30代以降に目立つようになるほうれい線ですが、20代でも気になる人が増えているようです。その原因は老化だけでなく、スマホや不規則な生活など生活習慣も関わっていることがわかります。ほうれい線は肌のタルミによって起こりますが、その原因を取り除き、消すための努力をすることで目に見えて改善しますよ。詳しいポイントをご紹介します。

ほうれい線ができる原因

年齢とともに増える顔の悩みで多いのがほうれい線です。これは、鼻の溝から口の端に沿ってできた八の字の溝です。ほうれい線とは何者でしょうか?

ほうれい線は肌のタルミ

ほうれい線には2種類あります。一つが、20代にもみられる浅いもの。1本の線のようにみえます。その原因は、乾燥によるシワや、表情や骨格によるシワ、むくみによって起こる影が考えられます。この種類のほうれい線は、保湿やむくみの解消によってすぐに改善されます。

気を付けたいのが、もう一つのほうれい線です。これはタルミが原因で現れる影で、30代以降に気になる人が多くなるものです。この種のほうれい線は、放っておくとさらに深く、改善しにくくなります。

タルミの原因は?

タルミで起こるほうれい線ですが、解消するにはタルミの原因を知っておく必要があります。加齢が主な原因ではありますが、それ以外にも避けられるものがあります。これから説明する要因を避けるのが予防の第一歩ですよ。

脂肪やむくみ

タルミは重力に肌が引っ張られることによっておこります。脂肪が増えたり、むくみによって水分がたまることで皮膚が重くなり、より強い力で引っ張られるようになります。年齢とともに代謝が悪くなったり冷えや血行不良によってむくみやすくなります。

表情筋の衰え

筋肉は使わなければ衰えますが、表情筋も例外ではありません。デスクワークなどで人と話す機会が減ると、表情を動かすことも少なくなるでしょう。表情筋が肌を支えているので、衰えるとたるみやすくなります。

紫外線

紫外線はシミの原因になることはよく知られていますが、それだけではなく、皮膚の機能そのものを低下させてしまいます。肌のハリや弾力は、皮膚の奥にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸によって保たれています。肌の老化は、これらの成分をつくる繊維が細胞の機能を低下させてしまいます。ハリのなくなった肌は、たるみやすくなります。

乾燥

肌の表面が乾燥すると、さきほど説明した肌の機能にダメージを与えます。また、シワができやすくなり、ほうれい線が目立つようになります。

スマホ

最近よく言われているのがスマホ老化です。これは、スマホを使う姿勢にあります。うつ伏せに寝転んで首を持ち上げた姿勢や、猫背でうつむいた姿勢をすると、顔の皮膚が下方向に引っ張られやすくなります。

不規則な生活

肌の質は、日常の生活で作られます。不健康な食事では肌をつくるビタミンやたんぱく質といった十分な栄養がとれません。体を動かさなければ血行が悪くなり、肌をつくるのに必要な栄養や酸素が運ばれてきません。また、睡眠中に肌の機能が活性化して日中受けた紫外線などのダメージを回復させるので、睡眠不足もタルミの原因になるのです。

ほうれい線を消すポイント

ほうれい線ができる前に、さきほどあげた原因に気を付けて予防すればよいのですが、できてしまったほうれい線はどうすればよいのでしょうか?以下にあげたポイントを実行してみましょう。

<ポイント1>生活習慣の改善

肌のハリや弾力を保つには、日頃の習慣が大切です。コツコツ実行することで、数ヵ月後の顔がかわりますよ。

適度な運動で血行改善

運動は身体中の血液を巡らせます。顔にも細かい血管が張り巡らされています。肌のハリや弾力を保つためにコラーゲンなどを作る線維芽細胞は、血液によって運ばれる栄養や酸素が必要不可欠でなのです。ほうれい線を消すためには、全身の運動によって血行をよくしておくのが大切です。

