マスクをしてたら肌に変化が・・・?

<

花粉症の季節や寒い季節になってくると活躍するマスク。季節に関わらず仕事で毎日必ず使う、という人もいらっしゃるのではないでしょうか?

マスクの使用で肌が急に潤ったように感じて、もしかしたらマスクは肌の保湿にはいいのかもしれない!とスキンケアの一環としてマスクをする人も増えています。
ネット上でもマスクが肌に保湿をもたらすという情報が広がっていることもあり、その効果に期待が高まっているのですね。

しかし、実はマスクをすると肌あれを起こすという反対意見も出回っています。果たして真相はどちらなのか?まずはマスクがもたらすメリットとデメリットについて見てみましょう。

マスクをするメリット

マスクは医療機関でも使われており、人からの感染を防ぎ、逆に自分が人へ病気を感染させるのを防ぐことができます。その他にもこのような様々なメリットがあります。

口呼吸が鼻呼吸になる

いつも口呼吸になってしまっている人は、マスクをして矯正するのがオススメです。
口呼吸をしていると口の中が乾燥状態になってきます。普段は潤っている口の中ですが、乾燥すると雑菌が付着しやすくなり感染する確率が高まります。さらにイビキや口臭の原因になったり、集中力が落ちたり肌に影響を与えたりなど、様々なデメリットがあります。

しかし、鼻呼吸に直すことでそういったデメリットから解放されます。鼻呼吸をすると、鼻の粘膜や毛が雑菌を捕まえ、喉や肺に雑菌が入るのを防ぐので病気予防になります。
さらにイビキが改善されて熟睡できたり、良質な睡眠がとれることで成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが整うなどメリットが多いのです。

マスクをすると口呼吸では苦しくて自然に鼻呼吸をせざるを得なくなり、そのうちに鼻呼吸の習慣がついてくることで口呼吸が矯正されます。

風邪を防げる

マスクをすると空気中に飛んでいるウイルスの侵入をある程度防ぐことができるので、風邪の予防になります。特に近くに風邪を引いた人がいたり、人混みの中に入る時などは空気中のウイルスや菌がとても多くなっているので、マスクをしての予防がオススメです。

また逆に自分が風邪を引いた時などは、くしゃみや咳などでウイルスは何メートルも飛んでいきます。マスクをしない場合は自分が思っている以上に、多くの人々に感染させてしまっている可能性があるので、マスクをすることで他の人々にウイルスが飛沫感染するのを防ぐことができます

花粉や埃、ハウスダストなどから守ってくれる

またマスクは花粉症対策や空気中の埃、ハウスダストなどでアレルギー反応を起こすのを防いでくれます。花粉の時期はもちろんですが、人混みの多いところや建築現場の近くなどは特に埃やハウスダストなどが空気中にたくさん漂っています。

もし今それらにアレルギー症状がなくても、空気中のゴミが多い場所にいることでこれからアレルギー症状が引き起こされてしまう可能性もあるので、そういったものは吸い込まないに越したことはありません。現在アレルギー症状がある人だけでなく、これからアレルギー症状を起こさないためにも、マスクで予防することは大切です。

寒さから顔や喉を保護する

寒い時期に、寒さで耳や鼻が痛くなった経験は誰にでもあるかと思いますが、これは体の中の血管が伸縮することで起こります。

寒さを感じると身をこごめたくなりますね。それは体が熱を1箇所に集めて、体全体が冷えてしまうのを防いでいるからなのです。体の中では血管をギュッと縮めもそのままだと体の隅々に栄養を送ることができず、細胞が栄養不足になって生命の危険性が上がってしまうので、そうならないように体は縮めた血管を広げたりして調節するのです。その時に痛みを感じる成分が分泌されるので、て、熱の放出を抑えようとします。

しかしいつまで寒い時に耳や鼻が痛くなったりします。

また冷えによって喉が炎症を起こして痛くなったりしますね。マスクをすると寒さから顔を保護し、さらに自分が吐いた息によって温められた空気が喉を通るので、痛みを防ぐことができます。

顔を温めて血行促進する

あまり寒い季節は顔も冷え込んで乾燥します。さらに血行が悪くなるので、顔の毛細血管にまで血液が回りきらず、栄養が行き届かないので細胞が栄養不足になってターンオーバーの乱れが起こります。

