パサパサに乾燥してしまった髪に潤いを与えたい時、普段のトリートメントとプラスしてスチームをしてあげると、潤いのあるサラサラヘアに仕上げることができます。ここでは、シャワーキャップを使用したスチームの効果的な取り入れ方とおすすめの組み合わせを紹介していきますので、日頃のヘアケアの参考にしてみて下さい。

スチームはなぜヘアケアに良い?

パーマやカラーリングで傷ませてしまった乾燥が気になる髪の毛には、お湯が蒸発する過程で発生するスチームを利用する方法が効果的です。

若い頃は気にならなかった髪の毛のコシは、加齢とともにゴワゴワとして乾燥しやすくなったりしますよね。パーマやカラーリングを長期的に継続してきた髪の毛は化学反応の結果としてタンパク変性が起きとても硬くなっています。乾燥した髪の毛は髪の毛表面にあるキューティクルが開いたままになっている事と髪の毛の中の水分が不足して髪の毛が硬くなった事が原因でおこるので、髪の毛がいかに硬く乾燥した状態にしないかという事に重点を置く事が必要です。一度傷めてしまった髪の毛は、生まれたての髪の状態に戻す事はできません。ですが、効果的な方法を用いる事で髪の毛の中に栄養を留めておくようにする事は可能です。
スチームをしてヘアケアをすると、髪の毛を膨潤させて栄養や水分が髪の毛内部に浸透しやすくしてくれます。髪の毛が固いままの状態でトリートメントを塗布しても期待以上の効果が得られない場合が多いです。スチームは分子の大きさが小さく、ただ濡らすよりも浸透力が高いので、ヘアケアには最適です。

サロンではその浸透率の良さを利用して薬剤やトリートメントの施術にも活用されています。カラーリングやパーマ、トリートメントの際に使用すると、浸透率と合わせて持続性が高くなるとも言われています。傷みや髪質が原因で薬剤が髪の毛に浸透しづらい方にも良い効果が期待できます。

スチームはそれ自体に浸透力以上の効果はないので、お肌のない方でも安心して使用する事ができます。今までお肌が敏感で長い時間トリートメントを放置しておけなかった方でも、同じトリートメントでより高い効果が期待できます。カラーリングやトリートメントでしみてしまいやすい方でも、スチームを使用する事で短時間に浸透させる事ができるので効率的です。

これから入れようとする栄養や水分を髪の毛の奥深い部分に浸透させる事で、一度浸透させた成分を髪の毛内部に残したままキューティクルを閉じてくれるので、髪の毛がサラサラの状態のまま欲しい効果を得る事ができます。

サロンケア用と同レベルのスチームを起こす事は難しくても、スチームの要点を抑える事で髪の毛を潤わせる効果は十分に得られます。この記事内では、機械で発生させるミストとは異なり自宅でも再現可能なスチームの活用の仕方をご説明します。

シャワーキャップを使ったスチームのやり方

自宅でスチームを用いたヘアケアをしようとする時、手軽に取り入れる事ができるアイテムがシャワーキャップです。
浸透率が上がるだけでなく、手軽に行う事ができるので、ぜひ試してみて下さい。

やり方

  1. 普段通りにシャンプーをし、トリートメントを行います。
  2. トリートメントをした後に髪の毛を綺麗に梳かします。
  3. タオルで包み込んでタオルの端を織り込んで落ちてこないようにします。
  4. その上からシャワーキャップで包み込むようにはめます。
  5. 隙間ができていないかおでこに直接当たらないかをチェックします。

行う上での注意点

シャワーキャップはそれ自体が清潔であれば雑菌の増殖などは心配ありませんが、頭皮やおでこに接する面が擦れたりして刺激を受ける事があります。
おでこに後がついてしまったり擦れてしまってはスキンケアの妨げになる事も考えられます。これらの事からお肌を守る為にはタオルなどで保護する必要があります。その際に使用するタオルなどに雑菌が増殖しないように、清潔のものを使用するよう注意しましょう
また隙間がないように付けておかないと、できた隙間からスチームが逃げてしまい本来期待できるはずの効果が得られなくなってしまう恐れがあります。
使用する際には、期待通りの効果が出せるように正しい使い方をするようにして下さい。

また、より浸透率を上げる為に行う際に使用する方法ですので、頭皮に直接トリートメントが付いてしまうとそのまま毛穴の中に入り込んで毛穴を詰まらせてしまう事が考えられます。表面に付いたトリートメントは洗い流せば取り去る事ができますが、毛穴の中に潜り込んでしまったトリートメントなどは取り除く事が難しいです。
できるだけ頭皮に直接付かないように気をつけながら行うようにして下さい。

シャワーキャップの購入方法と選び方

シャワーキャップには様々な種類があります。あまりよく知られていないですが、使用する用途やタイプによって使い分けるとより効果的にトリートメントを行う事ができます。

購入方法

シャワーキャップはドラックストアやネットで購入する事ができます。
品数の多いコンビニでも取り扱われている事もあるので、手軽に購入できる方法を選んでみて下さい。
商品数が多いのでよく調べてから気に入ったものをネットで購入するのも良い方法です。
サイズ選びが難しい点ではありますが、サイズが同じものが沢山あるものと何種類かのサイズが合わせて入っている製品がありますので、是非参考にしてみて下さい。

