髪の毛はしっかりとケアしてあげないと、徐々に乾燥してダメージしてしまいます。お肌と同じように保湿ケアや潤いを失わないようなケアをしてあげると、しっとりとした綺麗な状態にすることができます。パサついた髪の毛は不健康に見えたり、おしゃれに気を遣っていないように見えてしまうこともあるので、正しい手順でヘアケアをしておくようにしましょう。

シャンプーをする前にまずブラッシングを!

シャンプーをする前にしっかりとブラシングをしておくと、頭皮の血流を良くし髪の毛の汚れも落ちやすくなります。また、髪の毛を洗う時に髪の毛が絡まるのを防ぐことができるので、摩擦などの髪の毛のダメージにつながる要因を防ぐことができます。ブラッシングを行うことで髪に毛にかかる負担を軽減できるので、面倒臭がらずに是非ヘアケアに取り入れてみて下さい。

ブラッシングは頭皮だけでなく髪の毛を梳かす目的にも使用できます。ブラッシングをする際には、毛先から順に中間・頭皮と行うようにすると髪の毛を絡ませることなくブラッシングをすることができます。

髪の毛が乾燥している時には、事前にトリートメントやオイルなどをつけて髪の毛を保護するようにすると、摩擦による負担を軽減することができます。使用するブラシは、動物の天然毛でできたものを使用すると、適度に油分を含んでいるので髪の毛をしっとりと保湿しながらブラッシングすることができます。

頭皮をほぐし汚れを落とすシャンプー

シャンプーは、髪の毛の汚れを取り除くためだけなく頭皮の汚れを取り、血行をよくする効果もあります。髪の毛自体についた汚れをほとんどがホコリやスタイリング剤などで、お湯で洗い流すだけで大半は落とすことができると言われています。シャンプーをする際には、頭皮をよく揉みほぐして頭皮に詰まった皮脂などの汚れをマッサージしながら取り除くように意識して洗うようにすると、頭皮も髪の毛も清潔な状態に保つことができます。

頭皮をマッサージする時には次のような行程で行うとより効果的です。

<頭皮をほぐし毛穴綺麗にするシャンプーのやり方>

① 髪の毛と頭皮をぬるま湯でよく洗い流します。
髪の毛は密集して生えているので、手を入れてしっかりとお湯を当てていかないと頭皮に届かないことがあります。頭皮を触るようにして髪の毛をめくりながら優しくたっぷりのお湯で洗い流すようにしましょう。

② シャンプーをよく泡立てます。
洗顔と同じように、原液そのもので頭皮を洗うのは良くありません。洗浄力はそのままに、頭皮を優しく洗い上げるためにも、モコモコの泡で優しく頭皮を洗うようにします。
そのためには、適度に弾力泡が必要です。お湯と空気とシャンプーを均等に混ぜ合わせるようにして泡を作ります。

③ 頭皮に泡を馴染ませてシャンプーします。
シャンプーは頭皮メインにつけていきます。髪の毛には、自然に流れていって放っておいてもつくので、頭皮を洗ったときに足りない分は改めてつけるようにしましょう。

④ 頭皮をマッサージしていきます。
頭皮は疲れたり緊張していると凝り固まってしまうので、1日の終わりにしっかりとほぐしてあげるようにします。頭皮をしっかりと掴んだら、指を密着させたまま後ろ向きに円を描くように動かします。頭皮の動きをしっかりと確認して、頭皮が柔らかくなったのを実感できたら少しずつ後ろに下げていきます。頭皮が温まってきたら正しくできている証拠です。

⑤ しっかりとぬるま湯で洗い流します。
髪の毛は密なので、しっかりと洗い流したつもりでも根元に洗い残しがあることが多いです。シャンプーの倍の時間をかけて洗うくらいも心持ちでしっかりと洗い流すようにしましょう。シャンプーがしっかりと洗い流せていないと、トリートメントの効果が実感しずらくなることもあるので注意が必要です。

髪の毛に潤いを与えるトリートメント

シャンプーをした後に行うトリートメントは、失われた髪の毛のうるおい成分を補給する絶好の機会です。このタイミングにしっかりと保湿ケアをしておけば、髪の毛を綺麗に収まりの良い状態に仕上げることができます。

洗い流してしまう前提なので、つけ過ぎてのあまり問題はありませんが、頭皮ケア用を兼ねているもの以外は炎症を引き起こす原因になりますので、直接頭皮につけないようにしましょう。

乾燥が特に気になる時には、すぐに洗い流してしまうのではなく、髪の毛にトリートメントをつけた後に蒸しタオルを乗せて入浴すると保湿効果が高まりよりトリートメント成分が浸透しやすくなるのでおすすめです。

洗い流さないトリートメントで保湿を

髪の毛を乾かす前に洗い流さないトリートメントを使用して、しっかりと保湿をするようにしましょう。洗い流さないトリートメントの利点は、ドライヤーの熱を利用してトリートメント成分を髪の毛の内部に浸透させることができる点です。それ以外にも、髪の毛の表面をコーテングしドラーヤーの熱から保護してくれる効果もあります。

ただ乾かすと髪の毛の内部の油分や水分が飛んでしまうので、このようなアイテムを活用して髪の毛を乾燥から守る工夫をしましょう。

ドライヤーで丁寧に乾かす

ドライヤーで乾かす際には髪の毛ができるだけバサバサしないように柔らかい風で乾かすように行いましょう。ドライヤーの熱は髪の毛を傷めてしまうことが多いのですが、乾かす風の当て方でもその痛み具合は変わってきます。髪の毛をできるだけ傷めないようにしたいのであれば、優しく触れ優しい風で乾かすように心がけましょう。

ブローで髪の毛をツヤツヤに!

