ココナッツオイルを美容に取り入れると聞くとスキンケアにと思われがちですが、実はヘアケアにも取り入れる事ができる優れもの。お肌と同じように髪の毛を美しくしてくれるココナッツオイルは使い方次第で様々なシーンで活用できます。ココナッツオイルの駄表的な使い方から工夫を凝らした応用方まで目から鱗なヘアケア情報を紹介していきます。

ココナッツオイルがヘアケアに良い理由

髪のツヤを引き出す

ココナッツオイルを使用すると髪の毛の表面をコーティングするだけではなく、髪の毛の中に栄養素を補給してくれる効果があるので、内側から元気にしてツヤを引き出してくれます。高い保湿効果で髪の毛に不足した油分や水分も補給してくれる優れものでもあります。ツルツルとした髪の毛に仕上げたい時には是非活用してみて下さい。

髪の毛に栄養を与えてくれる

ココナッツオイルには髪の毛を綺麗に保つ為に必要なカリウムやビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、髪の毛に栄養補給する事が可能です。
分子が細かくて浸透力も高いのでぐんぐんと浸透して髪の毛の中にまで栄養を届け留めてくれる役割も果たしてくれます。表面だけケアするだけなら市販のヘアケアだけでも十分ですが、髪の毛が乾燥しているなと感じる時には定期的にココナッツオイルを使用したヘアケアを取り入れてみて下さい。しっとり具合が分かりやすいので使い心地も抜群ですよ!

頭皮にも栄養補給できる

ココナッツオイルの栄養素は、その高い浸透力から頭皮にも栄養を与える事ができます。
髪の毛に使うだけじゃもったいない素材なので、頭皮にも合わせて使用してみて下さい。
頭皮が元気だとこれから生えてくる髪の毛も健康的になります。頭皮のマッサージに使用する事もできるので頭皮の汚れを落としたり結構をよくする為にも一役買ってくれます。

育毛効果が期待できる

主にトレンドに敏感な女性に評価される事の多いココナッツオイルですが、男性の薄毛対策に活用する事もできます。あまり人に話したくないし手軽にできるものから挑戦したいという男性にもおすすめです。
ココナッツオイルにはビタミンEやカリウムなどの血行促進作用のある成分が多く含まれているので、髪の毛を大切に守りながら薄毛対策するには最高の素材です。

ココナッツオイルの代表的な使い方

ココナッツオイルを使用する時に準備する事

夏などの暖かい時期にはあまり問題はありませんが、寒い時期などのココナッツオイルを使用する際には固まっている事が多いので温めてから使用するようにして下さい。
固まったまま使用しても本来の浸透の良さを発揮できずに扱いずらいだけなので、必ず行うようにして下さい。

ココナッツオイルは人肌程度の温度に温めると、サラサラとした液体状になります。直接電子レンジで温めたりする、ココナッツオイルが持つ栄養素や品質を破壊してしまう恐れがあるので、耐熱容器に入れて湯煎するようにしましょう。

せっかくの栄養素を使う前から壊してしまっては意味がありませんので気をつけて扱うようにして下さい。

栄養抜群!ココナッツオイルヘアパック

ココナッツオイルをそのまま使用したヘアパクは髪の毛をしっとりさせ頭皮のケアにも使えます。気になる部分には何度か重ね付けして重点的にケアするようにします。
行う頻度の目安は週に一度です。あまりやり過ぎても髪の毛や頭皮がベタついてしまうのである程度間隔を空けて行うようにするとより効果的です。

  1. 大さじ5杯の液体状にしたココナッツオイルを手に取ります。
  2. 少しずつ置いてくるように頭皮に満遍なくつけていきます。
  3. 頭皮にムラなく行き渡ったら、頭皮に擦り込むようにマッサージしていきます。
  4. 髪の毛全体に伸ばして、足りない場合には追加してつけていきます。
  5. 頭皮と髪の毛によく揉み込んだら頭全体をラップで包みます。
  6. その上からタオルを同じようにかぶせて保温します。
    (頭の熱で密封しておくとラップの中が蒸れてきます。)
  7. そのままの状態で30分程度時間を置きます。
  8. 時間を置いたら、ラップとタオルを外して普段通りのシャンプーとトリートメントをします。

