オイルスプレーは不足しがちな髪の水分を均等に補ってくれる優秀なヘアケアアイテムです。

髪の毛が濡れていても乾いていてもムラなく塗布できるので、不器用な方でも安心して使用することができます。紫外線から髪の毛を守ってくれる効果もあるので、日頃からヘアケアに取り入れてみて下さい。

オイルスプレーとは?

オイルスプレーとは洗い流さないトリートメントの種類の一つで、髪の毛の保湿やダメージを受けた部分の保護に役立ちます。洗い流さないトリートメントのオイルタイプと似たような効果を得られて、均等に満遍なくつける事ができるのが特長です。

スプレー状になっているので、薄くつける事も多めに付ける事もできる、非常に使い勝手の良いアイテムです。オイルタイプのオイルスプレーには様々な種類があり、髪の毛のまとまりを良くするものから静電気を抑えてくれるのも、UVケアができるものまで多岐に渡ります。

基本的な効果はどれも似ていて、ダメージケアを集中的に行う為のものというよりも、髪の毛の水分補給やスタイリングの仕上げや準備段階で髪のまとまりを良くするものが多いです。

小型の製品もあるので、持ち運びがしやすいものもあります。ちょっとしたお出かけやお化粧直しの際に取り入れる事ができるのでとても便利です。

髪全体に行き渡らせて使用しますがベタつきが少なく、手触りも良くなるので、基本的なヘアケアと合わせて使われる事が多いようです。

美容室で使用される前処理剤などにもこのタイプが多く使われていて、カラーやパーマなどでダメージを受けにくいように事前に髪の毛に振って栄養補給を促します。

もちろん自宅で行うヘアケアにも活用できるので、日頃から取り入れてみて下さい。

オイルスプレーが向いている髪質

オイルスプレーは髪の毛に満遍なく栄養分や水分を補う事ができるので、基本的にはどんな髪質の方でも使用できます。ここでは特にスプレータイプの洗い流さないトリートメントが向いている髪質について説明していきます。

是非ヘアケアに活用して貰いたい髪質は猫っ毛です。

猫っ毛の欠点は髪の量が少なかったり髪のボリュームが出づらかったりと、猫の毛のようにしなやかで柔らかいが故に、髪の毛を思い通りの形にキープできず崩れやすい事です。

猫っ毛そのものを治す事は難しいですが、猫っ毛の方でも扱いやすい髪の毛にする事は可能です。一本一本の髪の毛が比較的細いのでトリートメントなどを吸収する量もすぐに限界に達してしまうので、軽くて油っぽくならないトリートメントを選ぶ必要があります。

オイルタイプほどの保湿効果はありませんが、猫っ毛の方には十分な量の栄養素と水分量を兼ね備えています。スプレータイプのトリートメントの主な成分は、水・アルコール・PPTトリートメントです。メーカによって違いはありますが、ほぼこの成分は配合されています。

この成分構成から分かる事は、浸透率が高いという事です。スプレータイプのトリートメントはとても簡単な作りでできていて、ボトルの中では液状のトリートメントが、髪の毛に付着してアルルが揮発する際に配合されているたんぱく質が浸透するというものです。

スプレータイプの洗い流さないトリートメントは、油分が不足しすぎた髪の毛につけてもあまりしっとりとさせられない事もあります。
そのような時には、あらかじめオイルトリートメントを付けておいた上から、不足した分を逐次重ねてつけていくようにすると効果的です。

オイルスプレーが最適な理由①UV対策のオイルとしてとても有効的!

