顔のシミは日を追って濃くなるだけでなく、高さや面積が広がるというデータがあります。
主な原因は日焼けによるものですが、紫外線だけでなく近年話題になっているブルーライトに
注意することが、シミ対策につながります。シミはまだまだ悪者扱いされますが、防御反応による副産物的なものなので、そのメカニズムの理解と役割を理解しておくと予防に役立ちます。いつ肌にあらわれたのか、どんな変化をしているのかを観察し、消すためにはどうしたらいいのかを考えることが重要です。今回の記事を参考にケアを心がけて下さいね。

日焼けしたらシミは出来るもの?

日焼けをするとシミができる、というのをよく聞きますがどうしてシミとなるのでしょうか?シミになるメカニズムを見ていきましょう。

なぜシミが出来る?

●防御について
皮膚の細胞には新陳代謝で入れ替わりが可能な細胞と細胞分裂の根幹であり入れ替わりの利かない細胞があります。入れ替わりの利く細胞なら少し紫外線ダメージを負っても大丈夫ですが、入れ替わりの利かない細胞が日光に含まれる紫外線を受けて傷つくと細胞の機能や分裂がおかしくなってしまうなど非常に大きなダメージとなってしまいます。場合によっては細胞内のDNAが破壊され皮膚がんになってしまうことも。
ですので紫外線が入れ替わりの利かない細胞に届かないようにする為に皮膚自身が紫外線防御の仕組みを持っています。皮膚自身の紫外線防御には

・皮膚表面にある角層が紫外線を反射する
・角層で反射しきれなかった紫外線をメラニンという色素が表皮中で吸収する

という2つがあります。

●メラニンについて

メラニンとはメラノサイトが作りだす色素の事です。シミの元、というイメージが強いですが上記のように紫外線から変えの利かない細胞を守る為に生み出される物質です。

正常なターンオーバーがなぜ大事か

メラニンの生成が過剰ではなくターンオバーが正常であればメラニンが表皮中に溜まることなく垢として皮膚の外に排出されシミができずに済みます。
しかし、ターンオバーが正常でないとメラニンが中々排出されずに表皮中や表皮表面に溜まってしまいます。

肌表面にメラニンを残さない

正常なターンオバーができていない、いまいち紫外線対策ができていないと皮膚表目にメラニンを含む細胞が溜まり色素沈着を起こしてシミになってしまいます。つまり表皮中にメラニンを溜めない、紫外線の刺激を最小限にすることがシミの対策となります。

さまざまな光と肌

シミができる光といえば太陽光、というイメージが強いと思います。しかし、太陽光に含まれる紫外線にもいくつかの種類があり、それぞれの光の種類によって皮膚の日焼け度合いや日焼けの様子が異なってきます。また、意外なところから紫外線が出ている場合も。太陽光中の紫外線と日焼け、意外なところから出ている紫外線や紫外線ではないが日焼けの原因になる光などについて見ていきましょう。

太陽光

●サンタン
サンタンとは紫外線の中でも波長の長いA波長(UVA)でできる日焼けで、肌が黒くなるという特徴があります。この日焼けはしっかりメラノサイトが働いてメラニンを生成し、肌を防御している証拠なのですが、メラニンが多く生成されている分シミになりやすい日焼けです。

●サンバーン
サンバーンとは紫外線の中でも波長の長いB波長(UVB)でできる日焼けで、肌が赤くなりヒリヒリするという特徴があります。このサンバーンはメラニンが十分に生成されず肌に大きな負担をかけている状態です。メラニンがあまり生成されない分シミにはなりにくいのですが、紫外線ダメージをたくさん受けている為、皮膚の老化がサンタンよりも早く進行し、シワやたるみができやすい肌になってしまいます。

●照り返し
上から照らされる太陽光には気を配っていても照り返しによる日焼け、は気にしていない方も多いのではないでしょうか?紫外線は地面からの照り返した光の中にも含まれています。あごの下なら太陽光をほとんど浴びないし…などと油断して紫外線ケアを怠っているといつのまにかやけていた、なんてことも。
また、新雪での光の反射率が高いのも気を付けたいところです。冬場だから、と日焼け対策を怠っていると冬なのに肌が茶色…という自体に。反射率の高い地面の場所に行く時は太陽があまり出ていなくとも上と下から紫外線が来る、と思って対策しておきましょう。地面ごとの光の反射率は下記の通りです。

・反射率
新雪:80%
砂浜:10~25%
アスファルト:10%
水面:10~20%
草地:10%以下
土:10%以下

●日焼けした直後のケア
日焼けした直後の肌は火傷をした状態と同じで肌が炎症を起こしています。この炎症をケアするには火傷のケアと同様に肌を冷やす事が大切です。熱を帯びている部分や赤くなっている部分、痛みがある部分を冷たい水で冷やしたタオルや袋に入れた氷水、保冷材などを使って冷やしましょう。
肌を冷やした後は長い時間日差しを浴びて水分が少なくなっている肌に水分を与え、保湿を行いましょう。具体的には化粧水をつけ、乳液やクリームを塗って保湿してください。夜などはメイクや日焼け止めを落とした後に保湿を行いましょう。

