白髪は一度生えてしまうと、その毛根自体黒い髪の毛を生やす力が弱くなっていると言われています。

髪の毛の変化は体の健康レベルの変化でもありますので、ただストレスや疲労で起きてしまったものと放って置かずに、白髪が生えてこないような工夫をしてみて下さい。

ここでは、毛根や根元付近の状態から髪の毛にどのような変化が起きているのかを解説していきます。

髪の毛はもともと無色透明

実は生まれたばかりの時には無色透明です。成長する段階で徐々に色が付いていくので、毛穴から出て目に見える時にはすでに黒くなって気が付きにくいものですが、毛穴の中で育つ途中で色が付いていくので、この色を付ける役割を果たしているメラノサイトという部分が元気である必要があります。

髪の毛の出来る過程で、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作り出す細胞が色素を徐々に付けていきます。髪の毛が黒くなるか白髪として生えてくるかは、この段階でまってしまいます。

生えてきてからは変えることができないので、白髪対策を講じる時には内側からのケアを大切にしましょう。

メラノサイトと髪の毛の深い関係性

髪の毛を黒く染めてくれるメラノサイトは、生えてから数年経つと3周期かけて生え変わるというサイクルを持つ髪の毛の毛根にあるため、生え変わると同時に抜け去ってしまいます。もちろん、これは正常なサイクルなので、それ自体を変えることはできません。

ですが、体の機能を正常に維持できるように健康的に生活していれば、髪の毛はまた新しく生えてきてきます。頭皮の環境が正常であれば、メラノサイトの働きも再開され黒くて丈夫な髪の毛が生えてきます。

しかし、このサイクルの途中でストレスや加齢などの様々な要因が重なると、メラノサイトの働きが弱まり、しっかりと髪の毛を黒く染めることができなくなってしまいます。

メラニン色素を作り出すメラノサイトが存在していても、上手く機能していなかったりメラノサイトまで十分な栄養が行き届いていないと、白髪が生えてきてしまいます。

毛穴にあるうちに髪の毛に色が付いていくので、髪の毛を健康に育てメラノサイトを元気にしておくことが、白髪対策には最も効果があります。白髪を改善したい時は、自分の健康状態を見極めて適切な対応ができるようにしておくようにしましょう。

毛根の色で見分ける髪の毛の状態

毛根に色素を作るメラノサイトが備わっていて、正常に機能していれば白髪は生えてこなくなります。生えてきている白髪をよく観察すると、白髪がどのような状態にあるか確認することができます。ここではその見分け方と、その差の違いについて解説していきますので、自分の白髪の根元が何色になっているかをチェックしてみて下さい。

毛根が白い場合

抜け落ちた白髪の毛根が真っ白だった場合、その毛穴はもうメラノサイト がなくなってしまったか、メラノサイトの働きが弱まってメラニン色素を作る力をなくしてしまった状態です。

一度弱まってしまったメラノサイトを復活させるのは困難なので、この場合、この毛穴から再び黒い髪の毛が生えてくる可能性はとても低いと言えます。このような白髪を見つけた時には、白髪をこれ以上増やさないように、他の髪の毛を黒にしていくように、白髪対策をとるようにしましょう。白髪は一本だけでは大して目立たないですが、まとまって生えてきてしまったりすると、存在感が増し余計に白髪が気になってしまいます。

これから生えてくる髪の毛をいかに白髪にしないかを考えるようにして、今ある白髪は白髪ケアでカバーするようにして下さい。白髪を抜いたり引っ張ったりして刺激するのは頭皮と髪の毛に刺激を与え、健康な毛根まで傷つけてしまう恐れがありますので避けるようにしましょう。

白髪を見つけたら、カラーリングをして染めるか、優しく根元付近をハサミでカットして目立たなくしておくと良いです。

毛根が黒い場合

抜け落ちた白髪の毛根が黒い場合は、生えている髪の毛が白髪であってもまだメラノサイトに黒い髪の毛に着色する力が残っているという証拠です。髪の毛が生えてくる周期によって黒と白が混ざっている場合も、同じような状態である可能性が高いため、生活習慣や頭皮のケアなどを意識して行っていくことで改善できることがあります。

白髪が生えてしまったからといってすぐに諦めてしまうのではなく、これから黒く生やしていくことができるかどうかを慎重にチェックするようにしましょう。毛根が黒いうちにしっかりと白髪対策できていれば、これから白髪が生えてくるのを十分に防ぐことができます。

また、ストレスや加齢などの原因によってせっかく作られたメラニン色素を髪の毛に吸着させる力が弱まってしまい、白髪が生えてきていることも考えられますので、生成したメラニン色素を本来髪の毛が黒くなるために必要な分の栄養が頭皮に行き届くように、健康管理を見直すことも必要です。

