髪の毛はカラーリングしているとどうしても傷んでしまいがちですが、マニキュアを使用して染めれば髪の毛を傷めずに白髪を染めることができます。白髪が無くなっても髪の毛が傷んでしまったら、乾燥したり膨らみが気になったり他の悩みが起こることがあります。できればダメージを最小限に抑えたい方には、得にマニキュアを使用した染め方が向いています。

白髪染めの種類のいろいろ

髪の毛に白髪が混じってきたら、白髪染めをするのが一般的ですよね。生えてきてから染める方法なので、伸びてきたら染めなければなりませんが、しっかりと定期的に染めておけば白髪ケアをすることができます。

ここでは、白髪を染める方法のいくつかを紹介していきますので、自分に合った方法を探してみて下さい。得にヘアマニキュアは頭皮と髪の毛に優しくしっかりと染め上げることができるので、おすすめです。

ヘアカラー

白髪染めの方法としては最も主流の染め方で、白髪染めの方法の中では最も色持ちがすると言われています。化学反応を利用して染色するので、刺激を感じやすい方は頭皮に痒みを感じることもあります。

髪の毛のメラニン色素を分解して染料を髪の毛のより奥まで浸透させるので、発色が良いのも特徴です。自宅で行う白髪染めというよりは、サロンで行われることの多い白髪染めの方法です。

ヘアカラーのデメリットは、髪の毛や頭皮に与える負担が大きいことです。一度でも染みたことのなる方は、継続して使用していくうちにアレルギー反応を起こしたり、炎症を起こす恐れもあります。お肌の敏感な方は、他の方法を検討してみる方が良いでしょう。アレルギー反応は、一度出てしまうと消すことができないものです。それ以上悪化させないように、一度お肌に異常が見られたらその方法は避けるようにしましょう。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは髪の毛の表面をコーテングするように染色する方法で、髪の毛の内部に浸透させる成分が含まれておらず、髪の毛を傷ませづらいのが特徴です。ヘアカラーで髪の毛がダメージを受けやすい方や頭皮が炎症を起こしやすい方には得に向いている方法と言えます。

髪の毛の表面にコーテングするので、サラサラとしたツヤのある仕上がりになります。カラーリングで髪の毛が乾燥してしまっている方にもおすすめです。

髪の毛を傷めたくない方やヘアカラーの継続使用でダメージしてしまった髪の毛を潤わせたい方は是非試してみて下さい。

カラートリートメント

シャンプーやトリートメントに色素を配合したタイプの染め方で、普段のヘアケアから手軽に取り入れることができるのが特徴です。一度に沢山の色素を浸透させる方法ではないので、継続して使用する必要があります。髪の毛を手軽に染めたい方には向いている方法ですが、もともと染まりづらい白髪に対しては効果が実感しづらいことも多いです。

日頃から継続して使用する必要がある他、一般的なトリートメントやシャンプーよりも価格が高いので、手間やコストがかかことを知った上で使用するようにしましょう。

自然に徐々に染まっていくので、周りの人に気付かれずに染めたい方や、トリートメント効果を利用して髪の毛をしっとりと保湿したい方には向いています。

ヘナカラー

一般的に草木染めと呼ばれる方法で、天然成分であるヘナという植物から由来する成分を使用して染めていきます。ヘナ100パーセントの染料を使用すれば、頭皮や髪の毛を傷めることなく染めることができますが、稀にヘナにアレルギー反応を起こすことがあるので、使用する前に事前にパッチテストを行うようにしましょう。

独特の香りがあり、色落ちが数日続くこともあるので苦手に感じる方は避けておくようにしましょう。天然成分でできているので、長時間つけていても安心して行うことができ、付けなれていなくて時間がかかってしまってもゆっくりと安心して行うことができます。

色素がしっかりと染まりきるために時間を要するので、サロンで行ったとしてもヘアカラーよりは時間がかかる場合が多いですが、自然派志向の方には得に向いている方法と言えます。

塗るタイプの白髪染め

市販されているタイプで多いのが、この塗るタイプの白髪染めです。髪の毛をしっかりと瞬時に染めることができ、手を汚さずに使用できることからセルフカラーを行う方から重宝されています。
小さなブラシのようになった先端部分が根元から漏らすことなく染め上げてくれるので、不器用な方でも安心して使用できます。

髪の毛全体に白髪が出てしまってる方には効率が悪いのであまり向いていませんが、白髪が気になり始めた方がサッとケアしたい時には最適です。
あくまでも応急処置としての使用に留めておき、髪の毛全体をしっかりと染める時に合わせて白髪染めを行うようにするとムラなく綺麗に染めることができます。

ヘアマニキュアが白髪染めに向いている理由


ヘアマニキュアが白髪染めに向いている理由は様々ですが、以下に白髪染めに向いている理由を解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。しっかりと理由を理解してから使用すると自分に合わない時にもすぐに他に代替策を見つけることができます。