選び方

さまざまなタイプの中からお肌や使い心地の気に入ったものを選んでみて下さい。

●ガーゼタイプのシャワーキャップ

ガーゼタイプのシャワーキャップは、お肌にとても優しくデリケートな肌質の方でも安心して使用する事ができます。全体がガーゼでできているものもあれば、裏地だけガーゼやタオル地になっているものがあります。裏地だけタオル地のシャワーキャップを使用すれば、スチームを逃さず留めて置く事ができるので、トリートメント時に使用する際には向いています。最近人気が出て種類も沢山あるので、デザインなども豊富でおしゃれを楽しみながらヘアケアをする事ができるものも多いです。
柔らかく馴染みやすいファイバー生地を使用したものもあり、顔まわりにぴったりとフィットしてずれにくい優秀なアイテムもあります。

●洗って何度も使用できるシャワーキャップ

シャワーキャップの中には、洗って何度も使用する事できるものがあります。
アルミウレタンコーティングされた製品を選んで使用すると、保湿力が高まるのでおすすめです。トリートメントを合わせてする際には、是非使用してみて下さい。

アルミを使用したシャワーキャップは、同じく保湿力が高く比較的安価ですので、手に取りやすいアイテムとも言えます。気軽に使用してみたい場合には、アルミでできたシャワーキャップを使用するとあまり負担をかけずにヘアケアする事ができます。

ダブルヒート加工のシャワーキャップは、温熱効果をより長い時間継続して行う事ができる優れものです。ほんわかとした暖かさが心地よく、トリートメントの浸透率も上がります。

●使い捨てタイプのシャワーキャップ

使い捨てタイプのシャワーキャップは清潔さを重視したい方に向いているアイテムです。多くはカラーリングやパーマの施術時に使用されますが、自宅でトリートメントを使用する際にも活用できます。使い捨て用に作られているので、使用していくうちにゴムが伸びて緩んでしまう可能性が高いです。なので一回きりか数回の使用で捨てる場合にはこちらの使い捨てタイプがおすすめです。沢山ストックしておいて、すぐに清潔なものを使用できて便利です。

スチームとトリートメントの組み合わせ方

スチームをトリートメントと合わせて使用する際には、やり方を工夫する事でより高い効果を得る事ができます。トリートメントはしっとりとしたタイプのものを用意すると、より効果的です。正しい使い方をして、高い効果が得られるような工夫をしてみて下さい。

用意するもの

・シャワーキャップ1つ
・トリートメント
・タオル1枚

やり方

  1. シャンプーした後に軽く水気を拭き取ります。
  2. トリートメントを付けて櫛で梳かします。
  3. 髪の毛を綺麗にまとめてからタオルで包みます。
  4. タオルの上からシャワーキャップをかぶせて、隙間を埋めるようにして密封します。
  5. 10分ほど時間を置きます。
  6. トリートメントを流します、タオルで十分に水分を拭き取って乾かします。

タオルをお湯で濡らしておくとより保湿効果が上がるのでおすすめです。
トリートメントは洗い残しやすく、しっかりと落とすようにしても内部に浸透した栄養と水分で十分に補う事ができているので、すすぎはしっかりと行うようにして下さい。
髪の毛の表面に残しておいても、ベタつきの原因に繋がってしまいますので注意が必要です。

トリートメントをつける際には、根元には付けず髪の毛の中間から毛先にかけて中心にしっかりと付けるようにします。
トリートメントは、付ける量が足りないと十分な潤い効果を得られない場合があります。
多過ぎる場合は洗い流してしまえば良いですが、少なすぎては他のもので補うことはできないので注意して付けてるようにして下さい。

スチームとオイルの組み合わせ方

スチームとオイルの組み合わせはトリートメントよりも濃密でしっとりとさせる効果があります。

用意するもの

・ヘアオイル
・シャワーキャップ1つ
・タオル1枚

やり方

  1. 髪の毛をしっかりと行い汚れを落としておきます。
  2. トリートメントを付けて水分を軽くとります。
  3. オイルを小分けにして少量づつ髪の毛に付けていきます。
  4. 均等につけるように気をつけながらクシでとかして馴染ませます。
  5. しっとりと馴染んだ状態になったら髪の毛を丸めて止めておきます。
  6. タオルで包んでその上からシャワーキャップを被せます。
  7. 10分ほど放置してからしっかりと洗い流します。
  8. タオルでしっかりと拭き取ったらオイルは付けずに丁寧に乾かします。

オイルは付け過ぎてしまうとベタつきが残る場合があるので、付ける量に気をつけましょう。適量を付けるようにするとベタつきや思わぬトラブルを避ける事ができます。ヘアケア用として売り出されているものには裏面や説明書に適切とされる使用量が記載されていますので、それを参考にするようにして下さい。

毛先に多めに付けるようにして頭皮にはつけないようにして下さい。
髪の毛のダメージは毛先に行くに連れてダメージが蓄積されている量が増えていきます。
ここでとても大切なポイントは、毛先のダメージをきちんとケアしておかないと、いくら新しく生えてきている髪の毛を綺麗にできても髪の毛全体を綺麗に見せる事ができません。自分でも気がつかないうちに毛先の傷みは悪化しやすいので、早いうちからケアするように心がけましょう。
頭皮に栄養を与えたい場合には、頭皮用のクレンジングオイルや保湿オイルを使用するようにしましょう。ヘアケア用のオイルは、頭皮に使用する前提では作られていないので、頭皮の毛穴に詰まったまま残ってしまう可能性があります。
用途に合ったヘアケア製品を使用する事で、結果的にトラブルなく安心して使えるようになります。

まとめ

トリートメントをより効果的に行いたい場合にはスチームを是非活用してみて下さい。
パサパサに乾燥してしまった髪の毛を修復する際には、正しい方法で使用する事でより効果を高める事ができるのでおすすめです。何かを変えたいと思っている方は、簡単にできるスチームを使用したヘアケアを取り入れてみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。