髪の毛からふんわりと良い香りが自分をまとう…、それだけで1日のモチベーションがあがりますし、魅力的な人になれます。良い香りをふんわりと香らせるには普段のヘアケアと香りをつけすぎないことが大切です。髪の健康を守るヘアケアと適切な香水・シャンプー・トリートメント・ヘアコロンの使い方を見ていきましょう。

髪をふんわり香らせるための基本情報

髪の毛からふんわりと良い香りがするのは気分が良いもの。けれど香水や香りの良いシャンプー、ヘアコロンをただ使うだけだと香りが持続しなかったり、変な臭いと混じってしまったりします。髪の毛に良い香りをつけたいなら事前の下準備が大切です。

髪からやさしくいい香りを漂わせるには

1日髪の毛から良い香りをさせるには3つのポイントがあります。

ポイント1:朝に香りをつける
良い香りのするシャンプーを夜に使っても朝になるとずいぶん香りが落ちてしまいます。シャンプーを使って髪の毛を香らせたいなら朝シャンを、ヘアコロンや香水を使って香らせるなら家を出る直前に香りを付けましょう。

ポイント2:ニオイの強い場所に行かない
髪の毛は様々な臭いを吸着しやすい部位です。タバコの臭いがキツイ喫煙所に行ったり、焼肉を食べに行ったりするとどうしても臭いが髪の毛についてしまいます。その状態で香水やコロン、香りの強いシャンプーを使うと香りが混ざり不快なニオイとなってしまいます。
できるだけ臭いの強いところにはいかない、臭いの強いする場所に行く時は髪の毛につけるフレグランスを止める、その日はシャンプーを使って香りを落とすようにしましょう。

ポイント3:普段のヘアケアを欠かさない
良い香りをさせるには他の香りと混ぜない事が大切になってきます。ただ、この他の香りと混ぜない、というのが大変なのです。これはニオイの強いところに行かなくてもヘアケアを怠ると雑菌や皮脂が増え髪の毛自身から嫌な香りがしたり、髪の毛の痛んだところに空洞ができてそれほどニオイの強い場所に行かなくても髪の毛内に臭いが溜まってしまったりするからです。
良い香りをさせるには普段のヘアケアを欠かさない事が大切。ヘアケアに関しては2の項目で紹介していますので参考にしましょう。

※香りをまとう際はTPOを守ろう!
香水やコロン、香りの良いシャンプーはつけて自分の気持ちが上がるものですが、TPO的に香りを控えた方が良い場所もあります。例えば高級レストラン、お茶会などでは本来楽しむはずの料理やお茶の香りを邪魔してしまいます。強い香りを避けるには以下の2点に気を付けましょう。

  1. 集まる30分以上前に香りをつけ、強い香りがしないようにする
  2. よく動かす部位(食事なら手など)を避けあまり動かさない部位に香りをつけ香りを振りまかないようにする

また、病院に行く時やお葬式に行く時、かなり稀だとは思いますが薬品を使う職場などには香水をつけていかないようにしましょう。

髪の香りを楽しむためのヘアケア

いい香りをさせるためにいきなり香水やアロマオイル、良い香りのするシャンプーを使うというのは危険です。それは元々の髪の毛・頭皮の臭いが混ざる可能性があるからです。
髪の毛や頭皮というのは元々外の香りを溜め込みやすい、皮脂が多く雑菌が増殖して臭いを発生しやすい部位です。頭皮と髪の毛が臭いを溜め込みやすい理由を見ていきましょう。

理由1:皮脂が多く、頭皮ケアを怠ると雑菌が発生しやすくなる
髪の毛は毛根の部分に皮脂腺があります。皮脂腺は皮脂を分泌する器官で、毛が皮膚から出ている穴から皮脂を肌表面に分泌します。分泌された皮脂は肌表面に広がり、皮膚の細胞の隙間から水分が蒸発することを防いでくれます。
ただ、皮脂の分泌が過剰になると肌が汚れたり、雑菌のエサとなり雑菌が多量に増殖して臭いを発生したり、肌の刺激になってしまったり、皮脂が酸化して皮脂自体が臭いを発生したりしてしまいます。
頭の皮脂腺は体の部位の中で最も多く1c㎡あたり約800個もあります。この数の皮脂腺から皮脂が分泌される為、体の中で最も皮脂が多く雑菌が増殖しやすい場所なのです。
皮脂腺が多い頭皮で皮脂の過剰を防ぐ為には頭皮の皮脂を毎日洗い流す、頭皮を長時間湿気にさらさないなどの対策をとる必要があります。

