敏感肌のスキンケア方法とは、他のタイプの肌質のスキンケアとはどのような違いがあるのでしょうか。

敏感肌ならではの悩みを予防していくためにも、お肌の敏感にさせないようなスキンケアの方法を行う必要があります。敏感肌には敏感肌用のケアを試してみるようにしましょう。

この記事では、敏感肌の方に試してもらいたいスキンケアの方法を紹介していきます。

敏感肌とは?

敏感肌とはどんなお肌のこと?

敏感肌とは、お肌が何らかの刺激を受けたりして敏感になってしまっている状態のことを言います。化粧品やスキンケアなどの外部からの刺激によって引き起こされますので、普段のスキンケアから見直して行く必要があります。

敏感肌の人は、普通肌の人が使用しても何も起こらない化粧品などで、過敏に反応炎症を起こしてしまいます。ほてり・かぶれ・赤み・かゆみなどの症状がお肌に現れたら、敏感肌を疑うようにしましょう。敏感肌はケアしていくことで徐々に改善していくことができる症状です。

毎日の習慣が、お肌を敏感にしてしまっていないか注意深く観察してみるようにしましょう。意外なところに原因が潜んでいるものです。

敏感肌の原因

通常、お肌は外部からの刺激から守るようにしてお肌表面にバリアを張って守られています。このバリアが乾燥などが原因で壊されてしまうと、普通肌であれば何も感じなかった刺激などにも反応してかゆみや赤みなどの症状を引き起こしてしまいます。お肌のケアをしっかりと行っているつもりでも、その習慣がかえって敏感肌に近づけてしまっているということも考えられます。

敏感肌になってしまう刺激のきっかけは次の4つが考えられます。自分が普段行っているスキンケアのやり方で、当てはまることがあればそのやり方は避けるようにして下さい。

お肌を乾燥させてしまう習慣や原因

□正しいスキンケアが行えていない
スキンケアは正しく行わないと、お肌に刺激を与えより敏感にしてしまうことがあります。普段からお肌を優しく触るように心がけたり、お肌に刺激を与えにくい化粧品などを使用してスキンケアを行うようにしましょう。

また、乾燥する冬に夏と同じようなスキンケアをしていては、保湿不足に陥ってしまいます。季節に合わせてお肌の調子を見ながら、徐々に使う化粧品などを変えていく必要があります。

しっかりと保湿が足りていれば、お肌の表面にバリアができて敏感肌も徐々に気にならなくなってきます。お肌に合わないと感じた化粧品などはすぐに使用をやめ、自分の肌タイプに合った化粧品を探してみるようにしましょう。

□乱れた生活習慣
規則正しい生活を送れていなかったり、ストレスを溜め込んでしまうとお肌に負担をかけてしまいます。それだけでなく、お肌の刺激から守るバリア機能を弱め、お肌を乾燥させていってしまうことも考えられます。できるだけ、お肌に負担を与えないようにスキンケア以前に生活習慣の改善を心がけるようにしましょう。

寝不足や運動不足などは、体の本体もつバリア機能を最大限発揮することができないようにしてしまいます。しっかりと睡眠をとり体の内側から元気にしていくことで、お肌が過敏にならずに乾燥からお肌を守ることができるようになります。

□季節的な乾燥要因
季節の変わり目や冬などは特に乾燥が気になりますよね。そんな時期には、お肌も乾燥しやすくなっています。口元の乾燥が気になってきたら、お肌の水分量が減少してるサインです。

お肌には水分と油分がバランスよく保たれていることが大切ですが、お肌のバリア機能が弱まっている敏感肌の人は、より乾燥しやすくなってしまいます。

ただ油分でフタをするのではなく、本来自分の体から作られる皮脂などを上手に作り出せるように肌質を完全して、お肌を緩やかに健康にしていきましょう。

□ホルモンバランスの乱れ
女性とは切っても切り離せなお肌のトラブルの原因の一つがホルモンバランスの乱れです。お肌を美してく保つためにはホルモンバランスを正常な状態にして健康なお肌を作り出す環境にしておかなければなりません。

