自分に合ったヘアケア製品を探しているのにぴったりのものが見つからないという方は、手作りのヘアケアコスメを
作ってみる事をおすすめします。苦手な成分をあらかじめ抜く事や、好きな匂いに香り付けする事もできます。
自分だけのオリジナルヘアケアコスメを作って、地肌と髪に優しいヘアケアコスメを試してみて下さい。

手作りコスメに向いている素材と使い方

ココナッツオイル 

ココナッツオイルはべたつかない全身どこにでも安心して使用できる食材として知られる万能食材です。ヘアケアに用いる際にもしっとりと艶のある髪を作る為に役立ちます。

様々な種類のココナッツオイルが販売されていますが、主に添加物の有無・抽出方法・産地によって違いが効果や質感に差があります。
ココナッツオイルには本来の香りをわざわざ消してあるものと、そのままのものがあります。
元からある香りを消すということは添加物が入っている可能性があり、天然成分を利用してヘアケアをしようとする方には向いていません。水素添加してあると表示されているココナッツオイルは、完全なオーガニックではなく人工物ですので注意するようにして下さい。

またデリケートな素材なので、加熱処理してあるものは避けます。加熱処理をしてあるという事は、科学変化が起こり内部の構造が変わって本来期待していた効果が得られない場合があります。

抽出方法の視点から見ると、ココナッツオイルを加工する過程で搾り取る時に圧をかけるのですが、その際に熱を加えているかいないかで抽出したオイルに栄養素がどれだけ残るかが決まります。ですので、低温で圧搾したものを選ぶようにしましょう。
油とココナッツのその他のいらない部分を分離する際、遠心分離機で分離させる方法と発酵させて分離させる方法があり、発酵させて分離させた方が余計な水分が残っておらず純度が高いのでおすすめです。

産地から見ると、主にタイ・フィリピン・インドネシア産のものが多く輸入されています。
ココナッツオイル先進国といっても良いくらい国が支援に力を入れているのがフィリピン産で、
生産量が多い分、きちんと製造過程がシステム化されて品質管理もしっかりしていると言われています。
自分自身に特にこだわりがなければ好きなものを使用しても良いですが、より品質の高いココナッツオイルを求めているのなら、是非このようなタイプのココナッツオイルを探してみて下さい。

髪本来の潤いを取り戻してくれるココナッツオイルヘアパック

サラッとした使い心地なのに保湿力は抜群なココナッツオイルは、1つあれば他の部分のケアにも活用できる優れものです。ヘアケアにおいては、パサパサに乾燥した髪の毛を潤いで満たしてくれます。自宅でも簡単に行う事ができるレシピとやり方をご紹介しますので、是非挑戦してみて下さい。

材料

アボカド1/2個
ココナッツオイル大さじ2
はちみつ大さじ1

レシピ

ココナッツオイルを電子レンジで10〜15秒程度温めて柔らかくします。
はちみつと混ぜて5秒程電子レンジで加熱し潰したアボカドと合わせます。
全て混ぜたら髪の毛につけて40分程放置したら、いつも通りのシャンプーとトリートメントを行います。オイルがべったりとこびりついているので洗い流しはないように注意して下さい。

卵には体を作る為に必要な<炭水化物>や<脂肪>と同じくらい大切な<たんぱく質>が沢山含まれていて、髪の毛だけでなく体全体の為にも必要とされる栄養素が手軽に取り込む事ができる食材です。今回は食べてケアするのではなく、髪の毛に直接塗る時に得られる効果を説明していきます。

卵は使い方を工夫すれば、すべての髪質に活用できる食材です。
昔からお肌や髪の毛のケアに目がない方なら誰もが試したであろう食材ですよね。
ちょっとベトベトしそうで気がすすまないかも・・という方でも、サラッと簡単に洗い流す事が出来てお肌にも優しいので是非試してみて下さい。