理由2:髪の毛にダメージがあると、その隙間に臭いが溜まる
髪の毛の構造を簡単に見ると一番外側を守るうろこ状のタンパク質でできたキューティクルの層、タンパク質と脂質が詰まったコルテックスの層、繊維状のタンパク質がスポンジ状の構造を作っているメデュラという層の3つからできています。

引用元:花王 http://www.kao.com/jp/haircare/structure_02.html

髪の毛のダメージには内部からのものと外部からのものがありますが、どちらも最終的にコルテックスの層にタンパク質と脂質が不足し、空洞ができてしまいます。この空洞に外から不快な臭いをまとった空気が入りこみ、常に自分の髪の毛から不快な臭いがするような状態になってしまいます。
これを防ぐには髪の毛のダメージを少なくし、コルテックスに空洞を作らないようにする必要があります。

頭皮の臭い対策

上記のような理由から髪の毛から良い香りをふんわりと香らせる為にはヘアケアを最初に行わなければいけません。頭皮と髪の毛の健康にも関わるので以下のヘアケアを行ってみましょう!

対策1:頭皮の臭いをできるだけ消す!
頭皮の臭いを消すには「雑菌が発生しない環境を作る」ことが大切です。雑菌が発生しにくい環境を作るには4つのポイントがあります。

  • 夜にシャンプーを使って1日に溜まった汗、汚れ、皮脂を洗い落とす
  • 髪の毛を洗うのに使用したシャンプーやトリートメントは頭皮に残さず洗い落とす
  • お風呂に入った後はすぐに髪の毛を乾かす
  • 皮脂を過剰に分泌させるような油っぽい食事を避ける

対策2:髪の毛のダメージを少なく
髪の毛のダメージを少なくするには「キューティクルを剥がさない」「髪の毛に十分に栄養を供給する」ことが大切です。「キューティクルを剥がさない」「髪の毛に十分に栄養を供給する」為には4つのポイントがあります。

  • 髪の毛が濡れたままで寝ない、濡れたらすぐに乾かす
  • 髪の毛の温度が高くなり過ぎないようドライヤーは10cm以上はなし冷風と温風を交互に使用しながら乾かす
  • 髪の毛の栄養となるタンパク質を摂取する
  • 規則正しい生活をする

髪の香りを楽しむためのアイテム選びと使い方

普段のヘアケアがしっかりできている、実践した、という方はどのような香りを選べばよいか見ていきましょう。自分も楽しめる、周りに不快感を与えない香りを選んで大人な女性を演出!

シャンプー、トリートメントの香り

国産のシャンプーやトリートメントの香りは日本人好みできつくないものが多く、どんな香りを選んでよいかわからない・判断が難しいという方におすすめです。どのようなポイントを見てシャンプーを選べばよいか紹介するのでチェックしてみてください。

ポイント1:合成香料のシャンプー・トリートメントは避ける
香り成分には天然由来のものと化学成分を合成して作ったものがあります。合成香料全てが悪いというわけではありませんが、合成香料の多くは髪の毛にダメージを与えたり、体にダメージを与えたりする可能性があります。
3,7-ジメチル-1,6-オクタジエン-3-オール、といった明らかな化学式名や「香料」と一言書いているだけのものは避け、植物名の入っているシャンプー・トリートメントを選びましょう。難しいと感じる場合は店員の方に直接聞いてみましょう。

