気になる頬のタルミに、美容外科・皮膚科での治療を受ける方も多くなりました。気になっているものの、「お金をかけたのに効果がなかった」「後遺症がでた」といった話も耳にして踏み切れない方も多いのではないでしょうか。ここでは、具体的な治療法とメリット・デメリットをお伝えするとともに、治療を受ける前に注意しておきたいこともまとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

頬のタルミの原因は?

タルミというと、お肌が重力に負けているということはわかりますが、なぜ年をとると顕著になってくるのでしょうか。その原因は大きくわけて3つあります。老化による皮膚の機能低下、表情筋といった筋肉の衰え、脂肪やむくみによって重みが増えることです。頬のタルミ治療に踏み切る前に、詳しい原因を知っておきましょう。

皮膚の老化

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層にわかれています。この中でも、肌のハリや弾力に関わるのが真皮の役割です。真皮には線維芽細胞(せんいがさいぼう)という肌のハリや弾力をつくるために大切な成分を作る組織があります。その成分とは、コラーゲン繊維、エラスチン繊維、ヒアルロン酸です。コラーゲン繊維は網のように真皮に張り巡らされており、エラスチン繊維がその網の形を崩さないようにクリップの役割をして保持しています。網の中にはヒアルロン酸を含むゼリー状の基質があり、クッションの役割をしています。これらが肌のハリと弾力を保っているのです。

真皮は加齢や紫外線などによって老化します。老化すると線維芽細胞の機能が落ちてしまいます。その結果、古くなったゴムのように皮膚が伸び、重力に負けてタルミやすくなります。

表情筋の衰え

顔の筋肉はその他の筋肉と違って皮膚に近いところにあります。そのため、表情筋が衰えると皮膚も一緒についてきてタルミ顔になります。表情筋は、他の筋肉と同様、使わないと衰えます。シワを作らないためにはあまり表情を動かさない方がよいという人もいますが、表情を動かさなくても、タルミによって垂れ下がった部分にシワがでてきます。また、シワは乾燥が原因のことが多いので、また別の問題です。魅力的な表情を作るためにも、表情筋は積極的に動かした方がよいでしょう。

脂肪やむくみ

脂肪やむくみによって皮膚の重量が増えるために、よりたるみやすくなります。脂肪が増える原因は、体全体が太ってつく場合もありますが、表情筋の衰えが原因の場合も多くあります。また、活動量の低下によってむくみも起こりやすくなります。

顔のむくみは、リンパが滞って老廃物がスムーズに流れないことが原因です。顔にも血管やリンパが張り巡らされており、余分な水分や老廃物などを流してくれます。ただ、血管には心臓がポンプの役割をして流してくれますが、リンパにはそのようなものがありません。全身の適度な運動と同様に、顔も動かしたり、やさしくマッサージをして流すことが必要なことがあります。

タルミの治療法

原因がわかったところで、タルミ治療の種類と特徴について説明しましょう。治療の種類は、大きくわけてメスを使う治療(外科的治療)とメスを使わない方法にわけられますが、その中でも様々な治療法があります。

フェイスリフト手術

<特徴>
耳まわりを切開し、表在性筋膜を引き上げることでたるんだ皮膚をひっぱって頬をすっきりさせます。医師やタルミの状態によって切開する部分や範囲がかわってきます。料金は100万円前後です。

<メリット>
効果が10年持続するといわれているので、再手術する必要がほとんどありません。

<デメリット>
切開しているので、抜糸まで1週間ほどかかります。やり直しができないため、入念なカウンセリングが必要です。感染の可能性や、まれに神経麻痺など重篤な後遺症がでる場合があります。

糸によって引き上げる治療

<特徴>
糸によって引き上げる治療には、溶けない糸を使ったものと、溶ける糸を使ったものがあります。溶けない糸は、特殊なシリコンとポリエステルでできた糸で、頬を引き上げるために細かい突起がついており、皮膚を少し切開して挿入します。溶けないため、長期間効果が持続します。
溶ける糸は注射針をさして皮膚に挿入します。ただ、溶けると効果がなくなるので、糸の種類によって半年から3年ほどの持続期間があります。料金は10万から20万程度で、糸の本数によって高くなります。

