化粧品にはアルコールや界面活性剤、防腐剤などが含まれており、肌にのせることで脂性肌の人は余計に皮脂が分泌したりニキビが悪化したりすることがあります。もしかしたらオイリーな肌に保湿は必要ないのかも?そんなことを思ったことはありませんか?クレンジングや洗顔・化粧水・美容液・乳液やクリームといったスキンケアを日々繰り返すことがあたりまえになっていますが、脂性肌の場合、間違ったスキンケア方法や洗顔のしすぎが皮脂の過剰分泌を引き起こしていることもあるのです。何をしてもテカる!メイクが崩れる!とお悩みの脂性肌の人はスキンケア自体が肌に合っていないのかもしれません。そこで今回は、肌本来の力を取り戻し、美容効果があると話題の「肌断食」にトライしてみましょう。化粧品と脂性肌の関係性や、実際に何もしないでいるとオイリーな肌はどのように変わるのかをここでお教えします。

脂性肌にスキンケアは必要?

 脂性肌の人は、皮脂をおさえながら潤いをキープするスキンケアの難しさに日々悩まされていますよね。どんなにスキンケアに力を入れてもオイリーな肌質が改善されないでいると、もはやスキンケアの必要性があるかどうかも疑問に思えてきます。
 スキンケアや保湿をすることは、脂性肌にとって必要なのでしょうか?

スキンケアにおける保湿とは

 肌に必要な水分を与えることが保湿です。スキンケアで保湿をするということはただ乾燥させない肌にするだけでなく、水分を与えることで肌内部の潤いを保持し、皮膚表面を適度な皮脂が覆っている状態にすることで外的刺激から肌を守るバリア機能も育つ肌となるのです。

何もしないでいると肌はどうなる?

皮脂が溢れていてテカり肌の脂性肌には、水分や油分が足りているから保湿は必要ないのでは?と考えがちですが、洗顔後の肌を何もしないでそのままにしてしまうと、ただ肌は乾燥してしまいます。
なぜなら、クレンジングや洗顔は皮脂や汚れを落とすために行いますが、同時に肌の水分も奪ってしまうから。つまり、洗顔で肌に必要な皮脂や水分が落とされた場合、保湿をしないと乾燥に繋がってしまうのです。

脂性肌にもタイプがある

 皮脂が過剰に分泌し、テカりが気になる脂性肌ですが、見た目は同じような肌質でもタイプがあり、適したスキンケアも違います。

●オイリー肌タイプ
洗顔をしてもすぐに顔全体がテカりはじめ、毛穴の開きやキメ、ニキビや角栓が気になるタイプの人は、皮脂が全体的に多く、テカりやすいのが特徴です。メイクも崩れやすく、一年中テカりが気になる肌です。

●インナードライ肌タイプ
毛穴のたるみが気になったり肌がごわつきやすく、スキンケア後やメイク後すぐは調子が良くても時間が経つと皮脂浮きを感じやすいのがインナードライタイプの肌です。
肌内部の水分が足りていないことで肌を守ろうとする働きがおこり、皮脂を過剰分泌させてしまっている状態の肌です。

化粧品と脂性肌の関係性

 脂性肌の人も洗顔後の乾燥を防ぐために保湿は必要ですが、肌にとって正しいと思い行っているスキンケア方法が皮脂の過剰分泌に繋がってしまう場合があります。化粧品がもたらす肌への影響を知っておきましょう。

洗顔のしすぎは皮脂腺を肥大化する

 脂性肌の人はテカりが気になってゴシゴシと洗顔をしすぎたり、洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを続けることで必要な皮脂まで取り過ぎていることがあります。こうして皮脂を落としすぎることによって潤い不足になった肌は皮脂腺を肥大化させ、もっとテカりを感じる悪循環になっていくのです。

間違ったスキンケア方法が皮脂を増加させる

 肌質の変化に気が付かず同じスキンケアを続けていたり、さっぱりとした化粧品を好み保湿が足りていないなど間違ったスキンケアをしてしまうと、肌にとって足りない成分を補おうとする働きから皮脂腺は活動を活発化させ、皮脂の過剰生産に繋がってしまいます。

洗顔によるインナードライの悪化に注意

 洗顔により皮脂を落とし過ぎたことによる皮脂の過剰分泌だけでなく、洗顔料やクレンジング剤を肌にのせる際の摩擦や、熱すぎる温度で洗い流すこと、その後の保湿を十分に行えていないことは肌内部の水分量を低下させ、インナードライ肌を進行させてしまいます。脂性肌の人は皮脂や汚れを洗い流すことに一生懸命になりがちなので注意しましょう。

何もしないでいると脂性肌はどうなるのか

 洗顔料やクレンジングで洗顔をした場合、乾燥を防ぐために肌へ保水や保湿が必要です。では、洗顔料やクレンジングを使わず水で洗うとどうなるでしょうか。
水分も油分も過剰なオイリー肌タイプの人は、肌本来が持っている水分や油分が十分に足りている肌状態です。メイクをするとクレンジングは必要ですが、何もしない状態で過ごす週末など、メイク落としを使う必要が無い場合などは水で洗顔しそのままで過ごすと、肌がもつ潤い成分を落とすことがなく保つことができます。
ですが、インナードライ肌の人は適度な保湿が必要になるため、自分の脂性肌がどのようなタイプなのかをしっかり理解しておく必要があります。

