ホホバオイルは健康オイルと知られるオイルですが、スキンケアだけではなくヘアケアにも取り入れる事ができます。

パサついた髪の毛をしっとりと保湿してくれる効果もあり、頭皮や髪の毛にも優しい自然派素材でもあります。市販のヘアケア剤がどうしても合わない方や自然派のヘアケアに興味のある方は是非試してみて下さい。

そもそもホホバオイルって何?

ホホバオイルとは、どんなオイルなのでしょうか。
名前だけでなくオイルの特性や良い点を知ってから使用すると安心して使用する事ができます。ホホバオイルの特徴を解説していきますので、是非参考にしてみて下さい。

ホホバオイルの特徴

ホホバオイルは、ホホバという多年草の種子からとれる植物性の天然オイルです。

メキシコやカルフォルニアなどで生息しているものも多く環境の変化や高温多湿な場所でも生き延びることができる丈夫な植物としても知られています。

生息する地域の先住民たちがホホバオイルの効能に目をつけて髪の毛やお肌のケアに使用していたものが、時代と場所を超えて世界中で注目され始めたのを皮切りに、現在では日本でも手軽に手に入れる事ができるようになりました。

主成分はワックスエステルというお肌に優しい物質

ホホバオイルの注目すべき特徴はワックスエステルという成分が主成分として含まれている事です。人の皮脂に非常に近い構造でできているワックスエステルは、人のお肌に使用するのにとても向いています。敏感なお肌にも使用できる優しいテクスチャーは、ヘアケアやスキンケアに最適な伸びの良さと浸透力の高さを実現させてくれています。

今までに使用したオイルでお肌に刺激を感じた事のある方でも、肌馴染みが良く優しいタッチなので安心して使用できます。ホホバオイルなら平気!という方もいらっしゃるくらいお肌に優しいヘアケアオイルです。

ホホバオイルがヘアケアに向いている理由

ホホバオイルがヘアケアに向いている理由は沢山あります。

人におすすめされて使用してはいたけれど、本当は何がどう良いのかよく分かっていないという方も多いのではないでしょうか。今一度、ホホバオイルがヘアケアに向いている理由を見直して、効果を実感しながら行うようにすると、達成感や喜びが生まれて無理なく楽しみながらヘアケアを行う事ができるようになるのでおすすめです。

髪の毛のダメージケアに効果絶大

ホホバオイルは、パサパサした乾燥が気になる髪の毛の保湿ケアにも効果があります。

お風呂上がりなどの髪の毛が濡れている状態からドライヤーの風を当ててしまうと、髪の毛が乾燥しすぎてしまう事があります。ドライヤーを使用する前の段階で髪の毛にホホバオイルを揉み込んでおくと潤いのあるサラサラしたヘアスタイルに仕上げる事ができます。

髪の毛を保護する役割もありますが、オイルは熱の力で浸透していくので髪の毛の中にオイルに含まれている栄養素を浸透させてくれ効果も期待できます。

使用する量は2〜3滴ぐらいと少なめでいいので、乾燥が気になりやすい毛先を中心に付けてから乾かすようにしてみましょう。
髪の毛全体がダメージしていると感じている方は、1滴分量を増やして中間から馴染ませるようにしても効果的です。

豊富なビタミンが栄養補給を促す

ホホバオイルには様々な種類のビタミンが豊富に含まれています。

頭皮にもスキンケアと同じようにアンチエイジングが必要です。体は年齢とともに酸化し老化していくもので、頭皮は日頃から外部からの刺激を真っ先に受けている部位でもあるので十分なアンチエイジング対策が必要と言えます。

ホホバオイルは高い抗酸化作用が期待できる事でも知られていて、スキンケアだけでなく頭皮や髪の毛のケアにも用いられています。

実際には髪の毛は一旦生えてしまってからは生まれ変わる事はありませんが、頭皮を健康にしておく事で今生えている髪の毛が長く美しくいられるかが変わってきます。

髪の毛は定期的な周期で生え変わっていますので、今始めた事がすぐに効果として現れるわけではありませんが、コンスタントに効果を実感できるタイミングがあるので楽しみながらヘアケアを行なっていくようにしていきましょう。

