30代のお肌はとてもデリケートで、様々な肌トラブルに見舞われやすいのが特徴です。若い頃のダーメージや様々な要因が重なり起こっていることが多いので、日頃のスキンケアを見直してしっかりとケアしていくことが大切です。くすみケアに効果的なセラミドケアについても触れていますので、是非参考にしてみて下さい。

30代のお肌のくすみの原因は?

30代に入ると、お肌がデリケートになったり老化による変化が起きてきますよね。日頃のスキンケアでお肌の汚れをしっかりと取りきれていないと、くすみの原因になることも考えられます。
体の新陳代謝も落ちてお肌のターンオーバーが乱れてくると、お肌に蓄積したメラニン色素やその他のくすみの元がお肌の表面に残ってしまい、くすみになります。ターンオーバーが乱れてお肌の表面に未成熟な角質が積み重なることも原因の一つになり得ます。

老化の影響は20代からも始まっていますが、30代になると表面に出てくる速度が速くなります。くすみやシミなどの変化の出やすく、早い段階で対処しておかないとどんどんお肌に沈着してしまいます。未熟なままの角質がお肌に積み重なると、水分量が不足したまま角質化してしまうので、当然お肌の表面も乾燥してしまいます。くすみとはお肌の透明感と潤いを失っている状態なので、くすみがあると感じたらすぐにでもスキンケアや生活習慣を見直す必要があります。

<落としきれていない化粧品などの汚れ>
お肌の表面に化粧品などの鉱物や油分が残っていると、お肌に蓄積しくすみの原因になってしまいます。古い化粧品を使い続けていると起こりやすいので、一つの化粧品をダラダラと何ヶ月もかけて使用するようなことがないようにしておきましょう。

なるべく油分を沢山含んでいる化粧日は避け、天然成分から作られているお肌に負担をかけづらい化粧品を使用するようにすると、くすみを防ぐことができます。毛穴に汚れが溜まった状態にしておくと、そのまま角柱として定着し酸化して黒ずんでしまいます。黒ずみが肌から透けてくすんで見えてしまうこともあります。正しいクレンジングや洗顔などを徹底的に行い、お肌に汚れを溜め込まないようにしておきましょう。ただしクレンジングや洗顔の方法は、記事の後半で解説していきますので、参考にしてみて下さい。

<メラニンの蓄積>
紫外線を長時間浴びていると、お肌は刺激を受けてメラニン色素を過剰に分泌してしまいます。
本来ならば分泌されたメラニン色素はターンオーバーによって体の外に排出されるものなのですが、紫外線の刺激によってお肌の細胞が壊されていると、ターンオーバーが正常に行われずにうまくメラニン色素が排除しきれずお肌の表面にメラニン色素が残留してしまいます。
顔全体に薄く広がるとくすみになり、それよりも色素が濃く出てくるとシミになってしまいます。
紫外線によるくすみの場合、くすんでいる時点で対処しておかないと、シミとしてお肌に色素が沈着してしまうので、一つの注意ポイントとしておくようにしましょう。

<乾燥によるくすみ>
お肌が乾燥していると、潤い成分をお肌の中に留めておくことができなくなってしまいお肌のハリや弾力を減少させてしまいます。

<血行不良によるもの>
お肌の血行が悪くなると、お肌に必要な栄養素が十分に行き渡らなくなったり、ターンオーバーが乱れて角質に水分が止めておけなくなったり、角質が硬く取れづらくなったりすることがあります。血色が悪いだけでもくすんで見えてしまうので、悪循環が起こる前に予防してくすみがさらに悪化しないようにしておきましょう。

冷え性・運動不足の方・冷たい飲み物や食べ物をよく摂る方に多く見られるので、生活習慣や食生活を見直していく必要もあります。

できるだけ体を冷さないような工夫を常に心がけるようにしましょう。

<糖化によるくすみ>
糖分や炭水化物を多く摂りすぎると、体の中で結びついて糖化という現象を起こしてしまいます。
糖化が起きるるとお肌が徐々に黄ばんだようにくすんでしまい、顔にも出てきます。

一度起こると自力では改善できないことが多いので、日頃から食生活を改善して体が糖化していかないようにしておきましょう。

体の糖化を予防すためには脂質や糖分の含まれている商品を過剰に摂取しないよに意識して食事を摂るようにすると効果的です。油分の取りすぎは、皮脂の分泌も過剰にしてしまうので美味しいからといって食べ過ぎないようにして下さいね。

改めて見直してほしい、正しいスキンケアの行い方

クレンジングや洗顔の方法は、正しく行わないと汚れを取り残したりお肌を傷つけてしまう恐れがあります。折角お肌のために行う行程ですから、丁寧に優しく行うように心がけてみて下さい。ここでは特にクレンジングと洗顔を行う際のコツなどを合わせて紹介してきます。

クレンジング

クレンジングを行う際には、次のことに注意しながらスキンケアをするようにして下さい。少しの工夫でお肌の質感も良くなり、汚れの洗い残しもなくすことができます。

<擦らないように汚れを浮かす>

お肌に摩擦が加わると、角質が硬くなりターンオーバーでうまく角質が取り除けなくなります。
お肌にできるだけ摩擦や刺激などを与えないように対策を講じる必要があります。
汚れを取り除きたいがために、毛穴を押したり擦ったりするのはお肌に負担をかけることになってしまいます。優しく馴染ませて洗い落とすだけでも綺麗に汚れを落とすことができえるので、
必要以上に強い力でマッサージのように力を入れて擦るのは避けましょう。