即効性が高くコスパが良い

ヘアマニキュアはしっかりと瞬時に染めることができるので、即効性の高い方法と言えます。瞬時にと言っても色を浸透させる段階では温めたり冷ましたりして浸透させるので多少時間を要することも考えられます。自分で行う際にはしっかりと温めてから冷ますという方法をとると、色素が浸透しやすくなるので試してみて下さい。

髪の毛をヘアマニキュアは比較的価格が安く、購入しやすいのも特徴です。続けざまに出てくる白髪をいつも隠しておきたい時には、コスパの良さも大切ですよね。

市販されているヘアマニキュアは、しっかりと一度で色味が入るようにできれいるので、染め慣れていない方でもムラなく染めやすいのも特徴です。

頭皮や髪の毛に与える刺激が少ない

頭皮や髪の毛にダメージを受けやすい方にはヘアマニキュアがおすすめです。ヘアカラーは髪の毛の内部に色素を浸透させる時に、一度髪の毛表面にあるキューティクルを開きます。キューティクルを開く動作が加わると髪の毛がダメージを受けやすいので、できれば避けたいところです。
ヘアカラーは一度脱色してから髪の毛に色素を入れるため、その脱色成分で頭皮や髪の毛を傷めてしまうことも考えられます。

ヘアマ二キュアは髪の毛の表面に吸着して色をつけるので、髪の毛を傷めずに染色することが可能です。もちろん頭皮に与える負担も軽減できるので、頭皮環境を損なわず白髪ケアすることができます。

それぞれによって成分の配合が異なるので、製品によっては髪の毛や頭皮に与える影響がゼロではない場合があります。使用する前に頭皮に影響を与えないか確認してから使用するよう二し迷う。

髪の毛にツヤを与える

今までも解説したように、ヘアマニキュアは髪の毛の表面のキューティクルに吸着して染色するので、髪の毛に艶を与えてカラーリングすることができます。
今までのカラーリングで髪の毛をダメージさせてしまったと感じている方は、使用すると髪の毛に艶が出たのをより実感できるはずです。白髪ケアだけでなく髪の毛を美しく保ちたい方にも向いている方法でもあります。

色味の馴染みが自然で違和感が少ない

ヘアマニキュアは髪の毛をしっかりと染め上げてくれる方法ではありますが、髪の毛を違和感のない形で染めてくれるので、急に印象が変わるということを防ぐことができます。真っ黒に染めればその分差がはっきりとしてしまうことも考えられますが、そのような場合には明るめなブラウンなどから徐々に染めるようにすると違和感なく自然な仕上がりで染めることができます。

自分が普段している髪色と差がないように色を選ぶようにすると、失敗なく白髪ケアを行えるので日頃自分がどのような髪色にしていたかや、自分が周りの人にどう思われたいかなども考慮して色を選ぶようにしましょう。

ヘアマニキュアを使用する際の注意点

ヘアマ二キュアを使用する際には、注意すべきことがいくつかあります。髪の毛を安全に染め上げることだけでなく頭皮の健康を守れるように細心の注意を払って丁寧に行うように心がけましょう。

白髪染めはしっかりと染めたいと思うと頭皮からベッタリと薬剤をつけてしまいがちですが、ヘアマ二キュアは頭皮やお肌に着くとなかなか色が取れずに落ちるまで数日かかってしまいます。
つける段階から頭皮にベッタリつかないように注意し、手にも付かないようにビニールの手袋などで保護しておきましょう。

<美容師が実践しているテクニック>

美容師が白髪染めをする際に実際行ってるこだわりの方法を紹介していきます。自分でできるかは別として、そのようなこだわりを持って美容師が行ってくれていると知っいれば、綺麗に染めることができている理由が分かり、それなりの値段がしても納得できますよね。

美容師が白髪染めをする際、ゼロテクというテクニックをよく使用します。これは、髪の毛の根元をギリギリから染める方法で、頭皮にヘアマ二キュアをつけずに綺麗に綺麗に染め上げることができます。
カラーを塗るコームの片側にだけ薬剤をつけて根元に薬剤を溜めすぎないようにして染めていく高度なテクニックなので、長年経験を積んだ美容師だからこそできる技術です。

今度美容室にいく機会に、白髪染めについて詳しく質問してみましょう。美容師それぞれのこだわりがあるので、人によって使用しているテクニックには違いがある場合もありますが、髪の毛とお客様のためを思って施述しているのには変わりがないので、髪の毛やお客様に対する想いを再確認できるはずです。

まとめ

本来ヘアマニキュアを行う際には自分で行うよりも美容師にお願いした方が綺麗に仕上がります。ですがどうしても美容室に通えない時や今すぐに直したい時にはセルフカラーをすることもあるでしょう。白髪染めのやり方も大切ですが、白髪染めが髪の毛に与える影響やメカニズムを理解しておくことで最前の方法を選ぶことができます。

しっかりと白髪の染まり方の違いを理解した上で行うとより効果的に白髪を染めることができるのでおすすめです。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。