照明

部屋の中や夜なら紫外線を浴びていない、と思っているかもしれませんが電灯の光にもわずかながら紫外線が含まれています。部屋の中で使う電灯の紫外線量は以下の通りです。

引用元: 光触媒工業会

本当にわずかな量なので健康な方なら日焼けになる可能性はほとんどありません。ただ、光線過敏症に分類される病気の方は電灯の光の紫外線も気にしてください。

ブルーライト

ブルーライトは紫外線と同様、肌に日焼けを起こす働きがあります。実際、フランスで行われた実験ではブルーライトを当てて日焼けができた、という実験結果がでています。

●スマホやパソコン
ブルーライトには肌の日焼けを起こす働きがあるならスマホやパソコンを触っているだけでも日焼けするの?と思ってしまいますが、スマホやパソコンから発生されるブルーライトだけで日焼けするかどうかはまだ定かではありません。

これはスマホやパソコンから出ているブルーライトの量が太陽光から出る紫外線と比べてごくわずかだから。
もしブルーライトでの日焼けが気になる場合はスマホやパソコンの画面にブルーライトカットのフィルムを張る、画面の光量を落とすなどして対策をとりましょう。

シミは一夜で出来るものではない

シミはメラニンがメラノサイトから分泌され、長期間表皮にとどまる事で色が沈着してできるものです。日焼けしてすぐにシミができるという事はありません。どのくらいかかってシミができているか見ていきましょう。

何年かけて肌表面にあらわれるの?

シミは紫外線を浴びてからどのくらいの期間で現れるか、は個々のシミによって異なるのではっきりと何年かかるとは言えません。ターンオバーの期間は年齢によっても異なりますし、日焼け後の肌の状態や肌のケアによってはメラニンの発生する量も違ってきます。
シミをできるだけ作りたくない!という方は日焼け止めを塗ると同時に日光を浴びた後は肌を冷やす、保湿をするなどしてメラニンを発生させないケアを心がけましょう。

シミの種類と改善方法

シミには原因によっていくつかの種類があります。各シミの原因や見た目、改善方法について見ていきましょう。

1.老人性色素斑(日光黒子)
・見た目
数ミリ~数十ミリの平らで丸いシミです。顔や腕、手の甲、デコルテなどにできやすいという特徴があります。

・原因
紫外線が主な原因です。

・改善方法
手っ取り早く改善したい、という場合は美容クリニックでのレーザー治療や光治療をおすすめします。また、メラニンの合成を阻害するクリームや皮膚のターンオバーを高めるレチノイン酸入りのクリームを塗ることもおすすめです。クリームを塗る場合はレーザー治療と比べて治療期間がかなり長くなります。

2. 肝斑(かんぱん)
・見た目
肝斑は左右対象にほとんど同じ大きさ・形・濃さで現れるのが特徴です。左右同時にシミができた!という場合は肝斑を疑ってみましょう。

・原因
肝斑は紫外線と女性ホルモンのバランスの乱れが原因となりできるシミです。妊娠・経口避妊薬の服用・精神的ストレスなど女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期は注意しましょう。強い物理的な刺激(マッサージなど)を与えると悪化する場合があります。

・改善方法
肝斑の改善方法としておすすめなのは皮膚科で処方される内服薬の「トラネキサム酸」を服用する事です。「トラネキサム酸」の効果は4~5週間程度で出だし、1~2ヶ月程度で大幅に改善するそうです。他のシミと比べてかなり改善期間が短いので肝斑だと思ったら一度皮膚科に行ってみましょう。

3. 雀卵斑(じゃくらんはん)
・見た目
雀卵斑はいわゆるそばかすです。米粒大以下の淡褐色のシミが顔全体に発生するというのが一般的です。

・原因
雀卵斑の原因は遺伝的なものです。遺伝的な要素が強い分小さいころ、だいたい小学生ごろから出る事が多いシミです。雀卵斑が出た状態で紫外線に長時間当たるとシミが濃くなります。

・改善方法
遺伝的な要素で発生するシミの為美白化粧品では改善効果が薄い事がほとんどです。雀卵斑を本気で改善したい!という場合は美容クリニックや皮膚科でレーザー治療や光治療を受けてください。

4. 後天性真皮メラノサイトーシス(両側性遅発性太田母斑様色素斑、対称性真皮メラノサイト―シス、ADMとも呼ばれる)
・見た目
メラニンが本来発生しない真皮部分で発生する為、他のシミより黒や青よりの色をしたシミで、見ようによってはあざのようにも見えます。左右対称に出る事も多く肝斑との見分けが付きにくいシミでもあります。