ポイント2:香りづけするなら朝シャンを
香り成分をしっかり残すには朝にシャンプーをしましょう。ただし、夜シャンプーしなくて良い、という意味ではありません。夜のシャンプーは皮脂と雑菌を洗い落とし髪の毛と頭皮を清潔に保つ役割があります。シャンプー・トリートメントで良い香りを漂わせるなら朝・夜のシャンプーを行うよう心がけましょう。

ポイント3:洗い流さないトリートメントは1日3回使う
シャンプーや洗い流すトリートメントを使って香りを漂わせるなら上記のように朝シャンをするのが一番ですが、洗い流さないトリートメントを使うなら1日3回トリートメントを使うようにすると香りが持続します。トリートメントをするタイミングとしてはヘアケアも踏まえて以下のタイミングがおすすめです。

朝:スタイリングをするする前
昼:髪の毛の乾燥が気になった時
夜:髪の毛を乾かす前

他人がきつく感じない使い方のコツ

シャンプー・トリートメントに関しては香りのきついものを選ばないことが大切です。
国産のシャンプー・トリートメントならきつい香りの商品は少ないのですが、最近シャンプー・トリートメントで香りを残すことが流行っている為か強い香りの商品もあります。また海外、特にヨーロッパやアメリカのシャンプーやトリートメントは元々の文化的に香りの強い商品が多いようです。
シャンプーを選ぶ際はきつめの香りを避ける、口コミを見るなどしてきつすぎない香りの商品を選ぶようにしましょう。迷う場合は日本の大手メーカーの売れ筋と似た香りを選ぶと無難な香りが選べます。

香水の香り

香水の香りを選ぶ際には自分の好きな香りを選ぶ、というのがもちろん良いのですが、仕事場やレストラン、多くの人前につけていく場合は他の人が不快に感じにくい香りを選ぶ必要が出てきます。万人受けしやすい香りとしては

・グリーンシトラス系
爽やかでさっぱりとした香りです。日本の洗剤メーカーやシャンプーメーカーで採用される事も多い、日本人になじみやすい香りです。

・ホワイトムスク
いわゆる石鹸の香りです。清潔感のある香りでこの香りが苦手!という方はほとんどいないものです。香水の香りの名前としてよく聞くムスクとは異なるので注意してください。

があります。この他にも甘すぎない柑橘系の香りやグリーンティーや紅茶などの香りを真似た香水も万人受けしやすい香りです。
逆に好き嫌いが分かれるのは甘すぎる可能性があるバニラ、ココナッツの香りや、芳香剤に多いローズ系のフローラルな香りです。もちろん甘い香りやフローラル系の香りにも様々な配合があるので万人受けする商品もありますが選ぶのは中々難しくなります。難しい香りを選んだ際は店員の方にこの香りは好き嫌いが激しい香りかを確認しましょう。

自分の好きな香りは自分の部屋で楽しむ、公共の場では他の人の不快感を与えない香りを選ぶようにして香水の使い分けをしてください。

香水を使う時の注意点

香水は魅力的な香りも多いのですが、香りが強くふんわりと香る程度にとどめる、万人に受ける香りを選ぶのが難しくなります。また、髪の毛にダメージを与えるかもしれない成分が入っている場合も。香水で髪の毛から良い香りをさせるには以下の4つの点に注意しましょう。

注意点1:香水は髪の毛に直接つけずうなじにつける
多くの香水には髪の毛から水分を奪ってしまうアルコールが入っているため、髪の毛に直接つけるのはできればやめましょう。どうしても髪の毛に直接つけたい場合はアルコールフリーの香水を選ぶようにしてください。

注意点2:うなじに香水を付ける際は軽くつける程度にする
香水は体温が高いほど香りを強く放ちます。うなじは元々体の中でも体温が高めのところ。少しの量で十分に香るのでつけすぎには要注意です。

注意点3:うなじに香水をつける際はこすりつけない
香水をこすりつけると香りの成分が潰れてしまったり汗の臭いと混じったりしてしまいます。香水を手にとってこすり合わせる、なども注意したい行動です。思わずやりがちなので気を付けましょう。

注意点4:香水をつける部分は清潔にする
香水の香りは汗の香りや皮脂が酸化した香りと混じってしまうと不快な香りになりがちです。香りが混ざらないよう清潔な肌に付けましょう。