白髪が生えてくる原因は、いつも一つだけとは決まっておらず、様々な要因が重なって起こっている可能性がありますので、日頃の生活の中で考えられる白髪を生み出してしまう原因を一つ一つ取り除いていけるように、意識しながら生活するようにしましょう。

毛根が黒ければすぐに対策を

毛根が黒いなら、対策の仕方によってはこれから生えてくる髪の毛を黒くしていくこともできます。日頃の生活習慣が白髪の原因になっていることが多いので、自覚していること以外にも改善できる生活習慣があれば、少しずつ見直してみるようにして下さい。

髪の毛は徐々に生え変わっていくものなので、1日にして急に改善はしません。ゆっくりと髪の毛の変化を観察しながら自分にあった対策を講じることが大切です。ここでは、生活習慣をメインにその大切さと白髪との関係性を解説していきます。

知識があっても実際に取り組んでいかなければ改善していきませんので、知っていることであっても流さずに、自分ができているかチェックする機会にするようにしましょう。

<対策1>食生活の改善

食生活の乱れは、髪の毛を健康に育てたいのならば、まず見直さなければならない問題です。
メラノサイトが正常に働くように、日頃から意識してメラノサイトを元気にする食材を摂るようにしましょう。

ここでは、髪の毛の成長に欠かすことのできない栄養素について解説していきます。

海藻類

髪の毛に色をつける機関であるメラノサイトの働きを活発にさせるには、バランスの良いミネラルの摂取が必要です。昔からワカメが髪の毛に良いと言われてきたのは、海草に含まれているミネラルが含まれていることが古くから知られていたからです。

もちろんそればかり食べていてもすぐに改善させることは難しいですが、サラダや佃煮などにワカメや昆布などを入れて継続して摂るようにすると、白髪対策に効果があると言われています。素材に味がないものが多いので、工夫次第で色々な料理に加えることができますよ!

乳製品

髪の毛の色素を生み出すメラノサイトでは、メラニンという色素が作られています。メラニン色素の原料となるチロシンという物質が乳製品には多く含まれていることから、白髪対策に効果があると言われています。

乳製品に含まれているカルシウムは、ミネラル同様メラノサイトの働きを助けてくれる髪の毛の成長には欠かすことのできない栄養素です。牛乳やヨーグルトなど今やコンビニでも簡単に購入することができますので、食事の際だけでなく隙間時間などに摂るようにすると無理なくとることができるのでおすすめです。

豆類

髪の毛は成分のほとんどがタンパク質からできていると言われています。健康な髪の毛を生み出すためには、タンパク質を意識して摂ることが大切です。髪の毛自体が元気であれば、メラノサイトから作られたメラニン色素が髪の毛に上手く定着しやすくなり、白髪の予防に効果がるとされています。日本では古くから豆類を加工した食品が根づいているので、味の好き嫌いを除けば、比較的抵抗なく食べれて手に入りやすい食材でもあります。身近にある食材なので、様々な料理に加えて食べることも可能です。

<対策2>質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠は、健康のためにも髪の毛のためにも欠かせないものです。白髪が生えてきてしまう原因は諸説ありますが、ストレスや疲れなど現代人が抱えやすい悩みもその一つと言われています。

メラノサイトを正常に機能させるためにも、体が正常に機能するように整えておく必要がありますので、白髪予防にも質の良い睡眠をとることはとても大切です。いくら白髪の予防に効果があるとされている食品を頑張って摂取したところで、体が疲れきていて機能が低下していれば上手く吸収することはできません。

体は眠っているうちに細胞を修復する時間帯があります。効率よくその時間帯を利用できれば疲れた体も癒され、起きてからの血流が促進されて頭皮の環境も良くなっていきます。

1日にして改善していくのは難しいですが、習慣化して継続することで白髪の対策以上の健康改善にも繋がります。若いうちは体の不調もすぐに取り戻せていたかもしれませんが、加齢とともに体の代謝が落ちてくると必要以上に疲れてしまったり、体の血流が悪くなり体の細部にまで必要な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

睡眠を上手にとる工夫をして、日頃から規則正しい生活を送るように心がけるようにしましょう。

まとめ

頭皮の状態だけでなく毛根からでも、白髪の状態は把握することができます。毎日の生活から健康に対して真面目に取り組んでいけば徐々にでも良い変化を期待できます。白髪が数本生えてきてしまっている状態からならなおさら、これから改善していける余地がありますので、諦めずに白髪向き合ってみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。