サラッとした綺麗な美髪に憧れているのに、自分でお手入れをしていてもなかなか綺麗にならないと感じる事はありませんか?本来髪の毛に良いとされている正しいヘアケアができていないと、ツヤツヤどころかダメージの目立つ髪の毛になってしまいます。柔らかく手触りの良い髪の毛にすべく、ヘアケアの基本を徹底的に見直してみましょう。

ヘアケアの基本⑴ブラッシング

ブラッシングの役割

ブラッシングはただ行うだけではしっかりとしたケアを行う事ができません。意識して取り組む事で頭皮や髪の毛の状態を改善したり健康にする事ができますので、忘れられがちな行程ではありますが、抜けのないように日頃のお手入れに組み込んでみて下さい。

油分や栄養を均等に行き渡らせる

根元から毛先にかけて丁寧にブラッシングを行う事で、頭皮の油分を髪の毛全体に行き渡らせる事ができます。ヘアオイルをつけた後均等に馴染ませる為に使用するのもおすすめです。

頭皮の血行を良くする

頭皮を直接刺激して行うので、頭皮の血行促進が期待できます。気持ちが良いと感じるくらいのタッチで行うと、リラックス効果も得られて一石二鳥です。
いつ行っても良いので、気分転換に行うのにも向いています。

頭皮のクレンジング効果

シャンプー前にブラッシングを行う事で、頭皮の汚れを浮き上がらせて汚れを綺麗に落としやすくしてくれる効果があります。
頭皮の汚れだけではなく、表面に付いたホコリなどの汚れもブラッシングである程度落とす事ができるので、シャンプーをする時に泡立ちも良くなります。

ヘアケアの基本⑵シャンプー

シャンプーのやり方

①ブラッシングをする
シャンプーをする前の事前準備としてとても大切なのがブラッシングです。
髪の毛は濡れた状態が一番ダリケートなので、髪の毛を濡らす前にブラッシングをして絡まりを取った状態である方が好ましいです。
サラッとした手ぐしが通る状態にしておけば、洗いやすさも格段と良くなります。

②予洗いをする
シャンプーをつける前にはしっかりと頭皮と髪の毛を濡らすようにしましょう。
均等に濡れた状態でシャンプーをすると、泡立ちも良くなり無駄な力を入れなくても洗えるようになります。
実は、髪の毛の汚れの大半は、この予洗いの時点でほとんど落ちると言われています。
事前にそれを知っていれば、シャンプーと同じくらい予洗いを大切にして洗うようになりますよね。自分で気にして予洗いしていいても、実はあまり時間をかけて流せていないという事が良くあります。
シャンプーをする前の大切の行程として、しっかりと予洗いをするように心がけてみて下さい。

③シャンプーを泡立てる
シャンプーは現役のまま髪の毛や頭皮につけてはいけません。必ず手のひらで泡立ててから頭皮や髪の毛に馴染ませるようにしましょう。
お湯と空気とシャンプーが1:1:1になるように空気を入れてゆっくり泡立てると柔らかくて洗いやす泡を作る事ができるので参考にしてみて下さい。

④優しくマッサージしながら洗う
頭皮と髪の毛にシャンプーを馴染ませたら、頭皮を掴むようにして指の腹を使ってマッサージしていきます。マッサージといっても強く力を入れてやるのではなく、ゆっくりと円を描くように優しく動かしていきます。
洗い残しやすい顔周りの生え際やこめかみ・襟足などもしっかりと洗うようにしましょう。

⑤すすぎはしっかりと!
シャンプーは思っている以上に髪の毛に残りやすいので、何度も繰り返し洗い流す事が大切です。ぬるつきがなくなる位にしっかりと洗い流したら、顔周りの生え際や髪の毛が密集していて流し残しが多い耳の裏あたりの流し方もチェックするようにします。