他人がきつく感じない使い方のコツ

これはつけすぎない、という事が最も大切です。香りはどんなにいい香りでも香り成分が多すぎると臭い!と感じてしまうものなのです。自分では慣れてしまって香水を多くつけても良い香りと感じてしまいがちですが、周りの人にとってはきつい臭いに。
家族と暮らしている、気のおけない友人・恋人が近くにいる場合は香水をつけすぎていないか率直に意見を聞いてみましょう。
この他には香りが混ざらないようシャンプーは香りのないものを使う、万人受けする香りの香水を選ぶ事も他人が香りをきついと感じない香水の使い方のコツです。

髪のことを考えるならヘアコロンが便利

香りを手軽にまとう、髪の毛にダメージを与えない、できればヘアケアの助けにもなる、というものを選ぶならヘアコロンがおすすめです。ヘアコロンならシャンプーやトリートメントのように朝シャンをする必要もなく、香水のように髪の毛を痛める成分を気にする必要もありません。

ヘアコロンの特徴

ヘアコロンの特徴は香りだけでなく髪の毛に優しい成分が入っているところです。ヘアコロンに入っているヘアケア成分を見てみましょう。

・保湿力がある成分
ヘアコロンには香水とは異なり髪の保湿に効果のあるオイルが入っている商品が多くあります。乾燥する時期や髪の毛がパサパサしている時にとても便利です。オイルなので艶出し効果があるものも。
髪の保湿を重視したい場合はヒマワリオイルや椿オイルなど自然由来のオイルが入っているヘアコロンを選ぶようにしましょう。

・紫外線をカットする成分
紫外線カット成分が入っているヘアコロンは多くはありませんが発売されています。紫外線もキューティクルを痛める原因となるのでカットできるのはありがたいですね。

・嫌な臭いをカットする成分
ヘアコロンの中にはスモーキーカット香料というものを配合し、タバコや焼肉の臭いなどをつきにくくしてくれる効果のある商品もあります。全てのヘアコロンに入っている訳ではありませんが、他の臭いとヘアコロンの香りを混ぜたくない、親しい人がタバコを吸っているという方はスモーキーカット香料が入っているヘアコロンを使う事をおすすめします。

またヘアコロンには「香水タイプ」「ミストタイプ」「スプレータイプ」の3種類があります。香水タイプのヘアコロンは香りが強い傾向があり、付けた感じも重めなので上級者向きです。初心者なら水分が多目で香りが強すぎず、付けた感じも軽いスプレータイプのヘアコロンを使ってみましょう。

ヘアコロンの使い方のポイント

ヘアコロンもつけすぎは要注意です。ヘアコロンなら水分が多く含まれているし何となく大丈夫だろうと多くつけすぎてしまうと香りがきつすぎて周りの迷惑に。ヘアコロンの使い方、つける量を見ていきましょう。

・ヘアコロンの使い方
水分が多いタイプのヘアコロンは髪の毛の両サイドにスプレーします。20cmほど髪の毛から離してワンプッシュずつつけましょう。少ないと思う場合は2プッシュ。

・つける量
基本的に髪の毛全体で2プッシュで十分です。多くても4プッシュまでに!香水タイプのヘアコロンの場合は香りが強いものが多いので一度は他の人に香りが強すぎないか聞いておきましょう。

どの香りも長時間持たせるなら出かける直前につけるのがおすすめです。また、香りの強いシャンプーやトリートメント、香水との併用は避けましょう。

まとめ

髪からふんわり香る、演出するには臭いが混ざらないようにヘアケアを怠らず、髪の毛を健康で清潔にしておく事が大切です。そして香りはつけすぎずに!

ライタープロフィール
aestivum

20代後半独身ながら生活を楽しんでいるaestivumです。女性の読者の方が楽しく、自分らしく生活を送る事ができるようなキッカケとなる文章をお届けできるよう頑張ります。国立大学理系卒、現在は大学技術職員をしながら文章書きをしています。