卵の白身はバクテリアを取り除いてくれる効果があるので、頭皮や髪の毛の余分な皮脂を落としてくれます。髪の毛を清潔な状態にしておく事は頭皮環境や髪の毛にとってとても大切な事です。
たんぱく質を沢山含んでいる食材は他にもありますが、卵が他の食材と比較もされずまず第一にヘアケアに向いていると挙げられるのにはきちんとした理由があります。

髪の毛が強くて丈夫である為には、含硫アミノ酸という成分がとても大切なのですが、卵のたんぱく質の中にはこの含硫アミノ酸が豊富に含まれています。なので、髪の良い!とされてよく話題に出されるのです。
その他にも、卵黄の中には髪の毛に潤いを与えてくれるビタミンが多数含まれているので、トリートメント代わりとして卵黄も卵白も両方使用する事が可能です。

髪質によって卵白と卵黄を分けて使用した方が良い場合もありますので、以下のレシピを参考にしてみて下さい。

さっぱり仕上がる卵ヘアパック

卵は見た目ほどベタつかず髪の毛に良い成分を沢山含んでいます。ヘアケアに活用するのなら、
卵だけでも、他の食材と混ぜても使える卵へアパックを試してみて下さい。

材料

<ノーマルヘア>
全卵1個
<ダメージヘア>
卵黄のみ2個分
<オイリーヘア>
卵白のみ2個分

レシピ

<ノーマルヘア><ダメージヘア><オイリーヘア>のそれぞれの髪のタイプに合わせて、
髪の毛につけて30分ほど時間を置きます。
その後は普段通りにシャンプーとトリートメントをしよく洗い流します。

蜂蜜

はちみつにはヘアケアに使用するのにとても魅力的な性質があります。それらを活用して髪の毛を本来の美しい状態にできるだけ近づけていきましょう。
はちみつは食べたり飲んだりする際にもよく万能薬と言われて親しまれていますが、髪の毛に使用する際にも魅力的な効果が2つあります。

1つ目は栄養素が豊富だという事です。体に必要なものという意味合いではなく、髪にとって良いものという意味でここでは紹介していきます。
体を作るために必須のカリウムなどのミネラル類や、多くのビタミン類、たんぱく質、ポリフェノールなどの合わせると150を超えるとされている豊富な栄養素が詰まっています。
この豊富な栄養素を体の為だけに使用していたらもったいないですよね。

2つ目は浸透力の高さです。はちみつはお肌や髪の毛の奥深くまで浸透できる分子構造を持っているので、栄養分を髪の毛に取り入れる事ができます。
浸透性や保湿性に優れているはちみつは、使用する事で髪の毛の表面のキューティクルを綺麗に整えながら閉じて、栄養を入れながら閉じ込めてくれます。広がりやすい髪質の方でも、しっとりと収まった髪の毛に仕上げる事ができます。

またそれ以外にも、はちみつには非常に強い抗菌・殺菌作用があるので、頭皮に使用すると優しく頭皮を清潔な状態に導いてくれます。頭皮にかゆみがある場合にも抗炎症作用があるので使用する事ができる髪の毛や頭皮にとって万能薬に変わりはありません。

ダメージを多く受けた髪にはしっとりはちみつヘアパック

ダメージが気になる乾燥した髪の毛には、しっとりと保湿してくれるはちみつヘアパックを試してみて下さい。柔らかい手触りに仕上げてくれるのでとてもおすすめです。

材料

はちみつ2/1カップ
オリーブオイル4/1カップ

レシピ

材料を混ぜたら髪の毛に馴染ませて10分間を置いてから流します。

アボカド

アボカドは森のバターと言われているだけあって、豊富な栄養素が注目されている食材です。
髪の毛に何が良いのかというと、その栄養素の中でも髪の良いとされているオレイン酸や亜鉛、カリウムやビタミンが豊富に配合されている点です。

髪を作るのに必要なたんぱく質は、作り出す過程で亜鉛を大量に必要とします。これを補っておく事で、新しく髪の毛を作るときに妨げなく健康な髪の毛を生み出す事ができます。
ビタミンEが含まれているので抗酸化作用がとても高く、ビタミンB2も含んでいるので育毛効果も期待できます。年齢を重ねるごとに体の中での製造量が不足しがちなオレイン酸も豊富に含まれているので、頭皮の若返り効果もあり、髪の毛や頭皮の環境を良くしようと思っている方には最適です。