入浴前に下準備を済ませておいて、お風呂の中で湿度を上げて蒸すのも効果的でおすすめです。

いつものトリートメントに混ぜて使う

ココナッオイルを配合したシャンプーやトリートメントが販売されているくらい、ヘアケアにはココナッツオイルの使用が効果的です。商品を買ってくるのもいいですが、自分でココナッツオイルを持っていればすぐにでも試す事ができる、混ぜて使用する方法を紹介していきたいと思います。

毎日ココナッツオイルをヘアケアに取り入れてみたい方は、シャンプーやトリートメントに混ぜ合わせて使う方法がおすすめです。
シャンプーとして使用する場合には、ココナッオイルだけでは補いきれない洗浄力が必要とされますので、ココナッツオイルの分量を多くし過ぎないように気をつけて下さい。
シャンプーやトリートメントの使用量の1割ぐらいを目安に混ぜてから使用します。

少ない量から混ぜてみて、効果が薄かったりまだ泡が十分に立つ状態でしたら少しずつ量を加減していっても大丈夫です。

毎日少しずつ使用する事で、柔らかい手触りに髪の毛にしていく事ができます。
毎日使うシャンプーやトリートメントだからこそ、一手間加えるだけで想像以上の効果が簡単に得る事ができます。

頭皮のマッサージに活用する

頭皮のマッサージにココナッツオイルを活用すると、ココナッツオイルの抗酸化作用や抗菌作用によって頭皮を清潔な状態に保ち、臭いや炎症などのトラブルを防ぐ事ができます。
抗菌作用といっても自然派素材で肌馴染みも良いオイルなので、頭皮のマッサージ用として用いても低刺激で安心です。

ここではココナッオイルを使用した頭皮のマッツサージの手順も紹介していきます。

  1. オイルを液体状に溶かしてから大さじ2杯分を手に取り頭皮全体に馴染ませます。
  2. 指の腹を使用してゆっくりと円を描くようにマッサージしていきます。
  3. 蒸しタオルで15分包んで温めたらお湯で流します。
  4. 綺麗に流したらトリートメントはせず、シャンプーだけします。

日頃のヘアケアに一手間加えるだの簡単な方法なので、定期的に取り入れてみて下さい。

洗い流さないトリートメントとして使用する

ココナッツオイルは洗い流す用途だけではなく、洗い流さないトリートメントとしても使用する事ができます。量を少しずつ調整する事で質感も変える事ができてとても便利です。
セットしたり、スタイリングする際にしっとりとした質感にしたいのに、どうしても乾燥してパサパサとした印象になってしまう時にも応用する事ができます。
元々髪の毛に良いものなので、トリートメントのような括りでスタイリングも楽しんでみて下さい。

使用する際には、手に大さじ2杯程度すくって取り髪の毛の真ん中くらいから毛先にかけてしっとりさせるように付けていきます。
根元からそのまま付けてしまうと、ベタついてふんわりとしたボリュームが出せなくなって困ってしまう原因なりますので、敢えて頭皮には付けないように気をつけて使用してみて下さい。

乾燥が気にならない髪の毛でも、髪の毛の外刺激から保護できるように塗っておくと髪の毛を傷めずに綺麗な状態にまま1日を過ごす事ができるのでおすすめです。

お風呂上りに使用する際にも同じように髪の毛に付けて使用します。
ドライヤーで髪の毛を乾かすと、髪の毛内部の水分や油分などが蒸発してしまう恐れがあるので、ドライヤーを使用する前に髪の毛に揉み込んでおくようにしましょう。
乾かした後にまだ乾燥して感じられるようでしたら、少しずつ様子をみながら足していっても大丈夫です。
付け過ぎたココナッツオイルは洗い流さないとなかなか落とせないので、少し足りないくらいで加減しておく方が安心です。

ココナッツオイルの選び方

ヘアケアでココナッオイルを使用する際にはどのような種類のココナッツオイルを使用するかがとても大切です。ぜひ選んで貰いたいココナッツオイルの種類を紹介していきますので、是非探してみて下さい。

コールドプレス方で抽出されたものを選ぶ!

