女性の悩みを解決するべく、顔のシワ伸ばし効果を謳った製品がたくさん販売されています。しかし、よく注意して選ばないと、中にはシワに効果が薄いだけでなく、悪化させてしまうものも。
顔のシワ伸ばしに有効な対策には、どのようなものがあるのかご紹介します!

テープは完全なシワの解消にならない

肌に負担がかかって悪化する可能性も

顔のシワを伸ばして薄くするものとして、「テープを張る」方法があります。眉間やおでこの脇にテープを張り、たるんだ皮膚を伸ばし、表情のクセでついたシワを対策するというものです。
さらにテープを張ったまま寝ると、シワ伸ばしになるのだとか。

しかし、顔の表面の皮膚を引っ張っても、真皮に刻まれたシワを根本的に解消することは出来ません。多少目立たなくする効果は得られるかもしれませんが、一時的なもので、時間が経てば元の状態に戻ります。

肌に負担が少ないとして、医療用のサージカルテープをすすめている方法もありますが、これは怪我をしたときにガーゼなどを固定するために使うものです。通気性に配慮して作られているとは言え、健康な肌にとっては刺激になります。不自然に引っ張られた皮膚のストレスは、かえってシワの悪化に繋がりかねません。
シワの解消には、熟睡して肌の修復を促すのが効果的ですが、顔の違和感から熟睡が妨げられる可能性もあります。

シワは表面だけの問題ではない

シワは、肌の奥の真皮層のコラーゲンやエラスチンなどが減少し、ダメージの修復能力が衰えることで生まれます。表情筋の衰えや、むくみなどから肌の新陳代謝が遅くなることも、しわ・たるみを作る原因となります。
肌の表面だけを引っ張って、一時的にシワを目立たなくするやり方では、シワを伸ばすことにはならないだけでなく、シワを増やすことにもなりかねませんので、おすすめは出来ません。

大事な成分を奪わないスキンケアを

顔のシワが出来てしまう原因の1つに「乾燥」があります。
まずは、正しい保湿ケアが出来ているかどうか、確認してみましょう。

顔の洗い過ぎや、強い洗浄力を持つクレンジング剤の使用は、顔に必要な皮脂も洗い流している可能性があります。
顔には皮脂と細胞間脂質、天然保湿因子といった脂質があり、肌を乾燥から守っています。いわば天然の保湿剤のようなものなので、スキンケアの際には、皮脂まで奪ってしまわないよう、注意が必要です。

メイクをする際やクレンジングのとき、顔の皮膚を不用意にこすって刺激を与えるのも、顔の肌にシワを増やす原因になります。特に、目元は皮膚が薄く、デリケートな部分です。皮脂の分泌がなく、乾燥しやすい部分でもあります。アイメイクを施すときと落とすときは、繊細な皮膚をいためないよう、十分注意して行ってください。

洗顔後は、化粧水を使って十分肌に潤いを与えましょう。ただし、化粧水をつけた後放置すると、蒸発してしまい、肌の乾燥を招きます。化粧水のケアの後には、乳液やクリームで蓋をしましょう。

食事で肌を「作る」の意識を高く


 私たちの身体は、いわば食べたものから作られています。ダメージに強く、若々しい肌を目指すうえで大事になるのがこちらの2点。

  1. バランスのよい食事から肌を作る栄養素をきちんと摂ること。
  2. 健康的な生活習慣で、新陳代謝を促進すること。

しっかり意識しておくと、肌状態の変化にも関心が向き、しわの悩みが軽くなる可能性があります。

肌に大事な栄養素

顔のシワ改善のために、特におすすめの栄養素は以下です。
食物の栄養素が口に入り、栄養となって肌は育まれています。

たんぱく質

 肌のコラーゲンを始め、私たちの身体は、無数のたんぱく質から作られています。そのため、日々の食事からたんぱく質を補う必要があります。鶏肉・豚肉・牛肉などの食肉類は、吸収効率がよく、肌を美しく保つのに役立つたんぱく質です。必須アミノ酸のバランスがよい卵や、カルシウムも摂れる乳製品などと併せて、毎日の食事から摂取しましょう。
 大豆製品やイモ類は、食物繊維やビタミンも同時に摂れる、良質な植物性たんぱく質です。大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似たはたらきをしてくれるので、シワに悩む女性には意識して摂りたい栄養素です。味噌や納豆、豆腐など、大豆を使った料理をメニューに取り入れましょう。

脂質

不飽和脂肪酸は、人の体内で合成出来ないため、食事から摂取する必要があります。青魚やナッツ類に多く含まれるオメガ3脂肪酸は、動脈硬化などの生活習慣病の予防や、新陳代謝を促し、アンチエイジングにも役立つとして注目を集めている脂質です。オリーブオイルやココナツオイルに含まれるオレイン酸も、身体の健康維持を助けてくれる良質な脂質です。脂質不足は、細胞の新陳代謝が滞り、老化を招く原因にもなります。
 

糖質

 糖質の摂り過ぎは、中性脂肪を増やし、肥満の原因となりますが、糖質の極端な制限も、身体にとってはよくないことです。
 私たちの身体は、炭水化物から糖分を得て、速やかにエネルギーに変換できるように作られています。糖質が不足すると、新陳代謝の燃料不足に陥り、身体の代謝が低下します。ダイエットのために糖質を制限する人もいますが、代謝が低下した身体は、脂肪を出来るだけ溜め込もうとするので、結局痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。適度な量の糖質は摂るようにしましょう。
 1日の摂取カロリーのうち、6割は炭水化物から摂ることが望ましいとされています。糖質の摂取を控えている人も、最低100gは主食となる炭水化物から摂るようにしましょう。

ビタミン類

にんじんやカボチャに含まれるβカロテン、豚肉・うなぎ・卵などに含まれるビタミンB群、果物や野菜に多いビタミンC、アボカド・ナッツから摂れるビタミンEなどは、どれも糖質・脂質・たんぱく質の代謝を助け、肌や髪、粘膜などの再生に深く関わる栄養素です。これらの成分は、他の栄養素と密接に関連し、補完し合って代謝を促進します。
 緑黄色野菜、果物、海藻類など、出来るだけたくさんの食材から、栄養を摂るようにしてみてください。

ミネラル

亜鉛や胴などのミネラルも、肌の再生のためには欠かすことの出来ない栄養素です。また鉄分は、女性に不足しがちで、毎日の食事から気をつけて摂る必要があるミネラルの一種です。サプリなど栄養補助食品もありますが、やはり、食事から摂るのがよいでしょう。
 カリウムは、体内の水分を調節し、溜め込んだ水分の排出を促すのに役立ちます。但し、ミネラルの中でも体質や体調によってトラブルを起こす場合があるので、摂り方には十分注意しましょう。
 貝類や緑黄色野菜、色の濃い果物など、気をつけて食べるようにしてみてください。

まとめ


顔のシワは、一朝一夕で伸ばせるものではありません。しかし、毎日の基本的な習慣を積み重ねることで、丈夫でしなやかな肌を作ることは可能です。普段の生活習慣を見直して、健康な肌の基礎づくりから始めてみてはどうでしょうか。

ライタープロフィール
川本 あきこ

放送作家・美容ライター。ロンドンの美容専門学校にてスキンケアアドバイザー、メイクの資格を取得。雑誌、書籍の編集、執筆の傍ら美容専門家としてライター、講師を務める。