理由

スプレータイプの洗い流さないトリートメントは、とても細かい粒子で髪の毛に付着します。

髪の毛を守るために使用するものですから、合わせて紫外線からの熱刺激からも守ってくれるUVカット効果のあるオイルスプレーを使用すると、より保護効果が高くなります。

紫外線は無意識のうちに大量に髪の毛に浴びると、それだけで髪色を焦げ茶っぽく退色させてしまったり髪が乾燥してしまう原因になります。できるだけ紫外線を浴びないように気をつけていても、窓を透過して入ってくる事も考えると、毎日の朝のお手入れ時から紫外線対策をしておく必要があります。

お肌の紫外線対策を皆さん率先して行っているとは思いますが、髪の毛はケアし忘れやすいパーツなので、髪の毛を乾かしたり支度をする際に合わせて行うと、時短にもつながりとても便利です。オイルスプレーは軽い付け心地が特徴で、スタイリングしてワックスなどでべたつきのある仕上げになるのが苦手な方にも向いています。

紫外線による刺激はあらかじめ対策を講じておかないと、髪の毛のダメージや髪色の退色ばかりでなく、頭皮にも悪い影響をもたらしてしまいます。頭皮は表面上は髪の毛が守ってくれているものの、透過率の高い紫外線はすぐに頭皮に到達して炎症を起こしたりダメージを与えてしまったりします。

頭皮に直接紫外線が当たると、顔と同じようにできている頭皮の皮膚構造は顔の日焼け時と同様に壊れてしまいます。皮膚の構造が破壊されると、お肌が水分や油分を内部に保つ力を弱めてしまい、結果的に炎症や肌荒れを起こす事に繋がります。

お肌は一度荒れた状態になると、治すまでにとても時間がかかります。途中で同じような症状が起こればなかなか治りませんので、その間に違う刺激に晒されてしまう事も考えられます。

帽子を被っているから大丈夫!なんて言っていられないくらいの紫外線に量を身体中に受けているの出すから、帽子や日傘などの紫外線対策グッツを取り入れる前に事前に使用しておくようにしてみて下さい。

オイルスプレーが最適な理由②艶が出やすくムラになりづらい

オイルスプレーは手軽にヘアケアできるだけでなく、艶のある綺麗な髪の毛を作り出す為にも必要不可欠なアイテムです。ムラが出ないように作られている物が多いですが、使用方法を工夫する事で、より効果的に艶のある髪の毛を演出する事ができます。

少しの差で大きく差が出る事もあるので、自分の髪質や普段のオイルの使い方と比較して改めてオイルスプレーの使用方法を見直してみて下さい。
いままでオイルスプレーを使用した事がなかったという方でも、難しい方法ではないので気負いせずに簡単に扱う事ができるのでおすすめです。

理由

油分や水分は出来る限る少量ずつ付けるようにした方がムラなく付ける事ができます。

手で触りながら髪の毛のしっとり加減を確認していくと付け過ぎを防ぐ事ができますが、自分で当たり前だと思っている使用量が本来目安とされている量よりも多いという事も考えられます。

髪質や髪の毛の量によっても差がありますが、同じ場所に2回以上振り掛けないようにすると、油っこく筋状になる事なくヘアケアできます。
付け過ぎたままの状態で乾かしても、乾きが悪くなったり変な束感が出てしまったりするので、沢山付ければより良いとする考え方はあまり良くありません。

適量を守ってこそ、オイルスプレーの良い効果を引き出す事ができるので、使い始めのうちは使用量に気をつけながら慎重に扱うようにしてみて下さい。慣れてきたら、髪質に合わせてしたいスタイリングの質感に近づけるように量を変化させるのも有効的です。

乾いた髪の毛に使用する際には、少し距離を置いて全体に満遍なくベールをかけるようにつけるようにします。そうする事によって、梳かしたりしなくても綺麗に艶のある髪の毛にみせる事ができるようになります。とても簡単にできるので、初めて使用する方乾いた状態の髪の毛に試してみるようにして、良さを実感してみて下さい。

しっとりと仕上げて艶を出せば綺麗なストレートヘアも目指せますし、サラサラに仕上げて柔らかい髪の毛乾かしておけばアレンジをするときなどは程よくまとまってくれるので扱いやすくなります。

