目元がふっくらするとかわいらしさが増すことから、涙袋を強調させるメイクが流行。その結果、目の下の皮膚に負担がかかり、しわやたるみを悪化させている人もいるようです。

また、涙袋と同時に配慮したいのが目袋で、くまを消すために皮膚を酷使している可能性大です。目元にハリを持たせていつまでも若々しくいたいなら、この2つに着目してケアすることが大事です。

目の下のしわとたるみのW悩みを解決する秘訣

加齢とともに悩みが深刻化するパーツと言えば、目元ではないでしょうか?特に目の下にできるしわやたるみ、何とかしたいですよね。

ケアに踏み切るために大事なことは、たるみやしわの特徴を知ることが基本になります。目の下の皮膚と改善についてご紹介していますのでぜひ役立てて見て下さいね。

目の下のしわの特徴

しわにはいくつか種類があり、こちらでは美容面に関わる2つのしわについてご説明します。

目の下にできる細かい小じわは「ちりめんじわ」とも呼ばれ、目の周りの乾燥や水分量の低下が原因です。自分ではしっかり保湿をしているつもりでも、乾燥しているということは潤いが足りず、それを保持する力も低下している可能性があります。

次に、笑ったり、怒ったりすると出来る「表情じわ」は、真顔になれば戻ります。しかしながら加齢とともに肌のハリ、弾力に大事なコラーゲンが減少したり変性すると、「真皮じわ」と呼ばれる肌内部の歪みが起こり、その影響を受けて表情じわが戻りにくくなることがあるのです。

特にまぶたは開閉や眼球を支えるなど、皮膚の動きに伴う機能が多く、皮膚が薄いという特徴と重なってしわを目立たせているということを覚えておきましょう。
 

目の下のしわ対策法

ちりめんじわ対策について、専門医の先生は、保湿さえ正しく行われていれば回復するとおっしゃっています。

水分を失いキメが乱れているような乾燥肌であれば、目元に十分な保湿成分を行き渡らせて潤いを維持することが出来れば、ちりめんじわの悩みが軽減されるようです。
 
一方、年齢を重ねるごとに表情じわの改善が難しくなるのは、自分の顔を常に見ることが出来ない点にあります。
大笑いして目尻に出来るしわだからいいか、と思って放っておくと、実年齢を上回る印象につながるのでケアは早めに取り入れましょう。

目の下のたるみの特徴

目の下のたるみを発見した時、加齢を実感する女性は多いようです。下垂した皮膚の内側の脂肪が膨らみ、さらにその歪みによるしわが目立ち、疲れた印象が前面に出てしまうとなれば、鏡を見るのも嫌になっても仕方ありません。これ以上状態を進ませないためにも、次のことを把握しておきましょう。
 
皮膚の内側には筋肉が存在していますが、年齢と共にその量が減少し働きが低下すると、ハリを失い皮膚そのものがたるんでしまいます。

また、筋肉が下がると、眼球を支えるクッションのような役割をしている眼窩脂肪(がんかしぼう)も下がり、脂肪がぷくっと出てしまうことがあります。

それをマッサージでつぶそうとしても消えることはありません。かえって悪化することがあるので要注意です。

深刻なたるみは専門医に相談を

目の下の皮膚はとてもデリケートなので、たるみを何とかしようとお手入れすると、かえってトラブルを招くことがあります。

下垂が進んだいわゆるたるみが目立つ目元は、ホームケアで改善することはかなりの難題です。そのためどうしても気になるという場合は、専門医に相談することがとても大事になります。

目の下のたるみがしわになる

乾燥とたるみという2大悩みが一度にあらわれるのがエイジング肌の特徴です。脂肪のたるみが溝となってしわとなり、老化の一途をたどります。

たるみ改善は難しくても、しわをつくらないための保湿だけは手軽に出来ます。毎日継続することが何より大切です。

目袋と涙袋に注目!ダメージの蓄積に要注意

目の下にふくらむ涙袋は、可愛いらしさを演出することから、メイクで強調させてチャームポイントにしている人もいますよね。

しかしこれが加齢とともに上記のようなプロセスを踏むことで、目袋と名を変えて、老け顔に見せてしまうことがあるのです。目の下の繊細な2つの袋。この違いは若さと老いの明暗を分けます。涙袋はハリのある筋肉、目袋は老化した脂肪、というのがそれぞれが持つ大きな特徴です

涙袋の特徴

涙袋と密接な関係を持っているのが、眼輪筋です。表情筋エクササイズの中でも、目周りの筋肉を鍛えることがたるみはもちろん、しわケアにもつながります。

①目を少し細めた状態にし、目と眉毛を上に向け10秒停止します。
②自然に戻します。
これを2~3回繰り返してください。

目周りの皮膚にダメージを与えないことを前提に、美容液などを塗布してから行うと、流れを促す働きが期待出来ます。

目元のシワを予防・改善するシワ取りトレーニング方法

目袋の特徴

目の皮膚の内側の脂肪が下がり、出た状態が目袋です。

重力や間違ったケア、ケアの怠りなどでさらにたるみが進み、一層老けた印象につながります。特にたるみが影になることがその原因と考えられます。

流行メイクが負担をかけている!