食事の食べ方をチェック

食事のときに、スマホをみながらのながら食べや横になってお菓子を食べたりということをしていませんか?頬杖をつきながら食べるのもNGです。食事の内容ももちろん大切なのですが、食べ方もいまいちど確認しましょう。下を向いたまま食べ物を噛むなど、悪い姿勢で噛む習慣があると、顔の筋肉の発達がアンバランスになり、ほうれい線を悪化させます。歯の両側でしっかりと噛む習慣をつけましょう。

質のよい睡眠を得るには

質のよい睡眠は美肌の必須条件なのはほとんどの方が知っていることでしょう。といっても、忙しくて睡眠時間が確保できないということもありますよね。日頃の寝不足を解消するために、休日に昼頃まで寝るという人もいるでしょう。良質の睡眠をとるためには、このように眠る時間を大幅に前後させる生活はよくありません。毎日の睡眠時間を確保するのも大切ですが、睡眠不足を感じたときは、休日は早めに寝て、朝起きる時間は平日よりも遅くといってもせめて1時間以内にしておきましょう。また、眠る前のテレビやスマホなど明るい照明は睡眠の妨げになります。できるだけ控えるのが質のよい睡眠を得るポイントです。

ストレスが肌に影響するわけ

ストレスは体や心に悪影響を及ぼすのはご存じですね。ストレスがあると、よく眠れなかったり、食べ物の消化が悪くなったり、体を動かすのが億劫になったりと、これまであげた生活習慣すべてに影響を及ぼします。また、肌によいとされるビタミンCはストレスで消費されてしまいます。ビタミンCは肌にとって新陳代謝を助けて美白効果やシミ・シワを防ぐといった効果がありますが、他にも疲労回復や免疫力アップの役割もある栄養素です。体や心の疲れによってどんどん消費されていきますので、肌の方へ効果が行きつかないのです。上手にストレスを解消するように心がけましょう。

<ポイント2>丁寧なスキンケア

ほうれい線の予防にはスキンケアがとても大切です。そのポイントを説明しましょう。

保湿が大切なのはなぜ?

肌が乾燥するとほうれい線が悪化します。その理由は、乾燥によってシワができやすくなり、ほうれい線にそってできたシワはとても目立つからです。保湿は肌のハリや弾力を保つうえでも必要です。皮膚は大きくわけて表皮と真皮にわかれていますが、表皮の一番外側にある角質層にはアミノ酸や尿素で構成されている天然保湿因子(NMF)と角質細胞間脂質があり、これらによって皮膚のうるおいを保っています。さらに角質層の一番外側には皮脂膜があり、水分を逃がさないように保護しています。この角質層は日頃のお手入れによって乾燥したりダメージを受けたりします。こうして角質層が乾燥することで真皮にも影響を及ぼし、線維芽細胞の働きを鈍らせるのです。

効果的な基礎化粧品の選び方

ほうれい線か気になる方は、保湿重視の化粧品を選びましょう。角質層の保湿成分である天然保湿因子(NMF)を補給することが大切です。保湿成分で代表的なのは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンです。また、皮膚の新陳代謝を助ける働きのあるビタミンCが含まれている美容液を使うのもおすすめです。

<ポイント3>表情筋を鍛える

ほうれい線は表情筋を鍛えることでみちがえるほどに改善します。効果的な体操をご紹介します。

舌回し体操

口のまわりの筋肉を鍛え、血行も促進して新陳代謝を促すことでほうれい線を改善する効果があります。二重あごや口元のゆがみにも効果があります。

<やり方>

  • 口を閉じて、舌の先を歯茎の表にそってゆっくりとぐるりと20回まわします。
  • 逆方向も20回まわします。

あいうえお体操

口のまわりと顎の筋肉を鍛える体操です。口を動かさなくても話ができる日本語を毎日話している日本人は、この部分の筋肉が衰えやすくなっています。この筋肉が衰えると、頬を支える筋肉も衰えてほうれい線ができやすくなります。