艶が出やすい使い方

オイルスプレーを効率良く使用する為には、使い方を工夫するとより高い効果が期待できるので意識して使い方を変えるようにしてみて下さい。

オイルスプレーが髪に艶を与えてくれるのは、表面をミスト状のオイルが薄くコーティングしてくれるからです。一度表面に付着したオイルスプレーは数時間はそのまま艶を出してくれてますが、時間が経つと蒸発したり汗で落ちてしまったりして効果が減少してしまう事もあります。

ですので、こまめに付け足す前提で少しずつつけるようにすると、付け足すたびに髪の毛の艶を取り戻す事ができてより効果を実感できます。

オイルスプレーは髪の毛が濡れた状態でも乾いた状態でも使用する事ができます。髪の毛が濡れた状態で使用する場合には、しっとりと馴染むように少し多めにプッシュして塗布し、ドライヤーの熱に負けないように対策しておくのもおすすめです。

濡れた髪の毛がドライヤーで乾燥していく過程で、熱によって髪の毛が硬く乾燥し過ぎてしまうのを防いてくれる効果があるので、髪の毛を乾かすタイミングで使用する際にはしっかりと付けるようにします。

髪の毛をめくりながら、中間から毛先に多く付けるようにし、根元に付ける際にはすでに付いているオイルスプレーを薄く伸ばして馴染ませるようにすると、頭皮をベタつかせずに付ける事ができます。髪の毛を綺麗に梳かしておくとよりムラなく綺麗に付ける事ができるのでおすすめです。

オイルスプレーが最適な理由③ベタつかない

オイルスプレーはサラッとした付け心地が特徴のスタイリング剤です。

ヘアオイルなどでべたつく感触が苦手だと感じている方でもあまり抵抗なく使用する事ができます。同じオイルという言葉が入っていても、使用してみると使用感が全く違う事がお分り頂けると思います。先入観でオイルという言葉に抵抗があって使用してこなかった方には、是非試してもらいたいおすすめのアイテムです。サラッとした乾燥の気にならない髪の毛を味わってみて下さい。

理由

スプレータイプの洗い流さないトリートメントは、主に美容成分やたんぱく質を配合しているので、髪の毛の栄養補給に使用されます。オイル状のトリートメントでヘアケアを行うと、どうしても付け過ぎてしまったり、油っぽさが気になりがちです。髪の毛に油分が足りない場合でも一度に沢山の量をつけてしまうと、誰が行っても同じ結果になります。

髪の毛に均等に馴染むように作られたトリートメントなので、髪の毛のベタつきを気にせずに使用できます。オイルスプレーは髪の毛に浸透するのが早く、まだ付けたりないかな?と思っていても、実際には時間とともにベタついてきてしまったりもします。均等に被りなく付けれるかで、その後の扱いやすさが変わるので意識して使うようにしてみて下さい。

ベタつかない使い方

髪の毛から距離を置いてスプレーするようにすると、髪の毛に直接液体が水滴状につく事を防ぐ事ができます。スプレータイプの洗い流さないトリートメントを髪の毛につけてからドライヤーの風で優しく乾かします。そうするとベタつきのないサラサラの髪の毛にスタイリングする事ができます。時間のない朝でも短時間で仕上げる事ができるので、朝の準備が苦手な方や朝時間を作れない方にもおすすめです。

一度に同じ場所に何回もスプレーしてしまうと、毛束ができてベタついてしまうので注意が必要です。基本的にはムラなく付ける事ができるように作られているので、オイルスプレー本体に書かれている説明書きを参考にして使用するようにして下さい。

まとめ

髪の毛を上手く扱うためには、髪の毛にあったヘアケアアイテムを使用する事が大切です。髪の毛は知らないうちに乾燥していたり、思わぬところでトラブルをかけていたりします。

オイルスプレーは手軽に持ち運びができてカバンに忍ばせておく事ができる便利なヘアケアアイテムなので、是非日頃のヘアケアの一つに取り入れてみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。