マスクをすると顔が温まるので血液循環がスムーズになり、ターンオーバーの乱れを防ぐので、肌の調子が整えられるというメリットがあります。

湿度が保たれて体も楽になる

寒い時期に乾燥した空気を吸っていると、体の中まで乾燥してきます。体の中の水分が蒸発して水分不足になってしまうと、血液中の水分が不足してきてドロドロになってしまいます。
そうすると血管が詰まりやすくなり、体調が悪くなったり大きな病気の原因にもなってきます。
マスクをしていると呼気からの乾燥がある程度防げるので、血液中の水分も保たれ、体が楽になります。

乾燥しがちな肌がみずみずしくなる

マスクをすることで、呼吸から排出される空気がマスクの中でスチームになって残ります。そうすることで乾燥しやすいお肌も常に湿度の高い状態におかれます。そのため、マスクをしている最中は肌も保湿されている状態になり、乾燥肌による肌トラブルが改善することがあります。

マスクをするデメリット

メリットもたくさんありましたが、実はマスクをすることで引き起こされるデメリットも存在します。

一定の湿度があるので、湿度を好む雑菌が繁殖

マスクをすることで発生する湿度は、肌や喉を潤して調子を良くしてくれますが、湿度を好む雑菌にとっても実は好条件。

乾燥から引き起こされる風邪のウイルスなどは湿度に弱いものもありますが、湿度を好む雑菌はマスクの中で増え広がる危険性があります。また、そういった雑菌が肌や喉に侵入してトラブルを引き起こす可能性もあります。

マスクの摩擦などで肌あれする

特に衛生面を気にして何度も取り替えるために、低価格なマスクを使われる場合があるかもしれません。しかしあまり低価格なマスクの素材は繊維が荒いものが多く、荒い繊維が肌に摩擦を起こして肌あれの原因となる可能性があります。

また、普段自分が肌荒れを起こさない素材だと思っていても、マスクをして肌が湿気でふやけている状態だと敏感になっていて、少しの刺激で肌あれになる場合もあります。

ニキビの原因になる

マスクで湿度が高くなり雑菌が繁殖、さらにマスクの摩擦で肌が荒れてしまっている場合、その繁殖した雑菌が毛穴などに入り込んだり傷ついた部分に感染し、ニキビを発生させる原因になることがあります。

マスクをして肌の調子が良くなる場合もありますが、思わぬトラブルに繋がることがあるので気をつけなければなりません。

乾燥肌の原因になる

マスクをすると、マスクがあぶらとり紙のように肌の表面を覆っている皮脂を吸い取ってしまいます。さらに、マスクをしている状態では呼気によって湿度が高めですが、マスクを外した時に皮脂が吸い取られて少なくなっている状態だと、マスクでカバーされていた湿気が蒸発し、蒸発する時に肌の中の水分まで抱き込んで乾燥させてしまいます。

そのため、乾燥肌の原因になるのです。ネット上などでマスクのおかげで肌が潤ったという話がある反面、逆に乾燥肌になったという話が出て来るのはこのためで、気をつけないと健康的な肌まで乾燥肌にしてしまう可能性があります。

上手く使えば肌にメリットが

そんなメリット・デメリット両面があるマスクですが、使いようによってはメリット部分だけを上手く取り入れることも可能です。

デメリットを上手く回避する

そのためにはデメリットになる原因をよく理解し、きちんと回避する必要があります。これらの項目を実践して、マスクのメリット部分だけを上手く活用しましょう。

1日に1回以上取り替えて清潔に

同じマスクをずっと長時間使ったり、一度使ったマスクを再利用すると、雑菌の温床になります。たとえ抗菌処理されているマスクであっても、呼気による湿気・マスクに吸収された皮脂や汗、日中のメイク、さらに摩擦で削れた肌の角質細胞がマスクについていたりすると雑菌にとって繁殖の好条件になります。

それを放っておいて使用を続けていると、肌表面の常在菌のバランスも崩れ、肌のバリア機能が正常に働かなくなる原因にもなるので、1日に最低でも1回以上は取り替えて清潔を保ちましょう。

使い捨てのマスクをいちいち買うのがもったいない場合、洗えるマスクを何枚か用意しておき、1日に何度か取り替えられるように綺麗に洗ってストックしておく方法もあります。

マスクして寝ない

マスクして寝ると確かに口呼吸の矯正になる場合もありますが、肌のことを考えるとオススメできません。

寝ている間は自覚なしに寝返ったり枕に顔をこすりつけたりしている可能性があるので、マスクをしていると高い確率で顔に摩擦を起こします。うつ伏せに寝てマスクが顔に押しつぶされている場合があり、起きたら顔にマスクの跡がついていた…ということも。

さらに知らない間によだれを垂らしていた場合、マスクによだれがついて雑菌が繁殖する原因になる場合もあります。もし寝る時の口呼吸の矯正が必要な場合はマスク以外の方法を試し、寝る時にマスクをするのは控えましょう。