・原因
後天性真皮メラノサイトーシスの原因はまだはっきりしていません。現在考えられている原因はホルモンバランスの乱れ、紫外線、加齢などがあります。

・改善方法
後天性真皮メラノサイトーシスはレーザー治療の中でもレーザーの威力が強い「Qスイッチレーザー」での治療がおすすめです。逆に他のレーザー治療やレーザー以外での治療は効果がないと言われています。

5. 炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
・見た目
炎症後色素沈着はシミそれぞれで大きく見た目が異なります。これと言った決まった特徴はありません。

・原因
皮膚の炎症が原因でできるシミです。日焼けやニキビ、火傷、アレルギーでの皮膚炎など皮膚に炎症が起きた後にできることが多く、体のどこにでもできます。

・改善方法
放っておいても消える時もあるのが炎症後色素沈着の特徴です。すぐにシミを無くしたい、という場合やいつまでたってもシミが消えないという場合はレーザー治療を受けてみましょう。美白化粧品やビタミンC内服薬、トラネキサム酸内服薬を利用するのも効果的です。

この5つの他にもシミの種類がありますが、よく見かけるシミのほとんどがこの5種類に分類できます。

シミの見分け方と消し方

上記でシミには様々な種類がある、それぞれのシミで改善方法が異なる、という事がわかってもらえたと思います。ここでは様々なシミを改善する為の第一歩について紹介していきたいと思います。

専門医に判断してもらう

シミは見た目が似ており、素人では何のシミか分からないという場合がほとんどです。また、治療自体が皮膚科や美容クリニックでしかできないというものも多くあります。シミをきれいに治療したいと思った場合は各シミにあった治療方法を行う為にも専門医に診断してもらってください。

美容皮膚科での治療

シミの治療については「基本的に保険がきかない為治療費が高額になる」という事を覚えておきましょう。レーザー治療なら施術時間は10~15分程度と短め。痛いのが嫌!という場合は事前に医師に相談しておいてください。内服薬や外用薬でシミを治す場合は医師と相談しながら自分にあったお薬を選ぶようにしましょう。

●施術を受けるための注意点
レーザー治療の場合、1週間ほど治療部分をテープで覆う必要があります。これはレーザー治療を行った皮膚の部分が弱っている為、少し日光に当たるだけでも新たにシミができてしまうから。顔にテープを張ったままで仕事に出られない、テープを剥がしてしまいそう、という方はレーザー治療以外の治療を検討した方が良いかもしれません。
内服薬や外用薬は医師や薬剤師に言われた通り使うように心がけましょう。

美白化粧品

美白化粧品には「シミを予防する」ものと「できたシミを改善する」ものがあります。できたシミを改善したい場合は「できたシミを改善する」化粧品を選ぶ必要があります。それを見分ける為には成分表示を見て「できたシミを改善する成分」が入っているかどうかをチェックすることが大切です。

肌状態に合うものを選ぶ

「できたシミを改善する」為にはメラニンの合成を阻害するかできたメラニンを排出する効果のある成分を含んでいる化粧品を選びましょう。

●成分
・ハイドロキノン
メラニンの生成を抑える効果を持っており化粧品にも添加されていますが、まだ有効成分として認可を受けていない成分です。

・ビタミンC誘導体
メラニンの生成を抑える効果とメラニンを還元して色を薄くする作用を持っています。
※アスコルビルグルコシド、リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビル3Na、パルミチン酸アスコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルと表示されている場合があります。

・4MSK
メラニンの生成を抑制する効果とターンオバーを正常にしてメラニンを排出させる効果を持ちます。

・レチノール
表皮の細胞の分裂を促し、ターンオバーを早めてメラニンを排出してくれます。ただ、レチノールは効果が穏やかな成分なのでそれほど早く効果はでません。早く効果が出てほしいという場合は医療機関で処方されるレチノイン酸入りのクリームを使うようにしてください。

●単品かそれともライン使いか
美白化粧品はそれぞれの化粧品の相乗効果を狙う為にラインで使う事をおすすめします。バラバラだとこのケアがカバーできていなかった!という事になる可能性も。
化粧品の知識が豊富な場合は単品でも良いかもしれませんが基本はライン使いを。

まとめ

シミには種類がありそれぞれの種類に対して治療方法が異なります。専門医に相談しつつ効果的なシミの改善方法を見つけて対処しましょう。

ライタープロフィール
aestivum

20代後半独身ながら生活を楽しんでいるaestivumです。女性の読者の方が楽しく、自分らしく生活を送る事ができるようなキッカケとなる文章をお届けできるよう頑張ります。国立大学理系卒、現在は大学技術職員をしながら文章書きをしています。