首のしわがなかなか消えないという理由を探ると、健康体と深く関わっていることが判明しました。健やかで美しい肌は、免疫力が高く、新陳代謝の良い体から丈夫な肌細胞が作られます。しかも首周りには代謝に大事な細胞が存在していることをご存知ですか?スッキリ艶やかな首元を目指すなら、保湿と同時に、肌内部からアプローチすることが重要です。早速、改善方法についてご紹介します。

健やかな肌に大事な免疫について

免疫力とは、体が病気と闘うために持っている力だと思っている人も多いかもしれません。しかし、美肌を目指す上でも重要な役割を果たす体の機能なのです。免疫力について、ここでは詳しくご説明します。免疫力が高まると体も元気になり、しわなども改善され美肌になりまさに一石二鳥です。ぜひ、免疫力について正しい知識を身に付けてください。

免疫力とは(自律神経:交感神経と副交感神経)

免疫が正常な状態で機能するためには、白血球が適切に機能することが重要です。白血球は顆粒球60パーセント、リンパ球35パーセント、単球5パーセントで構成されています。そんな白血球をコントロールしているのが自律神経です。自律神経は交感神経と副交感神経に別れています。リラックスしているときに働いているのが副交感神経で、交感神経は緊張したときなどに働いている神経です。この2つの自律神経の働きがどちらかに偏ってしまうと、ストレスの元となってしまうのです。

免疫と肌

免疫力といったら、体の中にあるものと思うかもしれませんが肌にも免疫はあります。肌の免疫とは、毛穴から菌やウイルスなどが侵入してこないようにするものです。しかし、さまざまな要因によって、肌が持っている免疫力が低下して、肌にウイルスなどの肌トラブルのもとが入り込んでしまうことがあります。それらが、吹き出物やニキビなどの原因になってしまうのです。肌の免疫力の低下の原因は以下の通りです。

免疫力低下の原因
●加齢
●過度のストレス・疲れ
●偏った食事
●睡眠不足
●運動不足

首の老化現象の特徴

首の老化現象は、見た目年齢にも大きく関わります。顔のケアをしっかりとしている人でも、首のケアをおろそかにしていると首にはしわができたりたるみができたりして、せっかくきれいにケアしていた部分まで少し色あせてみえてしまうことでしょう。
ここでは首の老化現象の代表的なものを挙げて、その特徴とそれが起こってしまう原因についてご説明します。首の老化に悩んでいる人は多いと思いますが、自分が悩んでいる現象の正体は何なのかをしっかりと知るところから始めましょう。

  ●しわ
しわは、首の老化現象の代表的なものといえるでしょう。顔のケアはしっかりしていても、首のしわのケアを怠っていると見た目年齢もぐっと上がってしまいます。しわの大きな要因の1つに首にある汗腺があります。首は、汗腺が集中しているので、汗をかきやすい部分です。しかし、汗をかくと水分が奪われてしまうのでしわになってしまうのです。
紫外線のケアを怠ってしまってもしわはできてしまいます。UVAという弱い部類の紫外線でも、知らず知らずのうちに肌にダメージが蓄積されて結果としてそれがしわにつながるのです。

●たるみ
首の周りのたるみも、先ほど説明した紫外線や水分が失われるという原因に由来するものもありますが、首の皮膚の薄さが原因になっていることもあります。
首の皮膚とは、体のほかの部分に比べて非常に薄いことが特徴です。表皮層のしたの真皮層もとても薄く、筋肉に癒着していないので、一度水分が失われると水分量が元に戻るのが非常に困難です。そのため、水分が不足した状態が続きやすいので、結果としてたるみの原因になってしまうのです。

首まわりの細胞の役割

首回りの細胞は、代謝を上げる働きや体を温める働きをする細胞が集まっています。首周りの細胞は、美容において非常に重要な位置に属しています。ここの項目では、そんな首周りの細胞の中でも特に「褐色脂肪細胞」にスポットライトを当ててご説明します。

褐色脂肪細胞とは

褐色脂肪細胞とは、首周りにある細胞のことです。首周り以外にも、肩甲骨の間、わきの下などに集中して存在する細胞です。「脂肪」と付くので、多くの人は肥満などを連想するのではないでしょうか。しかし、褐色脂肪細胞とは、健康的に美容を気遣うという点で非常に重要な役割を果たします。健康になるというだけではなく、ダイエットや基礎体温にも深く関わる細胞が褐色脂肪細胞なのです。

褐色脂肪細胞の働き

褐色脂肪細胞は、摂取した食べ物を熱に変える働きをする細胞です。体を温める働きがあり、そして食べた熱として放出する働きもあります。この褐色脂肪細胞の働きが鈍っていると、食べたものが脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。そして、代謝の悪い体になってしまうのです。褐色脂肪細胞の働きが悪いと、健康的で美しい体でいることは難しくなるといえるでしょう。

褐色脂肪細胞を活性化させるには

褐色脂肪細胞の働きは個人差がありますが、機能を向上させる手立てがあります。ここでは3つその方法をご紹介します。

①手を冷やす
蓄えたエネルギーを体温維持のために燃やす働きがある褐色脂肪細胞。脳をだますことで、もっと働きを活発にすることができます。まずは、脳に体が寒いと思わせるため、手を冷やしましょう。水を凍らせたペットボトルを握ると、褐色脂肪細胞の働きが活発になります。このとき、首を15秒程度前後に動かしてください。この一連の動作を1回5セット行ってください。

②温冷浴
まずは、前準備として体を冷やします。30秒程度、20℃と40℃のお湯を交互に首にかけてください。これも1セットにつき5回行ってください。高血圧・心臓疾患・高齢者・貧血・その他体調不良がある方は、無理をしないでほかの方法を試してください。

