年を取ると増えていく白髪。自分だけ?と思いがちですが、悩む人は多く、実はヘアカラーなどで上手に隠している人もいます。とはいえ、白髪を染めるのは面倒ですね。

白髪の原因は何でしょうか?実は原因は加齢だけではなく、食生活やストレスも。白髪のケアも含めてまとめましたので、参考にしてください。

白髪が生えるのはなぜ?

髪が黒い理由をご存じでしょうか?髪は毛根の中にある毛母細胞で作られるのですが、髪が黒くなるのは、毛母細胞にある毛母メラノサイトの働きです。毛母メラノサイトは黒褐色のメラニン色素であるユウメラニンを作り出します。このユウメラニンが髪の細胞に受け渡されて髪が黒くなるのです。このユウメラニンの含有量が髪が黒い人や茶色い人の違いになります。

白髪の原因は毛母メラノサイトの機能低下

30代になると、人によって白髪が目立つようになってきます。しかし、これはかなり個人差があり、10代から白髪が生える人もいれば、40歳を超えても白髪がない人もいます。白髪になるのは、ユウメラニンの含有量が減少していくためですが、ユウメラニンの含有量は遺伝的要素が強いとされています。両親や親せきに白髪の人が多い方は、自分も白髪の遺伝子を受け継いでいると思ってよいでしょう。

具体的に白髪になるメカニズムについて説明しましょう。加齢に伴って、毛母メラノサイトの働きは鈍くなっていきます。新しい髪が生えて、古くなると自然とその髪が抜け落ちるというヘアサイクルの中で、本来なら毛母メラノサイトも再生されます。しかし、年齢とともに毛母メラノサイトの再生能力も低下していき、最終的に毛母メラノサイトは消失します。そうすると、次に生えてくる髪は白髪になります。

白髪を抜くと白髪が増える?

白髪が1本生えているのに気づくと、抜いてしまいたくなりますよね。しかし、白髪を抜くと増えるということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

白髪になるのは、毛根の毛母メラノサイトがなくなることが原因でしたね。毛母メラノサイトは白髪の毛に限られているので、白髪を抜いたからといって周りの毛が影響を受けることはありません。

しかし、無理に引っ張って抜くと、毛穴に炎症を起こすことで頭皮に影響を与えることがあります。また、白髪を抜いたとしても、次に生えてくる髪も白髪です。抜いたから黒い髪が生えるとは限りません。もし1~2本の白髪を見つけたら、毛穴の近くでカットするのがよいでしょう。

白髪は老化現象

実は白髪の原因は医学的にはっきりと解明されていません。白髪は遺伝的要素が強いとされています。しかし、加齢によって白髪が増えるのは事実です。老化物質である活性酸素に注目してみましょう。

頭皮の老化を遅らせるヘアケアが大切

頭皮の老化の原因と対策

原因

活性酸素は老化の原因とされていますが、その理由は体を酸化させる作用があるからです。活性酸素は、体内の有害細菌を駆除してくれるありがたい存在なのですが、その酸化作用が強いがために増えすぎると体に悪さをします。

鉄が酸化するとサビますよね。体にも同じことがおきます。老化は仕方がないと思われますが、活性酸素を減らすことで老化を遅らせることができるといえるでしょう。

頭皮の活性酸素が増える原因として、主に紫外線があります。紫外線は肌の老化を促進してシミやしわを作りますが、頭皮にとっても悪影響を与えます。

対策

頭皮を紫外線から守りましょう。紫外線は日中はいつでもどこでも体に降り注いでいます。屋内でも紫外線はありますが、ある程度は髪の毛があるおかげで頭皮に直接あたらないようになっています。

しかし、屋外の直射日光下では防ぎきれません。髪の毛自体もダメージを受けてしまいます。屋外へでるときには、極力帽子をかぶるなどして、直射日光が当たらないように気を付けましょう。

また、頭皮の老化対策で大切なのが、頭皮環境を整えることです。紫外線によってダメージを受けた頭皮をいたわりましょう。頭皮の血行をよくすることで、髪に必要な栄養を血液が届けてくれます。頭皮をマッサージすることで血行がよくなります。このときに強くマッサージしすぎないようにしましょう。頭皮を痛めて逆効果になってしまいます。

