顔を洗ってもすぐテカる、どれだけ丁寧にお化粧をしてもすぐに崩れてしまう、そんな苦労をもつ脂性肌の人は何をしても溢れる皮脂をおさえられず、スキンケアやメイクがうまくいかずどうすればいいか悩みのタネですよね。どうにかしたいのはテカりだけではありません。目立つ毛穴や肌のごわつき、ニキビや吹き出物も気になってしまいます。なりたいのは、皮脂がテカりではなく肌を守る潤いになるようなみずみずしく澄んだ肌。皮脂量が多いことで叶わなかった、メイク後に長時間美しさがキープされる方法を原因やスキンケアからひも解き、オイリー肌の悩みを改善していきましょう。

脂性肌のメカニズム

 まずは肌がオイリーな状態である「脂性肌」について知っておきましょう。皮脂が多くなってしまうのはなぜなのでしょうか?

脂性肌はどんな状態?

皮脂の分泌が過剰な肌質のことをいいます。脂性肌にもタイプがさまざまで、部分的に皮脂が多いタイプや皮脂量と共に水分量が不足していている場合もあります。

皮脂と肌の関係性

 皮脂は肌をテカらせるためにあるのではありません。肌表面の角質層は皮脂と水分でできた皮脂膜でおおわれており、紫外線や摩擦などの外的刺激から肌を守り、肌表面をなめらかに保つ役割をしています。
肌表面を弱酸性にキープすることで細菌の繁殖をおさえる働きもあるので、肌にとって適度な皮脂量は必要なのです。

なぜ皮脂が多くなるの?

 皮脂量を左右するのは男性ホルモンの「テストステロン」や「アンドロゲン」です。さまざまな理由で男性ホルモンの分泌が増え、女性ホルモンとのバランスが崩れてしまうと皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。
 また、「黄体期」と呼ばれる生理前は女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」が「エストロゲン」より優位にはたらくことで皮脂分泌量が増えるため、肌荒れを起こしやすいのです。

皮脂過剰がおこす肌トラブル

 皮脂が必要以上に多くなると洗顔をしてもすぐに肌がテカり、メイクが崩れるだけはありません。毛穴の黒ずみや皮脂が酸化することで肌のくすみが目立ったり、毛穴詰まりからニキビや角栓、吹き出物に悩むこともあるでしょう。
また、肌のキメが粗くなってしまうので肌自体が汚く見えてしまい、化粧ノリも悪くなります。

あなたはどのタイプ?脂性肌チェック

 「脂性肌」には大きく分けて3つのタイプがあります。あなたが気づいていないだけで実はその肌、脂性肌かもしれませんよ。

オイリー肌

・顔全体のテカりに一年中悩まされている
・洗顔後しばらくたつと顔がテカる
・毛穴がすぐ開きキメが整わない
・ニキビや角栓が気になる
・メイクのりが悪く、すぐ崩れる

オイリーな肌質は皮脂が全体的に多く、テカりやすいのが特徴です。家族もオイリー肌であったり、10代のころから肌質が変わっていない場合も多いです。

インナードライ肌

・メイク仕立てはキレイだが、夕方にはテカる
・以前は感じなかったメイク崩れが気になるようになった
・肌のごわつきを感じる
・鼻横の頬周りの毛穴がたるんで涙型の開きが目立つ
・オイルクレンジングや洗浄力の高い洗顔料を使用している

肌内部の水分が足りていないことで、皮脂が肌を守ろうと過剰に分泌してしまっている状態です。以前は同じスキンケアをしていてもノーマル肌だったのに、加齢により水分量が保ちにくくなることでインナードライ肌に変化することもあります。

混合肌タイプ

・部分的にニキビや吹き出物ができる
・夏はテカりやすく冬は乾燥が気になる
・洗顔後はつっぱりとテカりを両方感じる
・頬の毛穴は気にならないが小鼻の毛穴が目立つ
・メイク直しはTゾーンを中心におこなう

Tゾーンは皮脂が過剰なのにUゾーンである口周りや頬は乾燥・ノーマル肌である混合肌タイプは日本人に多いのが特徴です。混合肌に気づかず、偏ったスキンケア方法をおこなっていると改善されないので注意しましょう。

脂性肌になる原因

 ホルモンバランスの崩れや乱れで皮脂過剰をおこす脂性肌ですが、その原因はさまざまです。スキンケアで改善する前に、あなたの肌をテカらせている原因について迫ってみましょう。

●体質
男性ホルモンの量は遺伝や体質も関係しています。皮脂腺がもともと大きく、皮脂が分泌しやすい場合、脂性肌になりやすいのです。

●加齢
加齢や出産を機にホルモンバランスが崩れてしまうと皮脂をコントロールする働きが低下し、皮脂分泌を過剰にしてしまうことがあります。潤いを保つ成分も加齢により肌内部から減少してしまうため、肌を守ろうと皮脂の分泌を活発にしてしまいます。

●食事
食事から得る栄養は、脂肪の代謝を左右しています。糖質のとりすぎは体内で脂肪に変換されてしまい、皮脂を生み出してしまう原因に。脂質や糖質の過剰摂取だけでなく、ビタミンや不飽和脂肪酸など、皮脂分泌をおさえ、中性脂肪やコレステロールを下げる栄養素が不足する事でも脂性肌になってしまうので注意が必要です。