髪の毛をある程度乾かしたり、より綺麗に乾かすためにブローをしていきます、これは必ず必要な行程ではなく、お出かけ前などの綺麗に整えたい時に活用すると髪の毛をより綺麗に見せたり、スタイリングをしやすくすることができるので、時間に余裕があれば取り入れてみるようにしてみて下さい。

<髪の毛綺麗にするブローのやり方>

① 髪の毛は綺麗にブロッキングし、ブローしたいところを明確にしておきます。

ブロッキングとは髪の毛を何等分かにして取り分けておくことで、これをすることで仕上がりもより綺麗になります。ですが、自分では手が届かなかったり難しいと感じる時には、後ろから半分に分けて二等分から試してみるようにしましょう。

② ブラシを髪の毛に食い込ませて程よくテンションをかけてブローしていきます。

ブローは髪の毛を引き延ばして綺麗にしていく方法なので、基本的にストレートヘアに向いています。ですが、上達してくとくるくるアイロンを使用したようなカール感を出すことも可能です。

根元からブラシを入れたら、ブラシと毛の間に風を当て徐々にブラシをずらしながらブローしていきます。
程よいテンションがかかっていると、自然に引っ張られて綺麗に髪の毛を伸ばすことができます。

③ 毛先をまとめて梳かしながら風を当てます。

ブローをしていくうちに、毛先はバラバラな方向を向いてパサパサになりがちです。このような時には、毛先は集めて毛先を中心に風を当ててまとまるようにブローしましょう。

ブローは正しく行えば、手が熱くなったりすることはありません。手に熱が当たるということは、髪の毛に風がしっかりと当たっていないという証拠です。

最初のうちは鏡を見ながら位置を確認してみるようにすると、慣れとともに上手くできるようになります。慣れるまで時間がかかる方も多いかと思いますが、やらなければ上達しませんので、練習だと思って日頃から取り組むようにしてみて下さい。

寝癖の上手な治し方

寝癖ができてしまうと、朝のスタイリングで手間や時間をかけることになってしまいますよね。
髪の毛の長さにもよりますが、寝癖は根元から治す方が一番手っ取り早く治すことができます。
根元が潰れた状態だと髪の毛は綺麗なアーチを描いて自然な立ち上がりをすることができなくなってしまいますので、根元の潰れをいち早く改善するようにしましょう。

自分で直す時には、スプレーなどの容器に水を入れて根元から髪の毛を濡らすようにしましょう。ショートの場合は全部濡らしてしまった方が早いですが、髪の毛がある程度長いとそうゆうわけにはいかないですよね。
髪の毛全体を濡らしたくない時には、部分的に濡らして寝癖を直すようにしましょう。寝癖直しように売られているスタイリング剤などで髪の毛を濡らす際には、頭皮につけると刺激を感じてしまうこともありますから、裏面などに記載されている注意事項をよく読んでから使用するようにして下さい。

スタイリング剤の正しい付け方

スタイリング剤は、髪の毛につける時に注意して行わないと、頭皮に直接着いてしまったりベタついてしまう原因になってしまいます。髪の毛の形を作るものとして作られたものですから、頭皮につけて頭皮が炎症を起こしたりしないように注意してつけるようにしましょう。

スタイリング剤は、少しずつ手に取り調整しながら髪の毛につけていきます。ショートの場合には髪の毛全体に3回くらいに分けて少し多目くらいにつけるとその後のスタイリングがしやすくなります。コームなどを使用して梳かしてもいいですし、ボリュームをつけたければスタイリング剤の油分で髪の毛がしっとりし過ぎないように少なめにつけるように工夫してみて下さい。

ミディアムからロングまでの長さは、主に動きがあるのは毛先です。根元近くは、短く跳ねてしまう毛を抑えるくらいにしておいて、中間から毛先をメインにスタイリング剤をつけるようにします。手に取ったスタイリング剤を数回に分けて手櫛で馴染ませていくと上手につけることができます。
つけ過ぎはスタイリングの崩れに繋がりますので、コテの巻が取れない程度に自分の髪の毛の長さにあった量をつけるようにして下さい。

まとめ

髪の毛をしっかりとケアしておくと、それだけで美容に手をかけているように見えますし、体のその他の部分も引き立てて見せてくれます。美しい髪の毛をキープできるように日頃から正しい手順でヘアケアを行っておくようにしましょう。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。