ホルモンバランスに振りわされる生活をどうにか改善したいと思うことは、加齢とともに増えてきますよね。ホルモンバランスの乱れは、睡眠不足や過労・必要な栄養素が摂れていないことによって起こることが多いので注意が必要です。

日頃から、健康的な生活を送っていると思っていても、ホルモンバランスは乱れてしまうことが多く、日ごと季節ごとに状態は常に変化しています。いつも通りで通用しなくなったら、体そのものの体質が変化し始めているのかもしれません。本当に合うホルモンバランスのケアは人それぞれなので、自分の体調やその傾向をよく観察しておくようにしましょう。

いつも意識して見ていれば、少しの変化でも気がついて対処することができるようになります。

敏感肌に必要なケアの方法

敏感肌のスキンケアにはなるべく刺激を与えないように行うということがとても大切です。普段から刺激を受けやすいお肌だからこそ、刺激になっていると意識していなこともあります。このくらいに力加減だとお肌に刺激になるという目安が分かると、いつもどれだけ無意識のうちに刺激を与えてしまっていたかということに気がつけるはずです。

以下で敏感肌のスキンケアの方法を紹介していますので、自分の普段のスキンケアと比較しながら参考にしてみて下さい。

敏感肌のスキンケア方法

敏感肌には敏感肌向けのスキンケアが必要です。お肌に刺激を与えないように意識しながら、丁寧に優しく行うようにしましょう。

敏感肌におすすめの化粧水の選び方

敏感肌の人は、お肌のバリア機能が低下して刺激を感じやすくなっています。なので、敏感肌の人が化粧水を選ぶ時には、次のことに注意して選ぶようにして下さい。

□保湿力の高いセラミドが配合されている化粧水を選ぶ
保湿力の高いセラミドは、お肌から分泌される皮脂ととてもよく似ています、なので刺激を与えることなくお肌の表面に吸着して、お肌のバリア機能を高めてくれます。乾燥を防ぐためには、化粧水でいかに水分を補給できるかにかかっています。肌の表面に乳液などでフタをする前に、しっかりと水分を補給しておくようにしましょう。

□お肌に刺激を与える成分が少ない化粧水を選ぶ
敏感肌の人は、ただでさえお肌が敏感で刺激を感じやすくなっています。そこにアルコールなでおの刺激を感じさせてしまう成分がついてしまうと、さらに症状を悪化させてしまうことも考えられます。敏感肌の方が化粧水を選ぶ時には、アルコールの配合されていない化粧水を選ぶようにして下さい。また、その他の成分で、お肌に刺激を与えるものが含まれていないかも、細かくチェックしてから購入するようにしましょう。

敏感肌の化粧水での保湿方法

敏感肌の化粧水での保湿方法で気をつける点は、
□洗顔後すぐに行うこと
□コットンは使用せずに手でじんわりと馴染ませる

ことです。コットンは、お肌の表面をに摩擦を与えて刺激してしまう恐れがありますので、好みの使用法であったとしても、お肌の調子が落ち着くまでは手で直接つけるようにしておきましょう。

<敏感肌の化粧水のつけ方>

  1. 手を清潔にしてから、化粧水を手に取り温めます。
  2. 顔全体を覆うようにつけてそのまま馴染ませていきます。
  3. 一度馴染ませた後、数回に分けて保湿していきます。
  4. お肌がもっちりと吸い付くようになるまでゆっくりとお肌に馴染ませていきます。

敏感肌の正しいクレンジングの方法

敏感肌でも、お化粧などの汚れは空気中などの汚れは落とす必要があります。そのままにしておくとお肌表面が酸化してしまい不衛生になってしまいます。洗い流し過ぎはよくないですが、その日の汚れはしっかりと落としておくようにしましょう。

正しいサイクルでお肌の生まれ変わりを助けるには、お肌の表面にある角質を取り除く必要があります。クレンジングで毛穴などの汚れをしっかりと取り除いとけば、そのあとの化粧水が浸透しやすくなるというメリットもあります。

