ヘアケアにシアバターを取り入れるとどんな良い事があるのでしょうか。シアバターがヘアケアに向いている理由や実際に使用する際のポイントなどを紹介していきますので、屁ケアを行う際の参考にしてみて下さい。しっとり加減がとても素晴らしくお肌にも優しいのでとてもおすすめです。

シアバターが髪の毛に良い理由

シアバターをヘアケアに取り入れるとしっとりとした潤いのある髪の毛に仕上げる事ができます。髪の毛のパサつきが気になる方や、普段使っているトリートメントが物足りないと感じている方には特におすすめです。

トリートメントにもシャンプーに混ぜてでも使用する事ができる手軽なアイテムなので、ぜひ活用してみて下さい。

髪の毛を保湿する

髪の毛が乾燥すると、髪の毛の表面にあるキューティクルがはがれた状態になり、そのまま乾いたり濡れたりする行程を繰り返していると髪の毛がダメージを受けやすくなってしまいます。
普段なにげなくやっている事が乾燥を引き起こしていたりするので、日頃からヘアケアする際に注意しておく必要があります。

髪の毛は生まれてからなかなか毛先の方まで栄養が行き届かずにカサカサに乾燥しがちですが、シアバターは髪の毛の表面に薄く膜を張って外部の刺激から守ってくれるので、乾燥が気になっていない方で紫外線対策としても活用する事ができます。

髪の毛のダメージを改善できる

髪の毛のダメージが気になる方にはシアバターの使用を特におすすめします。

シアバターにはしっとりさせてくれる油分だけではなく、栄養素も豊富に含まれています。髪の毛の表面についたシアバターは、時間と共に徐々に馴染んで髪の毛の内部にまで栄養素を浸透させてくれます。浸透したシアバターの栄養素は、乾燥や熱でも逃げにくい性質なので、髪の毛を潤わせる為のヘアケアに多く活用されているのも事実です。

パーマやカラーリングなどの化学的にダメージした髪の毛でもしっかりと保湿してケアする事ができるので、ダメージが気になる方には是非試して頂きたいアイテムです。

パーマやカラーリングでダメージを受けている髪の毛は、キューティクルが剥がれて髪の毛の中の栄養分が逃げてしまっている状態なので、シアバターでヘアケアをしていけば髪の毛の内部に栄養を届けて表面を滑らかに整えながら蓋をしてくれるので、ダメージが気になってる髪の毛とは思えないくらい美しい髪の毛に戻してくれます。

髪の毛のケアは一日にして改善できるものではないですが、継続して頭皮と髪の毛のケアをしてあげる事で健康的な頭皮環境と髪の毛を作り出す事が可能になります。

頭皮環境の改善

頭皮の水分や油分は外部からの刺激などですぐに奪われてしまいがちです。
日頃から頭皮の環境を良くしておく事で、綺麗な髪の毛が生えやすくなる環境にする事ができます。頭皮環境の乱れは髪の毛の丈夫さやダメージの悪化に繋がる事が多いので、日頃から意識してケアしておく必要があります。お肌に優しい天然素材なので、シャンプーやトリートメントに反応してお肌が痒くなってしまう方でも安心して使用する事ができます。

ステアリン酸とオレイン酸に注目!

シアバターがヘアケアに向いている理由はステアリンさんとオレイン酸という成分が多く含まれているからです。ステアリン酸とオレイン酸は、人間が本来自分で体に必要なものとして生成する皮脂などの成分の元となる成分と同じで、その為お肌や髪の毛に使用するのに向いていると言われています。シアバターはとてもお肌に馴染みやすく浸透率がたかいので、スキンケアにも多く応用されています。

ステアリン酸は常温では固形化する成分で、水や油分などと程よく溶け合う性質を持っているのが特徴です。この作用がシアバターの馴染みの良さを実現しています。抗菌作用もあり、頭皮環境を整える為に使用するのにも向いています。
オレイン酸は常温では液体化する成分で、酸化しにくいのが特徴です。その酸化しにくい性質が、シアバターの状態を安定させて紫外線などからも守ってくれていると言われています。

シアバターのほとんどがこの2つの成分からできているので、常温では個体・熱を加えると液体化するヘアケアにも取り入れやすい特性を併せ持っています。
ステアリン酸とオレイン酸という成分は、脂肪酸というオイルに変化するので油分や水分が髪の中に閉じ込められるように手助けする作用をしてくれます。シアバターが保湿効果が高いとされている理由はこのような2つの特性を利用したものであるからこそで、保湿効果と抗菌効果などを同時に得られる便利なヘアケアアイテムと言えます。

頭皮環境を整える為に必要な抗菌作用や殺菌作用があるので、頭皮のマッサージに使用する事もできます。頭皮に塗るとしっとりと馴染んで潤いを与え、雑菌など繁殖を抑えて臭いの原因菌なども撃退してくれます。

シアバターの使い方

シアバターはいつどのように活用するかによって得られる効果が異なる場合があります。
シアバターは上手く使えば馴染みがよくお肌にも優しい性質を持っているので、上手に活用してヘアケアに取り入れてみて下さい。

乾かす前に使用する

ドライヤーで乾かす前にシアバターを使用すると、しっとりとした触り心地位の良い質感に仕上げる事ができます。使用する際には、タオルなどで十分に水分を拭き取ってから使用するようにして下さい。髪の毛全体に手の温度で溶かしたシアバターをつけていきます。髪の毛は頭皮に近い部分よりも毛先の方がダメージを受けている場合が多いので、毛先や中間部分を中心に付けていきます。

