首や頬、よーく見るとまぶたにもあるシミ。盛り上がってイボかも?見つけたとたん急に年齢を感じさせるその正体、もしかしたらシミの一種、脂漏性角化症かもしれません。

30代から皮膚にあらわれることがあり、遺伝の影響を受けやすいと言われています。つい見た目が気になって自力でケアする人がいますが、皮膚を傷つけてトラブルを起こしかねないため、まずは皮膚医やドラッグストアにて薬剤師さんに相談してみましょう。

その前に、基本情報をしっかり理解しておくと、いざという時に役立ちます。

盛り上がったシミの正体

年齢を重ねるとそれまでなかった肌の悩みは多くなりますよね。シワやたるみだけでなく、年齢とともに増えてくるのがシミです。
若い頃に日焼けをしてしまったという人も多いのではないでしょうか。しかし、日焼けによるシミとは少し違うタイプのシミが出始めるのも30代頃からです。

このころから出始めるシミに皮膚よりも少し盛り上がっていたり、範囲が広いものがあります。このタイプのシミは「年寄りイボ」などとも呼ばれる老化現象のひとつです。

正式病名は「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」というもので、稀に20代~30代でも発症することもあります。
この通常のシミと間違いやすい「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」の特徴と治し方をご紹介しましょう。

脂漏性角化症とは

シミの一種

「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」はシミの一種で良性の腫瘍です。老化現象のひとつなので繰り返すことが多いのも特徴です。
通常のシミができる原因は紫外線です。紫外線を浴びると肌内部の真皮層に紫外線が到達しないように、肌表面にメラニン色素が作られ紫外線から肌を守ろうとします。

このメラニン色素は肌の生まれ変わりであるターンオーバーによって自然に肌表面から剥がれ落ち、肌にメラニン色素が残らないようになっています。
しかし、年齢を重ねた肌はこのターンオーバーが速やかに行われなくなったり、滞ってしまいます。

そのため、肌表面にいつまでもメラニン色素が残った状態が続き、これがシミとなって現れます。この状態は通常のシミで「老人性色素班」と呼ばれています。

この通常のシミである「老人性色素班」が更に時間を重ね、盛り上がってきたり、層が厚くなった状態が「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」です。

別名「年寄イボ」

「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」は別名「年寄イボ」とも呼ばれ、80代以上でにはほぼ全員にみらると言われています。

脂漏性角化症(老人性疣贅、老人性いぼ)は早ければ30歳代から、主には40歳以降に出現し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。80歳以上ではほぼ全員にあり、皮膚の老化現象のひとつとされています。

引用元:https://www.yamate-clinic.com/simi5.html

特徴

●出来やすい部位
「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」ができやすい部位を見ていきましょう。

  • 顔面全体
  • 頭部、髪の映えている部分にも
  • デコルテから胸元にかけて
  • 肩から背中、腕
  • ワキの下
  • 胴体部分、腹部、わき腹
  • 股や陰部
  • 脚、太ももやふくらはぎ

このできやすい部分を見ても分かるように、身体全体のどこにでもできるということが言えます。しかし、手のひらと足裏にはできないという特徴もあります。

●形・大きさ
「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」の形の特徴としては初期は平べったく範囲も小さめで通常のシミのような形と、最初から大きさは小さいが突起していてイボのような形のものもあります。

時間の経過とともに厚みが増し、平たくても数ミリ~2ミリ程度の膨らみが見られます。
大きさは小さなイボ状のものは一つが数ミリ、範囲が広がるタイプはひとつが直径2~3センチにまでなるものもあります。

●年齢
「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」は年寄イボとも呼ばれているように老化が原因で発症します。
通常では30代後半から40代頃から出始めます。しかし、近年、20代でも「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」を発症する人が増え、稀ですが10代で発症するケースもあるそうです。

それでも60代の発症率は80%、80代では100%と言われていますので老化が大きな原因であるといえます。

原因

●老化
「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」の原因は老化です。肌は紫外線を浴びると肌内部の真皮層にまで到達しないようにメラニン色素を生成し、肌表面でブロックし防御します。このメラニン色素がシミのもとです。

若い頃にはこの紫外線を防御するために生成されたメラニン色素は、通常28日周期の肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーによって剥がれ落ち肌表面からなくなります。

この28日周期のターンオーバーが正常に行われていればメラニン色素が肌に残りシミになることはありません。
しかし、老化により肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、メラニン色素が肌に残ってしまいシミになります。
このシミの上にさらに、紫外線を浴びることで新たなメラニン色素が作られ重ねられていきます。