アボカドはシアバタのようにバターよりなので、頭皮や髪の毛につける際には馴染みが良くとても扱いやすのが特長です。柔らかくて刺激もないので安心して使用できます。
アボカドをヘアケアに使用する際には、温めても潰したまま生で使用してもどちらでも大丈夫です。頭皮につけてから頭皮の熱でじんわりと馴染んでくるので、あまり早く流しすぎるのは良くないです。効果を実感したなら、時間をしっかりと置いて試すようにして下さい。

森のバターと言われるくらいですから、とても脂質が多く食べて摂ろうとすると気が進まない方も多いかと思います。一度に大量に摂取しなければ問題ありませんので、食べても塗っても良いので是非ヘアケアに取り入れてみて下さい。

パサつく髪には保湿効果の高いアボカドヘアパック

パサパサと乾燥した収まりの悪い髪の毛には、1度でもしっとりさせてくれるアボカドヘアパックがおすすめです。シンプルですが、効果はしっかりと感じられますので試してみて下さい。

材料

アボカド1/2個
卵黄1個分

レシピ

アボカドに卵黄を混ぜてつぶします。トロトロになったら髪の毛に塗って行きます。
エッセンシャルオイルを使用してさらに保湿効果を上げるのも効果的です。

バナナ

今やコンビニでも気軽に購入する事ができるようになったバナナは、朝ごはん以外にも活用する事ができます。食べるのが当たり前な方には斬新な方法と感じられるかと思いますが、ヘアケアにも利用する事ができます。
バナナはポタシウムという成分を含んでいて、この成分がお肌や髪の毛を乾燥から守ってくれます。とても保湿効果の高い成分なので、是非ヘアケアに取り入れてみて下さい。
デリケートな乾燥肌の方でも安心して使用できるので、自然派トリートメントやパックを取り入れたいと考えている方は、手の取りやすいバナナで摂るようにしてみましょう。

癖の強い方の癖伸ばしに使用したり、サラサラのストレートヘアにしたい時に活用されていたりと昔からその保湿効果からとても人気があります。季節の変わり目でどうしても落ち着かないお肌や髪の毛のケアにも向いています。

香りも思ったほどバナナ臭くありませんので、気にせずに手軽にできます。
それでも気になる場合には、エッセンシャルオイルなどと混ぜて、自然派志向はそのままに一工夫して楽しんでみて下さい。

しっとりとさせてくれるバナナヘアパック

ヘアケアにはどうかな?と思う食材ほど髪の毛には良いものだったりするものです。
香りも癖もほのかに甘いので女性には嬉しいヘアケアに向いている食材でもあります。
バナナをパックとして使用したヘアケア方法をご紹介しますので、普段のヘアケアのマンネリ解消に活用してみて下さい。

材料

バナナ1本
はちみつ大さじ1

レシピ

ミキサーで素材をパースト状にしてから取り出し、髪の毛につけます。
髪の毛につける際は、特に中間から毛先にかけてを重点的につけるようにします。
ペース状にしたバナナは固体のバナナよりも量が多く感じられますが、すぐに内部に浸透するものではないので、表面に白く残るくらいまでしっかりめのつけていきます。
気温などの影響はあまり受けませんが、人肌くらいに温めておくと馴染みが良くなるので、つける前に手のひらで温めておくと塗りやすくなります。

髪につけたら20分ほど置き、その後洗い流します。

まとめ

手作りのヘアケアコスメは少し手間がかかる場合もありますが、自分にあったヘアケアをする事ができるカスタマイズ自在なアイテムです。頭皮や髪の毛との相性に合うものが見つからなかった方でもお気に入りのヘアケアコスメを作る事が可能です。自分が欲しい効果だけ自由に取り入れる事ができるので、楽しみ見ながら取り入れてみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。