髪への栄養不足が白髪を増やす

毛母メラノサイトが髪を黒くするメカニズムについて説明しましょう。毛母メラノサイトの中にはアミノ酸のチロシンがありますが、これがチロシナーゼという酵素の働きでユウメラニンというメラニン色素をもつ物質を作り出します。

ユウメラニンが髪を黒くするのでしたね。チロシナーゼの働きを活性化するには、栄養が必要です。詳しくみていきましょう。

髪によい食生活をしましょう

栄養不足の原因と対策

原因

日々の生活の中でバランスのよい食事をとることは難しいですね。時間がなくて菓子パンだけで済ませたり、ダイエットのために肉を減らしたり。一日の中で十分に栄養が摂れないと、髪にも栄養が行き届きません。

鉄分の不足も白髪が増える原因になります。出産後に白髪が増えたという経験をした女性も多いのではないでしょうか。それは母乳が血液で作られているからです。鉄分は血液の成分であり、体中に栄養を運ぶ役割があるヘモグロビンの原料です。

特に女性は毎月の生理や妊娠・出産で鉄分が不足しやすくなります。この鉄分で作られるヘモグロビンが髪に栄養を運ぶ役割をしているため、鉄分不足で白髪になりやすくなります。

髪のために必用な栄養素は鉄分だけではありません。他にどのような栄養を摂っていけばよいのでしょうか。
 

対策

メラニン色素を作るために必要な栄養素を摂りましょう。

〇ユウメラニンを作り出すチロシナーゼは銅イオンで活性化することがわかっています。銅が含まれる食品は、エビ・カキなどの魚介類、レバー、ココアなどです。

〇メラニン色素の元となるチロシンにも注目しましょう。チロシンはアミノ酸の一種です。チロシンが多く含まれる食品は、チーズなどの乳製品、鶏卵、豆腐です。

〇チロシンを合成しているアミノ酸のフェニルアラニンも重要です。このフェニルアラニンが不足するとチロシンが合成されなくなります。フェニルアラニンが含まれている食品は、魚、レバー、アーモンドなどのナッツ類、大豆製品です。

〇細胞の成長を促してくれるヨードも摂っておきましょう。ワカメやコンブが髪を黒くするというのを聞いたことがありませんか?これらにはヨードが含まれているからです。ヨードは髪を健康に保ち、毛母メラノサイトの働きを活発化してくれます。ヨードが含まれている食品は、コンブ・ヒジキ・ワカメなどの海藻類、イワシ、サバなどです。

〇鉄分の摂取を工夫しましょう。鉄分はほうれん草やひじきなどに多く含まれていることはよく知られていますが、吸収率が低いのが難点です。ビタミンCとともに摂ると吸収率があがります。しかし、コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるタンニンが吸収を阻害してしまいます。鉄分の補給にはサプリメントが有効ですが、サプリメントを飲むときにもコーヒーなどで飲むのは控えましょう。どうしても飲みたいときは、サプリメントを飲んでから30分以上あけましょう。

上にあげた食品以外にも、髪の栄養になるたんぱく質も積極的にとり、バランスのよい食事を心がけましょう。
 
 

ストレスで白髪が一気に増える?

昔話などで、ショックを受けて一夜にして白髪になりましたという話を聞いたことがありませんか?医学的にはこのように一瞬にしてすべての髪が白髪になるということはありません。しかし、ストレスが原因で白髪が増えることはあります。

生活習慣を見直してストレスを減らす工夫を

ストレスの原因と対策

原因

ストレスは身体に悪い影響を及ぼします。頭皮も例外ではなく、ストレスによる血行不良で栄養が行き届かなくなり、毛母メラノサイトの活動が抑えられてしまいます。ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、代謝や免疫力が低下して頭皮の環境を悪化させます。そのことが白髪を増やす原因にもなります。ただ、今ある髪が白くなることはなく、毛母メラノサイトがなくなって白髪になった髪が生えてきて気づくということがほとんどです。

ストレスの原因は人によってさまざまで、仕事や人間関係といった精神的ストレスもありますが、暑さや寒さ、痛みなどの刺激といった物理的ストレスもあります。

対策

ストレスを完全に排除することはできませんが、ストレスをうまく解消できるようにストレスに強い体を作りましょう。そのためには、規則正しい生活が大切です。ストレスを解消するポイントをまとめましたので実行しましょう。