また、力を入れて擦ると浮かせた汚れを毛穴に詰まらせてしまう原因になります。

<乳化のサインを見逃さないこと!>
毛穴の中の油分とお湯やクレンジング剤が馴染んで汚れが浮き上がってくると、乳化といって白く濁った状態に変化します。このような状態になれば、汚れが落ちやすくなっているサインです。
使用するクレンジング剤によって時間は異なりますので、製品それぞれに記載されている説明書きを参考にするようにして下さい。

<クレンジング剤はお肌に合ったものを選ぶ>
クレンジング剤はお肌に合ったものを使用すると、より効果的に汚れを落とすことができます。
成分やテクスチャーによっても異なりますが、お肌の状態やお化粧の濃さに合わせて使い分けるようにしましょう。

・ミルクタイプ
オイルほどの洗浄力ではないですが、お肌に優しく馴染み油分も少ないため、お肌に負担をかけづらいのが特徴です。乾燥が気になる時や、濃いメイクをしていない時に向いています。

・オイルタイプ
洗浄力はどのタイプよりも一番強く、油分の多く含まれている化粧品を落とす際に最適です。
落とす力があるので、擦り過ぎないように扱うように気をつけましょう。
まつげエクステを落とす時には、同じオイルタイプでもグルーを落としてしまわないような、専用のクレンジング剤を使用するようにしましょう。

・クリームタイプ
洗浄力が高く、汚れを浮かすのと同時にお肌表面を保湿する効果もあるので、油分の取りすぎにによるカサつきを防いでくれます。クリームのクッション効果でお肌に摩擦を与えないようにしてくれるので、負担を軽減することもできます。

・ローションタイプ
拭き取りタイプとして使用されるクレンジング剤で、手軽に行えることから時短効果を期待できます。コットンなどでお肌を擦ることになるので、お肌への摩擦による負担がかかることもあります。
コットンなしでは、お肌に汚れを取り残してしまうので、コットンを使用しない方がお肌に向いているという方は、拭き取りタイプ以外の方法を選択するようにしましょう。

洗顔

洗顔は汚れを落とすために必要な行程ですが、正しく行わないとお肌に負担をかけてしまうことがあります。ポイントを押さえた正しい方法で洗顔するようにすると、お肌を傷つけずにしっかりと汚れを洗い流すことができます。

<たっぷりの泡で洗う>

たっぷりの泡を作りお肌に滑らすように馴染ませてくことで、クッションのような効果を得ることができます。モコモコした泡を作ってから、慌てずに丁寧にお肌にのせていくようにしましょう。

<油分の気になるところからのせる>

油分の気になるところにのせた後、皮膚の薄いデリケートな部分にのせていきます。そうすることで、洗いすぎを防ぐことができ、必要以上にお肌の角質を取り除かないようにすることができます。

<ぬるま湯で洗い流すこと>

洗顔に使用する時にはぬるま湯を使用するようにしましょう。お肌が熱いと感じるような温度では、お肌表面の毛穴を乾燥させて必要以上に栄養成分も取り除いてしまうことがあります。
お肌にある油分は、本来お肌を守るために必要なものですので、過剰な油分以外は必要以上に取りすぎない方が、洗った後もっちりとした質感に洗い上げることができます。

洗顔料を流す時も、予洗いする時も、優しくぬるま湯で濡らすように心がけ、洗い流す際には洗い残しがないように、20回は繰り返し洗い流すようにして下さい。

30代になったら取り入れて!とっておきのくすみケア

30代になってくすみをケアしようとする時、20代と同じようにケアしていてもなかなか改善しないことがありますよね。そんな時にはこれから紹介するとっておきの方法を取り入れてスキンケアを行ってみて下さい。

美肌効果が期待できるツボ押し

お肌を綺麗にしたい時やくすみケアをしたい時、年とともに外側からの対策だけでは効果が実感しづらくなる傾向があります。外側からのスキンケアと合わせて、内側からの美肌効果も促すと、効果的に美肌にしていくことができます。
ここでは、一度覚えれば隙間時間に行うことができる簡単なツボ押しを紹介していきますので、是非日頃のスキンケアに取り入れてみて下さい。

<お肌を美しくする効果的なツボ>
・コリョウ・・・黒目の下と小鼻を結んだ位置にあるツボで、気の流れを良くするツボと言われています。血流も良くなることから顔の血色が悪い時に積極的に触っておくようにしましょう。

・カゲン・・・耳たぶの前にあるツボで、お肌をしっとりとさせる効果があると言われています。

・チョウキュウ・・・耳の前にあるつぼで押すとくぼんでいるのがわかりやすいのが特徴です。押すと血の巡りをよくするツボと言われており、血行促進に効果的です。

・チソウ・・・口角の横にあるツボで、押すと血流や気の巡りをよくすると言われています。
口の周りはお化粧以外で触れる機会が少ないので意識して押していくようにすると、お肌をしっとりと潤いのある状態にしてくれます。

ハンドプレスを行う

お肌にそっと手を当てて、お肌につけた美容成分を浸透させる方法です。時間に追われていると、ゆっくりとお肌に触れる時間が確保できないことが多いですが、意識してお肌に優しく触れるようにしておくと、もっちりとしたお肌にしていくことができます。

ハンドプレスは手の温度を利用して美容成分を浸透しやすくする方法なので、お風呂に入ったとなどの体が温まっている時に行うとより効果的です。

まとめ

30代のお肌のくすみには、それ相応の対策が必要になります。20代の時にしてきたスキンケアと合わせて年相応のスキンケアを合わせて行うようにしましょう。日頃からできるスキンケアの仕方を紹介してありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

お肌は少しの変化でも効果的に働けば、しっかりとお手入れの効果を実感することができます。
諦めずに継続してお肌のお手入れをしてくようにしてみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。