涙袋がぷっくりしていると印象が可愛らしく、人気の女優さんやタレントさんも涙袋の目立つ人はたくさんいらっしゃいます。もともと目の大きい人にできやすい涙袋ですが、これを強調して見せようとするメイクもトレンドになっていますよね。

ですが、若々しさをアップさせるこの目の下のメイクが皮膚に負担をかけ、結果的に老け顔をまねいてしまうようなダメージを引き起こしてしまっていることもあるのです。

涙袋を強調するメイクダメージ

涙袋をぷっくり、可愛らしくみせるメイクをしようとすると、目の下にアイシャドウを重ねたりラインを引くこともありますよね。もともと目の周りの皮膚は顔の中でも薄く、デリケートな部分です。つまり、こういったコスメの塗りすぎが余計に乾燥を導いてしまい、しわやたるみを生んでしまう原因になります。

また、涙袋を自然にメイクで作ろうとすればするほど立体的なメークを施し、何度も目の下を筆や指で刺激してしまうので、目周りのダメージが強くしてしまうことになります。

メイク落としでダメージが加速

目周りのメイクが濃くなるということは、それだけメイク落としにかける時間もとても大事になってきますよね。ですが、アイメイクをしっかり落とし切っていない状態が続くと色素沈着になってしまい、くすみやたるみ、クマの原因を作ってしまいます。

逆に、しっかりメイクを落とすことに着目しすぎて洗浄力が強すぎるクレンジングを使ってしまっていたり、メイク落としの際に擦りすぎてしまうことで目元を刺激してしまい、皮膚にダメージを与えていることもあるので、涙袋を強調するメイクはクレンジングまでも含めて目周りに大きな負担をかけてしまっているのです。

負担が少ないメイク術

涙袋を程よくふっくらさせ、ハリ感のある若々しい目元作るメイクをしながら目の下の皮膚にダメージを与えないアイメイクをするなら、メイク前の保湿・ケアを十分におこなうことが大切です。

コットンに化粧水を含ませ丁寧に浸透させた後、美容液を優しく含ませましょう。メイク前にしっかり保湿をするということは、日中の化粧崩れを防いでくれる効果もあります。メイク直しを何度もするとそれだけ肌に負担がかかりますので、しっかり保湿をしましょう。

そして見落としがちなのがUVケアです。メイク時に目周りまで日焼け止めやメイク下地を塗っていますか?皮膚が薄い部分なので少量を優しく伸ばす程度に、軽く塗るようにしてください。

下地を塗っておけばアイメイクのノリも良くなるので、メイク自体を何度も重ねる必要もなくなり目の下にかかる負担も軽減できます。

また、使うコスメを選ぶとすれば、パウダータイプのアイシャドウより保湿力のあるクリーム系アイシャドウがおすすめです。コンシーラーでクマを隠したいなら、できるだけテクスチャーの柔らかいものを使いましょう。
 

ていねいな目元クレンジングの仕方

目周りをしっかりクレンジングしようとして、ついついウォータープルーフのマスカラが落とせるオイルクレンジングやアイメイクリムーバーでこすり洗い・・・なんてことはしてませんか?

もちろん面倒がって洗顔ついでに軽くクレンジングしているようでは、しっかり塗り込んだメイクは落とせません。ゴシゴシ洗うのは目元にとって良くありませんので、メイクを楽しんだ後はクレンジングも大切にし、ていねいに落としてあげましょう。

ポイントメイクをオフするのに最適なリムーバーを使用するときは目元専用のものを使用し、コットンにたっぷり含ませおさえるように目元になじませます。擦るのではなく、あくまでするっとメイクを落とすイメージです。

ウォータープルーフマスカラほど洗浄する必要がない場合はミルク系のクレンジングや、美容成分を含んだ低刺激のオイルでなじませるように優しく落としてください。クレンジングにかける時間が長すぎるのは逆効果です。落とす際は乾燥を防ぐために32度前後のぬるま湯で、ぬるっと感がなくなるまで洗い流すようにしましょう。

美容外科での施術について

最近では若返り美容に興味のある美意識の高い人が増え、目の下のたるみとりやリフトアップといった美容外科による施術も人気になっています。

中でもヒアルロン酸注入やボトックス注入といったものは、痛みも少なく短時間で済むため「整形」に抵抗がある人でも気軽に受けやすいことから一見手軽な施術方法に感じますが、効果は人により様々です。医師のセンスや感覚で施術に差が出てしまうこともあるので、しっかりカウンセリングを受けることも重要ですし、それだけ信頼のおける医師であるかという判断も大切になってきます。

また、最近では「脱脂術」と呼ばれている目袋の脂肪を切除する施術も主流になってきています。たるみやしわ、老け顔の根本である目袋の脂肪を取り除いてしまうことで半永久的な効果が期待できます。

どちらにせよ、美容外科による施術は医師との念入りなカウンセリングが大切です。本当に自分に必要な施術なのか、なりたいイメージは伝えられているかをしっかり自身に問いかけ、自己責任でおこなうようにしましょう。

まとめ

目の周りの皮膚は薄く、ダメージをとても受けやすいパーツです。加齢によるハリ不足だけでなく、目の疲れやメイクでたるみやしわを進行させないよう毎日のケアを優しく丁寧におこない、若々しく明るい目元を持続させていきましょう。

ライタープロフィール
加恵

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。