<やり方>

  • 大きな口を開けてはっきりと「あ」の口をして10秒キープします。
  • 「い」「う」「え」「お」と繰り返します。
  • これを5セット繰り返します。

歯ブラシでマッサージ

歯ブラシのついでに手軽に行うことができます。口まわりを刺激することで血行を促進し、ほうれい線を改善する効果があります。強くしすぎないように注意しましょう。

<やり方>

  • 歯ブラシの背を上にしてくわえます。
  • ほうれい線の裏側を上から下へ動かしてマッサージします。

ほうれい線を消すメイク術

ほうれい線を解消する方法はたくさんありますが、どれも一瞬で消すことはできません。できてしまったほうれい線はメイクで目立たなくすることができますが、特に深い場合はコツがいります。そのポイントをご紹介します。

日頃のスキンケアが大切

ほうれい線のメイクは口元を動かすときによれやすい部分です。メイクを長持ちさせるには、日頃のスキンケアで保湿をしっかり行い、肌の調子を整えるのが大切です。また、メイクの前にも洗顔と保湿で肌の状態をしっかりと整えましょう。肌が乾燥していては、メイクもきれいに馴染みませんよ。

下地をつかう

最近は手軽さから、下地いらずのファンデーションを使う方が多いですね。それでもきれいに仕上がりますが、ほうれい線のようなシワや影がでやすいところはそれ用の下地を使う方がきれいです。シリコンの入った化粧下地は肌に密着し、表面をなめらかにしてくれるので、ほうれい線をカバーしやすくなるでしょう。

ファンデーションの塗り方

ファンデーションには、パウダータイプやリキッドタイプなどいろいろありますが、ほうれい線をカバーしやすいのはリキッドやクリームタイプのものです。しかし、ほうれい線を隠そうとたくさん塗りすぎると厚塗りになり、よれると余計に目立つので、頬から塗りはじめて残ったファンデーションをほうれい線につけるくらいで薄く塗りましょう。仕上げはスポンジを使ってポンポンと馴染ませるようにつけるとうまくいきます。

コンシーラーとハイライト

下地とファンデーションでほうれい線を目立たなくすることができます。
ちなみに写真のような特別な場合は、コンシーラーで一時的にカバーすることも1つです。コンシーラーの塗り方は、ほうれい線をまたぐように横向けに薄くつけてから指でトントンと叩くように伸ばします。肌よりも少し明るめのカラーがくすみ改善の秘訣です。

それでも気になる場合はハイライトをつかいます。パールが入って光沢のあるものを使うと光を反射して、影が目立ちにくくなります。フェイスブラシを使うとより光沢がでます。また、メイクをするときには、なるべく自然光のあたる窓辺でする方が仕上がりがわかりやすくなります。

メイク崩れを防ぐ方法

メイクは時間とともに崩れます。
ほうれい線は口元なのでよく動くところです。特によれやすいので、こまめにメイクの上からファンデーションを重ねたくなりますが、結果、厚塗りになるだけでまたすぐによれてしまいます。
メイクをきれいに直すには、崩れた部分をティッシュなどでトントンと軽くおさえて取り除きます。その後にファンデーションを塗ってスポンジでおさえて馴染ませましょう。

まとめ

ほうれい線ができる原因と改善策をお伝えしました。老化だとあきらめていた方も、日頃の習慣で薄くなることがわかっていただけましたか?表情筋を鍛える運動は手軽にできるものばかりです。効果絶大ですので、今すぐにでも実行してみてくださいね。

ライタープロフィール
山川 ハナエ

主婦兼フリーライター/元看護師/三児の母。独身時代は給料の大半をエステと趣味のバレエに費やす美容オタク。働く女性と育児奮闘中の母の気持ちがよくわかる。趣味は読書、英語学習、舞台鑑賞。年を重ねても内面が輝く美しい女性に憧れている。