「オイル美容」が近年美容業界で注目されていますよね。そんな中、普段の美容方法に取り入れやすく特に人気なのが顔・体・髪へと手軽に全身ケアできるホホバオイルです。

トータルケアできる万能オイルですが、特におすすめしたいのが、頭皮の老化を防ぐためにホホバオイルを使ったケア方法。保湿だけでなく、余分な皮脂を取り除いたり、頭皮クレンジングやマッサージにも使用できて発毛にも役立つのです。

老化を防ぐ抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も高いと話題のホホバオイルの成分や使用方法を、一緒に学んでいきましょう。

加齢とともに増える頭皮の悩み

 あなたは頭皮や髪に対する悩みがありますか?頭皮は顔と繋がっており、構造も同じ皮膚なので老化やトラブルが出てくるのはとても自然なことです。

今は頭皮について気になることがなくても、年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなったりたるんでしまうことに、実はまだ気づいていないだけかもしれません。予防やケアをする前に、老化する頭皮が抱えやすい地肌トラブルを知っておきましょう。

●乾燥
頭皮の潤いを保つ角質層の細胞間脂質(セラミド)は年齢が上がることに減少し、保湿力がなくなっていきます。また、紫外線などの外的刺激が蓄積することで乾燥しやすい地肌になってしまいます。

●皮脂の過剰分泌
女性ホルモンの分泌量は40歳を過ぎる頃に急激に減少します。男性ホルモンの影響を受けやすい体になることで皮脂量は上がり、脂っぽい頭皮になってしまいます。また、乾燥しすぎた頭皮が外的刺激から地肌を守ろうとする力も働くため、皮脂を過剰に分泌します。

●白髪
白髪の原因は加齢だけではありませんが、ストレスや血行不良といった更年期女性が抱えやすいトラブルからも発生します。髪を色づける色素細胞(メラノサイト)が老化・栄養不足になることで白髪は起こるのです。

●抜け毛・薄毛
抜け毛も加齢だけが原因ではありませんが、年齢が上がるにつれ髪が「抜ける・生える」を繰り返す発毛サイクルは乱れやすくなります。不規則な生活習慣によっても髪の毛を作る毛母細胞は老化してしまうのです。

●フケ・かゆみ
フケやかゆみは頭皮の油分量が正常に保てていないことで起こりやすくなります。乾燥の場合はパラパラと落ちるようなフケですが、皮脂量が多すぎると頭皮に残り、気が付きにくいこともあります。

●臭い
加齢とともに気になる頭皮の臭いもホルモンバランスの乱れにより、女性ホルモンが減少していくことが原因です。また、分泌した皮脂が毛穴に残り、酸化してしまうことによって脂っぽい臭いが残ることもあります。

●たるみ
年齢が上がるにつれ血管も老化します。血流が悪くなってしまうことで頭皮は硬くなってしまい、地肌とつながる顔の肌まで下がり、たるんでしまうことに。「頭皮のたるみ」は「顔のたるみ」に繋がるのです。

エイジングケアにはオイル美容を

加齢に伴い増えていくさまざまな頭皮トラブルに効果的だと話題なのが「オイル美容」です。なぜオイルがアンチエイジングに良いのか・・・その秘密はオイルに含まれる抗酸化作用にありました。
オイルを使ったケアが、加齢肌に適している理由を、ここで知っていきましょう。

老化する=酸化する

 人の体の老化に影響する活性酸素は、呼吸・紫外線・大気汚染といった日常生活や化学物質からも体内に蓄積されるものです。活性酸素は細胞を攻撃し、錆びさせることで酸化します。
酸化した細胞は栄養の吸収と老廃物の排出がスムーズに行えなくなることで老朽化するのです。

オイルがもつ抗酸化作用に注目

オイルがもつ成分は肌の組成に似ており、馴染みが良いのが特徴です。また、浸透したオイルが肌内部の水分と結びつくことで蒸発を防ぎ、潤いを保つ効果があります。

 保湿効果だけではありません。老化に大敵な活性酸素を防ぐ役割をする抗酸化作用のある成分が、美容に使われるオイルには豊富に含まれているのです。その代表ともいえるのが「ホホバオイル」。効果の高いエイジングケアアイテムとして、とても話題なのです。

ホホバオイルとは

 頭皮や肌にもたらす高い美容効果、老化予防が期待できるホホバオイルとは一体どんなオイルなのでしょうか。ホホバオイルがもつ詳しい成分や使用感、効能について学んでいきましょう。

成分

 ホホバは、背の低いツゲ科の常緑樹です。ホホバの実から圧搾されたものがホホバオイルで、成分の90%にあたるのが「ワックスエステル」です。ワックスエステルは人の皮脂にも含まれている成分で、潤いやハリをアップさせる効果があります。
残りの10%はビタミン、脂肪酸、アミノ酸、ミネラルなどからできています。

テクスチャーと浸透力

 オイルと聞くとべたつく印象ですが、ホホバオイルはサラっとしており使い心地も軽いのが特徴です。また、ホホバオイルは人の皮脂に近い構造であることから、肌への浸透力が高く、肌なじみが良いです。

効能

 ホホバオイルは酸化しにくい性質があり、保湿力を高め、潤う柔らかな肌を保つ効果があります。外的刺激から肌を守るバリア機能を高め、皮膚を保護する作用もあり、肌にツヤやハリも与えてくれます。

