロの手にお任せするのもいいですが、毎日というわけにはいきませんよね。
ここでは、自宅で簡単に出来るしわ取り頭皮マッサージの方法をご紹介します。

準備

  • 爪は短く切っておく。
  • 首の後ろ部分をホットタオルなどで温めておくと効果的。
  • 寒い時期はタオルで頭皮も温めておく。

頭皮マッサージのやり方

  • 両手の指で頭部分を鷲づかみにし、指の腹で揉むようにする。
  • マッサージする部分を少しずつ有働させて、頭頂部までマッサージする。
  • 髪の生え際に指を当て、押しながら頭頂部まで移動する。
  • 親指を第一関節で曲げ、関節を頭皮に押し当てながら、頭頂部から側頭部、後頭部まで撫で下ろすようにする。
  • 耳の後ろから、頭蓋骨の湾曲部をなぞるように撫で上げる。
  • 人差し指と中指で、おでこの真ん中から、髪の生え際にそって耳→顎へとリンパを押し流すように撫で下ろす。

以上のどれか1つでもいいので、時間がある時にやってみましょう。入浴時、シャンプーをする前や、湯舟につかってリラックスしながら頭皮マッサージを行うのもいいと思います。

頭皮マッサージには、特にこれという決まりはありません。が、頭髪で隠れた部分は、美容や健康に効果があるツボが沢山ある部分でもありますので、自分で押してみて、痛い・気持ちいいと感じる部分を積極的に刺激してみてください。

シャンプー時に行う方は、入浴前、入念なブラッシングを行うと、より一層効果が期待できます。毛穴や毛髪の間の汚れを表面に浮かせて、髪の毛を綺麗にし、頭皮をしっかり洗浄することが出来ますので、一度お試しください。

しわ取り頭皮マッサージの注意点

頭皮マッサージと言っても、こちらではおでこのしわケアを目的としています。次のことに注意して実践しましょう。

強くこすらない

マッサージは指の腹を使って行いましょう。爪が頭皮にひっかかるとダメージを受けたり、頭髪同士もこすれて傷んでしまう原因になります。

力を入れ過ぎない

「痛い」と「気持ちいい」の境界くらいが、力を入れてよい上限です。力の入れ過ぎには気をつけましょう。

長時間やりすぎない

マッサージの「適度な時間」は5分程度です。
やり過ぎると巡りがよくなり過ぎて、気分が悪くなることがあるので禁物です。

以上の点に気をつければ、頭皮マッサージは、おでこのしわ取りに効果を発揮するおすすめ方法です。日頃のストレスを解消してリフレッシュすることも期待出来ます。

しわが気になり出したら日々の生活改善を

食事面

おでこにしわが出来てしまったら、まず日常生活を見直してみましょう。原因は、普段の生活習慣にあるかもしれません。食事はきちんと3食バランスのよいものを食べていますか?

偏った食事は、肌の新陳代謝が進まないばかりか、活性酸素によって身体全体の老化が促進され、しわが作られることになります。ビタミンやたんぱく質、若返りにいいとされるポリフェノールなどを、日頃の食事からしっかり摂りましょう。

人体が作ることの出来ないオメガ3脂肪酸は、今注目のアンチエイジング物質です。鯖やイワシなどの青背の魚や、オリーブオイル・ココナツオイルなどの純度の高い良質な油から摂取できますので、こちらも日々の食事に上手に取り入れることをおすすめします。

睡眠

しわ取りのためには、睡眠も重要です。質の良い睡眠をきちんととることは、1日の疲労を回復させるのに非常に大切なことなのです。疲労やストレスによって受けたダメージは、睡眠中に修復されます。修復機能が正常に働くと、しみやしわが出来てしまった肌も、再びハリを取り戻します。老化とは、小さなダメージが積み重なることで進んでいきます。つまり、アンチエイジングケアも、毎日ささいなことをおろそかにしないことで維持できるのです。

就寝前はリラックスして、質のよい睡眠を得られるよう、工夫してみて下さい。ぐっすり熟睡出来れば、翌日には疲れも取れ、お肌も潤いを取り戻していくはずです。

喫煙・飲酒

喫煙・飲酒の習慣も、肌の老化を促進し、しわを作る要因となります。しわで頭を悩ませているなら、これらの習慣を見直しましょう。

ストレスを発散させてくれるイメージがありますが、どちらも実は身体にとってストレスとなっています。ニコチン・アルコール両方とも、酸化によって正常な細胞を傷つけ、速やかな新陳代謝を阻害します。アンチエイジングを考えるなら、やめた方がよい習慣と言えます。

しわのない肌を保つためにも、将来健康な身体でいるためにも、こうした習慣は見直すことをおすすめします。血管の中からキレイにして、若々しい身体を保ちましょう。

まとめ

日常的に頭皮マッサージを行うことで、おでこのしわはもちろん、様々なアンチエイジング効果が出来きます。今日から始められる手軽な方法ですので、ぜひ毎日のケアに取り入れてみて下さいね。

ライタープロフィール
川本 あきこ

放送作家・美容ライター。ロンドンの美容専門学校にてスキンケアアドバイザー、メイクの資格を取得。雑誌、書籍の編集、執筆の傍ら美容専門家としてライター、講師を務める。