これを繰り替えしていくことでメラニン色素はさらに剥がれ落ちにくくなり、いつしか盛り上がった「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」になってしまうのです。

●遺伝
「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」は老化が原因であるはずなのに、最近では20代で発症する人が増えていたり、10代で発症してしまう人もいるようです。
これは老化ではなく「遺伝」という原因が考えられます。両親や祖父母などで「脂漏性角化症」が見られる場合や、若くても兄弟で発症している人がいるようであれば発症する可能性が考えられます。

改善について

●早めにケア
「脂漏性角化症」ができてしまった人も、今はないけどこれから先できたらどうしようと思っている人は老化が進む前に早めのケアが大切です。

積極的に取り入れたいケア

  • 紫外線対策
  • 老化防止のスキンケア
  • 生活習慣の改善

紫外線対策はこれ以上シミや「脂漏性角化症」を増やさないためには必要不可欠です。もうできてしまったからと諦めずにこれから増やさないことも「脂漏性角化症」を悪化させないことに繋がります。

年齢とともにターンオーバーが滞ったり、乾燥が進むのは仕方のないことですがスキンケアで少しでも老化を遅らせることが大切です。
エイジングケアのできるスキンケア商品を上手に取り入れることで改善が期待できます。

生活習慣の中にも老化を早めるものがあります。「喫煙」「アルコール」「ストレス」「偏った食事」などです。

規則正しい生活、食生活を送っていても老化で肌は衰えていきます。その上「喫煙」のような肌に直接的に悪影響を及ぼすものを摂取するのは老化を促進するだけです。

できるだけ老化を促進するものは避けるように生活習慣を見直すことも大切です。

●見た目のこと
「脂漏性角化症」は良性の腫瘍で病気ではないのでそのままでも良いと言われています。しかし、一番の悩みが見た目です。

顔に通常のシミがあるだけでも悩みなのに、大きかったり、盛り上がっていたり、年々、数が増えていくことなど見た目の印象まで変わってしまいますよね。

「脂漏性角化症」はその数が増えてしまうと一気に年老いた印象になります。実際、60代以上の人に多い症状ですから当然と言えます。
できてしまったし、年齢が原因ならこれからもできてしまうのだろうと、あきらめてしまう人もいるかと思いますが、できてしまったものを医療機関で除去することもできます。

毎日のスキンケアで予防になることもありますので、早めのケアが大切です。

治療方法


「脂漏性角化症」の治療方法には皮膚科を受診するのが良いでしょう。自己判断せずに「脂漏性角化症」であるか診断してもらうことで適切な治療や対策が分かります。

皮膚科で受診

●塗り薬
「脂漏性角化症」の治療はレーザーや液体窒素を使用して幹部を除去する方法が一般的で、レーザ治療後の色素沈着を予防する目的でメラニンの合成を抑制する「ハイドロキシン軟膏」が処方されることはあります。

しかし、何もしていない「脂漏性角化症」の患部に塗り薬を処方することはありません。

●飲み薬
「脂漏性角化症」は塗り薬と同様に皮膚科では飲み薬も直接的な治療には用いられていません。レーザ治療後の色素沈着を予防する目的でメラニンの合成を抑制する目的の「ビタミンC」「ビタミンE」などの内服薬が処方されることはあります。

施術

皮膚科を受診し「脂漏性角化症」と診断され、治療する場合に最も多く用いられるのが「液体窒素」と「炭酸ガスレーザー」です。

液体窒素の凍結療法
液体窒素の凍結療法は患部を凍結させて剥がす治療法です。マイナス196℃の液体窒素を綿棒などに滲み込ませ患部に塗ります。
低温やけどを起こすことで皮膚表面の患部組織を壊死させ、下から新たな正常な皮膚が生成され表面の壊死した皮膚を剥がす治療法です。

  • メリット
    保険適用 治療時間が短い 何度でも治療できる 
  • デメリット
    治療中、治療後に痛みを伴う 水ぶくれになることがある 色素沈着することがある

炭酸ガスレーザーによる切除療法
炭酸ガスレーザーは以前は美容皮膚科に多く、一般的な皮膚科ではあまり見られませんでしたが、最近では美容目的だけでなくきれいに患部を切除できることから使用している皮膚科も増えていきました。
炭酸ガスレーザーはCO2レーザーのことで、水分に反応する特性があります。肌に照射した瞬間に肌内部の水分に反応し熱エネルギーに変わります。