ココナッツオイルと一言でいっても純粋なものから加工されたものまで、とても多くの種類のココナッツオイルがあります。それはココナッツオイルが万能で色々なシーンで活用されているという事も伺えますが、髪の毛に使用する際には髪の毛に効果を与えやすいココナッツオイルを選ぶようにしましょう。

髪の毛に顔の一部に付く事を考えて、品質の高いココナッオイルを使用するのがおすすめです。品質が高いと分子の小ささも変わってくるので、浸透率が良くなる変化も期待できます。

ヘアケアに使用する際には、コールドプレス法で抽出されたココナッオイルを使用するようにして下さい。コールドプレス法とは、ココナッツの実と皮からオイルを抽出する際に低温で圧をかけて抽出したものの事を言います。
ココナッツオイルの中に含まれている栄養素は、熱に弱いものも多く、高温で加工処理されると壊れてしまったり性質が変化してしまったりするので、ココナッツの実にあまり負担をかけていないコールドプレス法で抽出したオイルを使用するようにします。

バージンオイルと記載されたものを選ぶようにする

オリーブオイルなどの名前で良くバージンオイルとなどと呼ばれているのを聞いた事があるとは思いますが、ココナッオイルにも同じようなタイプのものが存在します。

バージンと名がつくと何が変わるのかというと、精製してあるかどうかの純度について差が出てきます。精製と言って加工する際にざっくりと荒削りして成分を分離させたりする事を言い、量産的に作られるココナッツオイルなどには精製されているものが多くあります。精製されていると、ヘアケアに必要な栄養素までも分解されて取り除かれてしまう場合があるので、純度の高いそのままの状態のバージンオイルを使用します。

購入する際には裏面や底にあるラベルに記載されていますので、確認してから購入するようにしましょう。

ココナッツオイルを使用する上での注意点

ココナッツオイルは安心して使用できる自然由来の素材ですが、人によってはお肌に合わなかったり、使い方を間違えると思うように効果が得られなかったりする可能性もあります。ココナッツオイルは使用方法に十分に注意した上で安全に使用するようにしましょう。

パッチテストを行う

本来は薬品やアレルギーの検査を行う際に使用されるテストですが、あらかじめお肌に異常が出ないかお肌の目立たない部分に付けて行っておくようにしましょう。

天然由来の成分で化学物質を配合している成分よりはとても安全です。
ですがお肌に合うかどうかには個人差があり、一概に誰にでも問題なく使用できるとは言えない可能性があります。せっかく効果を期待して使用していたのに、それ以外のお肌のトラブルに見舞われたなんて事が起こらないように、自分の体質や肌質を見極めておくようにして下さい。

量の加減は少しずつ!

ココナッツオイルは思った異常にサラサラとした質感で、髪の毛に馴染ませてもすぐに浸透していない分は後からゆっくりと吸収されます。時間が経った後に、思いの外ベタついてしまったり、髪の毛を洗い流さないといけない程に油っぽくなってしまう恐れがあります。まだまだ!と思って一度に沢山つけてしまうと思わぬトラブルに繋がりますので、以下に記載する使用量の目安を基準に使用するように心がけて下さい。

何を行う際にも同じような事が言えますが、極端な事をするとかえって期待した効果が得られない事もあります。慎重に欲張らず少しずつ使用する髪の毛も綺麗に育ってくれるはずです。

まとめ

ココナッツオイルを今までヘアケアに使用した事のなかった方も、今までもヘアケアに取り入れていた方も、ココナッツオイルの良さと使い方を改めて見直して貰えたらと思いまとめてみました。

前に試した時にあまり効果を実感できなかった方は、もしかすると使い方に問題があった可能性も考えられます。今一度使い方や応用方法を見直して挑戦してみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。