シャンプーするのにかけた時間の倍は流すつもりでいると、流し残しなく洗い流す事ができます。

シャンプーの選び方

シャンプーは毎日使うものなので、継続して使用していてもお肌と頭皮に刺激を与えづらい優しい成分のものを選ぶと良いでしょう。泡立ちがいいからといってシャンプーを選んだり、香りを重視して選んだりすると、頭皮や髪の毛には良い影響を与えない成分が余計に配合されていて刺激として感じてしまう事があります。
頭皮が刺激に強い場合には痒みが出ずらい場合もありますが、毎日使っていると髪質や頭皮の状態が変化してくる事があるので、自分の頭皮や髪の毛を小まめにチャックするしておきましょう。

ヘアケアの基本⑶トリートメント

トリートメントの使い方

①水気をしっかりと拭き取る
シャンプーをした後、髪の毛の水分をしっかりと拭き取るようにしましょう。
水分が多く残っているとトリートメントが薄まってしまったり、頭皮や必要ない場所にまで流れてしまう恐れがあります。
頭皮用として販売されているトリートメント以外のものは、基本的には頭皮に付けない前提で作られています。トリートメントを頭皮に揉み込んだりしてしまうと、頭皮の毛穴を詰まらせてしまうので注意が必要です。

②トリートメントを手に広げる
トリートメントを均等に薄く伸ばす為に、手のひらに伸ばすようにして薄く伸ばしておきましょう。塊のまま一部に付けてしまうとムラになって付いてしまい、洗い流してもベタつきが残ってしまう事も考えられます。各商品に記載されている目安量を守りながら使用するようにして下さい。

③揉み込むようにして優しく馴染ませる
トリートメントは少しずつ髪の毛に付けていくようにしましょう。乾燥が特に気になる部分にはもう一度重ね付けをするようにしてケアしていきます。
強く揉み込んだりはせずに、優しく馴染ませるようにすると、トリートメントを付けている段階から手触りが変化している事が分かります。

④少し時間を置く
トリートメントは少し時間を置く事で浸透が良くなるものが多いので、入浴する前にトリートメントまで終わらせておいて、置く時間のうちに湯船につかると、時間的にも効率が良くおすすめです。

⑤優しく洗い流す
髪の毛を擦らないように優しく流します。シャンプーと同様に洗い残しがないように気をつけましょう。

トリートメントの選び方

トリートメントはシャンプーと合わせて効果を引き出すために作られている事が多いので、同じ使っているシャンプーのトリートメントを使用するのが一番相性が良いと言えます。
保湿効果が足りないと感じる場合には、乾かす前に洗い流さないトリートメントで補給したりする事もできるので、トリートメントをコロコロと変えるのはやめましょう。

髪の毛のパサつきが改善されない場合には、トリートメントだけ保湿効果があるものに変えても大丈夫です。香りなどの相性も確かめてから購入すると、失敗したと感じる事も少なくなります。

ココナッツオイルを使用すると頭皮と髪の毛の潤いアップ!

トリートメントだけでは物足りないという方に合わせて行ってもらいたいおすすめのトリートメントが、ココナッツオイルを使用した週中ケアです。

ココナッツオイルは頭皮と髪の毛の両方に栄養を与えて食える栄養価の高いオイルです。
使用する際には、洗い流さないトリートメントとして使用するよりも、集中的にケアしたい時に活用するのがおすすめです。

ココナッツオイルは分子が小さく浸透しやすいので、洗い流した後にもしっとりとした質感を実感しやすい素材です。頭皮につけて頭皮と髪の毛を同時にケアする事ができるので、頭皮につかないように気をつけなければならない髪の毛用のトリートメントは面倒だと感じている方にもおすすめです。

やり方はとても簡単で、頭皮と髪の毛に満遍なく馴染ませてマッサージしたら、ラップで包んで15分ほど置くだけです。ホットタオルや入浴するタイミングと合わせると、浸透する早さが変わるので色々なパターンに挑戦して自分の髪の毛のタイプに合うやり方を見つけてみて下さい。