<メリット>
腫れや痛みが少なく、直後に効果が実感できます。溶ける糸ならしばらく経つと消えるので、仕上がりに不満があっても後戻りできます。また、糸が溶けても線維芽細胞を刺激しているので、リフトアップ効果が3年程度持続することがあります。

<デメリット>
医師の好みや技術によって仕上がりに差がでます。皮膚に異物を入れるため、感染の可能性があります。溶けない糸の場合は、取り出せないことがあります。また、どちらも効果が永久的とはいえず、溶けない糸でも糸の劣化によって効果がなくなることもあります。

 

糸によって皮膚を刺激する治療

<特徴>
「金の糸」が有名です。髪の毛ほどの細さの純度の高い金でできた糸を皮膚に格子状に埋めていく治療です。糸自体の物理的な引き上げはないですが、金の効果で皮膚を刺激し、肌にハリや弾力を取り戻してタルミを改善する治療法です。料金は30万前後で、入れる量によって異なります。

<メリット>
腫れや痛みはほとんどなく、直後にメイクも可能です。内出血が起こる場合がありますが、数時間でひいていきます。タルミだけでなく、肌のハリやツヤも改善します。効果は半永久的だといわれています。

<デメリット>
まれに金属アレルギーを起こすことがあり、腫れや痛み、糸が出てくるといったことがきかれます。また、金属なので、MRI検査を受けられないことがありますので医師に確認する必要があります。金の糸は時間とともに途切れて分散されるので、取り出すことが困難になります。

レーザーなどを照射する治療

<特徴>
サーマクールという高周波を使った治療が効果が高いといわれています。熱で真皮の線維芽細胞を刺激して、肌のハリや弾力を作るコラーゲンやエラスチンを作るように促します。費用は15万円以上します。

<メリット>
皮膚を一切傷つけないので、リスクがほとんどありません。痛みもチクッとする程度です。線維芽細胞を活性化させるため、タルミだけでなく、ハリやツヤなど肌全体の若返りに効果があります。

<デメリット>
タルミ改善の効果を実感するまでに時間がかかります。また、効果を持続するためには定期的な治療が必要です。半年に1回ほどの治療が効果的だといわれているので、長期的にみると費用が高めです。

注入や注射による治療

<特徴>
タルミ治療によく用いられるのが、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は体内にも存在する成分ですが、タルミによってできたへこみやシワの部分に注入して立体的に見せることでタルミを目立たなくする治療です。料金は1万円から3万円程度で、使用量によってかわってきます。

<メリット>
治療後の腫れや痛みがほとんどないので、直後にメイクできます。安価であること、注入直後から効果を得られるのも利点です。

<デメリット>
まれに内出血がみられることがあります。ヒアルロン酸は半年ほどかけて徐々に吸収されていくので、長期的な効果は期待できません。
 

治療を受ける前に知っておきたいこと


クリニックや医院によっても治療法は様々です。タルミを改善できるなら、と目先のことだけ考えていては思わぬトラブルが発生する可能性もあります。満足のいく結果がでるように、知っておきたいことをまとめましたので参考にしてください。

結局どの治療が一番いい?

クリニックによって治療の名称が様々あり、どの治療がよいか迷うかもしれません。しかし、クリニックが掲げる名称は商品名と同じで人を引き付けるためにつけられたものも多いです。基本的な治療方法はあまりかわらないので、看板にだまされずに本質をよく見極めましょう。

どの治療法がよいかはその人のタルミの程度などにもよりますので、医師とよく相談しましょう。他にも予算や求める効果、そしてリスクの程度も考慮しましょう。

治療を受けられない場合は?