何もしない美容法、肌断食のススメ

 洗顔料を使わず、スキンケア製品を一切のせないで過ごすことで肌の状態を良くすると話題の美容方法、「肌断食」はどのような効果をもたらすのでしょうか?何もしないでいることが美肌につながる肌断食のやり方も、詳しくお教えします。

肌断食とは

 肌を潤すため、肌状態を良くするために本来スキンケアを行いますが、化粧品には界面活性剤や防腐剤などの化学物質が使用されていることもあります。肌に合っていない化粧品を使うことで肌がごわついたり、吹き出物ができることも。そんな肌にとって異物となる可能性もあるスキンケア製品を断つ美容方法のことを「肌断食」といいます。

肌断食の目的

 メイクを行わずに過ごすと、肌への摩擦やクレンジングから肌を休めることができます。化粧水や美容液、乳液などの基礎化粧品に含まれている美容成分が肌にとって刺激となることもなく、肌本来がもつ潤いやハリを甦らせて健康的な肌をつくるのが肌断食の目的です。

脂性肌と肌断食が合う理由

 脂性肌の改善には「皮脂を落とすこと」よりも「皮脂を取りすぎないこと」が重要です。肌断食の基本となる水洗顔を行い、洗顔料を使用しないことで必要な皮脂まで落とすことがなく、潤いやバリア機能となり、過剰な皮脂分泌を抑えることができます。

肌断食のやり方

 肌断食は、洗顔を水で行うこと以外は何もしないことが基本の方法です。正しいやり方と注意点をまとめました。

●水洗顔
洗顔に使う水は冷たすぎたり、お風呂の温度のように熱すぎてもよくありません。32~35℃程度のぬるま湯を使用しましょう。そして、肌へ摩擦が起きないように手や指でなく水を顔に当てるように洗います。洗う時間は1分程度にとどめ、拭き取るときもゴシゴシせずにタオルで表面の水滴を吸い込むように軽くおさえる程度にしましょう。

●一定の期間続けることが大事
肌断食をすることで肌質を改善するには一定の期間続けることが必要です。肌断食の開始すぐは、好転反応としてまれに吹き出物ができたり悪化したりすることもあるため、肌に合わないと感じてしまいすぐにやめてしまう人もいますが、継続することで徐々に改善されていきます。
早々にやめてしまったり間違った方法で肌断食をしてしまうと意味がないので、メイクをしない週末や休日におこなうスケジュールを組み、続けて行いましょう。

何もしないことで得られる美容効果

 水洗顔後、何もしないことで脂性肌が改善されると肌の状態は具体的にどのように変化するのかを学んでいきましょう。脂性肌の人が悩んでいるテカりや化粧崩れが抑えられるだけでなく、さまざまな美容効果を得ることができるのです。

肌のキメが整う

 スキンケアで保湿したり肌に美容成分を与えると、肌は栄養を吸収します。しかし、スキンケアによって与えられる栄養が入りすぎることで肌荒れをおこすことも。肌は本来保湿成分をもっており、強く美しく保つ力が備わっています。何もしないで過ごすことで肌がもつ弾力や保湿力、再生力を取り戻されるとターンオーバーが促されキメが整い、バリア機能が備わった肌をつくることができます。

ニキビや角栓が改善される

 洗顔によって必要な皮脂を落としてしまうと皮脂は過剰分泌し、ニキビや毛穴詰まり、角栓ができやすくなってしまいます。しかし、洗顔をせず何もしないで過ごすことで皮脂は詰まらずに潤いとなり、肌のバリア機能も回復するため、ニキビや角栓ができにくくなるのです。

肌老化を防ぐことができる

 肌断食をすると肌本来がもつ潤いや回復力を取り戻すことができるため、肌のターンオーバーが整えられます。新しい細胞が生み出され古い角質が剥がれ落ちるサイクルが乱れてしまうとしわやたるみの原因になりますが、何もしないでいることで肌のターンオーバーが整うと肌の弾力がアップし、たるみの改善に役立ちます。
 また、不要なメラニンの排出もスムーズに行われるため、シミができにくい肌になるのです。

スキンケアを何もしないでいても大丈夫?

 脂性肌の人は水洗顔後、何もしないで過ごす「肌断食」を続けることで肌質改善の効果を感じやすいのですが、特に開始直後は好転反応で肌へのダメージを感じることがあります。
時間をかけてじっくり続けることで改善されますが、肌にかゆみを感じる場合は、気になる部分にワセリンを薄く塗りましょう。ワセリンは化粧品で保湿するのとは違い、肌を守り保護する役割をしてくれるため、肌がもつ美容成分を壊さず、持続させながら改善へと導いてくれます。
 また、化粧の必要が無い場合も日中の外出時には紫外線を浴びてしまうため、UVケアが必要です。帽子や日傘、サングラスやマスクを利用し、紫外線対策を行ってください。
  

まとめ

     

 スキンケアをしても脂性肌が改善されない場合は、肌がもっている本来の力を高めることができる水洗顔や肌断食を試してみてください。ただ何もしないだけではなく、正しいやり方で続けることが成功のカギです。
 インナードライ肌タイプや、もともとのスキンケアで保湿が足りていないことでオイリーな肌になっている場合は、まず自分のスキンケアや洗顔方法を見直すことが肌質改善の第一歩です。

ライタープロフィール
加恵

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。