●生活習慣
不規則な生活による睡眠不足、ストレス、喫煙などはホルモンバランスを乱します。ニキビや肌荒れも起こりやすく、皮脂をコントロールする力が働かないため、皮脂過剰だけでなく肌がごわつきやすくなります。

脂性肌を改善するスキンケア術

 脂性肌を改善し、潤いへと導くスキンケア方法をご紹介します。間違ったスキンケア方法があなたの肌をテカらせているかもしれませんよ。

洗顔・クレンジング

 脂性肌の人は洗顔時の皮脂の落とし方が非常に重要です。

●オイリー肌が落ち着く洗顔方法
テカりをおさえようとしておこなうゴシゴシ洗いは厳禁です。摩擦により肌を守るバリア機能が壊れ、過剰な皮脂分泌の原因にもなってしまいます。洗顔料は固さを感じ、逆さに向けても落ちない状態に泡立て、指先が肌に触れないよう「泡で洗う」を意識しましょう。

●皮脂の落とし過ぎに注意
洗浄力の強い洗顔料やウォータープルーフのアイメイクまで一気に落とせるクレンジング剤は必要な皮脂まで落としてしまい、インナードライの肌状態になりやすいので注意です。濃いメイクはコットンを使いポイントで落とし、洗いすぎないようにしましょう。

保湿

 テカる、べたつくのが嫌、などの理由で保湿を怠っていませんか?実は脂性肌の人に保湿力が足りないことこそ、オイリーな肌へ導いてしまう落とし穴なのです。

●テカるのに保湿が必要な理由(メイク崩れ・乾燥)
肌が乾燥し、保湿成分が足りなくなると皮脂は肌を守ろうと分泌を過剰にさせてしまいます。テカりやメイク崩れだけでなく、大人ニキビを発生させてしまうことも。インナードライ状態の肌を落ち着かせるために、保湿は乾燥肌の人と同様にしっかり行ってください。

●脂性肌に適した保湿成分
脂層肌の人は水溶性の保湿成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの入った美容液で肌内部を潤わせましょう。加齢により失われる美容成分なので、化粧品でとり入れなければ水分保持力が低下し、インナードライ肌が加速してしまいます。

どうすればいい?崩れないメイクの鉄則とは

 脂性肌の人は日中の化粧崩れが気になりがちです。一日中、外にいても肌が綺麗な状態を保つことができるメイクの仕方を学んでいきましょう。

十分に保湿をする

 メイク前に保湿をしっかり行わないことが主なメイク崩れの原因といっても過言ではありません。朝の洗顔後に素早く保湿し、潤いを閉じ込めた状態でメイクしましょう。乳液やクリームの余分な残りは軽くティッシュオフしてくださいね。

下地とファンデーションの相性

 肌質と下地が合っていなかったり、下地とファンデーションが合っていないとメイクがヨレてしまいます。例えば同じメーカーのアイテムでもリキッドファンデーションはもちが良いけれどパウダーファンデーションでは崩れてしまう、など、相性が良くないものもあるので、自分に合うベストな組み合わせを見つけましょう。

厚塗りや塗りすぎには注意

皮脂をおさえようとしてメイクを重ねたり厚く塗ってしまうことはメイク崩れの落とし穴です。脂性肌の人こそ、ベースメイクはナチュラルが鉄則。メイク直しの時もキレイな状態にリセットすることができます。
また、皮脂崩れを防止する下地は乾燥しやすいので、その上に重ねるファンデーションは薄めに塗ることを意識しましょう。

フィックススプレーの使い方

 メイクをした最後に使用するフィックススプレーを知っていますか?霧吹き状になっているスプレーを顔に吹きかけるとメイクのもちを良くしてくれる優れものです。
 テカりやすい部分をポイント使いしても良いですし、メイク直しに時間がとれない日は全体にプッシュするとメイクが崩れやすいのでおすすめです。

脂性肌を改善に導くポイント

 オイリーな肌状態を落ち着かせ、ノーマル肌に近づけるポイントを最後にご紹介します。習慣にし、続けることで肌質が改善されます。ぜひ、実施してみてください。

脂質代謝を上げる

ビタミンC・B、食物繊維を積極的に摂ると皮脂代謝が上がり、過剰な皮脂分泌を抑える働きをします。逆に、中性脂肪の多い食品や糖質脂質ばかりの食事をしてしまうと皮脂代謝が下がり、皮脂分泌が抑えられない肌状態になってしまうのです。
口にするものは肌につながり、栄養となるので気をつけましょう。

男性ホルモンを刺激しない

 睡眠不足やストレスなど、自律神経が乱されると、皮脂分泌を促進させる男性ホルモン「アンドロゲン」の分泌が増えてしまいます。皮脂分泌を増やし、ターンオーバーが乱れる原因になるので、規則正しい生活を心がけ、交感神経を落ち着かせましょう。

正しいスキンケアをおこなう

 肌状態に合っていないスキンケアをおこなっていると、いつまでたってもオイリーな肌状態は改善されません。オイリー・インナードライ・混合肌と、脂性肌にもさまざまなタイプがあるので、皮脂をおさえる部分、保湿を念入りにする部分を見極め、スキンケアを正しく行ってください。

まとめ

     

 どうすればいいか悩みのタネであった脂性肌の人も、スキンケアや生活習慣の改善、メイクの際に注意することを守ればテカりがおさえられ、メイク崩れが気にならない肌に近づくことができます。この方法で潤いをキープしながら、一日中皮脂が気にならない美肌メイクやスキンケアを楽しんでくださいね。

ライタープロフィール
加恵

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。