この熱エネルギーが患部を蒸発、蒸散して切除します。1回の照射できれいに切除することができます。

  • メリット
    局所麻酔を使用するので痛みがない 広さ深さの調整が可能 治療回数が少ない 周辺組織へのダメージがない
  • デメリット
    保険適用外 患部の大きさに限界がある 数が多い場合は数回に分ける 
  • その他の治療
    ・光治療 フォトフェイシャルのうように強い光を「脂漏性角化症」にあて、黒い色素沈着している部分を破壊します。0.5ミリ以上の膨らみがあるものには効果がありません。

    ・Qスイッチ・レーザー 色素のある患部を除去する治療法で「脂漏性角化症」では膨らみが少ないタイプに適しています。

    ●費用

    • 液体窒素療法 400円~500円 初診料は別
    • 炭酸ガスレーザー治療 5ミリ5,000円~
    • 光治療 1回10,000円~
    • Qスイッチ・レーザー治療 5ミリ5,000円~

    ●治療後のダウンタイム

    • 液体窒素療法 ダウンタイムはほぼなし(色素沈着する場合がある)
    • 炭酸ガスレーザー治療 施術当日から3日程度
    • 光治療 ダウンタイムはほぼなし
    • Qスイッチ・レーザー治療 7日~10日ほどかさぶたが残る

    市販されているもの

    「脂漏性角化症」は加齢が原因ということもあり市販されているもので改善に務めている人も多くいます。「脂漏性角化症」にはどのようなものが効果が期待できるのでしょうか?

    人気のある成分
    ・ヨクイニン
    ・杏仁
    などが「脂漏性角化症」で悩んでいる人達に人気の商品に含まれている成分です。

    ヨクイニンはハトムギの種子の皮を取り除き、中のタネからできた生薬のことです。昔からハトムギが肌に良いと言われ、そのハトムギの種子から作った生薬で錠剤やスキンケア商品などに配合されています。
    身近なところではハトムギ茶として取り入れている人も多いようです。ペットボトルで販売されている十数種類のお茶からできている商品にもハトムギが入っていますよね。

    杏仁はあの「杏仁豆腐」の杏仁です。「杏仁豆腐」は「アンニン」と読みますが、「杏仁」だけのときには「キョウニン」と読みます。「杏仁」も漢方で用いられる杏子(あんず)の種の中身のことで、水で蒸留した杏仁水などは鎮静作用があると言われています。

    「脂漏性角化症」にはこれらの成分が配合された化粧水やクリームなどが人気となっているようです。身体の中から改善、予防したい人にはお茶なども人気です。

    注意すべきこと

    我流でケアしない

    「脂漏性角化症」で注意するべきことに我流でケアしないことが挙げられます。歳をとってきたら誰でもできるものだからと決めつけるのは良いことではありません。

    一度は皮膚科を受診してきちんとした診察を受け、本当に「脂漏性角化症」であるか診てもらうのが良いでしょう。皮膚の色素沈着には悪性のものもあります。自己判断で大きくなったり広がってしまう前にきちんと診断してもらいましょう。

    正しい診断後に自分なりにできるケアや予防などを行い、少しでもできないようにすることが賢明です。しかし、数年して形や大きさに変化がみられるときには、その都度、早めの受診を心がけるようにしましょう。

    自力で取ってはいけない

    これは「脂漏性角化症」に限ったことではありませんが、皮膚にできたできものを自分で剥がしたり、切除したりしては絶対にいけません。
    取り除いた際に細菌に感染したり、周辺の皮膚まで傷つけてしまうこともあります。もしも、幹部が悪性だった場合にはさらに、悪化させてしまう場合もあります。

    老化現象で病気ではないからと言って「脂漏性角化症」の患部を自分で取り除くのは絶対に止めましょう。

    まとめ

    年齢とともに肌の悩みは多くなりますよね。それまで比較的、色白でシミも少ない方だと思っていた人でも、40代を過ぎるとシミの現れるスピードがグッと早まる感じがします。

    「脂漏性角化症」は病気ではなく加齢が原因の症状ですが、メイクで隠すのが困難になるほど目立つこともあります。

    大きく、濃くならないうちに、また数が増えすぎて除去に時間がかからないうちに、早めにケアするのが悪化させないポイントかも知れませんね。

    ライタープロフィール
    LIBRE編集部

    LIBRE編集部公式アカウント