敏感肌のクレンジングは、オイルではなくジェルを使用するようにすると、負担をかけずにしっかりと汚れを落とすことができます。お肌の表面に少し油分が残るくらいでも大丈夫なので、ゴシゴシと擦らないように気をつけましょう。

敏感肌の正しい洗顔の方法

敏感肌の洗顔は、洗浄力の高いものではなく、保湿効果もある成分を配合しているものを使用すると良いでしょう。洗顔は毎日行うことなので、一度に強い洗浄力で洗ってしまうと、刺激を感じやすくなってしまいます。

また、洗い方にも注意が必要です。できるだけもっちりと弾力のある泡を立ててから、お肌を滑らすように洗っていきます。クレンジング同様に、ゴシゴシと擦らないように気をつけながら、お肌を指で直接触らないように泡の上から洗うようにすると優しく洗い上げることができます。

敏感肌のメイクでの注意点

敏感肌のメイクは繊細に行う必要があります。かといって、メイクをおろそかにはしたくはないですよね。できる範囲のことから少しずつ挑戦してくようにしましょう。

お肌に優しい化粧品を選ぶ

敏感肌のメイクで一番重要なのは、お肌に負担をかけない化粧品を選ぶことです。どんなに丁寧に優しく扱っても、使用している化粧品自体がお肌に刺激を与えつづけていれば、メイクを落とした後も刺激を感じてしまいがちです。

化学的な原料で作られている化粧品はお肌に刺激を与えやすく、敏感肌をさらに悪化させてしまいますので、自然派志向の化粧品を選ぶようにすると安心です。また、含まれている油分の量も多過ぎない化粧品を選ぶとお肌に負担がかかりづらくなります。

お肌に負担をかけないメイクの方法を身につける

お肌に負担をかけないメイクも方法を身につけて、敏感肌をケアしながらおしゃれも楽しむようにしてみましょう。ここではお肌になるべく負担をかけずにメイクするコツを紹介していきます。

□クレンジング不要のファンデーションを活用する

クレンジングが不要なミネラルファンデーションなどを使用すると、そのあとクレンジングをしなくてもすみ、お肌に付着していてもお肌に刺激を与えにくくなります。敏感肌には力の強い日焼け止めなどは使用できませんが、ミネラルファンデーションには紫外線予防ができるものもありますので、日焼け止めの役割も同時に果たしてくれます。

□油分の少ないファンデーションを使用する

油分の多いファンデーションは、時間とともに酸化してお肌の上で劣化してしまいます、その酸化した化粧品がお肌の負担になることも考えられますので、選ぶ段階から油分多いファンデーションは除外するようにしましょう。

崩れないメイクをしようとすると、どうしても油分の多い化粧品を選びがちです。なので、大前提としてお肌に優しいメイクを心がけるようにし、厚塗りをするようなこうメイクは避けておくのが無難です。

□使用するパフは清潔に!

お肌に刺激を与えるのが化粧品だけかというと、そうではありません。化粧品をお肌に刺激を与えづらいものに変えたとしても、それをつけるスポンジやパフが清潔でなければ、お肌を清潔に保つことはできません。お肌に使用するものは清潔に保つように日頃から意識しておくようにしましょう。

悪化する敏感肌は、まずは皮膚科へ

敏感肌を自分でケアしていても、限界を感じることもありますよね。どんなにケアしても良くならない時には、皮膚科医に相談してみるという選択肢もあります。気になってからすぐに皮膚科に行ってしまっても不安がなくなるのであれば、それはそれで良いことです。ある程度自分で目処を決めて、それまでに行ったケアでも改善しない場合には、専門医に相談して一緒に治す方法を探してもらうようにしましょう。

敏感肌のスキンケア方法を正しく理解して/h2>
敏感肌のスキンケアの方法は、いかに優しく丁寧に行うかということが大切です。お肌が弱っているのであれば、それなりの扱いが必要なのです。敏感になったお肌は、様々な刺激を受けやすくなっています。どんなことでも刺激になる可能性があると意識してスキンケアなども行うようにしていって下さい!

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。