保湿する

マスクは肌の保湿にもなる反面、使い方によっては乾燥肌の原因にもなることがわかりました。しかし、きちんと保湿をすることでマスクを取った後の乾燥を防ぐことができます。

マスクを取った後に乾燥するのは、マスクが肌表面の皮脂を吸い取ってしまうことも原因の一つです。肌表面を覆っている皮脂膜のバランスが崩れることで、肌内部の水分蒸発を加速させてしまうので、マスクに吸収された皮脂の代わりにクリームなどで保湿をすると水分蒸発を防げます。

マスクの素材を選ぶ

肌を守ることを考えるならすこし値段が高くなっても、より肌に優しい素材のマスクを選ぶことをオススメします。安価なマスクはどうしても繊維が荒いものが多く、肌が傷つきやすいからです。

もし肌あれを起こさない場合はそこまで問題ありませんが、アロマなどの香料が入ったマスクは、その香料の成分が肌あれの原因となる場合があるので気をつけましょう。また、職場などで素材を選べない場合はマスクと顔の間にガーゼを入れることで幾分か肌への負担を減らすことができます。

マスクの大きさを選ぶ

マスクの大きさも様々なものが販売されていますが、輪郭の形や鼻の高さなど人ぞれぞれです。また、マスクも形が全て同じではないので、大きければ良いとか小さめがいいとかではありません。

お試しでそれぞれのサイズを一つずつ使ってみて、自分が使いたい素材・使いたい形のマスクで、自分にとって肌の摩擦が起こりにくいサイズのものを試して探してみるのが一番良い方法です。

トラブルが起きたら使用を中止する

気をつけていても、その時の体調や気候の変化、生活習慣の変化などで思わぬ肌トラブルが発生してしまう場合があります。その場合はマスクの使用を中止してください。必要なら医療機関に相談しましょう。

肌があれたら

肌荒れを起こした場合マスクの素材が肌に合わなかったり、実は使っている化粧品が合わない場合もあります。マスクの湿気で顔の皮膚がふやけて敏感肌になっていると普段肌あれを起こさない素材や化粧品でも、ちょっとの刺激でトラブルを起こす原因になることがあるからです。
肌あれをしているのにそのままマスクを使用していると、肌が荒れた部分に雑菌が入り込んでニキビや皮膚炎を起こす可能性もあるので、肌あれが収まるまでマスク自体の使用を中止しましょう。

肌が乾燥したら

保湿をしていてもマスクを取った時の乾燥がひどかったり、どうしても肌の乾燥がよくならない場合も一旦使用を中止した方がよいです。

マスクの素材が極端に皮脂やクリームを吸い取ってしまう繊維の可能性もありますが、どうしても改善しない乾燥は、何か病気が隠れている可能性もあります。肌の乾燥以外に体に変化がないか観察しながら、場合によっては医療機関で相談してみる必要性も視野に入れてみてください。

ニキビができたら

衛生などに気を配っていてもその時の体調や間違ったスキンケアなど様々な原因により、ニキビが発生してしまうことがあります。その場合も一旦使用を中止しましょう。

なぜならニキビができている肌は敏感になっており、ちょっとした摩擦で炎症がひどくなったり、マスクの湿気でニキビの原因菌が余計に繁殖して顔中に広がる原因になる可能性があるからです。

ニキビが改善するまでは肌への負担に気をつけ、どうしても改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。

わざわざマスクで保湿しなくてもできる乾燥肌ケア

実はわざわざマスクを使わなくても顔や体内部を保湿する方法は色々あります。就寝時や、肌トラブルのせいでマスクを使用できない時などは、それ以外の方法で保湿に取り組んでみてください。

また、皮脂の分泌が多い人の中には、実は乾燥肌なのに脂性肌と勘違いしていることがあります。保湿をすることで皮脂の過剰な分泌が抑えられ、肌の調子が良くなってくる場合があるので乾燥肌ケアを実践してみましょう。

加湿器

就寝時のマスクはオススメできませんが、加湿器での保湿はオススメです。最近ではペットボトルに取り付けるものなどお手軽な商品も販売されています。しかしなにも機械だけに頼る必要はありません。

洗濯物を中干しする、部屋にお湯を張った洗面器を置いておく、濡れたタオルを干しておく、お風呂場の換気扇を止めて窓を閉め、出入り口を開けて部屋にお風呂場の湿気を移動させる、など方法は様々です。