ヘアケアの基本⑸ドライヤー

正しいドライヤーのかけ方

①タオルでしっかりと水気を取る
ドライヤーによる熱の影響を最小限に抑える為に、髪の毛はしっかりとオイルで拭いた状態で乾かすようにしましょう。時間短縮にもなりますので、時間のない時にも効果的です。

②乾かすのは根元から!
まずは頭皮に近い髪の毛を乾かしていきます。毛先はドライヤーの風が無意識のうちに当たりやすく、ダメージも蓄積している為乾くのが早い部分でもあります。
上から下に向けて順を追って乾かしていく事でキューティクルを整えてサラサラに乾かす事ができるので、理にかなった方法と言えます。

③徐々に毛先の方まで乾かす
毛先の方まで乾いてきたら、髪の毛に手ぐしを入れながら整えて乾かすようにします。
手を入れて乾かす事で、綺麗な状態で髪の毛が乾燥してくれるので、乾かした後の艶感に差が出ます。
ドラーヤーの風は斜め後ろから少し離して当てるようにすると、均等に熱が当たりムラなく乾かす事ができます。

④冷風で艶髪を定着させる
髪の毛は冷える時に形が定着するので、綺麗に乾かした後に冷風を当てると綺麗な状態を保ちやすくなります。
冷たい風はキュッとキューティクルを引き締めてくれるので、毛先のパサつきもこの時に馴染ませるように乾かしてあげると、綺麗に仕上がります。

ドライヤーを使う際の注意点

ドライヤーは熱の当て方に気を付けていないと、髪の毛が熱に負けてダメージを受けてしまう事があります。
できる限り距離をとって風を当てるように気をつけたり、同じ場所にずっと風を当てないように注意して取り扱うようにして下さい。

ヘアケアの基本⑹洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントの役割

洗い流さないトリートメントは、主にドライヤーを使用する前の濡れた状態の髪の毛に使用するものがほとんどです。
ドライヤーの熱から髪の毛を守りながら、熱を利用してトリートメント成分を髪の毛内部に浸透させてくれる効果があります。
天然素材のオイルなどを活用すれば、頭皮につける事もできるので頭皮の保湿ケアを合わせて行う事もできます。

洗い流さないトリートメントの使い方

洗い流さないトリートメントは基本的にはシャンプーの後に行うトリートメントと同じ要領で行います。ヘアオイルを使用する際には、付ける量に注意が必要です。
量が少なすぎても、乾かしている途中で浸透してしてしまい、表面に残る分がなくなって乾燥してしまうので良くありません。

使用量に迷った際には、一気に付けずに少しずつ手に取って付け足すようにして調節しながら髪質と毛量に合った量を探してみて下さい。

馬油を使用した保湿の効果とやり方

洗い流さにトリートメントとして市販されているものの中でも、最近人気の出てきたものの一つに馬油があります。馬油にはヘアケアだけではなく、スキンケアなどにも多く応用されていているものがあります。それは、馬油にとても高い浸透力があり、お肌や髪の毛を作り出しているタンパク質にとても良く似た細胞間脂質でもあるセラミドが多く含まれているからです。お肌や髪の毛などととても相性が良く馴染みやすいので、扱いやすいのも特徴です。

補修効果があるので、ダメージを受けた髪の毛を綺麗に潤いのある状態にしてくれます。
馬油はもともと重たくベタつきのあるものなので、髪の毛に使用する際には付け過ぎないように注意する必要があります。
手に薄く伸ばしてから、根元には付けず髪の毛の中間から毛先にかけて付けていきます。
ゆっくりと浸透していくので、少し物足りないくらいでも時間が経つにつれてしっとりとした保湿効果を実感する事ができます。

まとめ

髪の毛は、日頃どのような扱いをしているのかかが顕著に現れる部分です。髪の毛が乾燥していたり傷んで見えてしまうと、他の努力やおしゃれが目立たなくなってしまう原因になります。少し気をつけてあげるだけでも毎日の継続で驚くほどの効果が期待できるものもあるので、毎日だんだん綺麗になっていく髪の毛を楽しみにしながらヘアケアに取り組んでみるようにして下さい。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。