ホホバオイルに含まれているビタミン類は粒子の細かいオイルの特性も手伝って、髪の毛に栄養を与えて潤いを閉じ込めてくれる効果が期待できます。

頭皮にも髪の毛にも当時にケアする事ができるので、是非活用してみて下さい。

頭皮の抜け毛ケアも行える

ホホバオイルはとてもサラッとしていて馴染みやすい性質のオイルなので、頭皮ケアに使用してもべたつきを気にせず使う事ができとても便利です。

頭皮ケアに使う事で、頭皮の乾燥を抑えたり抜け毛対策にも効果が期待できます。

特にフケが気になる方は頭皮のターンオーバーや皮脂のバランスが崩れている事が多く、ホホバオイルが頭皮の血行を良くしてその皮脂の分泌を整えたり、必要な量の油分を補ってくれるのでフケが発生しにくい頭皮環境に導いてくれます。

頭皮ケアを行う際には、髪の毛が乾いた状態で行うようにし、ブラッシンプをしてから使います。
ブラッツシングで髪の毛や頭皮に着いている汚れを取り除いてから、手に5滴分程度のホホバオイルを取り、頭皮に馴染ませるようにします。

頭皮に付けているつもりでも、髪の毛に多く着いてしまっている場合があるので、頭皮に指が付いているのを確認しながら丁寧に頭全体に伸ばしていきます。

指先で頭皮を触ると爪で頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので、必ず指の腹を使って気持ち良いと感じるくらいの力加減で頭皮をマッサージしていきます。

頭皮にオイルがついたままの状態で終わりにしても良いのですが、オイルが残っている感覚が気になる方はシャワーで軽く流してしまっても大丈夫です。

不快な事は長続きしませんので、自分のお好みに合わせてヘアケアに取り入れてみて下さい。

頭皮のかゆみやアトピーにも効果あり!

アトピー性皮膚炎のかゆみなど、頭皮やお肌の荒れで思うようなヘアケアやスキンケアができていない方にこそ、ホホバオイルをぜひ試してもらいたいオイルです。

アトピー性皮膚炎を起こしたり、悪化させている原因の一つとされているのが黄色ブドウ球菌ですが、ホホバオイルには黄色ブドウ球菌の球菌自体を破壊してアトピー性皮膚炎の症状を改善する効果がある事が近年の研究によって実証されています。

このような事実からも、アトピーに悩まされている方には無闇にステロイドなどの薬品を塗るのではなく、身近で安心できるものから試しても頂きたいです。

頭皮の敏感な場所にできてしまったアトピーや、皮膚の炎症にはまず髪の毛の事にも配慮が必要になります。

ただ炎症を治したいからといって、処方されたものが髪の毛にも良いものとは限りません。
ホホバオイルにも色々な種類のものがありますが、安価なものを選ぶとビタミンなどの主要な栄養素が壊されてしまうので、

ヘアケアに向いたホホバオイルの選び方

ホホバオイルは選び方に注意しておく必要があります。
見た目が同じように感じても、実際には種類によって効果に差が出る場合があります。

添加物の入ったホホバオイルは選ばない!

ヘアケアにホホバオイルを選ぶ際に注意して頂きたいのが、純度が高いオーガニックのホホバオイルを選ぶようにするという点です。

オーガニックのホホバオイルがなぜヘアケアに向いているかというと、いかにホホバオイル本来の栄養成分をそのままに、過度な加工作業をしないという事に重点を置いて作られているからです。加工作業が多くなったり、添加物が加えられると、ホホバオイル本来の良さが失われてしまったり、髪の毛や頭皮に刺激を与える原因に繋がります。