また、ニキビ・アトピー性皮膚炎などの肌トラブルに対しても効果があり、皮脂バランスを整えてくれるため、肌質に関係なく全身に使えるのがホホバオイルです。

精製と未精製

 ホホバオイルは精製されたクリアオイル、非精製のゴールデンオイルの二種類に分かれます。
精製されたホホバオイルは無色で、香りが無く、粘性が低いこと・肌なじみが良いことが特徴です。
非精製のホホバオイルは植物がもつ青臭い香りがあり、クリアオイルより粘性がありますが、精製されていない分、栄養価が高く高品質です。
 べたつきや肌との相性が気になるなら精製されたものを、より高い美容効果を狙うなら非精製のものを使用すると良いでしょう。

ホホバオイルが頭皮ケアに適する理由

 人の肌にとって必要な栄養素を含み、年齢肌に対応する高い効能をもつホホバオイルですが、なぜ頭皮のエイジングケアに適しているのでしょうか。
 加齢とともに起こる頭皮トラブルに強いホホバオイルが発揮する効果について、お話しします。

頭皮の皮脂をコントロールする

 頭皮は顔の皮膚に比べ皮脂腺が多く、皮脂量のコントロールが難しいのが特徴です。そんな頭皮に人間の皮脂と近い成分でできているホホバオイルを浸透させることで、地肌自身が必要以上に皮脂を分泌しなくても油分を補えていると認識する作用があります。

したがって、皮脂が過剰分泌するのを抑え、脂っぽくなるのを防いでくれるのです。

頭皮の毛穴詰まりを防ぐ

 クレンジング効果が高いことがオイル美容の特徴ですが、ホホバオイルは低刺激なのでデリケートな頭皮の毛穴汚れを落とすのにとても適しています。

 ホホバオイルを使ってマッサージ・頭皮洗浄することで、老化により皮脂コントロールが乱れやすくなった頭皮の毛穴詰まりを防いでくれるのです。

抜け毛・薄毛を予防する

 ホホバオイルには男性型脱毛症の原因である「ジヒドロテストステロン」の生成を抑え、抜け毛を予防する働きがあります。また、ホホバオイルがもつ殺菌作用が頭皮を清潔に保ってくれるので、正常な発毛サイクルを助けてくれる役割があります。

ホホバオイルで頭皮を保湿

 保湿効果の高いホホバオイルを使って、加齢が進むと気になる乾燥頭皮をケアする方法をお教えします。ホホバオイルは敏感な地肌にも負担が少なく、オイルを使ったケアをしたことがない場合も安心して使用することができます。
 入浴中と入浴後、あなたに合った方法を選んで行ってください。

●入浴時の頭皮保湿方法
38℃程度のぬるめのお湯を張った洗面器にホホバオイルを垂らします。頭皮をトリートメントするように洗面器に地肌を浸してください。

紫外線を浴びやすい前頭部や顔周りの生え際など、乾燥が気になる箇所には数滴のホホバオイルを直接地肌に塗って、より高い保湿効果を狙いましょう。

●入浴後の頭皮保湿方法
洗髪し、タオルドライした頭皮にホホバオイルを浸透させます。洗髪後、浴室を出た後は地肌が最も乾燥しやすい時間なので、浴室内で行うと良いでしょう。

ドライヤーの熱から乾燥を防いでくれる効果や、育毛剤を使う場合は浸透力をアップさせてくれる働きもあります。

ホホバオイルで皮脂をオフ

 顔のメイク落としとしても効果を発揮するホホバオイルですが、皮脂詰まりを起こしやすい頭皮の毛穴を洗浄する効果も期待できます。
ホホバオイルが人の肌に近い成分であることから、地肌に優しくクレンジングすることができるのです。

●頭皮クレンジング方法
シャンプー前の乾いた髪の状態から始めましょう。まずは髪全体をブラッシングし、頭皮の汚れを浮かします。次にホホバオイルを手にとり、地肌に直接なじませます。
皮脂汚れを浮かすため、10分待ちます。その間は蒸しタオルで頭を包むようにすれば乾燥を防ぎ、クレンジング効果を上げることができます。
最後に、ぬるま湯でしっかり洗い流しシャンプーすれば、頭皮の余分な皮脂をオフできます。

ホホバオイルで頭皮マッサージ

 加齢とともに血行が悪くなり、硬くなった頭皮には、肌を柔らかくする作用があるホホバオイルを使用したマッサージが効果的です。ここでは、入浴時に行える具体的なマッサージ方法をお教えします。

 ホホバオイルがもつ抗酸化作用が地肌のターンオーバーを整えてくれるため、発毛を促進する効果もあります。

  1. 入浴し、体を温めてから行いましょう。頭皮の毛穴が開き、血行が良い状態でマッサージすると効果が上がります。
  2. おでこの上にあたる髪の生え際から始めます。指の腹を使い、円を描くようにマッサージします。ホホバオイルは数滴ずつ頭皮に直接なじませるようにしましょう。
  3. 頭頂部、耳の後ろ、後頭部から首の後ろの順に、地肌を動かすように行ってください。

マッサージするときは同じ方向に指を動かすのではなく、円を描くときは時計回りだけでなく反対周りへ動かすようにしましょう。ゆっくり、大きく地肌を動かすイメージです。
 長時間行うと頭皮に負担がかかってしまうので、トータルで3分程度にとどめましょう。マッサージ後はシャワーでしっかり洗い流し、シャンプーを行ってください。

まとめ

     

 ホホバオイルには高い美容成分がありますが、保湿力のみにとどまらず皮脂をコントロールする力やクレンジング効果も期待でき、頭皮ケアにとても適したオイルです。

 今は頭皮や髪に悩みがなくても、頭皮の老化を予防する目的でホホバオイルを使用したケア方法を実践してみてください。ホホバオイルがもつ抗酸化作用が、あなたの頭皮や髪を若返らせてくれるでしょう。

ライタープロフィール
加恵

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。