産休や育休中に治療をしておきたいと思う人はいると思います。気兼ねなく仕事を休めるのでよいのですが、特に妊娠中はどのような治療も受けない方がよいでしょう。胎児に影響がある場合もありますし、母体も不安定な時です。また、産後や授乳中も安定した状態とはいえません。治療によっては可能なものもありますが、できるだけ避けた方が無難です。

また、心筋梗塞や脳梗塞などの治療に使われる抗凝固剤という血液を固まりにくくする薬を内服している場合は、治療ができない可能性が高いですし、危険なこともあります。抗凝固剤に限らず、内服している薬がある場合は必ず医師に申し出てください。

カウンセリングのときに気を付けたい点

タルミ治療を受けるときに心配なことは、思ったとおりの効果がでるか、副作用などがでないかということだと思います。その点については、カウンセリングでしっかりと聞いておきましょう。満足がいかない場合に訴えることも難しい現状です。カウンセリング時に注意する点を挙げておきます。

・すぐに治療に進もうとするところはやめておきましょう。話をきいて舞い上がってしまうことが多いので、必ず数日置いて考える時間を確保しましょう。

・カウンセリング時の医師と実際に治療する医師が異なる場合はやめておきましょう。美容に関しては個人の主観部分が大きいので、希望どおりにしてもらうのが難しくなります。

・メリットばかりを強調するところはやめておきましょう。治療には必ずデメリットもあります。疑問に思ったことを尋ねられるような雰囲気のあるクリニックが安心です。

自分でできるタルミの予防


タルミはある程度治療できますが、日頃の努力なしでは維持することができません。ここでは、タルミ予防のポイントをお伝えします。

紫外線対策

紫外線は皮膚の老化を加速し、肌のハリや弾力を失わせてしまいます。日傘やサングラス、日焼け止めなどで紫外線対策を怠らないようにしましょう。

甘い物は控える

「糖化」という言葉をきいたことがあるでしょうか?糖分はたんぱく質と反応して、AGEsという異常たんぱく質を作ります。通常ならコラーゲンなどを作り美肌作りの基礎となるたんぱく質ですが、AGEsになると美肌を作る機能をもちません。そのため、タルミがおこりやすい肌を作ってしまいます。美肌のためには甘い物は取り過ぎないようにして、緑黄色野菜などのビタミン豊富な食品を多くとりましょう。

たばこの煙を避ける

たばこに含まれる有害物質の作用で、肌の弾力繊維であるエラスチンが分解されてしまいます。たばこを吸う人の肌は、くすみ、シワやシミ、たるみが目立つことが多いのはお気づきの方も多いでしょう。禁煙はもちろんのこと、副流煙にも気をつけましょう。

適度な運動を継続する

全身の血行不良は肌の代謝を悪くします。また、血液やリンパの流れを悪くするので、水や老廃物がたまりやすくなり、顔のむくみの原因になります。むくみがタルミを引き起こす理由は前述のとおりです。全身の健康とタルミ対策のためには、適度な運動を続けることが大切です。

質の良い睡眠

睡眠は美肌のために欠かせない要素です。睡眠中に分泌される成長ホルモンによって肌が日中に受けた紫外線などのダメージを回復してくれます。また、ストレスも緩和し、体も心も健康な状態へと導きます。ゆったりとした気持ちで眠りにつけるように、寝る前はスマホなどの強い光を避け、温かい飲み物や軽いストレッチで自然な眠りを誘いましょう。

まとめ


今では身近になった美容外科・皮膚科の治療ですが、効果は人それぞれです。過剰に期待せず、正しい知識をもって治療にいどみましょう。日頃の予防も忘れずに、トータルで美しい顔を目指しましょう。

ライタープロフィール
山川 ハナエ

主婦兼フリーライター/元看護師/三児の母。独身時代は給料の大半をエステと趣味のバレエに費やす美容オタク。働く女性と育児奮闘中の母の気持ちがよくわかる。趣味は読書、英語学習、舞台鑑賞。年を重ねても内面が輝く美しい女性に憧れている。