ホホバオイルに添加物として加えれる事の多いフェノキシエタノールという成分は、防腐剤として広く用いられている成分で、化粧品やスキンケアオイルなどに良く入っています。

腐らないように科学的な成分を入れて無理やり長期保存を可能にしているせいか、一度の使用でお肌に異常が見られなくても、添加物入りのホホバオイルを長期的に使用する事で髪の毛や頭皮にトラブルを起こす恐れがあります。

添加物が入っていないオーガニックのホホバオイルは添加物入りのものと比べると値段が高いものが多いです。値段が安いからといって安易に選ぶと結果的に頭皮や髪の毛に良くないという事も考えられますので、無理のない範囲でオーガニックのホホバオイルを使用する事をおすすめします。

オーガニックホホバオイルがおすすめ

オーガニックのホホバオイルは、作業工程や品質に重点を置いている為、安価なホホバオイルよりも純度が高く高品質です。

ホホバオイルに本来含まれていて、美髪効果や頭皮ケアに良いとされているビタミンやミネラルは熱による加工にとても弱いので、過度な精製をしたホホバオイルにはあまり効果が期待できるくらいの量が含まれていないという事もありえます。

価格を抑える為に無理に加工したホホバオイルよりも、純度が高く浸透率の良いオーガニックのホホバオイルの方が、より扱いやすく効果も実感しやすくなります。

精製されたホホバオイルは透明ですが、精製していない栄養素がそのまま閉じ込められたオーガニックのホホバオイルは黄色い色味をしていますので、見つける目安にしてみて下さい。基本的には精製されているものは透明ですが、中には着色料で黄色くしてあるものも存在していますので、注意して探すようにしましょう。

ホホバオイルを使用する際の注意点

ホホバオイルを使用する際には、ホホバオイルの特性を理解して正しく使用する必要があります。そんなに難しい事ではありませんが、気をつけて行う事で必要としている効果を十分に実感する事ができるようになるので、使用する前にチェックするようにして下さい。

適量をつけるようにする

ヘアケアにホホバオイルを使用する際には、一度に付ける量に注意が必要です。
一度に付ける量を増やしたからといって、効果が急に現れるものではありません。

たとえオーガニックのホホバオイルを使用していたとしても同じ事が言えますので、注意が必要です。

髪の毛に大量に付け過ぎると、せっかく清潔に保っていた髪の毛に汚れが付きやすくなったり、スタイリングが大変になる事があります。オイル全般に言える事ですが、使い心地がサラッとしている分物足りない感じがして多く付け過ぎている事が多くあります。

馴染むまでに時間差があるので、時間とともにべたつきが気になってきて、その頃には洗わないと落とせないというくらい脂っぽくなってしまいやすいので、使用する際にはあまり慌てず慎重に付けるように心がけてみて下さい。

肌質によってはニキビの原因にもなり得る?

標準的な使用方法と使用量を守っていればそれほど問題ありませんが、頭皮もお肌の一部であることには変わりありませんので、付け過ぎたりするとニキビや頭皮の脂っぽさが気になってくるという事もおこります。

頭皮に付けたつもりでもおでこにまで流れてきていて、その使用量が多かった場合には、おでこにニキビを作ってしまう原因にもなります。

お肌は、常に自らを守る為に皮脂膜というものを分泌していて、その量以上にお肌の上に油分が残ったままの状態でいるとお肌が元々持っているお肌を守る力を弱くしてしまい、乾燥したりニキビができやすい肌質に変わっていってしまう事がありますので毎日使用する際には特に注意が必要です。

まとめ

ホホバオイルはスキンケアだけではなくヘアケアにも向いている万能美容オイルです。

ホホバオイルにはいい点が沢山ありますが、使用方法は他のオイルと等しく注意が必要です。使い始めは少しずつ使用し、効果が出るまでは慎重に扱うようにして、使い方に慣れてきたら無理のない範囲で継続して使ってみるようにしましょう。

とても魅力的なオイルなので、まだ試した事のない方は、是非試してみて下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。