〇睡眠をしっかりとりましょう。ストレスが強くてよく眠れないという方は、無理に眠ろうとせず、温かいものを飲んだり音楽を聴いたりして、ゆったりと過ごすとよいでしょう。寝る前の軽いストレッチもストレス解消に役立ちます。

〇適度な運動で気分転換しましょう。軽く汗をかくほどの運動は自律神経を整えます。頭皮の血行もよくなるので一石二鳥です。過激な運動は活性酸素を増やす原因になるので、気持ち良いくらいの運動にとどめておきましょう。

〇強いストレスを感じたときは、深呼吸をしましょう。深呼吸は自律神経を整えます。
深呼吸のやり方は、息を吐くところからはじめます。これ以上吐けなくなったら、肺に自然に空気が入ってくるのにまかせます。その続きでこれ以上吸えないくらい息を吸います。息を吸うときはゆっくりと。そしてまた息をゆっくりと吐きます。これを何度か繰り返すと気持ちが落ち着くでしょう。イライラしたときにやってみてください。

増えてしまった白髪、どうすれば?

ストレスが原因で白髪が増えた場合なら黒い髪に戻ることがありますが、加齢が原因の白髪は残念ながら元に戻すことはできません。白髪が数本ならカットしてやり過ごせますが、カットするのも億劫になるほど量が増えてきたら白髪のケアを考えましょう。

白髪染めのタイミングと種類

髪に白髪が混じっていると一気に老けた印象になります。生え際に白髪が目立ってきたら、染めるタイミングです。理想は美容院で染めてもらうのが最も頭皮の負担が少なく、きれいに仕上がります。そうはいっても、時間がなかったり、ほんの少しの白髪だけで染めにいくのも手間だったりしますね。市販の白髪ケア製品を上手に使って乗り切りましょう。

白髪染めにはいくつか種類があります。それぞれのタイプの特徴をみて、自分に合ったものを使いましょう。
 
〇ヘアカラー:一般的に「白髪染め」といわれているものは、ヘアカラーの一種で、染毛剤というものです。特徴としては、白髪以外の黒髪も染めて、全体的に自然な仕上がりにしてくれます。アルカリ剤でキューティクルを開き、色をいれていきます。黒い髪も同時に染めるので、ブリーチ剤も使われています。キューティクルを開くアルカリ剤は髪にダメージを与えるのが難点です。

〇ヘアマニキュア:ヘアマニキュアはキューティクルを開くアルカリ剤を使用していません。髪の表面をコーティングして白髪に色をつけるタイプです。髪へのダメージは少ないですが、髪全体の色を明るくする効果はありません。

〇シャンプータイプ:シャンプーの中に白髪染め成分が入っているものです。毎日のシャンプーで少しずつ染まっていきますが、即効性はありません。髪にやさしいのが利点です。

〇トリートメントタイプ:シャンプータイプと同様に、毎日のトリートメントで少しずつ髪が染まっていきます。即効性はありませんが、美初成分や保湿成分が入っているので、髪の質もよくなります。

〇スプレータイプ:気になったときにすぐに白髪を隠すことができる便利なアイテムです。白髪が気になる部分にスプレーするだけです。しかし、水に弱いため雨や汗で落ちやすいので注意が必要です。シャンプーで簡単に落とせるところが、髪にやさしいといえるでしょう。

その他の対策としては、白髪が目立たないようなヘアスタイルにするのもよいでしょう。白髪を気にしすぎるのも逆効果ですよ。

まとめ


年齢とともに白髪が増えていくのは仕方がないことです。

白髪のメカニズムは完全に解明されていませんので、今後ますますよいヘアケア方法がでてくることが期待できます。

白髪を気にしすぎずに、上手におしゃれを楽しみましょう。

ライタープロフィール
山川 ハナエ

主婦兼フリーライター/元看護師/三児の母。独身時代は給料の大半をエステと趣味のバレエに費やす美容オタク。働く女性と育児奮闘中の母の気持ちがよくわかる。趣味は読書、英語学習、舞台鑑賞。年を重ねても内面が輝く美しい女性に憧れている。