冬の時季は外気や室内の暖房で空気が乾燥し、髪がパサついてセットに悩む人も多くいるはずです。ここでヘアケアを怠ると髪の毛が痩せてきたり、切れ毛や枝毛が目立つようになります。正しいヘアケア方法を取り入れて、冬を潤いのある美髪で過ごしましょう。

冬の髪の特徴

 気温が低く寒い季節になると、髪のツヤやコシが感じられなくなることがあります。これは夏の紫外線ダメージや、髪の疲労の後遺症のようなもので、放っておくと傷みが進んでしまう恐れがあります。特に冬場は、ブラシで髪をとかしていると静電気が起こることがありますが、その原因は「乾燥です」。
 外気、室内、そして静電気の発生という常に乾燥空気に囲まれた生活環境が、髪の毛の水分を奪い、枝毛や切れ毛へとダメージを与えていきます。また、頭皮のフケ、かゆみなども乾燥が原因で起こります。よって冬に艶やかでしなやかな髪を求めるなら、常に潤いのある生活が大事な要素になります。

髪がしぼむ? 身近にある乾燥要因

 髪の毛は水分が失われると、ツヤやコシが失われて、髪に元気が感じられない状態になってしまいます。つまり髪が適切な水分量が維持できなければ、髪の毛がしぼんだ状態になってしまうのです。
 ちなみに、湿度が約60パーセントを下回ると髪の水分蒸発が激しくなります。すると髪内部のたんぱく質や、内部と外部を守るキューティクルの働きが弱まり、ダメージが進行してしまうという状態を招きます。例えるなら花や植物に水分を与えると生き生きするように、健やかな髪にとって常に水分を満たしておくことはとても重要なのです。

ストレスの代表格は静電気

 冬の時期、ヘアケア時に厄介なのが静電気です。顔の周りにまとわりついたり、ブラシで毛流れを整えてもすぐにパーッと立ち上がる。先にもお話しましたが、その原因は乾燥、つまり水分や場合によっては油分不足が髪の広がりに深く関わっています。解決方法の一つに、シャンプーやトリートメントをしっとりタイプにする、他にも洗い流さないトリートメントで髪の内部にまで潤いを行きわたらせるなど、髪表面はもちろん、深部にまで栄養を届けることが大事です。

暖房による熱風でパサパサに

 自宅やオフィス、車中など、暖房の効いた環境も髪の水分不足を深刻にしています。髪の毛は表面だけでなく、実は内部の働きが見た目の美しさを決めるため、いかに深部の状態を充実させておくかが美髪の要になります。
 これまで月に1回、もしくは2ヶ月に1回のペースで通っている美容院の施術を、トリートメントだけでも月に2回受けるなど、この時期は髪に対して過保護になることも大事です。

気温の低さによる血行不良が美髪を阻止

 健やかな髪の毛にとって大事な要素となるのが、頭皮の血流です。冬は気温が低く、全身の血流が悪くなりがちで、頭皮に栄養が行き渡りにくくなります。結果、コシのある丈夫な髪の成長が期待できず、土台が不安定な状態で生えた髪はダメージを受けやすくなる傾向があります。

冷えは大敵!血流を整えましょう

 美容を意識している人は、常に冷えから全身を守ることに配慮しています。足先、腰、お腹のように、頭皮と別の部位でも、温めることで全身の血行を良くしてくれるので、飲食は温かいもの、外出時はホッカイロなどの生活の工夫が、実は頭皮の状態を整えて美しい髪づくりに役立つのです。
 ちなみに頭皮の血行を期待するなら、体と頭をつなぐ首を温めると良いでしょう。

入浴は全身浴でじっくり

 帰宅して湯船に浸かるのが面倒くさいと、シャワー派が増えているそうです。しかしながら、冬は全身が冷えやすく、シャワーだけでは体の芯まで温めることが期待できません。もちろん体調にもよりますが、湯船に浸かって巡りをよくすると、疲労回復やストレス軽減、夜なら快眠につながるので、髪の毛のことだけでなく健康体のためにも取り入れることが理想です。
 湯船の中で、首や肩の凝りを優しくマッサージすると、滞りが促されて流れを整えてくれます。入浴後に身体を冷やさないように気を抜かないように注意しましょう。

温かい飲料で常に保温

 身体を温めるのに身近に出来る方法は、温かい飲み物を飲むことです。これは冬に限らず、通年、習慣にすることで腸の活動を活発にしたり、脂肪のつきにくい体質改善に役立つことがあります。
 寝る前はホットミルクやハーブティー、ノンカフェイン飲料を選び、リラクゼーションアイテムとしても取り入れるとよいでしょう。

掃除・洗濯が運動に?

 冬は外出が億劫で、買い物でさえ面倒に思うことってありますよね。しかし、運動不足は筋肉も筋力も落ちて疲れやすくなります。
新陳代謝を高めることが美髪にとって重要な鍵となるのですから、家の中で適度に身体を動かすように努めましょう。
例えば掃除機をかける時に、太ももや腕の筋肉を意識する、洗濯物を干す時に背筋を伸ばしたり、スロースクワットを取り入れるのもアイディアです。冬の寒さで滞りやすい体は、積極的に流れをよくしてあげるようにしましょう。

乾燥を進ませるヘア製品とは

 突然ですが、お使いのワックスやスプレーの中に「アルコール」は含まれていませんか。アルコールは蒸発すると、まれに髪の水分まで失わせてしまうことがあります。毎日、当たり前のように使っている製品の中身にも、乾燥を招く要因があるものです。が、ちょっとした心がけで乾燥を防ぐことが出来るので実践してみて下さい。

まとめ

 冬は乾燥が厳しい季節なので、潤いを髪の毛に与えることが重要だということがお分かりいただけたかと思います。乾燥が引き金となり、静電気や枝毛、切れ毛、頭皮の乾燥といったようなヘアトラブルが連鎖的に起こりますので、冬の乾燥対策はしっかり行うべきです。髪の毛も体の一部です。血行を良くして体の調子を整えることも大事だということを意識してみて下さいね。

ライタープロフィール
ミレイ

1993年生まれで、Webライターとしてお仕事をしています。オーガニック系のブランドの商品を使うと肌の状態が良くなったことから、化粧品に興味を持ち、いろいろとリサーチするようになりました。趣味は音楽鑑賞です。たくさんある美容の情報の中から、おすすめのものをご紹介します。よろしくお願いします。