スキンケア

マスクでの保湿に頼らず、肌を乾燥させないスキンケアをすることも大切です。
洗顔
洗顔をする際にも気をつけていないと皮脂を取りすぎて肌の乾燥を悪化させる原因になります。洗顔の際には次の点に中止しましょう。

  • 1日に何度も洗顔しない
    (皮脂を取りすぎて肌の皮脂バランスが崩れるため)
  • 洗顔時のお湯は38度〜40度くらい
    (お湯の温度が高すぎると皮脂が落ちすぎ、洗顔後にひどく水分蒸発するため)
  • ゴシゴシこすらない
    (強い摩擦を与えると角質層が傷ついて肌のバリア機能が崩れるため)
  • 肌に優しい洗顔料を使う
    (刺激が強かったり洗浄力が強いと、肌のバリア機能を崩すため)
  • 洗顔後はすぐに保湿
    (肌の水分が蒸発する前に保湿をすることで、乾燥を少しでも和らげる)

洗顔後のスキンケア

洗顔後は皮脂が取り除かれて肌のバリア機能が働かず、丸腰の状態なのでしっかりと保湿をする必要があります。ホルモンや病気によるオイリー肌でなく乾燥が原因のオイリー肌の場合も、保湿をしっかりと行うことで皮脂の過剰分泌が収まってくる可能性があります。

注意点としては、いくら保湿専用と言われていても化粧水だけで終わらせないことです。化粧水は保湿成分が配合されていても「水」が基礎なので、化粧水だけだと十分な保湿になりません。

また、パッティングをしたり肌に擦り込んだりして肌に余計な負担をかけるのも厳禁です。スキンケアの際は肌にやさしく滑らせて、刺激を与えないようにやさしく行なってください。

食生活

いくら保湿に力を入れていても、食生活が乱れて栄養が偏っていると肌にきちんと栄養が回らず、ターンオーバーが乱れてしまいます。また、細胞にバランスのいい栄養が届かないので、肌そのものが弱くバリア機能がうまく働かなくなってしまいます。

栄養素としては、ビタミンA・B・C、そしてビタミンE。角質細胞の保湿の役割を担うセラミド、ターンオーバーを助ける亜鉛やα-リノレン酸などが、保湿を目的としたものです。

運動

運動不足も実は乾燥肌の原因になります。足の筋力のおかげで血液が全身に回っているとはよく言われますが、運動不足で筋力が落ちると、血液を体の隅々にまで行き渡らせることが困難になります。

激しすぎる運動はかえって体内の活性酸素を増やす原因にもなってしまいますが、適度な運動は体の中の老廃物を排出し、新陳代謝を上げてくれます。そして筋力が適度につくことで血液循環もよくなり、肌に栄養を行き渡らせるので健康的な肌作りの手助けにもなるのです。

ストレス解消

ストレスは血行不良の原因となります。ストレスが溜まると体の筋肉も緊張し柔軟性が低下、さらに血液循環が悪くなることで冷えを起こし、ターンオーバーが乱れる原因となっていきます。また、ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れるので、肌のバランスも崩れるのです。

適度な運動もストレス解消になりますが、休みの日には好きな場所へ出かけたり、趣味活動をしてみたり、日常に取り入れることができるストレス解消法を見つけると、健康へもつながります。

水分補給

保湿、保湿、と言ってもそもそも体の中の水分が足らない状態では、いくら化粧品で水分を補っていたとしても潤いのあるお肌に近づくことはできません。

体が水分不足に陥らないように、寒くても水分補給はきちんと行いましょう。冷たい飲料は冷えの原因になるので、人肌に温めて飲むのをおススメします。
そして注意したいのは、利尿作用のある飲み物です。コーヒーや緑茶など利尿作用のある飲み物は、かえって尿になって体内の水分が外に出てしまう原因になるので飲む量に注意しましょう。

まとめ

マスクはウイルスから守ってくれたり、花粉症対策になるだけでなく、様々な場面で役に立つ便利なアイテムです。最近は機能性のマスクも色々と売り出されて、本来の「ウイルスを防ぐ」という目的以外の使い方もどんどん生み出されていますね。

マスクで保湿をするというのも、そんな新しい使い方の一つでしょう。しかし、保湿を目的とした場合には逆効果になってしまう危険性もはらんでいるので、十分に注意して使用し、マスクを過信しすぎずにマス

ライタープロフィール
Unyoung

幼少時から家族の影響で健康に関心をもち、現代医療だけでなく東洋医学、代替医療など様々なジャンルに触れる。アロマコーディネーターライセンス取得。体の内側だけでなく美容への関心も高く、手作りの石鹸や化粧品でのスキンケアも実践。