③水泳をする
これは、最も効果的な褐色脂肪細胞の活性方法です。水に入るので、まずは褐色脂肪細胞を冷やすことができます。そして、肩甲骨の周囲や脇の下が刺激されるので、それらにある褐色脂肪細胞も刺激され活性化されます。泳ぐ前にストレッチをすれば、首周りの褐色脂肪細胞も刺激されるので、まさに体全体の褐色脂肪細胞を効果的に活性化できる、最高の方法であるといえます。

免疫力を上げる手短な方法

免疫力を上げたいと思う人は多いと思います。健康的で美しい女性になりたいと思うと、免疫力を上げるということは、避けて通れないことです。しかし、免疫力を上げるにはいろいろとサプリをとったり、運動をしたり、などと時間が掛かると考えている人も少なくないと思います。
ここでは、簡単に免疫力を上げる方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

自律神経のバランスを整える

交感神経と副交感神経のバランスが整っている状態が、自律神経のバランスが整っている状態なのです。自律神経のバランスを整えると、免疫力も正常となります。本来ある体の機能を整えるだけなので、副作用の心配なども全くありません。簡単な実践方法をご紹介しますので、チャレンジしてみてください!!

実践方法

自分自身で体験にできる自律神経のバランスを整える方法をご紹介します。気負わず簡単にトライしてみてください。

●呼吸
浅い呼吸は、それだけで知らず知らずのうちにストレスになり、自律神経のバランスを乱す原因になっているのです。呼吸を整える方法をご紹介します。

①仰向けなって手は肩幅程度に広げます。このとき、膝も立ててください。
②体の力を抜くために、肩や手、膝などに約3秒ほど力を入れます。そのあとに、力を抜くという動作を何回か繰り返してください。
③ゆっくりと鼻から息を吸って、口から息を吐いてください。このとき、3秒ほど吸って、6秒くらいで吐いてください。
④①から③の動作を自分に無理のない程度の回数で繰り返してください。無理に行うとかえって逆効果ですので、自分のペースで行うのがポイントです!

●入浴
入浴には、副交感神経を優位にする働きがあるので寝付きよくなるので、交感神経が優位になってストレスがたまっているときには非常に有効な手段です。38~40度くらいのお湯に、15~20分くらいつかるということが、おすすめです。ですが、これはあくまでもおすすめですので、自分のストレスにならない程度に湯加減や入浴時間を調整して、自分にあった方法で入浴してみてください。

●食事(栄養)
食べるものは非常に重要です。美容面と健康面の両立以外にも、仕事のパフォーマンスにも深く関わってくるのが食事であるといえます。自律神経が安定する食材を栄養素別に調べてましたので、日常の生活に取り入れてみてください。

ビタミンC:ゆず、パセリ、芽キャベツ、レモン
ビタミンD:乾燥きくらげ、あんこうの肝、しらす干し、いわしの干したもの
コラーゲン:鶏肉(皮・手羽先・軟骨)、フカヒレ、うなぎ、牛すじ、豚足、なまこ
などが上げられます。
積極的に食生活に取り入れて、首のしわの改善に役立てましょう!

肌表面のケアは必須

今までは、体質改善に重きを置いて首のしわ改善についてご説明してきました。土台となる体を整えたあとは、化粧品やクリームなどでしっかりとケアをしましょう。スキンケアも忘れずに行うことで、首のしわは改善されて美しいハリのある皮膚になることでしょう。

化粧水

首のしわの大きな原因の1つに「乾燥」が挙げられます。水分は奪われる前にしっかりと補給しておきましょう。顔のケアだけにこだわらず、首にも化粧水をしっかりと塗ってケアをしてください。首は見た目年齢にも大きく関わるので、忘れずに丁寧にケアをしましょう。

クリーム

首のしわを改善するには、まず、クリームをたっぷりと塗って保湿したい気持ちを抑え、適量を知って適切なケアをするよう心掛けなくてはなりません。しかし、乾燥はしわのもとですので、クリームは保湿効果があるものを選びましょう。コラーゲンは、体内で作られるものではありませんが、美容には重要な成分なので、コラーゲンが含まれているものを選ぶとなお良いでしょう。ビタミンC誘導体やレチノールなどのコラーゲンを増やす働きのある化粧品を選ぶと、さらに効果が期待できます。

目元のしわ専用美容液

目元のしわ専用美容液を使うという選択肢もあります。実は首の皮膚は、目元ほどのうすさしかありません。目元のしわ専用美容液を使うと、浸透が良く効果を発揮します。くびのしわ専用の美容液もありますが、効き目が悪かったり自分に合っていないと感じたら、目元のしわ専用美容液を使ってみましょう。有効成分が肌の奥まで浸透していくことでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。首のしわを改善する方法をまとめてご紹介しました。美容全般に言えることですが、やはり体調管理は非常に重要です。体が健康になれば、外見も自然と美しくなり、首のしわも改善します。自律神経のバランスも、健康に関係しています。健康的な暮らしを心掛けて最後に保湿を意識したケアをすれば、思った以上の効果が得られることでしょう。体はつながっていますので、首のしわを直したいと思ったらしわだけを集中してケアするのではなく、健康にも気を遣って外側も内側も美人になりましょう!

ライタープロフィール
ミレイ

1993年生まれで、Webライターとしてお仕事をしています。オーガニック系のブランドの商品を使うと肌の状態が良くなったことから、化粧品に興味を持ち、いろいろとリサーチするようになりました。趣味は音楽鑑賞です。たくさんある美容の情報の中から、おすすめのものをご紹介します。よろしくお願いします。