髪の毛をドライヤーで乾かす前に、シアバターを付けて数分時間を置いてから乾かすようにするとよりしっとりとした仕上がりになるのでおすすめです。
特に気になる場合には、重点的にケアをしてあげるようにすると効果も実感しやすくなります。

トリートメントの代わりに使用する

シャンプーをする前に、頭皮をマッサージする事にも活用する事ができますが、洗いあがった髪の毛に使用する事で、トリートメントの代わりに活用する事も可能です。
頭皮を揉むように洗い、頭皮の毛穴の汚れや表面に付いた汚れを吸着させて落とす事ができますが、洗い残しがあると臭いの元になったり、かゆみの原因になる恐れもありますので、注意して使うようにしましょう。頭皮に付ける場合には、しっかりと洗い流すように心がけてみて下さい。

髪の毛を重点的に保湿したい場合には、タオルで水分を拭き取って後に髪の毛全体に満遍なくつけて、ホットタオルで包むようにします。

シアバターは水蒸気などの細かい分子と熱で浸透しやすいものなので、入浴中に行う際には髪の毛が温かい状態で行うとより効果的です。

シャンプーをする前に行って集中ケアをし、一度流したらシャンプーやトリートメントなどの工程を改めて行うようにします。

頭皮や髪の毛に付いたシアバターは、冷えたり固まったりすると取りづらくなってしまう事も考えられるので、使用するタイミングは一番最初にするのがおすすめです。

頭皮ケアに活用する

いつも使用しているシャンプーが洗浄力の強いものだと、洗った後や乾かした後に痒くなったりしてしまう事があります。しっかりと洗っているのにも関わらず頭皮が感じる時は、頭皮の潤いが不足している事が考えられますので、シアバターを活用して頭皮に保湿をするようにすると頭皮の痒みを抑える事ができます。

頭皮が脂っぽく感じる際には使用頻度を落とし、乾燥が原因で痒い場合にはマメにシアバターで頭皮環境を改善していきます。

シアバターには抗炎症作用と言って、頭皮の環境を清潔に保ってくれる働きがあるので、頭皮のトラブルの対処法として用いられる事も多いです。元々ある頭皮の炎症を鎮静させてくれたり、これから炎症が起こらないように予防する効果もあるので、シアバターを使用した頭皮ケアも合わせて取り入れるようにしてみて下さい。

使い方はとても簡単で、手の上で温めて柔らかくしたシアバターを頭皮に満遍なく塗っていきます。つける量は少なめでいいので足りないと感じる場合には少しずつ足していくと、付け過ぎてベトベトした頭皮になるのを防ぐ事ができます。
シアバターを頭皮につけた後は、必ず洗い流すようにして下さい。

スタイリング剤として使用する

シアバターには、紫外線カット効果や外部からの刺激を軽減してくれる効果がありますので、スタイリング剤として日常的に使用する事にも向いています。普段使用してるスタイリング剤が頭皮に着くと痒く感じたり、髪の毛にダメージを受けたように感じる方は、是非シアバターをスタイリング剤として活用してみて下さい。形をキープするような効果はあまり期待できませんが、頭皮についても安心できる天然素材で、お肌の敏感な方でも毎日使用する事ができます。

使い方は、手のひらで温めて柔らかくして必要な部分に付けていくだけです。
髪の毛をしっとりとさせてくれるので、ストレートに仕上げた髪の毛の乾燥が気になる所にだけ付け足すようにして使う事もできるのでとても便利です。

スタイリング剤として使用する際には、髪の毛に均等に付くように沢山の量を同じ場所にまとめて付けないように使用して下さい。そうする事で、満遍なく均等に髪の毛に行き渡り、スタイリングのムラを防ぐ事ができます。

シャンプーに混ぜて使用する

普段使用しているシャンプーが洗った後にきしんだり潤いが足りないと感じる時には、シャンプーにシアバターを混ぜて使用する方法がおすすめです。

シャンプーにそのまま混ぜても固まって混ざらない事が多いので、混ぜる前に容器に入れて温めてしっかりと溶かした状態で使用するようにして下さい。

固いままの状態で使用すると、髪の毛にダマになって取れなくなったり、ムラ付きの原因なる恐れがあります。
オイル状になったシアバターをシャンプーと混ぜ合わせてから、普段通りのシャンプーをしていきます。お風呂には湿気があるので、その温度と湿気でオイル状になるようでした温める必要はありません。

シアバターを温める際には、お湯が直接かからないように注意しながら温めるようにすると、変に水気を帯びた状態にならずにシャンプーと上手く馴染ませる事が
できるようになります。

市販されているシャンプーでシアバター配合と記載されて売られているものも多くありますが、純粋にナチュラルのものを使用したい場合には、自分で手作りすると何が配合されているかも一目瞭然ですし、気持ち的にもとても安心です。

市販のものの中には、シアバターに似せた効果のものを香りづけを香料などで加えたシャンプーもあります。香料が天然由来のものであれば低刺激と言われても納得ですが、化学的・人工的に作られたものでああれば、お肌に刺激を与えてしまう事も考えられます。

シャンプーを選ぶ際には、成分表示などもしっかりと確かめた上で使用するようにしましょう。

まとめ

ヘアケアにシアバターを使用する際には、しっとりとした質感を生かすように活用すると上手に扱う事ができます。逆にすでにしっとりとした部分に付け過ぎてしまうと、束になったり乾きづらくなってしまう事もあるので、少しだけ使い方を意識しながら使用するようにしてみて下さい。今までシアバターはスキンケアにしか使えないと思っていた方は、是非これをきっかけに、シアバターをヘアケアに応用してみるとサラッとした柔らかい艶髪を作れるようになりますよ。

ライタープロフィール
MAYU

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。
現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。
誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。